★小型干し網は使い勝手が良い 


   直径26cm、一段の高さ11cmで三段。全体で高さ55cm。(ヨコヤマコーポレーション)

生協で購入した画像の小型干し網は扱いやすい。
上の段はリンゴの皮、中段は山芋のスティック、下の段にはキノコが入っています。
何でも干し野菜にすると味が凝縮し、栄養価が増し、扱いやすくなります。

干したリンゴの皮はそのままポリポリおやつ代わりに食べてもいいのですが、適当に細かく割ってサラダに入れたり、紅茶や味噌汁に入れたりします。

干し山芋は煮たり焼いたり炒めたり。
スティックはフライパンに油を敷き、キツネ色に焼き色がついたら塩少々で“ロースト山芋”
ほくほくしてひと味変わったフライドポテト感覚で頂きます。
バターソテーでお醤油ちょろりもいけます。

干しキノコは説明要りませんね。歯ごたえが良くなり、何にでも使えます。

白菜も1枚1枚干しておくと格段に味が良くなり、甘みも増します。
カラカラに干す必要はありません。水分がちょっと抜けるだけでも違います。

今まで大小のザルやブルーの角型干し網を使っていましたが、今回の小型干し網はちょこっと干すのには手軽で大変便利です。かわいいし。
                 
 
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント