★大多喜の地酒屋さんのレンガ煙突 


  新丁(シンマチ)にある豊之鶴酒造工場 

人口減少が続いている大多喜町は、“房総の小江戸”を標榜し、街並みを“小江戸”風に復活することにも力を入れており、風情のある街区を形成しています。

城下町らしい鍵型に折れ曲がった国道に面する豊之鶴酒造の母屋は国の有形文化財に指定され、典型的な商家の店先を残して写真写りは良いのですが、残念ながら無人の“記念建物”であり、精気が感じられません。
商品の展示販売などをそこで行い、活用することは禁じられているのでしょうか。
江戸・明治の雰囲気を改変しないで、動態保存はできないものかと思います。人がそこで働いていてこその建物の価値があると思います。

その建物の横を入ると画像の清酒工場があります。
もちろん酒造メーカーの現役の工場ですから観光客が来る場所ではありませんが、観光資源として立派な価値があります。
まず目に付く赤レンガの煙突は高さ16m。底部は1.6m四方。頂部は三段飾りになって強度を増しています。
1948年建造で、隣接する三角屋根の工場と共に当時の最新型酒造工場の様相を今日に伝えています。

わたしはこのレンガ煙突と、かつて大多喜にあった溶鉱炉であるレンガの反射炉との関係が知りたかったのですが、どうやら無関係のようです。
反射炉が解体されたのがたぶん明治のはじめ頃。豊之鶴酒造の煙突は戦後の話ですから時間の差がありすぎます。
それでも、1948年以前に、つまり明治時代にレンガの煙突がなかったのかどうか確かめたかったのですが、資料がないようで残念なことです。

房総半島は地酒半島と呼んでも良いくらい各地に特色のある地酒があります。
何有荘の近辺で言えば、この大多喜の豊之鶴酒造。一宮の稲花酒造。大原の木戸泉酒造。勝浦には腰古井を出す吉野酒造など、そうそうたるメーカーがそろっています。
そしてこのいずれの酒造所も空にそびえる立派なレンガの煙突を備えています。

日本瓦の鈍い銀色の屋根、白い漆喰の壁、黒い焼板の腰壁かウロコ壁の酒造工場は赤いレンガの高い煙突を備え、和洋折衷の独特の雰囲気を持つ房総の歴史遺産、景観遺産だと勝手に思っています。
それぞれのお酒の味を楽しみながら、いずれレポートしてみましょう。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント