★これなら食べられる玄米の寝かせご飯 


      小豆入り玄米を炊いて  

      炊飯器の保温機能で三日たつと柔らかく、おいしくなる 

炊き上がった玄米を保温状態で三日ほど寝かせておくと発酵しておいしくなり、食べやすくなるとTVが言っていました。
これを「寝かせご飯」と言うそうで、「発酵ご飯」あるいは「酵素ご飯」とも表現されます。
いずれの場合も小豆(アズキ)ご飯にする特徴があります。
それにしても炊飯器で三日も寝かせるなんて、ちょっとおっかない。試してみました。

【材 料】 ①玄米2合。 ②小豆1/4カップ ③塩小2/3
【作り方】
 1.玄米を洗う。泡立て器などを使って表面が傷つくくらいよく洗い、何度も水を替える。
 2.小豆はもみ洗い。
 3.炊飯器に玄米、小豆、塩を入れ、32℃位の湯を玄米モードの水位にして
 4.タイマーで半日後にスイッチオン。
 5.炊き上がったらよくかき混ぜ保温にする。
 6.ずっと保温のまま1日1回は天地返しのようによくかき混ぜて3日で出来上がり。

色が濃くなり食感はもちもち。味も濃くなり、なるほど消化によさそうです。
バサバサご飯にならず、しっとりするから不思議です。
普通の玄米ご飯は噛みごたえがあり、ヘタすると未消化で出ちゃうことさえあります。
だから玄米は嫌だ、ダメダと言う人でも寝かせ玄米ご飯なら大丈夫でしょう。
気に入りました。

お湯を使って半日漬け置くことでたっぷり浸水し、発芽を促進します。
小豆を使うのは、小豆の持つ抗酸化作用と抗菌作用を利用するためだそうです。
炊き上がり後、保温状態で一週間ほど保存できる。あるいは冷蔵保存。
実際に試した感じでは小豆よりササゲの方が良いように思います。豆がつぶれたり割れたりしませんから見栄えがよろしい。

----炊飯器に玄米モードがなければ

①【圧力鍋で玄米を炊く】
  1.圧力鍋に上記玄米、塩、小豆を入れ、水440cc。
  2.中強火で沸騰させ、錘が回り始めたら弱火20分。最後に30秒強火。
  3.そのまま自然冷却で完成。

②【炊飯器で炊く】玄米コースがない炊飯器でも大丈夫です。
  1.玄米を5時間以上たっぷり浸水させておく。
  2.水加減は白米の目盛りの2割増でスイッチオン

その気になれば誰だって玄米だろうがお米だろうが、炊飯器がなくとも炊けますよ。
だって昔は炊飯器なんかなかったのですから。
なお、三日待たねばならぬということではありません。当日だって翌日だっていいのですが、三日間ぐらい寝かせるのが一番柔らかくておいしいようです。

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント