★映画「ひろしま」を観る 

 
     女教師役は月丘夢路。映画ポスターポスターから

1953年の作品。原爆投下8年後だがすでにその悲惨さは忘れられかけ、被ばく者に対する差別や偏見が生まれている中、被ばくの実情を正しく後世に伝えたいとの願いで生まれました。
映画は、広島で被爆した子どもたちの文集「原爆の子」を下敷きにし、広島出身の月丘夢路さんがノーギャラで出演したほか、延べ約9万人の広島市民がエキストラとして参加しています。

いすみ市在住の造形作家たべけんぞうさんが、中学生役のエキストラとして出演していた縁で、いすみ市でこの映画が上映されることになりました。
その実行委員会に誘われ、実際に見てから広報宣伝をしようと言うことになり、先日、試写会がありました。

なにせ古い映画で、フィルムは一部雨降り状態でしたが中身は重みがあります。
投下直後の悲惨な実情を描いた場面はリアルであってもグロにはなっておらず、「はだしのゲン」と比べると、むしろ控えめな印象です。
原爆反対の宣伝映画ではありませんから、慎重に事実が語られていきます。
セリフの向こう側の語られなかった事実、ワンカットの背後にはそれよりも残酷な現実があったと想像されますが、それは暗示されるだけです。

原子力に賛成の人、反対の人、そして無関心の人にも原爆は等しく被害を与える--その被害はどのようなものか、実体を知ることは意見の相違にかかかわらず、誰にでも大切なことですね。

この映画が当時、全国上映されなかったのは配給会社松竹が拒否したからでした。
 ①ドイツに原爆が落とされず日本に落ちたのは有色人種だったからとドイツ人が語るシーン
 ②原爆搭載機エノラゲイの搭乗員が何も知らぬ市民に投下して良いのかと悩むシーン
 ③戦災孤児が被災者のドクロを掘り出して広島土産として外国人に売る場面
この三点を松竹が削除を要求し、映画人が拒否したため、自主上映にならざるをえなかったなど、実行委員会では当時の秘話が披露されました。
その程度のことでも権力者は真実が広まることを恐れるものかと妙に感心しました。
昨今の機密保護法は、市民に対し『黙っとれ』と法的に強制するものなのでしょう。

◆上映日:2014年2月22日(土)
◆上映会場:大原文化センター 大ホール(いすみ市大原838)
◆上映時間:午前の部 会場9:30~ 開演10:00~12:30
        午後の部 会場13:30~ 開演14:00~16:30
        当日、関係者の座談会も予定されています。
◆入場料:前売り 大人800円(当日券 1000円)
       前売り 高校生400円(当日券 500円)
     ※小中学生無料
◆チケットお問合わせ:「観る会」事務局 伊藤 090-1531-7931
  何有荘でもチケットをお預かりしていますので、購入可能です。
  電話予約があれば当日前売り価格でチケット交換できます。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント