★星の瞬き、ホタルの光 

ホタルブクロ
    ホタルの曳光画像がないので、ホタルブクロでご勘弁を。

誘われてゲンジボタルを見に行きました。
いすみ鉄道沿線の、最近、注目を浴びている場所で、
この晩もいすみ鉄道のツアーグループや浴衣を着た温泉ホテル宿泊者グループなど大勢の人が来ています。
そぞろ歩きがいいのだけれど、一番混んでいる時はぶつからないように、はぐれないように歩くのに気を遣いました。

渓谷沿いの道で、川面近くで飛ぶホタルは川面に光が写り、光の数が二倍に見えます。
意外と高い場所まで飛ぶホタルも多く、夜空を背にした真っ黒な木立の中にも多くの光が明滅しています。
源氏ボタルは点灯している時間が4秒前後で、平家と比べるとずっと長い。
その灯が杉木立の中に光っていると、まるでクリスマスイルミネーションのようです。

イルミネーションは固定されているけれど、ホタルはススーっと動きます。上へ下へ。右へ左へ。手前に奥に。
無数のちいさな光が大きな空間の中を自由に、4秒間隔で同期しながら明滅する光景は壮大・壮麗で、驚嘆に値します。
カジカガエルの流麗な美声が、ここでは重なり合ってうるさいくらいでした。

アレッ明滅しないなぁと思ったらお星さまでした。
杉木立の合間からは、晴れた夜空に星がくっきりと見えます。
この日は南の空に、火星、乙女座のスピカ、土星。
     東の空にさそり座が頭をもたげ
     北の空には北斗七星と北極星。

きっと昔は全国各地に同様の光景が見えたのでしょうね。
少しずつ、河川をきれいにする運動が進み、農薬が減り、ホタルが復活した地域があるようです。
地元でもフワフワーッとは飛んでるよ、という情報があります。
今度、出かけてみようと思っています。
提灯(チョウチン)下げて足もとを照らしながら…そんな気持ちで。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント