★竹林の中にクマガイソウ(熊谷草)

クマガイソウ
    袋状になったきわめて特徴的な花が咲く

レッドデータ、絶滅危惧種Ⅱ類、千葉県重要保護植物。
荒れた竹林を整備してくれたら、そこのタケノコはどうぞご自由に、ということで仲間とともに足を踏み入れた竹林で見つけたクマガイソウです。

竹林は何本も古い竹が風で倒れており、ジャングル状態、無秩序、密集した竹を運び出し、切り倒し、焼却して竹炭を作り、竹チップを作るなど、竹林整備は思いのほか大変です。
そこでクマガイソウを見つけた時はびっくりしました。
なにせ千葉県に限らず、全国的に絶滅の危機にあるラン科の植物です。

手入れの行き届いた大きな農家やお寺の庭、あるいは野草園で見たことがあります。野生状態で見たのは初めてでした。
竹林のそこここに生えていますが、竹林整備作業で踏まれてしまいます。あわてて目印になる竹棒を刺して注意を喚起しておきました。

きわめて特徴的な花の形を昔の騎馬武者が背中に負った母衣(ホロ)に見立てたものです。
クマガイソウにそっくリで、花の色が濃い紫だと、アツモリソウ(敦盛草)と言います。

敦盛は平家の公達。一の谷の合戦で沖合の平家の船に逃げ込む寸前で、源氏方の熊谷直実に討たれます。
自分の息子ぐらいの年齢の若武者だと気づき、一度は見逃そうと思った直実ですが、後から押し寄せる味方の手前、やむなく格闘の末に首を落します。

『平家物語』のこの一節にちなんで、地味な花が年寄りの熊谷直実、濃い紫のあでやかな花が平敦盛というわけです。
命名者はだれだか知りませんが、なかなか趣のある命名です。

      アツモリクマガイ7
       画像元: 『平家物語画帳、敦盛最期』 根津美術館


 

スポンサーサイト

★山椒の雄花、雌花

オス花メス花
   左=雄花は「葉山椒」、 右=雌花は「実山椒」ともいうらしい

庭に山椒が1本あるととても重宝します。
花と言ったらサクラ。「木の芽」と言ったら山椒。日本を代表するハーブです。

庭には3本の山椒があり、花が咲くのに実がなりません。
栄養が悪いのか、日当たりのせいか、それともまだ若いからか、などと思ってきました。
なんと山椒には雄の樹と雌の樹があるのだと、後になって知りました。

雄の樹は花が咲いても花粉を飛ばすだけだから実はできない。
3本とも雄でした。いくら手入れしても実がならないのは当然です。
画像のように雄花は支離滅裂に花が咲き、雌花は初めから山椒の実のごとくまとまっています。
雌花はこれから頭頂部が割れてメシベが出てきて受粉します。

花も実もない時期の山椒のオスメスを区別する方法はないようです。
購入苗が葉山椒か実山椒か、確率50%。神のみぞ知りたもう。
経験からすると、実山椒は少ない気がします。

それで実山椒が自生している場所を覚えておき、今までその季節になると採集に行きました。
それも面倒になったので、今年は挿し木に挑戦しようかと思っています。
6月ごろが適期だそうです。


 

★ザワークラウト(酸っぱいキャベツ)作り

ザワークラウト
    ジップロックの中で良い具合に発酵してきた

春キャベツの季節です。キャベツは天然の抗ガン剤とか天然の胃薬として知られています。
とんかつにキャベツは最高の組み合わせだ、とどこかで読んだ記憶があります。

そのキャベツを乳酸発酵させたのがドイツの「ザワークラウト」で、やや酸っぱいキャベツの千切りです。
昔、ビアホールでウィンナーを頼むとザワークラウトが添えられていたのが最初の経験でした。
とんかつキャベツと同じ組み合わせですね。

キャベツ自体に豊富なビタミンCが含まれており、加熱しないことでビタミンCが壊れず、乳酸発酵によってさらにビタミンCが生成されるそうです。
最近は、“乳酸キャベツ” とか“発酵キャベツ”というネーミングで話題になっています。
でもこれは作り方がザワークラウトとほぼ同じですから、同じ物と考えてよいでしょう。

作り方はいたって簡単。

【材料】 ①キャベツ 500g  ②自然塩 10g  ③好みで砂糖少々、胡椒少々、ローレル1枚

【作り方】
 1.キャベツをひたすら千切りにする。少々幅広でも細すぎでも気にしない。
 2.千切りキャベツ半量と塩半量をジップロックに入れて混ぜ揉む。
 3.残りの千切りキャベツ半量と塩半量をジップロックに入れて混ぜ揉む。
 4.全体を混ぜ合わせ、ジップロックの空気をぬいて密封。
 5.2kg程度の重石(2リットルペットボトル)を載せておく。
 6.3日もすれば水分が出て、発酵しているからいるから気泡も出てきている。
 7.5日もすれば塩気のカドが取れてさわやかな発酵キャベツとなる。これで完成。
 8.冷蔵庫保管ですが、冷凍保管もできます。

味噌や醤油、漬物やザワークラウトなどの発酵食品は酵素の宝庫、健康食品です。
発酵・熟成をすることによって活性化した酵素が、生野菜を食べるよりも効率よく摂ることができます。

千切りキャベツとマヨネーズという定番にとらわれず、たまには目先を変えてみると春キャベツの大量消費につながり、健康にも良いとは一石二鳥の話です。


 

★飲む点滴――甘酒作りは簡単だ

甘酒
      甘酒は米麹と黒米ご飯でもできる

まず、炊飯器で作る基本の麹甘酒の作り方

【材料】 ①生麹100g  ②白米1合 

【作り方】
  ①お米1合を3合の目盛りでおかゆに炊く。
  ②60℃ぐらいに冷まして、米麹をもみほぐしながら、万遍なく混ぜる。
  ③炊飯器の蓋は開けたまま、布巾でカバーし、55~60℃ぐらいに保ち、8時間保温すればOK

【注】
①普通の白米よりもち米の方が甘味が強くでる。作り方は同じ。
 画像のように、黒米を混ぜて炊いたおかゆからでも同じように甘酒になる。
 玄米だってちゃんとおかゆにすれば甘酒になる。 
 サツマイモからだって甘酒になる。

②産直店に生麹が「こうじ」として売っている。500gで400円ぐらい。季節限定商品。
 「みやここうじ」の乾燥麹でも作り方は同じ。200gで350円ぐらい。季節を問わず。

③麹の量は2倍でも1/2量でも甘酒になる。

④味付けは不要だが、塩少々、摺りおろし生姜少々という人も多い。
 ヨーグルトにかけたり、牛乳や豆乳で割ったりするのも人気がある。

⑤濃く作れば砂糖の代わりになる。
 その場合、水の量は米1合に対し米2合の目盛りで炊いた「かたおかゆ」にして作る。
 すると甘酒と言わず、「甘麹」という名に変わる。

⑥冷蔵庫保管だが、小分けにして冷凍保存も可能。
ただし、なるべく早く消費した方が良いに決まっている。

最近は発酵食品ブームらしく、近所のスーパーには各種の甘酒が並んでいます。
ちなみに一つ二つ手に取って材料を調べてみると添加物が加えられている場合が多い。
材料はたった二つ、米と米麹のみが記載されていれば、それは昔ながらの本物の甘酒です。

甘酒はノンアルコールなのに甘酒というのは不思議ですが、見た目、ドブロクに似ているので、ドブロクと対比して甘酒としゃれで命名したのでしょう。

ひな祭りの歌に出てくる白酒は、甘口であってもかなりアルコール分があります。
飲んだことはありませんが、多分、甘酒の焼酎割がイメージとして近いかもしれません。
あるいは味醂(ミリン)製造過程での中間商品かもしれません。

温かくした甘酒は冬の飲み物の印象がありますが、俳句の世界では夏の季語です。
高温多湿の夏に食欲が減退し、夏バテ、夏やせの時の飲み物として江戸時代に流行しはじめました。
必須アミノ酸9種類の全てがそろい、各種の糖類や酵素類を含み、食物繊維もあり、飲む点滴として今日知られるようになりました。
気温差が激しい春の今頃も体調を崩す人は珍しくありません。そんな時は自家製甘酒がとても役に立ちます。


 
 

★掘りたての丸ごと焼き竹の子

焼き筍
       アルミ箔に包んでオーブンで丸焼き

今年はタケノコの生育が思わしくありません。
それでも私たちが管理している竹林には、少しずつ顔を出すようになりました。
正確には、竹林をすり足で歩き、足裏に当たる感覚で見つけ出し、掘り起こします。
だから、地上にはまだ顔を出していないのを見つけ出すのがプロの技です。
もちろん、そう簡単には見つかりません。

地上の光と空気にさらされていないタケノコにはアクがありません。
採集後、数時間ならばあく抜きの必要はないでしょう。
丸焼きできるタケノコは新鮮な掘りたてタケノコに限るぜいたくな食べ方です。

まず水洗いして泥を落とし、皮を数枚残してはぎとります。
包丁で汚れている部分は切り落とし、タケノコの先端も斜めに切り落とします。
火がよく通るよう、胴体部分に縦に切れ目を入れてからアルミ箔で包みます。

炭火焼が一番ですが、面倒なのでオーブントースター。蒸し焼きです。
時間はタケノコの大きさによります。画像で15分程度。
竹串で突いてスーッと通れば出来上がりです。

味付けは、わさび醤油のちょいつけがスタンダードです。
今回は「ゴマ味噌だれドレッシング」でいただきました。これも良し。
旬のタケノコの素(ス)の味を楽しむ料理です。

タケノコを食べるともうすぐ五月だなぁと思います。
これからが一番良い季節です。


 
 

★カモミールの収穫

カモミール
    花が咲き、花の中央部が盛り上がってきたら収穫時

昨日今日は初夏の暑さだとか。
それでも明け方は寒いので、なんとなく体調がボーっとしてすぐれない時があります。
「木の芽時」というのでしょうか、気温の変化に対応するためのホルモンバランスが崩れるせいだと識者は言います。

4月18日は『花鎮祭』(はなしずめのまつり)が奈良の大神(おほみわ)、狭井(さゐ)の両社で行われます。
春、花が散る頃になると疫病神が跋扈(ばっこ)するので、これを鎮圧するために行うのだと昔の本に書いてあります。
昔から、今の時期は睡眠が不規則になり、気温が乱高下し、強風が吹き体調を崩す人が数多くいたのでしょう。

さて、画像のカモミールは江戸時代にオランダから来た薬草です。
古代エジプトで、ローマで、ギリシャで薬草として用いられてきました。
『花鎮祭』は神様に祈るだけですが、春に咲く花のカモミールは藥効があります。

カモミールの花は甘いリンゴの香りがして、ティーにしていただくと興奮した心が休まります。
寝る前の水分補給に良く、安眠を誘います。

イギリス、フランス、ドイツなどでは子どもへの万能薬だと聞いたことがあります。
ピーターラビットではおなかをこわした子にお母さんが、温かいカモミールミルクを飲ませ、ゆっくり休むんですよさとす場面がありました。

フレッシュでいただくのが一番ですが、花をドライ(日陰で乾燥)にすれば保存がききます。
フレッシュならば、エディブルフラワー(食べられる花)として利用も可能です。

昨年は焼酎と合わせて、カモミールローションを作りました。
肌のトラブル――かゆみや吹き出物、やけど、乾燥肌などに効果があります。
少々取って肌に塗るとカモミールの香りが漂い、それだけでも良くなった気がします。

大量に収穫したり、ドライが残ってしまっていたら、ハーブバスがお勧めです。
ティーバッグに適量つめて煮出し、ティーバッグごと煮出し液をバスタブに入れれば完成。
香りに包まれ、肌がつるつるし、家庭風呂が至福のお風呂に変身します。

一度植えるとこぼれ種で次々に芽を出し、しかも思わぬとこからも。まるで雑草状態です。
密集して風通しが悪いと、細かな虫がつくのが欠点です。
採集の時には強く息を吹きかけて追い出すのがコツです。

この欠点を逆手にとり、大事な作物を守るコンパニオンプランツとして利用する場合もあります。
作物につく小虫を一手に引き受けてくれる、ケナゲな生き方をするハーブです。

補追
息を吹きかけた程度じゃ、アブラムシは退散しない、とクレームがありました。

確かに黒い粉ジラミみたいなヤツはへばりついている場合があります。
100均のボール付きザルにカモミールを載せ、数時間後にトントンすると下に落ちていきます。
もう、新鮮な樹液が来てないと判断するのかしら。
これを何回か行い、さらにカモミールを軽く水洗いするようにしています。




 
 

★奇怪な姿、ミミガタテンナンショウ

ミミガタテンアンショウ
     ←の部分が特徴。その部分を拡大。

ずっとマムシグサだと思っていました。
湿った山野のやや薄暗い場所に自生するサトイモ科の植物です。
すっくと立ちあがり、まるでマムシが鎌首を持ち上げているかのような姿です。

野草が好きな知人とその場所を歩いているときに、ミミガタテンナンショウだと教えられました。
マムシグサと比べると、仏炎苞(ブツエンホウ)という花びらのような部分の下部が少し張り出しているのが特徴です。

その左右に張り出した部分を「耳」と称し、ミミガタテンナンショウ(耳型天南星)と言います。
テンナンショウとはサトイモ科マムシグサの仲間一般をいいます。
拡大画像では耳型が垂れ下がり、少し内側に丸まっているのはわかります。

天南星をテンナンセイ、と読むと星の名前、冬の星座竜骨座のカノープスのことになります。
惑星を除いた星で一番明るいのが大犬座のシリウス。二番目がカノープスです。
その割に知られていないのは、冬の南の空、地平線近くで1時間ほどしか観測できないからでしょう。

地平線近くの太陽が赤いようにカノープスも赤く見えるそうです。
中国では、老人星、寿老人星、南極老人星と言われ、長寿を司る星とされました。
古代中国では、真北にある不動の白い星、北極星が天子の星とされ、真南にある赤いカノープスが長寿の星として信仰の対象になりました。

テンナンショウの本当の花は、拡大画像の中央にある緑色の棒についている多数の花です。
水芭蕉も仏炎苞の中央に棒状の花群があるのはご存知の方も多いことでしょう。
白い仏炎苞の水芭蕉が人々に愛されるのはわかりますが、茶色の仏炎苞のザゼン草だって愛されています。
つまり、同じ仲間なのにマムシ草やテンナンショウが嫌われるのは理不尽な気がしますが、気味悪いのだからしょうがない。

秋になるとその棒状の花が結実し、赤いトウモロコシの実のようになります。
一見すると食べられそうですが、毒々しい感じもしますし、実際、毒があります。
その毒を薄めると漢方の薬になり、それが長寿の秘薬としてもてはやされたのでしょう。

お正月の七福神の中の寿老人はこの天南星の化身とされています。中国文化が日本に定着したものです。
春の野で出会ったマムシグサやミミガタテンナンショウから寿老人を思い出すのはほぼ不可能。
テンナンショウという日本語としては意味不明の単語をたどると、細い糸でカノープスや寿老人にたどり着きます。

それにしても、古代では天子も庶民も長寿に憬れたのに、今日の日本では長寿がリスクとなり、
ピンピンコロリに憬れるとは変な時代になったものです。

 
 

★ゴキブリ完全駆除。ホウ酸団子をどうぞ

ホウ酸団子
   しっかり天日干し。下にクッキングペーパーを敷くとネットにくっつかない

<材料>
    ①強力粉カップ半分          ②ホウ酸30~50g 薬局で購入
    ③ジャガイモ小1個ゆでてマッシュ  ④玉ネギ小半分、すりおろしまたはみじん切り
    ⑤牛乳大さじ1              ⑥砂糖小さじ1

<作り方>
 ①全材料を均等になるように混ぜてよく練る。
 ②耳たぶ程度の柔らかさになるように水を加える。
 ③粘るので、手に強力粉を餅取り粉のように少々とって丸める。
 ④風通しの良い場所で数日間、乾燥させる。
   生乾きだとかびるので、しっかり干す。
 ⑤ペットボトルのキャップか、敷いたアルミ箔に載せて、あちこちに配置。
   丸1年間、有効です。

何有荘にはゴキ様はいませんが、外から飛んできます。
あるいは下水管を伝わってくるのでしょうか。
しかし、このホウ酸団子があれば室内で繁殖することはありません。
だから、チビゴキは見たことはありません。
サヤというゴキの卵のカプセルも見たことがないので、繁殖していないのでしょう。

他所から侵入してきたゴキはスリッパや丸めた新聞紙で退治、という人が多い。
でも、つぶれたゴキを見るのはイヤですね。

キッチン近くならば台所用中性洗剤をかければ動かなくなり、死にます。
ふき取ってゴミ箱にポイ。
風呂場ならば、シャンプーなど液体洗剤でOK。
洗剤なので、後処理が楽な点が良いです。

普通の部屋ならば、掃除機を使います。
うまく吸入しても中で生きています。吸い込み口からスイッチオンのまま、殺虫スプレーを吸い込ませればお陀仏するでしょう。
部屋中、殺虫剤をまき散らすのは残留薬剤が気になるので、掃除機です。

いずれにせよ、ホウ酸団子を部屋の隅々にセットしておけば、年に数度、偶発的に遭遇するだけです。
ゴキ様なしの気楽な生活は田舎でも都会でも、何有荘式ホウ酸団子で保障されます。
ちなみに、市販のホウ酸団子は効きませんでした。お金の無駄でした。
どうしてあれは効かなかったんでしょうか。
たいした手間ではありませんから、手作りが一番よろしいと思います。


 

★木いちごの花

モミジイチゴ
    モミジイチゴの花は下向きに咲く

桜の花の咲くころ、山野に桜によく似た五弁の白い花が咲いています。
1mぐらいの低木で、とげがあります。
スーッと伸びた枝に一輪ずつ鈴なりに花咲かせているブッシュを見つけたら、それは木いちごですから、その場所を覚えておきます。

太東崎灯台への道にも咲いていますが、道路際なので草刈りに刈られてしまうこともままあります。
運が良ければ生き残り、6月に橙色の小さな実を付けます。粒々の集合体の実です。
これを散歩の途中でつまんで食べるのが、ひそやかな楽しみです。

この木の葉は、紅葉ほど極端ではありませんが、1枚の葉が五分裂しています。それでモミジイチゴ。
中央が(中指)が長い葉の品種が、ナガバノモミジイチゴ。その変種がモミジイチゴで、いすみ市ではナガバよりもモミジの方がが多いと感じます。
秋になれば、一丁前に黄葉し、冬は落葉します。

バラ科ですからトゲがあります。
繰り返しになりますが、蔓バラのような細い枝に、下向きに白い豪華な花を咲かせており、6月なれば黄色~橙色の光輝く粒々の1cmほどの実がなります。

木にできるイチゴだから、木いちご。
黄色い実だから黄イチゴ。どちらでも良いでしょう。
ジュ―シーで、生食のほか、ジャムにする方もいます。

似た木いちごに カジイチゴ があります。
花は白くモミジイチゴと大変似ていますが、やや大型。
葉は落葉せず、モミジイチゴより色が濃く、大型。
葉は3~7に分裂するが五分裂が一番多いので見分けにくい。
しかも黄色い実ができるので、慌(アワテ)て者はモミジイチゴと間違える。
一番の違いは、花の向きがまちまち。上を向くのが多い。

いろいろ言っても現物を見て違いを納得して区別するのが一番ですね。


 

★菜種梅雨にシャガの花

シャガ
    庭のシャガが咲き始めました

シャガの学名は Iris japonica アイリス ジャポニカ 。日本のアヤメという意味です。
本当は中国原産だけど、国際的に品種登録された時、発見者が日本の個体を持ち込んで国際登録されたのでしょう。

画像の花をどの植物図鑑でもシャガといい、漢字で「射干」と書きますが混乱があります。
射干と書き、ヤカンと読むと、ヒオウギアヤメ(檜扇)の赤い花をさします。
それで区別するために「著莪」と書き、中国名の「胡蝶花」という場合もあります。

種なしスイカと同じように3倍体なので種ができず、地下茎で増え、群落をつくります。
山で数株もらってきて庭に植えたらどんどん増え、だいぶ間引いて山に返しました。

タンポポなんかは風で種子を四方八方へ運び、勢力範囲を広げますが、シャガは地下茎、正確には匍匐枝(ホフクシ)だから自分の周りにしか増えない。
つまり、山野にあるシャガはかつて誰かさんが植えたものだと考えられます。
日本中すべてのシャガが遺伝子的には同一のクローンです。

    紫の斑の仏めく著莪の花         高浜虚子

どの花もアップで見ると細かい点に気付きます。
どの花も非常に精巧な作りになっていて驚嘆いたします。
別に人間様に褒められようとして飾った花ではないし、虫媒花ではないから昆虫を引き付けるための罠(ワナ)でもありません。

杉林などの薄暗い片隅にひっそりと咲き、群落になっていると、そこだけパーッと明るくなっている感じがします。
花には人を励まし、人を勇気づける力があります。
人間はロボットではなく、自然界の一員ですから、花に感激し、感応する能力が備わっているのだと思います。