★ベジブロスってなかなかいい 


   ソーラークッカーを使い、野菜くずで出汁スープを作った

ベジブロスとは【Vegetable broth ベジタブル ブロス 】の短縮形。
ブロスとは煮込んだスープのことだから、ふつうに訳せば “野菜スープ” のはずだけど、
ベジブロスと短縮すると “野菜くずスープ” という特殊な意味になるらしい。

調理クズ、生ごみとして捨てられる野菜の皮、根、端っこなどは実は1番栄養が詰まっていて、老化や病気を防いでくれるファイトケミカルやミネラルがたくさん含まれているそうです。
だから捨てる所なしの“全体食”が良いと言われていますが、ネギのひげ根や玉ねぎの茶色の皮、汚れた白菜の葉などは使い道がありません。

これを捨てないでとっておき、ある程度まとまったらベジブロスにします。
ニンジンの頭や尻尾、ブロッコリーの茎、ジャガイモの皮など何でもOKです。

これを鍋に入れて水を加え、ゆっくり煮出せば出来上がり。
しっかり濾してペットボトルなどに入れて冷蔵庫保管。
使い方もご自由です。

味噌汁に使ったり、カレーに使ったり、野菜や魚の煮物に使ったりしました。
もちろん、スープにも使えます。
ご飯を炊く時に使う人もいるそうです。
ようするに水を使用する場面で、水替わりに使います。
で、味は確かに水よりもずっとコクが出るというか、出汁がでています。
ただし、玉ねぎの茶色い薄い皮は草木染に使うくらいですから、ベジブロスも容器も茶色になってしまいます。

材料がくず野菜ですから、濾した後、中身はもう捨てますか?
ただ捨てるのはモッタイナイ。
いつものように生ごみ堆肥でもう一回役に立ってもらっています。

  

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント