★赤紫蘇ジュースの作り方

赤紫蘇ジュース
       夏はやっぱりさわやかスッキリ赤紫蘇ジュース

庭で雑草化している赤紫蘇がわずらわしくなり、カットして煮て、ジュースにしました。
先日の里山活動で、仲間の美代ちゃん差し入れの赤紫蘇ジュースがとてもおいしく、今年も思い立って作りました。
最後にお酢を加えるとパッと明るいルビー色になることが魅力です。

【材料】
    ①赤紫蘇の葉300g ②砂糖500g ③酢300cc ④水1200cc

【作り方】
    ①赤紫蘇の葉を茎から取り、点検しながら良く洗い、軽く水切り。
    ②大鍋に水を入れ、沸騰したら赤紫蘇を少しずつ入れて6分間煮る。
    ③煮汁をこす。下記参照
    ④煮汁を再び鍋に入れ砂糖をいれて中火で10分。
    ⑤酢を入れてよくかき回せば出来上がり。
    ⑥よく消毒・滅菌したビンに保存。常温でOK。冷暗所なら1年保存可。

【注】―――どんな風にどんな量で作ってもそれなりの赤紫蘇ジュースになります。
1.細い茎は一緒に煮て構わない。葉の量は200gでも構わない。
2.砂糖、酢の量を増やせば保存性が高まる。砂糖1kg、酢500ccぐらいまでOK。
3.保存容器の滅菌は煮沸消毒だが、35度焼酎を使う手もある。
4.砂糖やお酢に凝る人がいます。安物でもOK。
5.何有荘オリジナル――100均の花鉢スタンドで【濾し台】
  花鉢の代わりにザルを載せれば両手があいてラクチンです。
  下のザルにアク取シート、上のザルにストッキングタイプの生ごみネット。
  絞るのも簡単だし、事後処理も楽です
  豆腐作り、味醂作りなどでも大活躍しています。
              こしき


良く冷やして水割り、炭酸割ですっきりさわやか。
ドライジンを少々で大人の飲み物にもなります。

ネット情報によれば、アントシアニンがたっぷりで、疲れ目や視力の向上、アレルギー予防効果や、美肌、整腸、疲労回復、食欲増進、ダイエットなどなどいいことづくめ。
夏バテの時にオイシイと思うものは体に良いからでしょう。
糖分補給と酢の効果だと思います。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント