★これも毒草、キツネノボタン

キツネノボタン

タンポポに似た黄色い花。
かわいらしい丸いトゲトゲの実が特徴的で、これをキツネがボタン代わりにするのだと想像しての命名だとずっと思っていました。

ところが、ボタンは衣料用のボタンではなく、花の方の牡丹でした。
春先の地面に貼りついたような根生葉が牡丹に似ているそうですが、牡丹の若い葉を見たことがないので真偽のほどはわかりません。

頭に 「キツネ」 と付く時はだまされたとかニセモノという意味になります。
時には 「有毒」 という意味で使われることもあるようです。

この場合、若い葉だけ見れば牡丹のようだが牡丹じゃない、ニセモノという命名。
また牡丹に似た有毒植物という命名かとも思われます。

身近にある春の毒草で、かなり強力です。
引きちぎった時に茎や葉の汁液が皮膚につくと、赤く発泡して水膿を起こすといいます。
別名が 「ウサギゴロシ」 で、他の雑草と混じってウサギに食べさせると死ぬことがあるのだそうです。
人間でも誤って食べると呼吸麻痺、下痢、嘔吐や幻覚など起こすそうですが、もちろん、わたしは試してはいません。

だれかが試したから毒草として伝わっているのでしょう。
それならば、人類の知恵、昔の人の貴重な教えとして語り継がねばなりません。

自然は素晴らしいだなんて気楽に言ってはいけない、と自然の中で暮らしていると思います。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント