★ヤブカンゾウの新芽はおいしい 


 特徴ある新芽だから探せば群生していることに気づく

春の山菜としては一級品の味です。アクやクセが無く、ほんのり甘い。
いすみ市では道路脇や空き地にはえているヤブカンゾウは草刈り機で刈られてしまいます。
画像は何有荘の荒れ地みたいな庭に芽生えたヤブカンゾウ。
これにナイフを地面に刺し、地下の白い根元から切り取り葉をいただきます。

カンゾウと言っても甘草ではなく、萱草と書く別の植物です。
甘草はマメ科の植物で漢方薬によく使われており、萱草の方はニッコウキスゲと同類です。
ヤブカンゾウは八重、ノカンゾウは一重の花で、花が咲かなくちゃ区別はできない。
食べる分には区別する必要はありません。
ノカンゾウの方がニッコウキスゲに似てすっきりした花が咲き、ヤブカンゾウは豪華というかゴテゴテした花なのですぐ区別がつくでしょう。
花の時期には花のツボミがどちらもまたおいしく頂けます。
だから全部刈り取らないで、夏の時期の楽しみに取り残しておきます。

◆ヤブカンゾウの食べ方
  【下ごしらえ】
  1.一枚一枚はがして泥を洗い落とし、たっぷりの湯に塩を一つまみ、1分間弱ゆでます。
  2.冷水で冷やしたら水切りしてすぐ使えます。(アクがないので)

  【料理】 なんでもご自由に。
 おかかを振って醤油たらりが一番簡単ですし、マヨネーズあえでもよろしい。
 その他、•カラシ酢みそ和え •ごま和え •卵いため •みそ汁やラーメンの具 ・天ぷらなど。

◆ カエルの初鳴き
明日(3/6)は啓蟄(ケイチツ)で、一年を二十四節気に分けた時、毎年3月6日頃から春分までの期間を啓蟄といいます。
その意味は“大気が温まるにつれ地中で冬眠をしていた虫たちが戸をひらき穴から出てくるころ”で、その意味通り、何有荘では冬眠していたアマガエルが出てきて、ゲゲゲと鳴き始めました。今年の初鳴きです。
もっともまた寒くなるそうですから、またもぐってしまうでしょう。蒲団から顔を出して又、もぐり込むみたいなものです。
それでも平均して一週間に1℃ずつ気温が上がっていくのが3月だと気象予報士が言っていました。
そうあってほしいものです。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント