★電線でオオヨシキリの大声

 

何有荘前の大正堰には葦が茂り、そこに夏の渡り鳥・オオヨシキリが朝から大声で叫んでいます。
日の出30分前の薄明りの頃からにぎやかなことで、わたしにはゲゲッチ ゲゲッチ ケチケチケチケチ と聞こえます。
野鳥図鑑などでは ギョギョシ ギョギョシ ギョギョシと鳴くとあり、そのためオオヨシキリは「行行子」という名をもらい、夏の季語だそうです。
スズメぐらいの大きさで、「何もあんなに必死に叫ばなくとも良いだろう」 とだれでも思うらしく、大げさだという意味で「仰々子 」と書かれる場合もあります。

葦を「アシ」と読むと「悪し」に通じるので「ヨシ」と読み替えるのが習慣になっています。
オオヨシキリとは「大葦切」で、小さなヨシキリは「小葦切」。
葦を切り裂いて中の虫を食べるので「葦切」と名付けられました。
そのため葦原の中にいることが多く、声はすれども姿を見つけることは慣れないと難しい。
見つけてもオートフォーカスの小型デジカメだとピント合わせはほぼ不可能。
この日は電線の上で頭髪を逆立てて叫んでいるのを発見し、ラッキーとばかりに撮影しました。
どんなにうるさくとも数か月のことですし、この地域の愛すべき夏の風物詩です。

◆コンピュータ ウイルスに感染した !

2011年に買い替えたパソコンですが、最近立ち上がりが俊敏でなくなりました。
それでレジストリーのデフラグをかけ、高速化しようとして感染してしまいした。
高速化ソフトにウイルスが仕込まれていたのに気づかなかったのです。
ネットにつなぐとアドレスが about blank になり白紙状態になることが多く、シャットダウンする際にもすっきりダウンしません。
フレッツウイルスクリアが「トロイを2個発見、駆除した」と正常に機能しているのに数時間たつとまたabout blank になってしまいます。
データ流出・改ざんや勝手にメールを出すとか削除するなどの、悪質な被害ではないのですが、駆除されたはずなのにまた同じ症状が出るのはオカシイ。

ない知恵を絞ってアドオンをoff にしたりして、よけい混乱しました。
数日間、苦闘して、結局専門家に依頼しました。
車で10分ほどの「インパルス」さんです。
画面を見るなり、高速化ソフトのアイコンを「何だコレ、怪しい」と見抜きました。
それでわたしも気付いたのです。
ダウンロードには気をつけろ、とは基本中の基本なのに「自分は引っ掛からない」という思い込みがあったのです。
振り込み詐欺になぜひっかかるか疑問に思っていましたが、わたしも同じようなものです。
けっきょく数千円でめでたく解決しました。

ちなみに最初に電話をかけた会社は、「出張料込みでまぁ2万円前後だろう」という話でしたから、インパルスさんは本当に有能で良心的だなと思います。
                         インパルス→●

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント