★紫芋の羊羹 


  左:アルミカップに入れて   右:タッパウエアで形を整えて

【材料】
   ①紫いも250g ②バター10g ③牛乳100cc ④砂糖 大2 ⑤粉寒天 5g

【作り方】
 1.紫芋の焼き芋の皮をむき、熱いうちにマッシャ―でつぶす。
 2.鍋に入れ、バターを加えてよく混ぜる。
 3.牛乳、砂糖を加えて混ぜ、粉寒天を加えてさらに混ぜて火にかける。
 4.焦げぬように木べらで混ぜながら煮詰める。
 5.フツフツと煮詰まったら火を止め、
 6(左)アルミカップに盛り、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。
 6(右)タッパーに流し込み、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。

※お芋の裏ごしは結構大変。左ならば裏ごしなしで十分。右はつぶした後で裏ごししました。
※粉寒天は粉のまま使う。

紫芋は家庭菜園で今年採れたもの。
これを飯ごうに入れてソーラークッカーで石焼き芋にしました。40分程度です。
災害時でもお日様さえ出ていれば簡単な調理ができるソーラークッカーは大変便利です。
避難場所に指定されている小学校に多数用意しておけば環境教育にもなって一石二鳥だと思っています。

焼き芋はいつもそのまま食べています。今回は目先を変えて芋羊かんにしてみました。
しっとり感のある和風スイーツです。
バターや砂糖の量はお好みで。

料理上手な知人が作った紫芋の羊羹は透明なプリプリ感があり、ちょっと違っていました。
粉寒天の他にゼラチンも使っているとのことでした。
そのうちレシピを教えてもらうことにしましょう。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント