★梅サワー、梅醤油、梅蜂蜜作り 


  左から梅サワー、梅醤油、梅蜂蜜 

大量の梅を知人から頂きました。折から入梅。梅の季節です。
知人は近所のお宅で梅をいくらでも持っていけと言われたのでごっそりと収穫したのだそうです。
そのおすそ分けで、田舎ならではの助け合い精神でしょうか。品物が行ったり来たりしています。
毎年恒例の梅酒を何ビンか仕込み、
まだ余った梅で梅サワー、梅醤油、梅蜂蜜を仕込みました。

◎青梅の下処理(梅酒も何もみな共通)
 1.6時間程度、水に漬けてアク抜き。
 2.流水できれいに洗い、ザルにあけ、一つひとつ丁寧に水気を完全に拭き取る。
 3.竹串でヘタを取る
 4.消毒した広口ビンを用意する。
********

◆梅サワーの作り方
 *広口瓶に梅を入れ、氷砂糖を入れ、酢をビンの肩まで入れてキッチリふたをする。
   白砂糖でも良い。量はお好み。重量比で半分以下でしょう。

◆梅醤油の作り方
 *広口瓶に梅を入れ、醤油をビンの肩まで入れてキッチリふたをする。
  梅の味と香りのする醤油になります。使い方は普通の醤油と同じ。

◆梅蜂蜜の作り方
 *広口瓶に梅を入れ、蜂蜜を梅が隠れる程度入れてキッチリふたをする。
   安物の蜂蜜でOK。数日でエキスが出てゆるくなってきます。

◎諸注意
 1.頭が出てるのでカビないように朝晩ビンを揺すってなじませる。冷暗所で保管。
 2.梅がしぼむ頃(2~3か月後)出来上がり。
 3.ビンや梅、用具の汚れや水分があると、カビたり液が濁ります。
 4.カビてしまったら、その部分を除去すればOKです。
   梅を全部取り出し、梅はジャムなどに再利用。濁った液は清潔なガーゼで濾します。
 5.殺菌消毒、発酵を止めるには加熱して、70℃5分でたぶんOKでしょう。

◎梅に竹串で数か所穴を開けておけばエキスが早く出てきます。
◎梅サワーに砂糖を加えず酢だけならば、ドレッシング用の酢として楽しめます。
◎梅蜂蜜はアルコール分を加えず蜂蜜だけにしました。

これで夏の季節・熱中症への備えができて一安心です。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント