★親はなくとも子は育つ 

 
 雑草の中に放置されたサツマイモを収穫

今年の夏は天候不順。
暑いからといって畑仕事をサボり、雨が降っているからとまたサボる。
何かと忙しくて畑はすっかりご無沙汰してしまいました。
それでもう雑草天国になり、まるで耕作放棄地。それはあまりにも近所迷惑。
草刈り機でガーガーやったので、堆肥用の雑草がたくさん取れました。

ようやくサツマイモの畝の周囲を刈り払い、どうにか収穫の準備ができました。
一部、ネズミか、キジかにつつかれていましたが
ムラサキイモ、ベニアズマ、タイハクの三種類ともまぁまぁのできです。
“親はなくとも子は育つ”の心境です。たいした世話をしないのに。
タイハクは乾燥芋専用のサツマイモです。

もう一つ。
昨年、堆肥場に捨てたクズキクイモが大きく育ち、台風でひっくり返り、もう枯れました。
片付け、整理してみるとイモができているようです。
スコップで周囲を掘り起こしてみると、ザクザクと立派なキクイモがとれました。
キクイモ用の畝よりも豊作です。
堆肥場の養分を吸って大きくなったのでしょう。
雑草堆肥の威力って偉大です。

世の中には雑草を“作物の養分を横取りする”として目の敵にしている人がいるようです。
でも昔から日本人は雑草を堆肥利用してきました。
村の共有地は入会地などと呼ばれます。そこは雑草を育てて牛馬の飼料にしたり、堆肥にして利用してきました。
何有荘の畑は雑草共生を一つの方針にしています。
雑草堆肥の他、刈った雑草を畝に敷いてマルチとして雑草押さえにしています。
ヨトウムシが雑草に取りついているのを目撃したこともあります。
野菜しか畑になければ野菜をかじっていたことでしょう。
しかし、今年はちょっとサボリ過ぎでご近所様に心配をかけました。
反省して、きれいに刈り取り、秋まき野菜の準備をしているところです。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント