★よく見れば雑草の花だってカワイイ 

ホトケノザヒメオドリコソウ
       ホトケノザ                 ヒメオドリコソウ

桜の花の便りを聞く頃、野原ではこの二つの花が一面に咲いていて、なかなか見事なものです。
畑の強雑草として嫌われており、退治しても退治してもなくなりません。
それなら、いっそう畑の花として楽しめば良いのに。
やがて暑さ本番の頃には消えてしまいますし、何か悪さを働く雑草でもありません。

この二つの花は同じ時期、同じ場所、同じような背の高さ、同じような花の色、同じような花の形なので区別がむずかしい。混乱する人もいるらしい。

ホトケノザは花の下の葉が丸い円座のように見え、これを仏様の座布団に見立ててホトケノザ。
この円座が何段にもなっているので、別名が 「三階草 サンガイソウ」
ホトケノザとは春の七草の一つですが、食用にするホトケノザはこれではありません。
タビラコという名前の別の種類ですから間違わないように。
もっとも間違って食べてもオイシクナイだけで、毒草ではありません。

ヒメオドリコソウはモッサリとした感じで、葉を何枚も重ねており、ヌッと立っています。
花の一つひとつを回り舞台に並んだ踊り子さんに見立てた命名です。
芽生えた頃の若葉はレモンバームに似ていますが、レモンバームより葉が薄くて弱々しい。

こうしてアップで見てみると、どちらの花も複雑で奇妙な形をしています。
この形を“唇形花”といい、口唇が上下二つに分かれているように、この花も筒状の花の先端が上下二つに分かれているからだといいますが、ちょっと苦しい説明だと思います。
鼻の穴が大きな馬面のように見えると言ったら気の毒ですかね。
上唇にはよく見ると細かい毛まで生えています。

いずれにせよ神様は雑草として見向きもされないこんな草にも細やかな気配りをして美しくドレスアップさせています。
「思い煩うな、野の花を見よ」という教えはこの花を見ていると本当だなぁと思います。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ひめ様、お久しぶりです。
一気にたくさん読んでくれたようで感謝します。大変だったでしょう。
それより、ちょくちょく読んでくれた方がうれしいし、楽だと思いますがそんなヒマがないかぁ。
ヒメ情報もとても役に立ちます。時々、体験や情報をお寄せください。
奥をご機嫌伺いに差し向けましたので、楽しい時間をお過ごしください。


No title

おひさしぶりです。雑草の扱いを参考にさせていただきました。
はなさか爺さんのお話も勉強になりました。
あと、踊子草のおどりこに似ているからというのは聞いたことがありましたが、回り舞台のことは聞いたことがなかったので、勉強になりました。楽しかったです。
きょう、前から不思議に思っていた、菊の穂先が萎れて折れ曲がってしまう原因が
わかりました。
キクスイカミキリという虫のしわざでした。たまごをうみつける作業でこんなことをしていたのでした。アオサギは、人にいやな思いをさせないでいいですね。
赤ちゃんを楽しみにさせてくれるのですものね。
明日の朝早くキクスイ髪切りの成虫が活動を始める前に、退治してやります。あと、しかたないから茎を適切なところで切り取って中の幼虫を退治してやります。
そちらには、いませんか。ごきげんよう、さようなら。奥方様によろしくおつたえくださいませ。


No title

国民のことを朝廷では”民草”といいました。昭和天皇が終戦を決意する時、このままでは民草が絶えてしまうと語ったそうです。民草が絶えてしまったら天皇制は存続できませんね。
その天皇が雑草という名の草は存在しないと言ったとも伝えられています。つまりどの草にも名前があり、個性があるということでしょう。
雑草をアラグサと読む人もいました。アラグサはわたしたち。踏まれても伸び広がってと歌い、どんな困難にも負けずに頑張ろうと励ましあいました。
雑草を根絶しようとしても無理な話で、折り合いをつけねばなりません。
作物の収穫は作物の命をいただくことだとはだれもが言いますが、雑草を抜くことは雑草の命を奪うことだと言わねばなりません。
せめて有機肥料として土に反してやるのが供養というものでしょう。

No title

雑草という呼び方は失礼だなあ、何か素敵な呼び方はないものかと思います。
と言いながら、畑や土手にいっぱい咲いている野生の草花なんて言うより、やっぱりたくましそうで「雑草」の方がいい気もします。
どれも花は小さい物が多くて、よく見ると神秘的、自然の素晴らしさを教えられます。