★冬の小松菜、元気に育つ 


   ヒヨドリよけにネットを張った

キャベツやブロッコリーの苗は売っているけれど、ホウレンソウや小松菜の苗は売っていません。
家庭菜園では種から育てることになります。
これは11月5日に種まきをしたもので、立派に育ちました。

小松菜の栽培はやさしいという人がいますが、それはきっと農作業に慣れた人には、の話でしょう。
シロウトにとっては、小松菜の栽培はむずかしい。青菜の栽培はむずかしいのが実感です。
特に無農薬、無耕耘、無肥料などという無茶な心願を立てていたので何度も失敗しました。
虫に食われ、鳥につつかれ、生育不良であったりとガッカリの連続でした。

今回うまくいったのはなぜだかわかりません。
画像のように雑草共生栽培で、雑草は抜きませんが、野菜の成長の妨げになるほど大きくなれば上部をカットして畝に置いてきました。時々米糠もまいてきました。
そんなことを続けていたので畑の土の質が良くなってきたのではないかと想像します。

もう一つの理由は 「秋まき」 であったことかなと思います。
秋まきの場合、葉や根を食い荒らす虫どもが発生しない時期です。

ところがヒヨドリのエサ不足の時期とは重なります。
ヒヨドリが好む青菜があり、ブロッコリーの実(ツボミ)は全く無傷なのに葉はボロボロにされます。
ケールの葉も大好物でボロボロ。絹サヤ、キャベツの葉もやられます。
一方、同じアブラナ科なのにカツオ菜には全く手をつけません。
何の差なんでしょうかねぇ。

庭にはメジロのためにミカンを置いてあり、それを狙ってヒヨドリが来ます。
ヒヨドリに横取りされぬように設置すると、ヒヨドリはホバリングしてミカンをつつきます。
ところがそれは疲れるらしく、ミカンをあきらめると腹いせのごとくケールや小松菜を荒らし始めて困ります。それはもうものすごい勢いです。
それで寒冷紗ネットを張りました。
ネットで保護され丈夫に育ったのでしょう。

自然栽培と称する手抜き栽培でも、野菜を確保するためには多少の手間暇はかけねばなりません。

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント