★本当は簡単なブロッコリーの保存 

ブロッコリー

   巨大なブロッコリーをいただいた

家の前でご近所様に出会い、ブロッコリーをいただきました。
“犬も歩けば棒に当たる”というのでしょうか、田舎暮らしには時々このような差し入れがあり、感謝の暮らしです。

さて、ブロッコリーは保存が難しいと言われる野菜で、茹でてから冷凍保存が普通です。
ところが、おっとどっこい、チルド室に入れてしまえば良いのです。

  1.裏返して外側の房から切り落として小房にそろえる。
  2.ざっと洗って、よく水分をふきとり、ジップロックに入れてチルド室へ。

これで十分です。1~2週間はもつでしょう。
もっと持つかもしれないが、食べちゃうからわからない。
空気の出入りを制限して冬眠させちゃうのがポイントのようです。
空気があると呼吸して劣化するし、温度が高くても低すぎてもダメなようです。
小房に分けるのは半死半生の状態を保つためだと思います。
大根の保存に頭の葉を切り落としますネ。同じようなことでしょう。

茎はどうしていますか?
茎も適当に切り分け一緒にチルド保存しています。
茎は栄養がたっぷり含まれていますから、スライスして味噌汁に使えば良いし、カレーにぶち込んでもOKです。焼きそばの具にもなります。
どうしても食べ物と思えない人は、煮込んで野菜スープの出汁にすれば良いと思います。
捨ててしまうなんてモッタイナイ。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブロッコリー

田舎暮らしをしていると大量の野菜類をどうするか、悩みどころです。
冷凍できるものは冷凍ですが、冷凍庫がもはやイッパイだし。
チルド保存は新鮮野菜の保存として優れていると思います。

目からウロコの保存方法。

ブロッコリーの保存方法すごいです‼︎ 確かに大きなブロッコリーを買って、使い切れずに黄色くなって。。。ごめんなさいというのがあるある。 私は玉ねぎと一緒に煮込んでミキサーでポタージュにするか、オイスターソース味の炒め物が定番化しています。
チルド保存で色々に使い回しを考えますね〜(*^^*)