★杉玉は新酒完成の合図の標(シルシ)

杉玉
   いすみ市大原の木戸泉酒造の巨大杉玉

直径は2mもあるそうで、重さ500kgを越す。木戸泉酒造の入り口・冠木門の上部にどっしりと飾られています。
これだけ大きいと、丸い形状を保つために内部は空洞。周囲は鉄筋でできています。
鉄筋で地球儀みたいに丸く形を組み、そこに金網を張り、その金網の眼に杉枝を万遍なくぎっしり差し込み、最後に電動バリカンで見栄え良く仕上げます。

先日26日(土)、ボランティアさんを含め、大勢で一日がかりで仕上げたそうです。
クレーン車が来て茶色くなった古い杉玉を取り外し、新しい杉玉をセットして完成。
新酒の初売り出しは29日(火)。さっそく行ってきました。

購入したのは
  初しぼり 本醸造 無濾過生原酒――――――4合瓶 1200円――いわゆる清酒
  初しぼり にごり酒 本醸造無濾過生原酒――4合瓶 1200円――白濁した濁り酒

お酒の神様はローマ神話ではバッカス、ギリシャ神話ではディオニュソス。
どちらも日本では比較的よく知られています。
では、日本のお酒の神様の名前は? と問われると困ってしまう人が多い。

京都の松尾神社は日本酒製造の神様として有名ですが、
わたしとしては、奈良の大神(オオミワ)神社は歴史時代以前からの伝統があるのではないかと思っています。

大神神社にはある杉の切株が大切に保存されています。かつて杉玉の材料となる杉枝を提供した杉の古木でしたが、寄る年波に勝てず伐採された残り株です。
新酒ができると、この杉枝を束ねて神様に報告し、あわせて市民にも知らされました。
杉束が後に杉玉に変化し、杉玉は酒林とも称されるようになりました。

大神神社に関して日本書紀に二つの歌が掲載されています。
第十代崇神天皇の世、掌酒官・活日(イクヒ)が、神酒を天皇に献じた時の歌。
――この神酒(ミキ)は我が神酒ならず 大和なす大物主(オオモノヌシ)の醸(カミ)し酒 幾久(イクヒサ)幾久――

応神天皇の時、宴会の時の歌
――この神酒は 我が神酒ならず 薬(クシ)の神 常世(トコヨ)に在ます 石立たす 少名御神(スクナミカミ)の豊寿き 寿き廻し ――

大神神社はご神体を三輪山とする最も古い神社ですが、オオクニヌシ、オオモノヌシ、スクナヒコナを祭っています。
アマテラスを祖先神とする一族が奈良平野を征服すると、一時期、敗残者の信仰は抑圧されますが、人々は昔からの神様--オオモノヌシやスクナヒコナを忘れませんでした。

このお酒は誰が作った? 私じゃありません。オオモノヌシ様です。スクナヒコナ様のお陰ですと杜氏(トウジ=酒造技術者)は古くから考えてきたことが記録されていたわけです。
神様に感謝する形として杉の枝を束ねたのが原初的な形です。

なぜ杉の枝?     
おそらく酒造りの桶が杉だからでしょう。松でも桧でも桂でもなく杉。
お酒の神様は杉に木に降りるんでしょうね。
それで新酒完成のお知らせとして、お神酒をに添えて杉の葉を重ねて御礼とした――そんな伝統が今でも、外房でも残っているのです。

今シーズンの新酒。最初の一杯は、オオモノヌシ様、スクナヒコナ様に感謝してから頂くことにしましょう。



 
スポンサーサイト

★凍える夜は自宅を温泉にしよう。

炭酸風呂の作り方
   食品用クエン酸、薬用重曹(炭酸水素ナトリウム)

薬用と掃除用のクエン酸・重曹の品質の違いは実はあまりありません。
製造段階で衛生管理をしっかりしているかどうかが値段の差に表れます。

直接肌に触れますから、薬用・食品用はちょっと高いけど、それを使うことにしましょう。
  1.どちらもスプーン大1を計量カップにとり、良くかき混ぜる。
  2.水分を含まねば発泡することはない。バスタブにサラサラ入れれば発砲してできあがり。
  3.お湯はあまりかき混ぜないで、じっくり発泡を楽しむ。

これで重炭酸塩の温泉風呂になりますが、もう一品加えてみました。
手元にあったラベンダーソルトです。
ラベンダーの花をその季節に摘み、塩漬けにしたもので、ハーバルバスの定番です。
これもスプーン大1を湯に加えます。
これでバスルームがラベンダーの香りに包まれます。

言わずもがなですが、事前にバスルームは湯気で満たして暖めておきましょう。
高齢者の家庭内事故のトップは風呂場。トイレのヒートショックだそうです。
裸で救急車だなんて考えただけでもおぞましい。

湯の温度は40℃未満が良いでしょう。
その温度だとじっくり湯に浸かれます。体温が上昇して免疫力が上がります。
湯船の中で、ほんのり汗をかく程度が理想です。

水道水を使った新しいお湯は時々ピリピリすることがあります。
含まれている塩素のせいでしょうか。
ところが家庭で作るクエン酸重曹温泉でもお湯の質は大変柔らかくなります。
それがリラックス効果を高めるのだと思います。

今日は11月26日、イイフロの日だとか。
カピパラが温泉に入っている画像がTVで紹介されていました。
人間様だってこんな寒い日は温泉が一番です。


 
 

★寒い日は温かい飲み物がうれしい。

紅茶焼酎
      紅茶焼酎。紅茶バッグを焼酎に浸して出したもの。

寒い日はホットミルク。蜂蜜なんか入れるとさらにおいしく豪華です。
熱い紅茶に温かいミルクを加えればミルクティー。
ミルクティーを飲みながら、ジャムをおつまみにすればロシアンティー。
面倒ならばミルクティーにジャムを混ぜちゃったって構わない。お行儀が悪いなどと気にしない。

ホット甘酒におろし生姜と塩を少々加えれば、幸せな和風の冬の飲み物です。

焼酎のお湯割りも最近はメジャーです。
焼酎の紅茶割だってなかなか良い。

とろで画像は残念ながら、hotな冬の飲み物の紹介ではありません。
ティーバックをコップ1杯ほどの焼酎に半日漬けてエキスを出したもので、実はうがい薬です。

日本紅茶協会によると紅茶に含まれる「紅茶テアフラビン」と「緑茶カテキン」がインフルエンザの感染力を失わせる力があると言われています。
焼酎はアルコールですから殺菌効果があります。

うがいをする時は適量を取り、水(湯)で薄めて使います。
  1.まずは口に含んでクチュクチュ。万遍なくゆすいだらペッ。
  2.上を向いてガラガラゆすぎ10秒でペッ
  3.上記1・2を2~3回繰り返しでOK。
紅茶焼酎ならば間違って少々飲み込んでしまっても、問題ないでしょう。
朝昼晩3回やれば完璧ですね。

何有荘では市販のうがい薬など買ったことがありません。
紅茶も焼酎も常備品ですからいつでも作れます。

今日は朝から雨。東京は11月としては初記録となる積雪日。
こちらでも朝から気温が上がらず、17時になってもまだ4℃。
本格的な冬日です。
太平洋の海水が20℃近くあるので、沿岸部は雪にはなりませんでした。

こんな寒い日は温かい食事、温かい飲み物、温かいお風呂。温かいベッド。
ついでに、うがい・手洗い。
体が冷えている時は、やっぱり温かい飲み物が即効性がありますね。


 
 

★福島県沖地震

津波
     NHK 2016.11.22—06:07の画面

朝、5時59分に地震があり、数分後にいすみ市の防災無線でサイレンがけたたましく鳴り響き、津波注意報が発表されたと繰り返し放送がありました。
あわててNHKをつける一方、yahoo地震情報を開きました。

どのTV局も特番ですが、なかでもNHKが切羽詰まった声で、すぐさま避難をと呼び掛けていることが印象に残りました。
幸いにして大規模な被害はなかったようです。

いすみ市のホームページでは緊急情報として、「津波注意報が発表されました。海岸にいる方は、ただちに避難してください。海岸付近にいる方は、十分注意してください。」と掲示されていたのは素早い行動です。
続いて「津波注意報発表に伴い、避難勧告が発令されました。」とありましたが、不思議なことに「避難所開設情報はありません。」とそっけない。

避難所は開設しないので、各自テンデンコに高台へ逃げろという意味なのでしょうか。
ちょっと不親切な表記だなぁと思いました。
なお、近所の中学は始業時刻が2時間遅れになったようです。

TV各局のヘリや自衛隊機が飛んで上空からの海の様子を映していました。
3.11の時のような沖合での明瞭な大津波の兆候を捕らえることはありませんでした。
莫大な予算をかけて「日本海溝海底地震津波観測網」が今年設置されたはずですが、その情報は今に至るまでゼロです。どうなっているのでしょうか。


  1.ニュージーランド(NZ)と日本の地震は連動しているというウワサ。

2011/02/22にNZのクライストチャーチでM6.3の地震があり、日本人も多数犠牲になったのは記憶に新しい出来事です。その十数日後の3/11にM9.0の巨大地震(東日本大震災)がありました。
先日の11/13にはNZでM7.8。そして昨日11/22にM7.4の福島沖。
確かに連動しているかに見えます。
2011年、12年、13年、14年、15年にも連動したとみられる地震がありましたが、地震学者は一笑に付しています。いつでもどこでも地震があるのだから、単なる偶然だと。

偶然であるにせよ、NZで地震があったならば、「次は我が身」と心得て準備万端整え直すのは悪いことではありません。

  2.スーパームーン前後に巨大地震が起きるというウワサ。

2011年3月11日は日本災害史上忘れられない日ですが、その8日後、3月19日がその年のスーパームーンでした。
今年は巨大スーパームーンが11月14日。その前日13日がNZの地震。8日後の22日が福島沖。
これも学者さんは単なる偶然、笑い話だと言います。

しかし、南海トラフ、首都直下、茨城・房総半島沖などはいつ起きてもおかしくないと言われています。
でも日常に紛れて、つい地震への備えがおろそかなるのも事実です。
「オッ、スーパームーンか。じゃー気を付けなくちゃな」と地震への備えを再検討するきっかけの日にすれば良いと思います。
乾電池は?、カセットコンロのガスは?食料・水は?
余裕がある今だからこそできることをしておくつもりです。


 
 

★炊飯器で甘酒。ひと手間加えて超甘く。

三色甘酒
   白米の甘酒、 黒米で甘酒 サツマイモで甘酒

寒い季節、温かくて甘い甘酒はうれしいものです。江戸では昔から寒い夜の飲み物でした。
甘酒売り
画像は『復元 江戸生活図鑑』(柏書房)からの引用図です。甘酒売人は冬支度の防寒服装で、暖めて売っていたことがわかります。
ところが京・大阪では夏の飲み物で、冷やし甘酒でした。俳句の世界では今でも甘酒は夏の季語になっています。
甘酒は今では季節を問わぬ飲み物になりましたが、産直店では米麹や新米の季節です。ならば昔ながらの甘酒を作って乾燥した寒さを切り抜けましょう。

基本の甘酒の作り方
  1.米1合150gに対して目盛り3の水でおかゆを炊きます。
  2.米麹の量は米と同量の150gで、良くもみほぐします。
  3.60℃にさましたおかゆに万遍なく麹を混ぜます。
  4.炊飯器の釜に布巾をかぶせ、フタは半開きのまま60℃で10時間保温。
    炊飯スイッチではなく保温スイッチです。
  5.やや甘さ控えめでソフトな仕上がりになります。

糖度アップの技術
  1.目盛り2で「固おかゆ」にすれば水分が少ない分、濃厚で甘味料に利用できます。
  2.出来上がったら冷蔵庫で1~2日おくと追熟し、糖度が大幅に上がります。
  3.冷やし甘酒よりHOT甘酒の方が甘く感じます。
  4.ひと煮立ちさせると酵素の最後の働きで、実際に糖度が上がります。
  5.事前に米や麹をミキサーで粉砕してから甘酒を作ると糖度が数段上がります。
  6.麹の比率が多い方が糖度のほか味も香りもコクもうま味も向上します。
  7.普通の白米よりも、もち米の方が甘さが強くなります。

保存の技術
  1.数日で飲み切ってしまうならば冷蔵庫保管。
  2.それ以上ならば「火入れ」で過熟を防止します。
    火入れは鍋で沸騰させずに70~80℃で5分間。
  3.あとは冷凍保管です。

ご飯を口の中で何度も噛みしめるとでんぷん質が糖化されて甘くなります。唾液中のアミラーゼの働きですが、甘酒の基本原理もこれと同じです。
ならば白米のみならず、玄米、黒米、雑穀米、サツマイモだって甘酒になるはずです。
それで実験的に作ったのが画像の黒米甘酒とサツマイモ甘酒です。

黒米はおかゆにしてから粉砕し、サツマイモは皮をむき、サイノメ切りにして目盛り3で炊いてからミキサ―にかけました。
麹を入れて甘酒にしてから再度ミキサーにかけて飲みやすくしました。
好みもあるでしょうが、まぁまぁの出来です。

先日、隣家の若奥さんが、手作りズンダ餅のアンをおすそ分けしてくれました。
甘味料は砂糖を使わず甘酒のみ。若いお母さんたちが集まって枝豆から苦労して作ったそうで、若い人たちの行動力・実行力に感心します。
それに刺激されて実験し、文章をまとめてみました。

減塩に慣れると、出汁の力を借りて薄味でも何の問題もないことに気づきます。
砂糖味も同様で、スウィーツレシピにある砂糖の量の多さには寒気を覚えます。甘さ控えめにすれば素材の味が出てきます。
砂糖を使わず甘酒を使うという昔ながらの方法は、今や最先端の方法かもしれません。

 
 

★カキオコを作って食べてみた

カキオコ
  カキオコとは牡蠣を使った関西のお好み焼き

牡蠣の産地は全国に数々あれど、兵庫県赤穂市坂越(サコシ)湾の牡蠣はベッピンです。
ブログを通して仲の良い知人になったニコニコさんが送ってくれました。

赤穂では特産の牡蠣が自慢で多くの牡蠣料理店があり、その中でもカキオコが大人気のようです。その味も作り方も各店、各家庭で独自の工夫があるようです。
ニコニコさんもカキオコが一押しの料理です。

さて困った。カキオコなんて作ったことも食べたこともない。
そんな時にクックパドは役に立ちます。
『激ウマ牡蠣レシピ!ご当地グルメ「カキオコ」の作り方♪』を参考にさせてもらいました。

ところが見ると作るとは大違い。
悪戦苦闘、半信半疑で作ったのが画像のカキオコ。
微妙なところで手が足りなかったり、加えすぎたりしたのでしょう。
見た目はイマイチでしたが、味は絶品でした。

ふんわり仕上がったのは生地に山芋を入れたこと、ホットプレートにフタをして蒸しあげたことが大きかったと思います。
牡蠣が新鮮で、抜群の旨さだったことは最重要で、これをたっぷり使用して豪華でした。
キャベツなど生地に混ぜ込まないのも関東とは違います。
玉子を生地に混ぜ込まないのも関東とは違います。

ソースは手元にあった関東風の甘いドロッとしたソースでいただきました。
ウッカリしたのは削り節をかけ忘れたこと。湯気でフワフワ踊る姿をみられなかったのが悔やまれます。

本場のカキオコとはちょっと違ったようですが、大変満足です。
おいしいものですねぇ。地元の人がうらやましい。
さすがコナモンの本場、関西の料理だと感心します。

外房や東北(松島)での本場の牡蠣料理は、ちょっと火を通した焼き牡蠣が一番人気で、
カキオコはたぶん、どこでも提供していないと思います。

焼き牡蠣、酢牡蠣、土手鍋、牡蠣ご飯…牡蠣料理はいろいろありますが、
これからはカキオコが定番の一品として何有荘でも登場してくることは間違いありません。


 
 

★冬の花――ツワブキ

ツワブキ

ツワブキは石蕗と書きますが、難読漢字で意味不明です。
石でできた蕗(フキ)などあるはずがありません。
蕗の仲間ではなくキク科に属し、菊の花のような黄色いすっきりした花が咲きます。

ツワブキは中国には産しないようで、中国語名はありません。
韓国語で調べてみたら、発音は全く異なります。
つまり、ツワブキ という発音も 石蕗 という漢字表記も日本独特ということになります。

察するに、岩陰に咲く蕗に似た葉の植物なので、石蕗なのでしょうか。
海岸地方に咲く冬の代表的な花ですから、岩場の植物という意味でしょう。

海岸の貧栄養地帯でも、日陰でも育つ頑強な植物です。
いすみ市など外房海岸にも多く咲いています。
画像のようにフキに似た厚い葉にツヤがあり光るので、ツヤブキ。それがなまってツワブキになったという説が一番納得できる説でしょう。
島根県の津和野は石蕗が咲く野原が町名の由来だとか。

俳句の世界では、冬の季語とされ、石蕗で「つわ」と読む場合が多く、どちらかというと
うらさびた景色の象徴として歌われることが多い。

   貧にして住持去るなり石蕗の花 漱石
   蝶ひとつとばぬ日かげや石蕗の花  其角

しかし、陽に輝くツワの花は、貧困とか裏庭とは無縁です。

   潮目濃き岬日和や石蕗の花   坪野洋子
   石蕗咲けり安房のあら浪けふを凪 篠田悌二郎

何有荘の裏庭にもイチジクの下で元気に咲いています。
意外と増殖するものですね。
春になったらツワブキの新しい茎をキャラブキにするのを今から楽しみにしていますが
そういう俳句は見かけません。



 
 

★旧暦14夜の月 午後8時

スーパームーン
    満月(15日)は明日だけど、じゅうぶんにスーパームーン

明日は雨模様ということですから、14夜の月を撮影しました。
F8,1/100、手持ち撮影。

画像の左側がわずかに欠けています。
新月から満月まで、中間に上弦の月があります。
月の形は右が凸で、Dに近いので、上弦の月はDiogen ディオゲン と中学時代に覚えました。
満月から新月までの月の形は左が凸で、Cagen キャゲンン の月と覚えました。

上弦・下弦は月が沈むときの弦の位置が上か下かで区別するのですが、
日没時以外の時刻だと、どちらだろうと迷うことがあります。
そんな時、 Diogen,Cagen は大変便利です。

画像は新暦では11月13日。月齢は13.4と新聞にあります。
それなのに旧暦では14日。
その差の秘密は、月齢の数え方にあります。

まず、月齢は正午の値です。1日違えば月齢は1増えます。
つまり24時間で+1。12時間後(深夜0時)ならば、+0.5増えます。
だから画像は新聞記載の正午の月齢13.4の月ではなく、13.7ぐらいの月です。

それでも月齢14.00になってないじゃないか、と不満の人もいるでしょうね。
月齢の数え方、旧暦カレンダーの日付の振り方は非常に面倒くさいのです。

まず、旧暦では新月の日が朔日=1日というのはわかりますね。
旧暦カレンダーの1日(ツイタチ)は、月齢は0.00です。そもそも1日の差が最初からついているのです。
だから月齢13.** ならば、カレンダーでは14日で正解なのです。
月齢+1が旧暦カレンダーの日付だと考えてよいでしょう。

しかも、月齢0.00、つまり朔となるのは地球の周りを巡る月の軌道上のほんの一瞬です。
その一瞬の時刻がいつなのか、午前か午後か、何時何分なのか、学者さんは気の遠くなるような計算の結果割り出します。

0.00の時刻が午前0時1分でも午後11時59分でも、月齢はそこでリセットされ、その日が朔日=ツイタチとなり、月齢0.00の基準になります。
月齢の小数点以下の数字が毎月異なるのはそのような理由です。

まぁ、そんな話はどうでもよく、
ぜひ感じてもらいたいことは月の位置が夏よりもずっと高いということです。
太陽の位置が一番高いのは夏至、逆に月の位置が一番高くなるのは冬至。

夜が長いのですから、月の空中滞空時間が長くなるのは当然です。
月の出は真東より北寄り、月の入りは真西より北寄り、南中時の高度は高くなり、滞空距離・滞空時間が長くなっています。

真夏の太陽の軌跡とほぼ同じような軌跡を描くのが冬の月です。
ぜひ、確認してみて下さい。

 
 

★豪華・ざるそば

ざるそば
     ざるそば、とろろ温玉乗せのつもりが豪華になってしまった

赤=メンタイコ、白=とろろ、黄=天かす、緑=小口ネギ、黒=味付き昆布、あとは温玉。
和風では五色が基本。明日から大相撲ですが、東南西北は青房・朱房・白房・黒房に中央の土俵が黄色の五色です。

