FC2ブログ

★夏の雑草――カヤツリグサ

カヤツリグサ 
   線香花火を丈夫にしたような「花」。三角柱の茎。目立たない根元から細い葉が多数。

子どものころ、図鑑で知っていた草ですが、こちらに移住してからは時々見かけるようになりました。
湿地帯、湿った土地に生えるとありますが、けっこう乾燥している場所でも見かけます。

カヤツリグサとは「蚊帳吊り草」の意味でしょうが、なぜこの草がカヤツリグサと命名されたかが、子ども心にずっと疑問でした。
インターネットって便利ですね。「カヤツリグサ 遊び」で検索したらいくつもヒットしました。
      かやつり
  
天地を切り落とし三角柱の茎だけを使います。
  1.茎を右から水平に左へ切り開きます、左端は残しておきます。
  2.次に、左から右へ真上から切り開き、右端だけは残します。
  3.右端と左端をつまんで開くと、
  4.ひし形の形ができます。


蚊帳(カヤ)は四隅で吊り下げますから、ちょうど吊った蚊帳を真上から見下ろしたような姿になります。
なるほど、それでカヤツリグサと言うのかと納得しました。

それで早速、遊んでみましたがなかなかうまく来ません。
第1段階の水平に切り分けるのまではいきますが、次の段階、縦に切り分けるのが難しい。
途中で切れてしまいます。
なるほど、それで昔の子どもは遊びとして、みんなでうまくできるか、できないかを競い合ったのでしょう。

相方さんは「あら、遊び方知らなかったの?」と優越感丸出しで手本を示してくれました。
何事も子どものころ身に付けたことは忘れないものだと感心しました。

今の子どもは群がっての野外遊びをしませんし、第一、蚊帳なんぞ見たこともないでしょう。
カヤツリグサ――なにそれ?の時代になってしまいました。

もっとも、カヤツリグサそれ自体を雑草の中で見つけることが減りました。
いすみ市の雑草で一番多いのは今や外国産の帰化植物です。
牧草系が多いのは国土交通省や道路公団が道路や工事斜面を素早く緑化するために導入したためだろうと推測しています。

外来系がのさばる中で、昔ながらの雑草、たとえばカヤツリグサなどが減り続けるのは残念なことです。
カヤツリグサがなければ、どんな悪ガキでも蚊帳吊りを作って遊ぶことはできません。

 
スポンサーサイト



★家に小怪獣がいるって楽しくないですか

 ジャコウ幼虫
    ジャコウアゲハの幼虫

人はなぜ毛虫を見ると殺したがるのでしょうね。
わたしもサザンカに毒毛虫がつくと、躊躇(チュウチョ)なく殺虫剤を噴霧します。
チャドクガ(茶毒蛾)の幼虫で、毛に針があり、刺されるとひどくかぶれ、腫れあがります。
刺されたという印象ではなく、ちょっと触れただけでも被害を受けます。

チャドクガやアメリカシロヒトリのような悪質ではびこるヤツは殺生もやむ得ないと思います。
スミチオンなどもの噴霧で一匹残らず全滅させます。
せっかく育てた野菜を食い倒すヨトウムシ(夜盗虫)や幼い芽を食いつぶすナメクジなども殺しています。
中には憎さ余って足で踏みつぶす人もいるようですが、つぶすことが気色悪くないのですかね。
台所用洗剤を薄めた液を満たした器に、割り箸でつまんでポトポト落とせばたいてい数分でオダブツです。

でも多くの毛虫は人間に何の害も与えません。
生きるためにただそこにあった植物の葉を食べているだけです。
だからその葉が野菜だったりすると憎らしくなりますが、人間が食べる野菜だからその葉に殺虫剤をまくのは躊躇します。
割り箸ポトンで退治できなかったぶんは、それはもう毛虫様の取り分として許容しています。

画像はジャコウアゲハの幼虫でグロテスク。まるで小さな怪獣です。
でも生きることに必死なのです。
白黒トゲトゲの姿は鳥に見つからないように、何かの糞に似せたものです。

食べている草はウマノスズクスといって、食虫植物の一種ですから虫に有害な毒があります。
いわば毒草を食べているのですが、それを解毒するシステムが体内にあるようです。しかし、その毒は体内に貯めています。
だからこの幼虫を食べた鳥はひどい目にあい、鳥はそれを学習して、この手の幼虫は狙わなくなると聞いています。

もちろん、人間様が利用していない野の植物です。
それでも殺しますか?
単に気味悪いという理由だけで。

やがて「お菊様」と呼ばれる奇妙なサナギになり、羽化するとジャコウアゲハになります。
ジャコウとは麝香(ジャコウ)という高級香水の名で、あまり感じたことはありませんがオスの成虫は良い香りを漂わせるので命名されたそうです。

みにくいアヒルの子ではありませんが、成長すると幼いころとは別の姿になるのが多くの動物や昆虫たちの真の姿です。
いわば今は仮の姿。

この小さな怪獣が優雅なジャコウアゲハになるまでを見守ることができるのはうれしいことです。
食草のウマノスズクサは刈り取られ、幼虫は殺虫剤をかけられ、ジャコウアゲハは今では絶滅危惧種です。
こんな素敵な蝶が日本から消えてしまうのは惜しい。
子どもたちのためにも保護し、増やし、豊かな自然を残したいものです。


 
 

★夜半の突然の雨、いつ止むの?

降水
    雨雲レーダー画像

東北地方で豪雨をもたらした前線が南下し、夜半午前2時過ぎに突然の大雨で目を覚ましました。
雨が吹き込まぬよう、あわてて、あちこちの窓を閉めました。
状況を確認するために開いたのが画像の「雨雲レーダー」

現況が確認できるだけでなく、過去3時間、未来1時間の予想が出て便利です。
未来1時間予報はほぼ正確だろうと思います。

2~3時間先の予報はどうなるか?
「ナウキャスト」(高解像度ナウキャスト)を開き、
右側にメニュー欄から 「今後の雨」(降水短時間予報)を選びます。
すると、過去12時間、現況、未来15時間の予報が得られます。
その画像がこれ。
降水2


安眠を妨げたこの雨は前線が通過する1~2時間後には止む、と予想されています。
安心して、もう一度ベッドに戻りました。

おそらく最新のコンピュータ画像であり、これ以上の精度を現在は求められません。
しかし、外れることもあります。
コンピュータを信じるかどうかは自己判断です。

ついでながら、3~4日先の予報は「GPV気象予報」を利用しています。
雲の濃淡からドシャ降りの雨までが一画面で見えて便利です。
その精度は残念ながら、3~4日先ともなると、あまりあてにならない。
気休めですが、それでも、なにがしかの希望はつなげられる貴重な情報です。

先だっての台風では予想進路が右へ右へ(東に)それ、いすみ市では雨も風もたいした被害はありませんでした。
TVでは、数日間で500mmを超える雨量が予想されると脅していたので、いすみ市では早々に避難準備が出されました。
土砂災害危険地域と河川氾濫危険地域に出されたものですが、TVでは詳しく報道しません。
何人かの知人から、お見舞いの電話を受けました。ありがたいことです。

線状降水帯の真下になり危険な地域なのか、一時やり過ごせば大丈夫なのか、――画像で根拠が示されるので、ナウキャストは貴重な情報です。
天気予報なんてあてにできないと文句を言う前に、自分で見通しを立てるべきですね。
避難するか、とどまるか、与えられた情報で判断すべきです。

行政が提供しているハザードマップにも目を通しておきたいものです。
いすみ市では津波浸水地域、河川氾濫浸水地域、土砂災害危険地域、地震地盤揺れやすさマップなどが発表されています。
ネットで閲覧できますが、役所に行けば紙で入手できます。

場合によっては水深2m以上の被害にあう場所が明示されています。
情報を入手しないで、今まで何もなかったから今回も大丈夫だと判断するのは危険だと思います。
雨が降り続けるか、もうすぐやむか、傘を持つか持たないか、避難すべきか否か、情報はすぐ手に入ります。


 
 

★蒲(ガマ)の穂

 ガマの穂綿
   
いすみ市でも夷隅川の河口にある岬町にはガマの自生地がたくさんあります。
はじめてガマの本物を見たときは図鑑そっくりだと感激したものです。
ところが秋から冬にかけて、蒲の穂は例のフランクフルトそっくりな形状がモワモワの綿毛に変身します。
それが皆風に吹かれて飛んでくるのです。
窓なんか開けてはいられません。その季節の網戸は虫よけではなく、綿毛よけとして必需品です。

最近ガマをよく見かけるようになりました。
高齢になった農家さんが田んぼをやめ、しだいに荒野・湿地帯に戻りつつあり、どこから来るのかガマが自生しだしているのです。
知り合いの農家さんは、あと何年かするとこの近くの農家は全滅して、景色は江戸時代初期に戻っちゃんじゃないの、と悲観的なことをおっしゃっていました。

ガマの穂といえば思い出すのが因幡のシロウサギ。
古事記の原文では「稻羽之素菟」であり、因幡の白うさぎではありません。

稻羽は因幡だとしても、素菟が白いウサギであったとは思えません。
日本在来のウサギは薄茶色で、北国の場合、真冬の雪の時期に白毛になる場合があるようですが、房総の野ウサギはいつでも薄茶色です。
オオクニニシ一行が旅をしていたのは雪深い真冬のはずがないので、赤裸にされていたウサギの地の毛色は薄茶色であったはずです。

素人と書いてシロウトと読むように、素菟と書いてシロウサギと読んだのは本居宣長ですが、あまり自信はなかったようです。
シロウサギを白ウサギに充てたのは後世の人です。たぶん野ウサギの生態に疎かったからでしょう。

隠岐の島から海岸までワニを並べたといいますが、島根県の白兎海岸までは50kmもあり、ちょっと想像を絶します。
古事記にある淤岐嶋を隠岐の島に充てるのは無理があります。

隠岐は昔から隠岐と表記し、淤岐と表記することはありませんでした。
淤岐と表記するときは現在の「沖」であり、一般名詞でした。

その点では白兎海岸にある白兎神社の説がおもしろい。
海岸から150m先の小島をオキノシマというそうです。
そのくらいの距離ならばぴょんぴょん跳ねて島から陸地にたどり着けそうです。

もっとも神話の舞台を現実の地理に当てはめようとすること自体に無理があるのかもしれません。
Wikiによれば世界中によく似た民話があります。

シベリヤではウサギとワニではなく、キツネとアザラシ。
インドネシアではシカとワニ。
アフリカではウサギがワニをだまし、怒ったワニにウサギが尻尾をかみ切られて尻尾が短くなったというそうです。

そこまで話を広げると、因幡の白兎の話は世界中の古代人に広まっていた民話の日本バージョンということになります。
なかなか奥が深い。

ついでながら、東京の学校でワニさん(和邇さん)という人を知りました。
飛鳥時代の豪族、和爾氏の末裔ですか、とお尋ねしたらそうだとおっしゃいました。
ワニさんのご先祖とウサギ族(宇佐八幡宮族)との間に何かトラブルがあったのでしょうかねぇ。
今となっては何もわかりません。


 

★残暑の晩は星空を見てみる

        enta_star_peruseusu[1]
   8月13日前後はペルセウス座流星群    画像元→お天気コム
  
北に展開するペルセウス座付近から多数の流れ星が飛び出してくるように見えるので、ペルセウス座流星群だけど、実際にはどの方向を見ていても、流れ星に出会えます。
天文台は13日午前10時が最大というけれど、その時刻に流れ星が見えるわけがない。その前後の晩ならば、運が良ければ出会えます。
曇っていなければ都会地でも会えるはずです。

四つの惑星(火星・土星・木星・金星)に出会えます。
夜7時半ごろになると南西の空に一番星が輝いています。それが金星。
やがて真南の空に2番星、木星が見えます。

金星は白金色。美の女神ビーナスと名付けられ、木星は赤茶色でギリシャ神話の主神ゼウス、ローマ神話ではジュピター。地球を含む惑星の中で最大の惑星です。

8時半になると南東の空に火星がやけに大きくはっきりと見えます。最近、地球に大接近したばかりですから。
火星と木星の中間、やや火星寄りにあるのが土星です。

火星はローマ神話のマーズ。軍神で火と血の色の赤い星です。今年の異常気象もあれこれの悲劇的現象が起きたのも中国では熒惑 (ケイワク)と呼ばれた火星の異常な輝きにあると昔の占星術師なら言ったかもしれません。

ついでながら土星はローマ神話のサトゥルヌス。英語読みでサターン。悪魔と混同されますが全く誤解。大地の神様だから土星。

土星のすぐそば、右下で赤く輝く星が さそり座のアンタレス。地平に近い南方面で大きなS字型を描いています。惑星はビカーっと夜空に張り付いていますが、アンタレスは恒星ですから瞬いています。
瞬くか張り付いているか、それで恒星か惑星かを区別します。

今年にの夏の夜空は惑星が四つもそろって豪華ですが、8月17日が旧暦の七夕です。
旧暦の7日はほぼ半月。お椀の船のような月に乗って天の川を彦星が渡って織姫に年に一度のデートをする日と言われてきました。

天気が良ければ、天頂近くに織姫(こと座のベガ)、やや下に彦星(わし座のアルタイル)、そして天の川の中央を泳ぐ白鳥座のベガが、夏の大三角形を構成していることで見分けられます。

夜半を過ぎても暑苦しくて眠れない夜は、思い切って外に出て、夜空の星を一つひとつ確かめながら時間をつぶせば、きっと流れ星の一つや二つ、出会えることでしょう。


 

★いすみ市はブルーベリーの特産地です。

ブルーベリージャム
      新鮮なブルーベリーをジャムにしてみました。

農産物直販店に行くといくつもあるブルーベリーのパッケージが気になります。
買いたくなる衝動を抑えて、『五平山農園』 さんへ連絡を入れてみました。

ここのご主人、藤江さんとはいすみ市の町づくり懇談会みたいな会でご一緒したことがあります。
また、毎年、イチジクのワイン煮の材料のイチジクをここで購入しています。
その品質の良さは証明済みですから、今年はブルーベリーもここで買ってみようと思ったのです。

ジャム用だと告げて1kgほど注文し、翌朝、受け取りに行きました。
車で30分ほどで、車で30分とは「近くだよ」という地元の感覚にも慣れました。

500gパックが二つと、お土産として小パックで生食用のブルーベリーを添えてくれました。
自宅で重さを測りなおしたら、合計1363gありました。
(五平山さんはいつも注文よりも多めに商品を分けてくださいます。)
生食用もジャム用も区別がつかないくらい新鮮で大玉の粒ぞろいでした。

つまんで食べてみると甘くてジューシー、文句なしの上等品です。
やっぱり五平山さんまで出かけて買ったのが正解だったと思います。

それで全部ジャムというのももったいないので、ジャムには半分ちょっとを使うことにして、
残りの半分の半分、つまり1/4を生食用、1/4をドライにしてみました。

ブルーベリーのドライは初めての作業。
『カラリンコ』という果実・野菜乾燥機を使ったり、天日干しで1週間。ようやくドライになりました。
        ドライブルーベリー

でも苦労の割には大したことはない、という出来栄えです。
ドライにして味が濃縮したというよりも、干からびてしまったという感じです。
残念。

一方、ジャムの方は大成功でした。
いつもの通り、砂糖40%にレモン果汁少々ですが、今回は量が多かったので圧力鍋を利用しました。
出来栄えは思っていたよりずっと上等でした。
何が良かったのかと検討した結果、答えはシンプル――素材が良かったから。
今まで作ってきた各種ジャムの中で最高の出来です。
ありがたや。ありがたや。

いつでも思うのですが、いすみ市は海の幸、山の幸、里の幸に恵まれた地域です。
その地で生業(ナリワイ)に誠実に取り組んでいる多くの方々を知ることになりました。
そこまで考えてこの地に居を構えたわけではありませんが、ここは本当に良い地域でした。
おそらく、日本中どこでも“田舎”と呼ばれている地域は、そういう誠実な人がたくさんいるんだろうなと思ったりします。


 

★ツバメの巣立ち、ヒナはもうだいぶ大きくなった

ツバメ
     太東郵便局のバックヤードにて

子どもだったころ、川崎にもツバメが来て商店街を疾走していたことを思い出します。
都会地ではほとんどツバメを見かけなくなりましたが、いすみ市ではまだツバメがたくさんいます。
この近くで一番多く見かけるのは長者町商店街で、目にもとまらぬ速さで行き来しています。
よく見ると軒先に巣がある商店があります。
ここは良い地域だとツバメは思っているのでしょう。

ツバメは人と共生する鳥だと言われます。
人を恐れず、人家の軒先に巣を作るのは、外敵がそこまで侵入してくることがないことを知っているからだと言います。
その返礼として、軒を貸してくれたお宅には幸福が訪れると言い伝えられてきましたが、
最近はそんなことは信じない人が増え、フンが落ちて迷惑だからとして,巣を撤去する人が増えました。
昨年まで巣立ちが見られた場所で巣が撤去されているところも多くありました。
残念なことです。

今年のツバメは少ないのだろうかと心配していましたが、
なんのなんの、先日、百羽を超える大群に何有荘前で出会いました。
たぶん第1回目の子育てがうまくいき、南に帰る日のための集団飛行訓練を始めたのだと思います。

何有荘前は大正堰というため池があり、そのすぐ隣が太東崎の台地なので起伏に富んでおり、気流に乗り、気流を読み、急降下、水平飛行、急転回などの訓練をしているように思えます。
何せすごい数のツバメが夕方になると集まってきます。

しかしね。いつも不思議に思うのです。
誰が生徒か、先生か?――
なんとなく夕方に集まってきて、何となく日没とともに去っていく――ように見えます。

さて画像の件ですが、ツバメは年に2度3度卵を産み子育てするそうです。
ヒナの大きさからすると、たぶん2度目の子どもでしょう。
もう巣立ちも間もなくの様子がうかがえます。

先輩たちはもう集団飛行を始めていますからね。
早く一人前になり、先輩に追いつくことを望みます。

季節を表す二十四節季に 『玄鳥去 ツバメサル 』があります。
9/18~9/22ですからまだ日にちがありますが、夏の渡り鳥であるツバメが去る頃とされています。
今年は六月に梅雨が明け、ずっと猛暑が続いていますから、それがツバメが去る日程にどのように影響するのか。
ツバメのリーダーがどのように判断するのか、今年はちょっと気をつかってみるつもりです。


 
 

★夏の暑さにミントのお風呂

カーリーミント
      カーリーミントというクシャクシャの葉のミントです。

葉がチリチリにカールしているのでカーリーミントなんだと思います。
スペアミントの近縁なのか、スペアミントの葉と似た色の葉で似た香りがするミントです。
一握りをバッサリ刈って、バスタブに投入するとミントの香りがさわやかなお風呂になります。
別にカーリーである必要はなく、スペアミントやペパーミントでも、それぞれ個性のあるミント風呂が楽しめます。

ヌルメのお風呂に入って手足を伸ばせば、猛烈な暑さでグダグダになった体もしゃっきりした感じに回復します。
特に夕方、湯上りの風に吹かれると、あー涼しいなと感じます。
疲れが飛んでいく気分です。
たぶん、アセモなんかにも効いている感じがします。

ミントはハッカですから、さわやかなハッカ残りがするのは当たり前ですが、実際にスースーする清涼感がミントのお風呂にはあります。
庭にミントなんかない、という人はドラッグストアに行けば手に入ります。
       ハッカ

日本薬局方のハッカ油20mlで、1000円ちょっとしますが、大変便利です。
バスタブには数滴、洗面器で使うなら1~2滴で十分です。
(多く使うととんでもないことになります)
小さな瓶ですが、ちょびちょびしか使わないので1年は持つでしょう。

今日も朝から30℃超え。
信じられないくらいのひどい暑さですが、夏には夏の楽しみ方があるとして、何とかしのぎましょう。