★これ、シマウシノシタ(縞牛の舌)だそうです 


舌平目の仲間。シマシマ牛タンと勝手に名づけました。頭は右、尾は左。

漁師工房「拓」では網にかかった藻屑取りのお手伝いを“援漁”として募集しています。
それで、時々出かけては網にかかった珍しい魚をゲットして帰ります。

この日頂いたのは画像のようにグロテスクで、まさか魚だとは思えないシロモロ。
舌平目の仲間で、シマウシノシタという名だと教えてもらいました
言われてみれば舌平目に似ています。しかし縞模様がちょっと不気味。
尾の方なんか黄色のドットがあり、触ると危険のような感じです。

縞模様の牛の舌という名前だから、牛タンに似ているってことなのでしょう。
牛タンは好きで仙台行ったときは必ず食べますが、リアル牛タンはやはり不気味です。
それにしても「縞牛の舌」なんて名前よりも、勝手に名づけた「シマシマ牛タン」の方が覚えやすいと思いませんか。
実際には毒もトゲもなく危険なことは何もありません。味は淡白でおいしい魚でした。

さばき方も奥様から教わりました。
表が縞模様、裏はヒラメ同様にまっ白い。
白い裏面を上にして首のあたりを皮1枚残してスパッと切り、(首なんかないよネ)
頭を持ってひっくり返して表の皮をズルズルとむいていけば出来上がり。
裏の皮をむくか、むかないかはお好み次第。

塩胡椒してバター焼きが一番簡単で、一番おいしいと思います。
ちょっと醤油を垂らしてネ。
よく焼くと縁側なんてパリパリして酒の肴にピッタリです。
小麦粉を振ってムニエルにすると、フライパンにくっついてしまうことがあって面倒。

めったに魚屋さんに並ばない魚で、並んでいたとしても手を出しにくい。
食べ方も味も知らないと普通の人は手が出ません。
援漁の帰りに「持っていく?」と声を掛けられ、恐る恐る頂いて帰りました。
次回からは「オッ、シマシマ牛タンがあるじゃないか。これもらっていくよ」と拓さんに声をかけることでしょう。

    漁師工房「拓」援漁カレンダー→●
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント