★上総十二社(11) 夢のお告げ 


JR上総一宮駅横の踏切は「神門」。ここが神門という字(アザ)だったことを今に伝える。

上総国の国府は内房の市原市にありました。国分寺も国分尼寺も市原市です。
ところが一宮だけは外房にあります。
なぜ一宮だけが外房なのか、だれも説明できていません。

ところで、鵜羽神社には次のような話が伝わっています。(睦沢村史より)

大同5年(535)豊田庄の海辺で一顆の玉を得て漁屋に納めて尊崇する者があり、土人は玉依姫の神霊として右大臣百川に上申した。そのころ平城帝の御夢に釣ヶ岬の天孫降臨の故地に神霊を鎮め奉るようにとの御神託があったので帝は上総介に命じて八神六社を祀らせた。神霊二座をまつって玉崎の社と名付け別の岩井の郷にも二座を鎮め奉って鵜羽山と呼び、他にも南宮、二之宮、三之宮、玉垣の四社を玉前六社とした。

詳細に検討すると年号などおかしなことだらけですが、ポイントを考えてみると
地元から「玉依姫を祭りたい」と猛烈な陳情が中央政府に出された。
そこは天孫降臨の故地だという。
(玉依姫は神武天皇の母君で、地元は日本武尊とも深い縁がある)
それで天皇が夢を見た、夢のお告げだということにして、中央政府は上総介に命じて玉前神社グループを祭らせたということになります。
こうして上総国の他の神社をさしおき、「朝廷と縁が深い」と認定された玉前神社が一宮になった、という真相の一端を伝承しているのでしょう。

地元と朝廷の中継ぎをしたのは上総介。上総介と朝廷には地元から莫大な賄賂があったことが想像できます。
それは玉前1社だけでなく、地域全体の力を結集しての陳情だった。だから玉前神社を筆頭に六社が公認された。

その経済的背景はおそらく砂鉄。この地域は海砂鉄と山砂鉄の産地でした。
当時の最先端産業であるタタラ製鉄産業から金属製品製造手工場までこの地域にはそろっていたのではないでしょうか。
学者さんはなぜか房総の金属産業の解明に積極的ではありません。

玉前六社はいずれも一宮川流域にあり、例えば三之宮周辺は大小の古墳があり、富の蓄積があったことが推測できます。そして「カナクソ台」という地名があります。カナクソとは精錬で出た不純物の多いクズ鉄のことです。
二之宮付近も横穴古墳が多い地域で、カナクソが出土している遺跡があります。

範囲を玉前十二社に広げてみても、日本武尊伝説または砂鉄関連の神社が大部分です。
あまり関連が見られない玉垣神社も、付近の考古学的遺跡から考えれば、何らかの砂鉄利権を持っていた可能性はあります。
また谷上神社は藤原氏系の神社として、中央政界工作に関与し、玉前神社の一宮昇格に尽力したことで十二社に加えられたのでしょうか。

伊自牟の国の西半分が朝廷に没収され、危機感を抱いた東半分の地域は結束して玉前神社を上総国一宮に押し上げ、玉前十二社と称して全体的にこの地域を不可侵の「神域」とすることに成功したのだ、とわたしは推測しています。
神域とすることで自分たちの地域、経済的権利が保護されたわけですから、多額の賄賂は功を奏したとみるべきでしょう。

この地が天孫降臨の地だと証明するために、海洋と日月を信仰する素朴な地元の伝承は『日本書紀』などと合致するように様々な改変が加えられたのもこの時期だと思います。
素朴な山神様がウガヤフキアエズになり、海の女神が豊玉姫や玉依姫だとされました。
もともと海亀や鮫の多い地域で、海の彼方に理想郷があり、そこを往復した若者がいたという独自の伝承も持っていたと思われます。
その若者が釣りをした岬が太東岬だなどと新しい神話も作られました。
玉前神社のご祭神・玉依姫についてはまだ考えていることがありますが、とりあえずこのシリーズはいったん閉じます。
また機会があったらアップしてみようと思っています。
長々とご愛読ありがとうございました。
                               上総十二社、おわり

画像について
昨年、夷隅(イスミ)郡の故郷は出雲の伊志見(イジミ)郷だ→● とアップしました。
字・神門とは出雲国神門郡出身者が住みついた場所だったのでしょうか。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント