★バジルの花を食べよう

バジルの花

バジルの花が咲くと葉が固くなるので、つぼみの段階で摘んでしまうのが普通です。
しかし、うっかりしていると花が咲いてしまいます。
捨てちゃう人が多いようですがモッタイナイ。
咲いてしまった花だって食べられます。
わざわざ花を咲かせる必要はありませんが、咲いたらエディブルフラワーだと思えばよろしい。

画像のようにパスタに載せました。
花が咲いて少々固くなった葉だって、ほとんど気になりません。
葉と一緒に花を食べていると“バジルをいただいている”満足感があります。

花を摘芯するのは葉が固くなるのを防ぐためというよりも、樹勢を保つためというか、バジルが元気に育つ勢いを引き延ばすためだろうと思っています。
花を咲かせ、種子を作ればバジルの生涯は終わってしまいます。
摘芯するとバジルは“まだ種を作っていない”と思うのでしょうか、またまた別の所に茎を伸ばして花を付けようとします。
つまり最後の元気を振り絞って子孫を残そうとする健気(ケナゲ)な植物です。

もう元気がなくなってきたなと思ったら、最後に一花咲かせてやり、花もいただけばバジルも本望でしょう。


 


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント