★カエルの卵

カエルの卵
     ニホンアカガエルの卵隗です

散歩がてらに田んぼを見ると、今の時期は画像のような光景が見られます。
もっとも視線をまっすぐ前に向け、両手を大きく振ってウォーキングしている人やマラソンをしている人たちは、すぐ脇に卵隗があっても気づかないかもしれません。

何か良いものはないかと、ウロウロ下を見て、あちこち視線を動かせば発見できます。
(先だってはその習性のおかげで、某駐車場で10円玉をゲットしました)

発見ポイントは田んぼの水たまりです。
水があっても小川やU字溝は水が流れているので、そこにはありません。
卵隗は浮いているだけなので、流れがあると流されてしまい、そこに産卵はしません。


同じような条件の田んぼでも、隣りには多く、こちらにはゼロということがあります。
どうやらカエルにも生まれた場所で産卵するという傾向があるらしく
卵隗のある田んぼはご先祖様から代々、その田んぼで産卵し、その近くで暮らし、命をつなげているそうです。

隣りの田んぼに卵隗がないならば、その田んぼでの命の連鎖がとぎれたことを意味します。
何らかの事情――干上がってしまったとか――で卵隗が全滅したなど…

カエルの寿命は数年ありますから、親ガエルの寿命が尽きるまで何年にもわたって卵隗の全滅が続けば、その田んぼで産卵するカエルはいなくなります。

したがって画像に見られる大量の卵隗は、ある一匹も親が産んだのではなく、その田んぼで生まれた何代かのカエルが産みつけたものでしょう。
だからこんなにたくさん卵隗がある。

ニホンアカガエルは 「千葉県レッドデータ 最重要保護生物(A)」 の貴重な生物ですが
この近辺では、いくらでもいるありふれたカエルです。
だから大切にしなくちゃ――ところが、そういう意識は地元にほとんどないようです。

もう少し暖かくなると田んぼに水が入り、代搔きが始まります。
すると田んぼにトラクターが入り、卵隗は無視され、押しつぶされます。
オタマになっていたヤツは何とか生き延びることもあるでしょうが…

機械化が進み、カエルには生づらい世の中になりましたが、希望もあります。
カエル生存の大障害であった冬場の乾田農法――田んぼの水を落として陽に当て乾燥させる――が減り、春まで水を残している田んぼが増えています。
減農薬の田んぼも増えました。

アカガエルにとっては都合の良い環境が増えたということです。
豊かな自然とは、あれこれ人工的な環境を整えることではなく、ある意味、手抜きをし、手をかけない方が良いようです。
(たぶん、子育ても同じでしょう。過干渉はろくな結果しか招かない)


 
 
スポンサーサイト

★ローズマリーの花

ローズマリー
         小さな花だけど複雑で、うまく画像に撮れなかった

まだまだ寒い日が続いています。
先日は雪だったし、今朝は早く出かける用があったのですが、フロントグラスが凍っていました。
こんな日は庭の水も凍っていますから、野良猫が水を飲めるように池の氷を割ってやらねばなりません。

ローズマリーの花は暮れから春にかけて咲きます。
だから新春の花と言っても良いのだけれど、そういう印象はありません。
まだこの花が日本の花だと承認されていないからでしょう。

まだ若かったころ、サイモンとガーハンクルの “スカボロフェア” という歌がありました。その中で パスレー、セージ、ローズマリー アンド タイム と繰り返される歌詞が印象的な歌でした。

そのころから、庭のある家に住んだら そんなハーブを植えてみたいものだと思っていました。
それでこちらに移住してから植えてみました。

ところが、シソ科の植物なのに木質化するし、香りがすごく強く、羊やチキンローストはめったにしないので、なかなか使いこなせません。
たまに牛肉に使う程度です。

そうなるとボサボサになり、姿かたちがまとまらず、ブッシュ化してしまいます。
時々、剪定してやらないと手に負えなくなります。
その剪定枝を火にくべると、とても良い香りがします。
この香りは使い道がありそうですね。

ハーブティーにするには少々の葉をつかいます。
多すぎると飲めたもんじゃありませんが、適量だとすっきりとした味わいで活力がわいてくるような気がしてきます。

一番使い勝手が良いのはハーバルバス。お風呂利用です。
20cm程度の葉枝を輪ゴムで5~8本結び、バスタブに入れて湯を注げば なかなか素晴らしいものです。

小さな葉がこぼれるのが気になるならば ネットに入れておけばよろしい
ついでに少々の塩をバスタブに入れて溶かせば、これはもう極上の温泉です。
まるで王侯貴族のような雰囲気が味わえます。


 
 

★柚子の完全利用法

柚子1
       左から柚子皮、皮をむかれた柚子 収穫した柚子

何有荘、今年の柚子は大豊作で使い切れません。
ご近所様の柚子も、もうボタボタ落ちるままになって、もったいないことこの上なし。
柚子の完全利用法をご紹介しましょう。

もう落ちる寸前になった柚子を収穫して、なんとか保存できるように作業しました。
ゆずの皮を包丁でむくのは、コツがあり、なかなか大変です。
その点、ピーラーでむけば超、簡単。
白いワタの部分を気にせず、すいすいむけます。お試しあれ。

柚子皮はだいたい三等分し
1/3は小さなジッパー付きのビニール小袋いくつかに分け入れ、冷凍保存です。
1/3は天日乾燥させ、ブレンダ―で微粉末にし、これも小袋で保存です。
どちらも、どんな料理にもちょこちょこっと仕えて便利です。
        柚子3
         柚子の蜂蜜漬け
そして1/3は蜂蜜漬けの柚子茶にしました。
蜂蜜漬けや砂糖漬けは、苦味のゆでこぼし作業がないのですごく簡単です。

柚子2

皮をむかれた柚子は画像のように、レモン絞り器で絞り、汁と種を取り出します。
柚子汁はお酢代わりに、何にでも使います。
柚子汁は米酢と違った味わいがあり、なかなか良いものです。

柚子種は柚子ローション(柚子化粧水)の原料として大切です。
柚子種の一部は水洗いして乾燥保存します。
乾燥した柚子種は後に柚子ローションを作るときに利用できますし、諸々のジャム作りのときにペクチンを煮出すのに使います。

柚子の皮をはぎ、汁と種を絞った 「残りかす」 は
その気になれば、何度かゆでこぼしてから、砂糖で煮るとおいしいお茶うけになります。
しかし、面倒ですから 最近はあまり作っていません。

適量ずつネットに入れて柚子風呂に使います。
柚子風呂に使った後は、もういいでしょう。生ごみたい肥に直行です。
これが何有荘の柚子の完全利用法でした。



 

★魚焼きグリルの掃除は片栗粉

カタクリパック
    ペロンと剥がれ落ちで、すすげば万全

魚焼きグリルは魚を焼く以外に、グリルとして使い道はたくさんあります。
例えば手作りピザを焼くとか、焼き芋とか…。
ところがグリルが魚の油で汚れていると、グリルを使うのがためらわれます。

そんな時、TV(TBS)「この差って何ですか?」で、片栗粉を入れるだけで焼き魚を調理したときにグリルの掃除が簡単になる裏技を紹介していました。

魚を焼く前のトレイに水を入れて、100ccに対して片栗粉は大匙1杯が目安。
焼いた後はトレイの水がノリのような状態になり、1時間ほど置いておくと完全に固まって箸ではがせるようになります。
でんぷんを加熱するとノリ状になる性質を利用しています。
固まるときにニオイも一緒に閉じ込めてしまうので、においもつかないという優れ技でした。

さっそく真似してみたところ、なかなか成績が良い。
今までトレイに水を張ったり、ゼオライトの粒を敷き詰めたりしましたが、この裏技を知ってからは掃除が楽になりました。

 1.コップの水1杯半だと片栗粉は大匙3ですが、ケチして2でも大丈夫。
 2.水を張ってから片栗粉を入れ、満遍なくかき混ぜる。
 3.魚を焼く。
 4.焼き終わったらグリルはそのまま冷えるまで40分~1時間くらい放置。
 5.冷めて固まれば剥がして捨てる。
 6.後はお湯でさっと洗えばOK。網の方もお湯か少しの洗剤でキレイになります。

もちろん、はがしたカタクリは生ごみたい肥行きです。もったいないですからね。

*********

昨日、ウグイスの初鳴きがありました。
上手に鳴いていましたから、若鳥じゃありません。



  

★太東埼灯台、河津桜

河津さくら
    満開の木もあるが、来週が見ごろでしょう

三寒四温が春の気候。
暖かさと寒さがせめぎあい、行きつ戻りつ、しかし暖かさが優勢なので、しだいに春爛漫となります。

気温だけではなく、晴れ、曇り、雨も日ごとに変わります。
風も日ごとに変わります。強かったり無風だったり、北風だったり南風だったりと。
落ち着かない天気ですが、それが春の特徴といえば特徴です。

もう春だと一番実感するのは日の光でしょうか。
元旦と比べると朝日は30分ほど早くなり、夕日は1時間近く遅くなりました。

気温の上昇と日照時間が延びることでカエルが目覚めます。
日本赤蛙が産卵したと知人から報告がありました。
梅の花が咲き、河津桜が咲きました。

梅祭りや河津桜祭りがおこなわれる 「名所」 と言われる場所ではすごい人出でにぎわっているようですが、花を見に行ったのか、人を見に行ったのかわからない。

太東埼灯台への坂道に河津桜の苗木が植えられたのは10年ほど前。
か細い苗木で育つのかと心配でしたが、8割がたは丈夫に育ちました。
老木の風情はありませんが、それなりに見頃です。

灯台に来る観光客は自動車でスッと上がってしまうので、河津桜を愛でる暇もないでしょうね。
桜に限らず、花を楽しむのは散歩が一番良いと思います。
足元にはホトケノザやイヌノフグリが咲いているのにも気がつきます。


 
 

★干し大根

大根
     輪切りにして 数日干せばできあがり

晴れると実に気持ち良い青空ですが、その分、空気は乾き、とても寒い。
その乾燥と寒さを利用して干し大根を作ります。
今まで細切りにした切干大根を作ってきました。今回は輪切りにしてみました。

干し大根にするのは昔の人の生活の知恵であり、保存食の一種ですが
それだけではありません。

理屈はよくわかりませんが、栄養価が高くなります。
単に水分が飛んで、単位重量当たりの栄養価が高くなるのではなく
カルシウム、鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2などのミネラル類が数倍も多くなるといいます。

無から有が生じるなんて信じられないのですが、何らかの化学変化が起きているのかもしれません。
陰干しではなく,お日様に当てることが重要なのだと思います。

大根の外皮をむくか、むかないかはお好みですが
皮の直下に栄養分が豊富ですから、それをむいて捨てるのはもったいない。
歯ごたえは少々悪くとも そのまま使うのが得策です。
生ごみを減らせますし。

切干よりも大きなサイズですから、その分、大根らしさが残ります。
料理としては煮物でしょうね。
生と比べると煮崩れしにくい。

大根の甘みやうまみが凝縮しており、味が染み込みやすくなっていますから 調理時間も短縮できるので一石二鳥です。



 

★春の嵐が過ぎて冬に逆戻り

白花シャコバサボテン
      白花シャコバサボテン

昨日は台風並みに発達した低気圧のせいで、南の暖かい風が吹き込み大荒れの天気。
東京では23℃と言っていましたが、当方では22℃。5月並みの気温だとか。
5月に吹き荒れる大風をメイストームといいます。そんな感じでした。

今日になったら朝から怪しき曇り空。
朝が一番気温が高く、日中から夜にかけて気温が下がり続けるのだそうです。

天気図を見ると寒冷前線が通過したことがわかります。
それでふたたび大陸の冷たい空気が列島をおおい、2月の天気に逆戻り。
激しい気温差に体調が崩れます。

さて画像は風呂場の窓際で咲いた 白花シャコバサボテン。
赤花の方はとっくに花の盛りを過ぎました。
白花は今が満開です。

冬の花ですから、なんで今頃咲くのかよくわかりませんが、
サボテンの花はどれもみなきれいで、湯船につかりながら眺めるのが楽しみです。

カモミール

庭のカモミールが咲き始めました。
白い花びらがない状態だったのが、ようやく花びらを着けてそれらしくなってきたのに
昨日の大嵐で、花びらは無残にも散り散りで、情けない姿になりました。

*********

東京の友人から  『戦争のつくりかた』  というアニメができたから、拡散してくれとメールがありました。
7分32秒のアニメで、最近の政治の流れが良く分かります。
ご覧になって、もしよろしければ 拡散にご協力ください。
→ http://noddin.jp/war/index.html




 
 

★塩麹を作りましょう。

塩麹1
          材料は 米麹100g 塩30g 

塩麹なるものが爆発的に流行り、試してみると 確かになかなか優秀な調味料です。
スーパーでは袋入りが売られていますが、麹が手元にあれば、塩麹を作るのは簡単です。
久しぶりに作ってみました。

作業は、麹と塩を良くもんで混ぜ、容器に入れてひたひたの水を注げば仕込み完了。
しかし、このままではまだ塩に角があり、麹もまだ練れていません。

1週間から10日ほど、毎日かき混ぜてやれば、麹の発酵が促進され、とろりとした塩麹になります。
麹にやや薄茶色の色が着き、ねっとりトロリすれば出来上がりです。

1週間も待てないという人は、水ではなくお湯を使えばよろしい。
炊飯器の保温機能を使うとか、ストーブの側に置いておくとか、保温ジャーを使うとか 工夫してください。

ただし、60℃を超す熱湯や電子レンジを使うことは厳禁だそうです。
麹はどんな場合でも60℃以下。電子レンジは厳禁といわれています。

使い方は野菜、魚、肉などなんでもござれ。
ご飯を炊くときに使ったり、納豆の醤油代わりに使ったり、お好み次第。

      塩麹2

100均のこの容器に入れておくと使いやすいし、保管も便利。
塩麹は生ものですから、保管は冷蔵庫が良いでしょう。

もう少し大量に作ったならば、上記分量で小分けして冷凍庫保管です。
塩麹は冷凍庫で長期保管がききます。

知人から 昔からある さごはち(三五八) みたいなものでしょう?
と聞かれました。
そうです。似たようなものです。

三五八は材料が 塩、麹の他に炊いた米を原料とし、その比率が3:5:8なので「さごはち」という、実にわかりやすい命名。

塩麹はどちらかというと液体に近い調味料に対し、三五八はぬか漬けのような漬物床だという違いがあります。
ぬか漬けよりはマイルドな感じで仕上がります。

似たようなものでも、ちょっと違う――その違いを昔から日本人は楽しんできました。

米麹を売っている店が近くにある、という環境で暮らしているのですから、その地の利を生かして暮らすのが、いすみ市の楽しい暮らし方というものでしょう。


 
 

★手作り本味醂(ミリン)の作り方

 味醂
          4リットル梅酒用のビンにセット

<材料> ①35度焼酎 700cc  ②米麹 500g  ③もち米 3合

子どものころ、味醂は酒屋さんで売っていました。
アルコール度数が高いので味醂は「酒」の仲間。
正月のお屠蘇はこの味醂に屠蘇散を浸したもので、家族そろって小中大の杯で順に飲んだのが味醂の最初の思い出です。
そんな本物の味醂を作ってみましょう。簡単です。

<作り方>
  1.水に浸しておいたもち米を炊飯器おこわの目盛りで炊く。
     ・おこわ目盛りがないときは白米2.5合目盛り
     ・本当は蒸籠で蒸すのが一番良いが面倒
  2.飯台または大きな鍋にもち米を移し、かたまりをしゃもじで切ってばらす。
  3.粗熱が取れて人肌程度になったら、よくほぐした麹とよく混ぜる。
     両手で拝み揉みするように混ぜると良い香りがしてくる。
  4.消毒した梅酒用ビンに入れ、上から焼酎を注ぎ、良くかき混ぜる。
     最初は焼酎が余ったような気がし、翌日には糀が膨んで焼酎不足の気がする。
     そんなことは気にしない。半年もすれば、ちゃんと味醂になります。
  5.キッチンペーパーでふたをし、プラの蓋をかぶせ、レジ袋でおおって冷暗所で保管。
     最初のうちは週に1回ぐらい中身をかき混ぜれば完璧でしょう。

できあがった味醂(本味醂、本醸造味醂)は酒の仲間ですから、別途酒税がかかります。
その味醂に塩を2g投入すると、「塩味醂、発酵調味料」 になって無税。

みりん風調味料は、ブドウ糖+水飴+グルタミン酸+香料+アルコールなどを材料とした工業製品で、安いけれど味醂とは別物です。

味醂は料理の素材にからみつく性質があるので、和風煮物には欠かせません。
そばつゆもその性質を利用しています。味醂干しも日本ならでは料理ですね。

今の時期、地元の農産物直販店では米麹が売られています。
まだ寒さが厳しい今の時期が味醂づくりのチャンスです。


 

★2月11日は「建国記念の日」だって?

201202110747456be[1]
      今年の 「紀元節奉祝式典」 は威勢が良いだろう 画像元

自民党の新藤義孝議員が1月8日、衆議院予算委員会の冒頭で 「平成28年が明けました。伝統的な数え方でいえば皇紀(コウキ)2676年」 と言ったことが波紋を広げました。

皇紀とは初代天皇である神武天皇の即位から数えて という意味ですから、まるで戦前・戦中の人物が国会で質問したかと驚かれたわけです。

日本の伝統的な数え方だと新藤氏はいいますが、それは無知かウソ。
天皇は神聖だと規定した明治憲法の公布の年月日は明治22年2月11日。
紀元節(建国記念の日)の日でしたが、旧憲法に皇紀での記載はありません。
最初の元号「大化」 以来、年号表記は明治・大正になっても元号で表すのが普通。

日中戦争のさなか、1940年(S15)に神武天皇即位紀元(皇紀)2600年祝典が盛大に執行されました。
その前後から、皇紀が国民に意識され始めます。
欧米列強が使用する西暦に対抗したもので、
西暦よりも日本の方がずっと古い伝統があると愛国心をあおりました。

皇紀が身近だったのは、日本史上、終戦までのたかだか10年か20年の話。
日本の伝統でも何でもありません。
狂信的な軍国主義時代の特殊な紀年法でした。

神武が即位したのは『古事記・日本書紀』の記載を西暦に直せば、紀元前660年。
列島にはまだ稲作はなく、狩猟採集・漁労の縄文時代のことになります。
鉄器はおろか青銅器もない時代で、国家や支配階級もありませんでした。

文字のない時代ですから、記録文書もカレンダーもありません。
それなのにどうして、紀元前660年2月11日のことだと言い張るのか気が知れません。

神武天皇は九州から出撃して奈良盆地を攻略したことになっています。(神武東征)
当時は丸木舟の世界です。
丸木舟に乗り、石器の弓矢、槍を持った縄文人が、2676年前に奈良周辺を制圧して初代天皇になったと信じるのはご自由ですが…。

神武天皇を画像検索すると、いろいろ出てきます。いずれも威厳のある顔で、太刀をぶら下げています。中には鎧をきている画像もあります。
  2015021019370300-thumbnail2[1]  『尋常小学校 国史 挿絵』

教科書に載ったこの絵は古墳時代(紀元3~5世紀)の権力者をイメージしています。
つまり時代錯誤の絵。
古墳時代よりも約1000年も前の天皇の姿を誰一人として描くことはできません。

「戦争法案」を無理やり成立させた勢力と紀元節奉祝式典に参加する勢力はほぼ一致していますから、今年の式典はさぞ威勢が良いことでしょう。
次は憲法9条を改正するぞと気勢を上げる様子が目に見えるようです。

政府の政策に批判的なニュースキャスターが何人も降板されました。
先日は放送免許を取り消すこともあるとマスコミに脅しをかけました。

自由な言論は封じ、不都合な真実は隠し通す――そのような人々が権力の中枢にいることは不幸なことです。
自己の野望実現に勤皇の志士を気取り、軍事大国復活に天皇の政治利用を考えているようです。

そのことに一番迷惑しているのは、戦禍に倒れた人々の慰霊の旅を続けている天皇ご自身でしょう。

真実をしっかり見つめ、言いたいことは言い、困っている人々の声をちゃんと聴く――そんな世の中を作るのは不可能なことではありません。
武力行使反対、戦争反対の声をしっかりあげていきたいと思います。