ザルでもカケでも時々、無性にそばが食べたくなります。
そんな時、コンビニで見かけたざるそばが美味しそうで、まねしてみました。

いすみ市は自然薯(ジネンジョ)の産地で、今の時期はどの産直店に行っても購入できます。
一度、誘われて自然薯掘りに行ったのですが1本掘り出すのに半日掛りでした。
その分、地味豊かで高価です。
市販の長芋の水っぽさとは全く異なるねっとりとした粘りと味です。
自然薯は冷たい蕎麦でも温かい蕎麦でもとても合います。

その自然薯をある店では大きな看板に「じねんじょう」と書いてありました。
千葉県では「じねんじょう」と長音で発音するのかとビックリしたのですが、違いました。

「じねんじょう」は「自然生」と書く立派な日本語でした。広辞苑にも載っています。
栽培された長芋ではない、野生の芋という意味です。
ジネンジョの間違いでしょ?などと、シッタカブリしないでヨカッタ、ヨカッタ。

ついでに
先日、日本TV系「ヒルナンデス」のロケコーナーでお爺さんに目的地への道をずねた際、お爺さんが「(テイ)字路」と言うたびにタレントたちが「テイ? ティーだろ!」と馬鹿にして笑いあっていたことが批判を浴びました。

甲乙丙丁(コウオツヘイテイ)なんて単語は最近とんと聞きませんから、若い人が「テイジロ」という単語を知らないのは無理もありません。
しかし、道交法では字路であり、字路ではありません。

他人の無知を笑いものにしていましたが、実は自分たちの無知と品性のなさをさらけ出したに過ぎなかったというのがオチです。
レポーターもMCもディレクターも編集者も、気が付かなかったという点が現在のマスコミの水準を示しています。

これと似たような話は誰にでも起きる勘違いで、慎まねばなりません。
わたしも、あやうく恥をさらすところでした。

ベトナムのことわざに、「昨日人を笑えば明日は人に笑われる」 があるそうです。
自分の失敗を笑い話にして人に話すのは愛嬌。
でもその逆はいけません。品性を疑われます。

江戸時代の証文に、違約した場合はみんなの前で笑い者にされる、という項目がありました。
「針千本飲ま-す」 と同じ程度の罰だったようです。
ご同輩、気を付けましょうね。

それにしても超豪華、おいしいジネンジョウのざる蕎麦でした。


 

★梅シロップの梅、黒米の甘酒

黒米甘酒

冬になると季節の作物を使った生姜茶なんか暖かくて良いものです。
でも、ホット梅シロップもなかなか良いものです。

梅の時期に作った最後の梅シロップを開封しました。
シロップはシロップで使い、
残った梅は梅ジャムにするのが簡単ですが、今回は甘露煮風にしてみました。

シワシワになっていた梅は鍋に入れ水をそっと加えます。
時間を置くと、浸透圧の関係で梅が丸く復活します。
そこへ改めて砂糖を加え、キッチンペーパーで落としブタ。中火で10分。
強火で沸騰させてしまうと皮が破けてしまうので、中火です。
キッチンペーパーはアク取りを兼ねています。

元々、甘くなっている梅ですから、加える砂糖の量はほどほどに。
それにしても、がっちりとシワシワになっっていた梅は丸く戻らないのもありました。
シワシワで見た目も食感も悪いですが食べられます。

右側の黒米甘酒は、【黒米おにぎりと米麹、水】 が原料です。
黒米おにぎりは『あん里山』さんの黒米100%のおにぎり1個。
水を加えて煮崩し、おかゆ状にし、さらにミキサーにかけました。
米麹は水分を含ませ、ドロドロの黒米と一緒に炊飯器の保温機能で一晩で出来上がります。

しっかり甘いスウィーツという感じです。
黒米はヌカ部分が黒いもち米で、もち米を利用する甘酒はウルチ米よりも甘くなります。
サラリとした甘酒が好みなら水の量で調節です。

炊飯器の保温機能は布巾をかぶせ、フタは開けたまま保温にします。
すると50℃~60℃が保たれ、発酵に適した温度になります。

寒くなると甘いものがうれしいですね。
空気が乾燥していますから、甘くて栄養たっぷりの甘酒は健康にも良いことでしょう。