★チョコレートチーズケーキを作ってみた


   明日はバレンタインデーだそうで

チョコレート会社の販売促進企画として始まったバレンタインデーは、その思惑通り「チョコ贈答日」という日本独自の行事として今年もにぎやかなようです。
最近は女性から女性への“友チョコ”とか、自分が食べたいから“自己チョコ”。あるいは男性から女性への“逆チョコ”などもあるそうです。

だからこのチョコレートチーズケーキは“逆チョコ”みたいなもので、スフレタイプのチーズケーキにチョコを混ぜて作ってみようと思い立って作ったものです。

18cmの型を使い、砕いたリッツ・溶かしバターを底に敷き詰めます。ついでに冷蔵庫にあった干からびそうなチェダーチーズをスライスして載せました。
砂糖50gとコーンスターチ10gを小さなボウルでよく混ぜておきます。
玉子4個を黄身と白身に分け、白身をメレンゲにしておきます。
大きなボウルにクリームチーズ200gと板チョコ1枚、牛乳200ccを入れて少しチン。
ハンドミキサーで泡立て、黄身を入れて泡立て、砂糖コンスタを入れて泡立て
最後にメレンゲを1/3ずつ入れて混ぜ合わせればほぼ準備完了。

やや高い位置から型に流し込み、落ち着いたら数回トントンして空気を抜きます。
空気抜きしてから型の底をアルミで包んでおかないと悲劇。
予熱したオーブン170℃に入れ、周囲に熱湯をはってスフレタイプに仕上げます。
焼成時間は50分で出来上がり。

今回、ココア、生クリーム、サワークリーム、レモン汁などは使いませんでした。
比較的薄味、さっぱり味のチョコチーズケーキになりました。
牛乳が多いのが特徴で、出来上がりが二層に見えるのはそのせいでしょう。
撹拌不足で重いチーズ部分が先に沈んだようです。狙ったわけではありませんが、それなりに食感が異なり“怪我の功名”というところです。

あまりレシピにこだわらず、砂糖の量が多い少ないなど気にせず、やっつけ仕事でいい加減に作ってもどうにかなりました。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント