★プリプリの牡蠣四品


  焼き牡蠣  グラタン

兵庫県赤穂の知人からプリプリの牡蠣が届きました。
赤穂の坂越湾は日本有数の美しい海岸でおいしい牡蠣の産地。
今の時期は産卵準備で一番身が大きくなって味が豊かになっており、港からの直送ですからもう箱を開ける前から舌なめずりです。

まずはSimple is the best.「焼き牡蠣」。
フライパンに水を引き、凸面を下にして蒸し焼きにします。
生でもOKですから火を通しすぎぬのがコツ。
牡蠣のフタが開いたらナイフを平面に沿って入れ、牡蠣を下の凹面に落としてできあがり。
アツアツに“簡単柿酢”を垂らして…。もう最高です。        簡単柿酢→●

二品目は「牡蠣のグラタン」です。
ストックボックスにホワイトソースの缶詰があったので、これも超簡単料理です。
玉ねぎ、シメジ、ベーコンそれに畑の小松菜。バター、白ワイン、塩胡椒で炒めて味付け。
冷蔵庫にあったピザ用チーズを使いました。
海のミルクといわれる牡蠣とグラタンの相性は It’s so goooood!!

三品目は「カキの酒粕味噌漬け焼き」
酒粕と味噌は1:1。酒粕は適量の味醂でゆるくします。
タッパーに酒粕味噌を敷いてガーゼをかぶせ、牡蠣を並べて置きます。
ガーゼをかぶせてまた酒粕味噌を載せ、半日~丸1日漬け込めばOK。
フライパンにオリーブオイルを垂らし炒めて召し上がれ。
これも文句なしの味。
※残った酒粕味噌は鍋に利用します。
    「だし汁+酒粕味噌+豆乳」の鍋は万能鍋。具は牡蠣、豚肉、鶏肉なんでもござれ。
     白菜、大根など冬野菜をたっぷりどうぞ。
     よくぞ日本に生まれけり――のすばらしい味です。

さて四品目は「牡蠣フライ」
これは説明不要ですね。自宅で作った牡蠣フライがなんて言ったって一番おいしい。

昨日が立春なのにここ数日、春本番のような暖かな日が続いています。
牡蠣をほおばりながら「幸せだなぁ」とつぶやきました。
もっとも又雪だという話。なかなか順調にはいかないようです。
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント