★苅谷ケ原古戦場跡 


     石造地蔵菩薩倚像(キゾウ) いすみ市苅谷1118-1観音堂

お地蔵様は立像が一般的ですが、このお地蔵様は腰かけており、倚像(キゾウ)といいます。
宝珠(ホウジュ)と錫杖(シャクジョウ)を持っていますから、間違いなくお地蔵様です。
場所は観音堂というのに観音様は見当たらず、敷地は苅谷中町区民会館と墓地。その端には神社があるという不思議な場所です。

苅谷ケ原での戦闘を物語風に書いてみましょう。

―――天正十八年(1590――関ヶ原の10年前)の正月のことだった。
大多喜城主・正木大膳(ダイゼン)時堯(トキタカ)は、宿敵である万木(マンギ)城の土岐頼春(トキ ヨリハル)を討つべく夜半に総勢百騎を引き連れて出陣した。
「いざ、出陣。敵は正月に浮かれて酔いつぶれていることだろう。勝利は間違いなし。悟られぬよう私語は禁止だ。良いな。」

月のない晩だった。馬の口にクツワをはめ、夜道(現在の国道465号)を南下し、苅谷村を左に折れると万木城は間近である。道はやや下り坂となり、周囲は背の高い枯れた葦でおおわれた「苅谷ケ原」となる。道は狭く、左右は低湿地であり、時堯はふと何か心にざわめくものを感じた。
その時だった。
「それ討て!!」と大音声がし、周囲から一斉に矢が放たれた。
不意をつかれた正木勢は狭い道で前後が交錯し、大混乱に陥った。低湿地に踏み込んだ馬は泥に脚を取られて動きが取れない。
そこへ長槍を持った土岐の部隊が突入し、抜刀した部隊も突入してきた。
今回の正木勢の夜討ちは完全に土岐勢に読まれており、待ち伏せを食らったのである。
「敵は時堯ただ一人。討て!!。討ち取れ!!。首をかき取れ!!」
「御大将を守れ!!」
「ひけー。ひけー!!」
敵味方の怒号が交錯する中、正木勢は総崩れとなり、時堯は大薙刀(ナギナタ)を振り回し、迫りくる敵を追い払いながら退却した。
苅谷ケ原の戦いは土岐勢の完全勝利となり、敗れた正木勢の遺骸が散乱していた。

夜が明けると戦闘はさらに続き、土岐勢は手負いの正木勢を追撃して大多喜城に迫り、城からは加勢が繰りだし、現在の船子交差点付近からコメリにかけての原野で再び激戦となった。
正木勢は夷隅川を背にした「背水の陣」であり、必死に抵抗したが土岐勢に勢いがあった。
しかしその時である。土岐勢の背後で轟音が鳴り響いた。
振り向けば落雷だった。空は急に暗くなり、冷たい雨が激しく降りだした。
戦場は一瞬静まり、そして正木勢が歓声をあげた。落雷は山の手の土岐勢本陣近くである。
「天の助け」とばかりに正木勢は活気づき、土岐勢はひるんだ。
土岐勢は引き揚げの陣太鼓を鳴らした。続く雷鳴と氷雨に味方が浮き足立ち、退路を断たれることを心配したのである。
正木勢は追撃しなかった。夜明け前からの戦闘で疲れ果てていた。
こうして船子原の戦闘は勝敗を決することなく終了した。

土岐頼春は居城である万木城に戻り、戦場となった苅谷ケ原の清掃を命じた。正木勢の遺体は集められて苅谷ケ原近くに埋葬された。その場所は画像の地蔵菩薩がある所だという。昔から無縁仏の埋葬場所だった。その霊を弔うために、この地蔵はその後、有志によって安置されたのであろう。―――

苅谷ケ原古戦場とはどこか、現地を見てのわたしの推測地です。
スーパー源氏から夷隅支庁舎まで、東は国吉病院にかけて昔は広大な湿地原野だったろうと推測しますが、古戦場の立札の一つもありません。
お地蔵様の位置が原野のはずれだろうと思います。

船子付近を「船子原古戦場跡」といい、雷が落ちた場所が旧大多喜女子高校(現在の千葉県教育復興財団文化財センター )のある山で、地元では「雷台 イカヅチダイ」と称してきましたが、今では「雷台」の名を知る人も少なくなってしまったようです。 

この年は本能寺の変からすでに八年。天下は豊臣秀吉のものとなっていましたが、房総半島ではなおこのような局地的な激戦が繰り広げられていました。
同年、小田原の北条氏滅亡にともない、正木氏も土岐氏も共に滅びることになりますが、この時は双方ともそのことを夢にも思わなかったことでしょう。

房総半島の各勢力の諸城は、秀吉の命令によってなだれ込んだ家康の部下・本多平八郎忠勝の軍勢によって、あっという間に踏みつぶされてしまいました。
砦も含め48の城が滅んだことにちなみ、“いろは崩し“と呼ばれています。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント