★今日は“まごはやさしい”一汁三菜朝ごはん 


   人様にお見せするほどの朝ごはんではありませんが…。

“まごはやさしい“とは食材の種類を並べたものです。

  ま=豆類。  ご=ゴマ。  は(わ)=ワカメ・海藻類。
  や=野菜。  さ=魚介類。  し=椎茸・キノコ類。  い=芋類。

食品研究家で医学博士の吉村裕之先生が提唱されているバランスの良い食事の覚え方です。
『まごはやさしい』を食生活に取り入れることで、生活習慣病予防、コレステロールダウン、老化予防、皮膚や粘膜の抵抗力強化、疲労回復、骨を丈夫にする、などの効果があると言われています。

画像は、黒米ご飯+味噌汁、それにおかず三品で一汁三菜。柿のデザートつき。
おかず三品とは煮物、焼き物+アルファが基本。
しかし、一食で七種類そろえるのは大変ですから、朝昼晩でそろえれば良いそうです。

では、今朝の食材を具体的に見てみましょう
  豆類=味噌、豆腐(煮物)、納豆
  ゴマ=すりごまを納豆に混ぜている
  海藻類=ワカメ(味噌汁)、昆布の佃煮
  野菜=切り干し大根(味噌汁)、人参・玉ねぎ(煮物)
  魚貝類=焼き塩鯖、削り節(納豆に混ぜている)
  キノコ類=椎茸(佃煮)エノキダケ(味噌汁)
  イモ類=ジャガ芋(味噌汁)こんにゃく(煮物)

昨年から高血圧、痛風、前立腺などで病院通いが続いています。毎日ノーテンキで暮らしているので病気になる訳がないのですが、おかしなことです。
調べれば誰だってボロが出てくるでしょうが、ボロが出やすい年齢になったようです。
それで相方さんは料理に一層気を配ってくれています。感謝。
抗酸化作用バツグン。免疫力アップの食事が用意できたと満足げです。

さて、日本人は標語とかゴロ合わせが好きらしく、「オカアサンヤスメ」や「ハハキトク」もあります。
オカアサンヤスメ=オムレツ カレー サンドイッチ ヤキソバ スパゲティ 目玉焼き
ハハキトク=ハンバーガー ハムエッグ ギョーザ トースト クリームスープ
もっともこちらは糖質過剰、脂質過剰、野菜不足などが心配される料理だそうです。
多少一方的な決めつけが過ぎるように思えます。工夫次第ですよね。

  

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント