★玉ねぎの結び方 

  
  

 ①50~60cmの紐を二つ折りにし、その上に玉ねぎを二つ載せる。
 ②右の端を玉ねぎの上から左の輪になった部分に通す。
 ③ギュッと絞り、先端を二つの玉ねぎの下に回し、
 ④ぐるっと上に回せばできあがり。先端はまとめます。
 これをもう一組作り、連結し、振り分けにしてぶらさげます。

こんなので大丈夫なのかと思いますが、不思議なことに抜け落ちないのです。
茎の部分が枯れて細くなっても自重で紐が締まっていくので大丈夫なのです。
茎の部分で固結びにしてしまうと、紐が動かず輪が固定され、細くなった茎が抜け落ちます。

農家さんの知恵はすごいですね。
こんな簡単な方法で良いのだとは考えもしないで、ギューギュー締め付けてきました。
それなのにしだいに抜け落ちてしまうので、今まで収穫した玉ねぎをぶら下げて乾燥させるのに苦労してきましたが、これで大丈夫です。
昨日までの強い風と横殴りの雨にもびくともしません。

 
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント