★パクチー料理三品

パクチー1 
   桜エビとパクチーの中華風サラダ

【材料】 パクチー、トマト、桜エビ
【ドレッシング】酢大1、ごま油大1、蜂蜜小1、塩小1/4
【作り方】
  ・桜エビはフライパンでよく炒めてカリカリにします。
  ・パクチーとトマトを適当に切り、桜エビをのせてドレッシングで出来上がり。

パクチーだけでも良いし、野菜はキュウリ、ミニトマト、パセリ、キャベツ、レタス、タマネギなど冷蔵庫にあるものを使えばよろしい。
桜エビが多かろうが少なかろうが文句を言わない。
ゴマ油を使えば何となく中華風。ナンプラーがあれば東南アジア風。

地域のNPO法人『いすみライフスタイル研究所』、通称いラ研に立ち寄った時、パクチーをたくさんいただきました。
パクチーはタイ語。英語でコリアンダー、中国語で香菜・シャンツァイ。
日本では名前がまだ統一されないで様々に言われています。
何有荘でも何回か種まきしましたが、雑草に負けてうまくいきませんでした。
独特の香りがあり、好き嫌いが人によって極端に分かれます。
このサラダはおいしいと思いました。お奨めです。

パクチー2パクチー3
 鯵の活造りとパクチー              鯛の蒸し焼きとパクチー
                             熱々のごま油をかけ回す

日本料理にパクチーが合うのかどうか疑問でしたが、若い知人のブログ「スロウスロウ」にあったので作ってみました。
醤油をうまく使えばとてもおいしく頂けます。

Wikiによれば “延喜式、和名抄などに朝廷料理で生魚を食べる際に必ず用いる薬味として記載がある”そうで驚きです。平安時代の貴族は刺身のツマにパクチーを添えていた…。
当時は胡荽(コスイ)と呼ばれていたそうな。

すると、いつのまにか日本料理の食材から消えてしまった、ということになります。
今からでも遅くない。もう一度、伝統和食の食材に入れてやりましょうか。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!