FC2ブログ

★バスルームのシャコバサボテン

シャコバ
  右:赤花シャコバサボテン  中央:白花シャコバサボテン  左:なんだったかなぁ

何有荘のバスルームは南面しており、工務店の設計担当者や当時ようやく出始めた家屋設計の支援ソフトでも推奨されなかった配置です。施主の意向ということで無理やり実行しました。
単に、夜空の月を見ながらお風呂に入りたい――という単なるわがままなのですが。

南面しているので日中の日差しが入り、バスルームは温室状態になります。
バスルームも二重ガラス窓になっているのに、それでも入浴中は窓からはコールドドラフトと呼ばれる冷気が舞い降りてきます。
二重ガラス窓のせいよりも、サッシの問題じゃないかと思っていますが、それは別の話題。
それで冷気遮断の簡易パネルを窓際に設設置しているのが画像からも確認できるでしょう。

バスルーム限らず、冬場の室温管理には窓からの温度流失をブロックすることが有効です。
こたつの場合には、床からの温度流失に考慮すべきです。

21世紀が始まる頃、理想の場所に理想の家を建てることを考えていました。
現実と妥協しながら今の何有荘になりました。
今、外気温は3℃ですが室温は暖房装置なしで19℃あります。
というのも「太陽熱暖房」のおかげです。

日中、屋根は太陽の光熱を浴びて熱くなります。そこで熱せられた空気を集めて床下に送風機で送って蓄熱し、室内暖房にするという床暖房のシステムです。
それで、冬には暖房用の石油を確保するという面倒から解放されました。

トイレも脱衣場も全館太陽熱暖房ですからヒートショックはありません。
今から思えば、イニシャルコストはかかりましたが、暮らしやすい家だと思っています。

画像のシャコバサボテンはサボテンの仲間ですから、寒冷地は苦手。
短日性といって、日照時間が短くなると花が咲く仲間です。
何有荘のバスルームでぬくぬくと花開きました。
月を見るには適さぬ季節ですが、風呂に入るのが楽しみになるアイテムです。

植物って不思議ですね。
環境さえ整えば何年でも生き延びる種類がある。
シャコバサボテンもそんな一種です。もう何年バスルームでその季節になると花が咲きます。
何か考えてしまいます。
その時節に合えば花開くものを、環境が整わねば枯れてしまう。

たぶん、私たちの人生もいたずらに朽ち果てた人もいたんだろうな、と。
平成最後の年末だとかでTVでは様々な人間模様が放映されています。
なんでそんな人生だったのだろうかと考えてしまいます。

もしも来年が今年より良い年になるならば、何がその人の人生に足りなかったのかを皆が考えることから始まるのでしょう。

 
スポンサーサイト



★明日は冬至――12月22日。

カボス
   知人からカボスを5個頂いた

冬のどん詰まりというと、日本では寒さが極まり、あるいは積雪が最高となる2月を思い浮かべます。
2月4日の立春を過ぎればもうすぐ春だと期待が高まります。

ところが英独や北欧の諸国では、待ちどおしいのが冬至だと言います。
長過ぎる夜がこの日で終わり、日差しが日一日と伸びてくるからです。

冬至は夜が一番長い日ですが、日昇、日没時刻で比べると奇妙な事実に気が付きます。(銚子時刻)
  日昇時刻が一番遅い日  1月8日 6:46:00  (12月22日 6:41:49) 
  日没時刻が一番早い日  12月4日 16:23:49  (12月22日 16:28:01)

つまり、日の出は1月初旬までもう少し遅くなり続け、日没時刻はもうすでに少しずつ伸びていたのです。
夜が一番長い日とは昼間が一番短い日であり、日昇・日没時刻から計算できますが、それを計算すると12月22日冬至の日が一番短いそうです。
冬至の日の、この意外な時刻差は地球が23.5度傾いているために起きると説明されています。

そういう細かいことは天文台にまかせて、わたしたちはカレンダーを見て「今日が冬至か」と思えば良いと思います。
昔は、天皇が時間を支配するとかで陰陽師が担当しており、あるいは伊勢神宮が担当していました。
江戸時代になって、朝廷(伊勢)のカレンダーにミスがあったことから幕府がその権限を奪いました。

現在、朝廷がかろうじて握っている「時間を支配する」権限は、元号を定めることでしょうか。
新天皇即位と同時に新元号を発表すべきだと、一部の皇室崇拝主義者は主張しています。
皇室を補佐する内閣は、国民の便利さを考慮して1か月前には発表したいようですが、どうなるかまだ決まっておりません。

さて、昼の時刻がこの日を境に伸びてくる冬至の日を祝って、ユズ湯に入る習慣がありますが、たぶん、ユズを太陽の象徴として、日差しをいっぱい浴びて健康になるという意味でしょう。

我が家のユズは今年は不作で少ししか成らずに貴重品ですから、知人から頂いたカボスを使いたいと思いつきました。
果汁たっぷりのカボスは果汁を絞り、醤油などを加えてポンズにしました。
     ポンズ


残った皮は捨てません。
今年はユズ湯の代わりにカボス湯にします。目の細かい洗濯ネットに入れてバスタブに浮かべます。
ユズよりピリピリした刺激が少ないといいます。
その後、まだまだ皮は捨てません。
ゆであがったカボスの皮を刻んでたい肥に混ぜます。畑の栄養に少しはなります。

種も捨てません。
ユズ種ローションと同じようにカボスの種もローションに使います。
なんでも使い切るのは楽しいことです。


★お正月の花――ナンテン

なんてん

田舎道を歩いていると画像のような景色に会い驚くことがあります。
ナンテンのジャングルのような景色です。
かつて、どなたかが植えたのでしょうが手入れもされず、小鳥にとっては天国です。

赤と緑のクリスマスカラーが縁起が良いのは洋の東西を問わぬようです。
寒さにも雪が降ってもめげないで、元気溌剌、活気の良い色が赤で、強い生命力が緑なのでしょう。

ナンテンの音が“難転”、――難を転じて福となすに通じるので縁起が良いとされ、庭に植えられました。どこの方角が良いとかいろいろありますが、気にしない方も多いようです。

南天の漢字を逆にすると天南になり、天南星という星が冬の星座にあります。
立春の頃、南の空低く見える赤い星で、竜骨座のカノープス。
オリオンのずっと下、地上すれすれに見える星で、シリウスに次いで明るい星だそうですが、まだ見たことはありません。

中国では「南極老人星」や「 寿星」と呼び、長寿を司る特別な星としていました。南極老人は、日本の七福神の寿老人あるいは福禄寿の元になった神様ですから、これも正月がらみの縁起の良い星ということになります。
お酒を好む老人ですから赤い星。逆か。赤い星だからだから酒飲みの星とされたのでしょう。
ナンテンの赤い実には少々の毒性がありますが、微量のため、むしろ消毒作用があると漢方薬に指定されています。
だからお赤飯の飾りに使われたりします。

天南星はテンナンセイと読みますが、テンナンショウと読めば植物の名前になります。
マムシグサやウラシマソウの類で、見た目は恐ろし気な草で、里山では普通に見かけます。
その実は真っ赤なトウモロコシのような姿なので、ナンテンの実と似ているとでも思われたのでしょか。
根はでんぷん質ですが、毒があるので普通の人は食べません。
赤い実をかじった人がいましたが、猛烈な舌のしびれがあったと報告しています。

明け方はぐっと寒さが厳しくなってきました。
今朝の外気温は4℃。
明け方のまだ真っ暗な夜空の下、新聞を取りに行くと流れ星を見つけました。
なんかやっぱりうれしいですね。
年末年始、何か良いことがあるように祈りました。

 

★冬になればみかんの季節

みかん


師走になってもまるで夏日のような日が続いたと思ったら、ここ数日ですっかり冬の気候になりました。
急に寒くなっても何となくもう年末だという実感がなかったのでだらだら過ごし、この年末はいそがしくなりそうです。

知人の家のミカンの実が鈴なりでした。それで好きなだけ収穫させていただきました。
無肥料・無消毒ですがけっこうおいしく頂きました。
持つべきものは友ですね。
ミカンの一部をジャムにしてみることにしました。

初めての経験ですが、酸っぱさと甘さがあるのでジャムにするのは簡単だろうと思ったのが間違いでした。
煮詰めるのにすごく時間がかかり、それで途中でイヤになり、まぁ少し緩くてもいいやと妥協しました。砂糖は重量比で30%。ヨーグルトにかけて食べる分には、少々の緩さは問題ありません。

長く煮詰めたので、ミカンの房は完全にとろけてしまって形が残りませんでした。
房の形が残ったミカンジャムにするには、缶詰を利用する方が簡単かなと思いましたがどうでしょうか。

最近はいつでも季節外れの食材が手に入ります。だけど旬の食べ物の方が健康に良く、栄養価も高いことはよく知られています。ミカン産地の人は健康長寿だとTVでやっていました。

季節のミカンは皮もすごいんです。干した皮を漢方では陳皮 チンピ といいます。
七味唐辛子にも入っていますから、だれでも気づかずに多少は胃に入っていることでしょう。
何有荘でも皮は捨てません。
乾燥させて保存し、ネットに入れてミカン風呂に利用しています。
ユズ風呂みたいなものです。
ユズの皮は大切ですから、冬至以外は風呂に使うなんてもったいない。
だからミカンの皮風呂。惜しげなく使えます。

乾燥させた皮をミキサーで粉砕して粉にしたものは何にでも利用できますが、一番簡単なのは畑にまいちゃうことです。
自然に土に戻り畑を豊かにします。
それどころか、ソラマメにつくアブラムシ忌避剤になります。
アブラムシをやっつけるほどの効果はありませんが、いやがらせ程度には役立ちます。
最後まで使い切れば、生ごみだって大幅に減らせます。