手作りみかん酢

 

みかん酢の作り方
1.市販のお酢。何有荘では「玄米黒酢」を利用。米酢でもなんでも良い。
2.アマナツを適当に切る。グレープフルーツだって何でも良い。
3.消毒した密閉容器にアマナツと酢を入れ1~2週間でできあがり。

この密閉容器は100円ショップで購入したもの。随分と役に立ち、モトは取り返しました。
1~2週間経つとアマナツが浮いてくるから取り出し、エキスはモッタイナイから絞って容器に戻し、絞りかすは生ゴミ堆肥へ。
密閉容器は使い勝手が悪いので、購入したお酢のビンに移し替えてラベルを貼ります。

さてその使い方だけれど、普通のお酢と同じように使えばよろしい。
お酢はそのままだとトゲトゲしていますが、みかん酢にするとマイルドになります。

ちょっと変わった使い方は、サラダドレッシング替わり。オイルを使っていないのでヘルシーです。
例えばポテトサラダに振りかける。タクワンや白菜の浅漬けに振りかけても美味ですヨ。お刺身のツマに振りかけてもよろしい。
トンカツの場合、レモン替わりにキャベツやトンカツ本体に振りかける。
納豆に少量混ぜるのもグーッ。

健康のためにお酢は毎日飲むと良いとされますが、ストレートのお酢はちょいときつい。水で薄めると、どちらかというとマズイ。
その点、みかん酢は水で薄めるとやや飲みやすくなります。
蜂蜜を入れ、炭酸水で割ると結構しゃれた飲み物になります。

お酒に色々な種類があるのだから、お酢もたくさん種類があったっていいじゃないか、という訳です。
紫のブドウを使ったら「何有荘風バルサミコ酢」なんちゃってネ。
こんな遊びができるのも勤めを辞めて得たフリーな時間の賜物(タマモノ)です。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント