★レモングラスのミルクティー

レモングラスティ

南向きのバスルームを温室代わりにして越冬させていたレモングラスも背が伸びて、そろそろ外気に当てて環境に慣らそうと思って外に出したら、強風で葉が途中で折れてしまいました。

折れた葉をカットして収穫し、今年初のフレッシュレモングラスティー。
これを濃い目に出し、ホットミルクと合わせました。
割合は1:3でミルクが多いけれど、比率はご自由でしょう。

酸味の効いたレモンティーもいいですが、これはレモンの香りのするミルクティーです。
ご承知のように、ミルクとレモンは相性が悪い。
レモンのクエン酸が牛乳の蛋白質を凝固させて、訳の分からない飲み物になってしまいます。
ところがレモングラスは香りだけでクエン酸はありません。
レモンの香りのする爽やかなミルクティーを楽しみました。
フレイバーミルクティーとでも言うのですかね。
昼下がりのひとときが豪華で優雅な時間に変身します。

今回、紅茶は使っていません。
紅茶とレモングラスのブレンドティーというのも存在しますが、それならば、紅茶+レモンのスタンダードの方がいいに決まっています。
紅茶+レモン または ミルク+レモングラス。
単純な組み合わせの方が手軽ですっきりしていいと思います。

どうしてもレモン風味の紅茶ミルクティー、ロイヤルミルクテーが飲みたいのなら、レモングラスを使うのが正解です。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント