★ 播州小旅行(3)姫路城

姫路城
     小天守閣の屋根と比べると大天守閣の屋根は真っ白け。     

世界遺産“姫路城”はその優雅な姿から“白鷺城”と呼ばれていましたが、今回の平成大修理の後は天守閣のあまりの白さに地元もびっくり。
あれじゃぁ“白過ぎ城”だとささやかれています。
それをひと目、現場で見たいものだと思って播州に行きました。

漆喰の壁がまっ白なのは当たり前としても、屋根瓦さえ白さが目立ちます。
隣接する小天守と比べれば、屋根の白さは一目瞭然。
それが“白過ぎ”の印象の源であり、“屋根漆喰”、あるいは“屋根目地漆喰”と呼ばれる特殊な工法によるものです。

関東地方でも、屋根瓦の一部を漆喰で留めるお金持ちの家はありますが、屋根全体を漆喰で留める発想はありません。
屋根全体の瓦を漆喰で留める風習は、毎年必ず台風に見舞われる琉球の伝統家屋以外にわたしは見聞きしたことはありません。

今日の姫路城大天守閣を築いたのは池田輝政。
大坂夏の陣=豊臣氏滅亡の後、徳川政権の西国守備のかなめとして池田輝政が姫路城主になった時です。
輝政は難攻不落の姫路城を築くのですから、最後の砦=天守閣もちょっとやそっとでは炎上しない構造にしたかったのでしょうね。
いわば土蔵造りのような天守閣にしろ!! とオーダーしたのでしょう。
それがオール漆喰で仕上げた白過ぎ城と言われるような白鷺城でした。
それが天守閣創建時の姿でしょうから、文句言っちゃぁいけません。

姫路城は千葉県いすみ市とも縁があるお城なのです。
池田氏の後、藩主となった本多忠政が新たに西の丸を築き、姫路城はほぼ今日の姿になりました。

忠政は夷隅郡大多喜10万石の初代藩主本多忠勝の息子です。
忠勝は徳川四天王の一人。
家康の関東移封の後、房総半島全体を安定的に支配する要として大多喜藩城主になりました。
歴戦において不敗の将として知られた忠勝はいすみ市や大多喜町の名領主として、今日でも慕われています。
武勇の家柄ゆえに、大多喜から桑名へ、桑名から姫路へと 「転勤」 して周囲に睨みを効かせました。

その本多氏が築いた姫路城西の丸には「千姫化粧櫓」があります。
この化粧櫓は、徳川秀忠とお江の長女として生まれた千姫のためにつくられたものです。
千姫は一度は豊臣秀頼に嫁ぐのですが、大阪夏の陣で秀頼と死別したあとは、忠政の長子・忠刻(タダトキ)と再婚し,
姫路城で約10年間、忠刻が病死するまで過ごしました

千姫と言うと、夜な夜な江戸城から手招きして男を引き入れたとか、不謹慎な話がありますが、それはフィクション。
実際には激動・薄幸の人生を送ったわけで、傷心の千姫に忠政・忠刻父子は、徳川氏の手前もあって、最大限の厚遇をしたことでしょう。

いすみ市に移住しなければ、姫路も日本各地にある名所の単なる一つです。
いすみと縁のある地域だと思うと何度か来た姫路ですが新たな思いが湧いてきます。
世界に誇る姫路城は、実はいすみ市や大多喜町も少しは関係があるのです。


 
スポンサーサイト

★今年はツバメが少ない

ツバメ
            何有荘前の電線にて

今年、ツバメの姿を初めて見たのは4月2日。
七十二候の一つである【玄鳥至】は「つばめ きたる」と読み、今年は4月5日でした。
七十二候もまんざらデタラメではないな、少しはアテになると思ったものです。

ところがそれっきり姿をあまり見せません。
何有荘前の農業用ため池の上を例年なら何羽も群れて飛び回るのに、今年はほとんど見かけません。
あの病院の入り口や、このスーパーの屋根にも昨年の巣は残っているのに親子の姿がありません。

それでも先日、 めずらしくジュク ジュク ジュク ジュク ジュク とにぎやかにさえずっているので、カメラを持ち出して画像を撮りました。

ツバメの喉は赤く、なかなかオシャレです。燕尾服に赤い蝶ネクタイ。
昔、スズメとツバメは兄弟だったが、親の死に目に際してスズメは急いで駆け付けた。(だからスズメの姿はみすぼらしい)
一方、ツバメは化粧を念入りにして着飾ったので遅れてしまった。
神様は親孝行のスズメには五穀を食べる権利を与え、親不孝のツバメは虫しか食べられないようにしてしまったのだとか…。

*******
               ◆播州へ小旅行(2)
水車1水車2
         バイカモの花咲く神河町新野地区の3つの水車

この地区には元禄6年(1693年)以前から水車が存在するそうですから、元禄15年の播州赤穂浪士事件の時にはもう存在していたことになりますね。

一番多いときには1kmの間に18基もあったのに、とうとう3基にまで減少しました。
そこで地元に 「水車の会」 が発足し、現在では11基が動いて地域の活性化に一役買っています。
バイカモも一時は農業用水路の流れを阻害すると嫌われて退治されてきたのですが、何とか復活し、その存在が世に知られるようになってきました。

日ごろから見慣れているものは、それが大切なものだと気づかないことが多いものです。
Hさん夫妻が下見に行ったとき、千葉県からわざわざ知人が見に来る、と地元の人に言ったら 「こんなショウモないものを…」 とびっくりしていたそうです。

水車は用水路よりも高い位置にある水田に水をくみ上げるのが主目的でしたが、見学者のために水車小屋が復元されており、内部を見ると二つの石臼があり、回転運動を上下運動に変換して製粉などしていたようです。

日本人は昔から勤勉であり、創意工夫を重ねて生活の質の向上に努めてきたことを何も語らぬ水車がコトコト回転しながらその姿で物語っています。
環境に負荷を与えず、無尽蔵で無料の自然エネルギーの利用。
これぞ “日本農業遺産” みたいな水車ですね。


 
 

★ハマボウフウを探してきました。

ハマボウウフウ
     近くの海岸にて撮影。あちこちに咲いていました。

せり科の薬草にボウフウ(防風)という草があります。そのボウフウによく似た海浜植物なのでハマボウフウ(浜防風)。
砂地にしっかりと根を張るので、砂地を固定するには良い植物です。

刺身のツマと言えば、大根か大葉が定番で、プラ製の菊の花が添えてあったりします。
亡くなった伯父は昔、魚屋を営んでおり、その確かな目利きから一代で財を築いた人物でした。
料亭などに仕出す刺身にハマボウフウが添えられていたことを、かすかに覚えています。

今はサーファーでにぎわっているいすみ市の海岸も昔は今の時期、砂浜を白く染めたようにハマボウフウが咲いていたと地元の老人が言っていました。

画像はあえて撮影場所を秘します。今年もあちこちにハマボウフウが咲いていました。
3.11で津波の洗礼をうけたはずですが、さすが根が深い海浜植物ですね。何ともないよの雰囲気です。

刺身のツマにするには花の咲く前、まだ若葉の頃。
根は残すにせよ、摘んでしまうのは気の毒で、まだツマとして採集したことはありません。
今年も無事に咲いていたなと確認すれば、それはそれで満足です。

*******
              ◆播州へ小旅行(1)
バイカモ
                  神河町新野のバイカモの白い花

地元のHご夫妻の案内で兵庫県のあちこち、めったに見られない場所に出かけました。
バイカモは梅花藻。陽気なH氏はカルガモの一種かと思ったと笑わせてくれました。

25℃以下の清流でしか育たないキンポウゲ科の水草で、関東近県では富士山の伏流水が噴き出した清流・静岡県の柿田川が有名です。

柿田川以外では聞いたことがなかったのですが、実はいすみ市でも一か所、咲いていました。鴨根の清水寺で、地下水が滝のように滴り落ちる場所があり、そこで発見した時は目を疑いました。
残念ながら今は地下水が枯渇し、今年は影も形もありません。絶滅したのでしょう。

新野は農業用水路ですが、背後の山から流れ出てくる水で、しかも流水量が多いため自然状態が良好に保たれているのでしょう。

そこでめずらしいトンボにも出会いました。最初、千葉の山間の渓流沿いにもいるハグロトンボに似ていると思ったのですが、どうも違うようです。
帰宅してネットで調べ、ニホンカワトンボの♂と認定しました。
kawatonnbo.jpg


 

★昔イチゴをジャムにしようとして

いちごジャム
       1600gのイチゴに500gの砂糖

いすみ市には、昔からのイチゴだという 「昔イチゴ」 があります。
知人がイチゴ狩りにおいでよと畑に招待してくれました。

今のイチゴと比べると、昔のイチゴはもっと小さく、固く、酸味があったように思います。
砂糖をかけ、牛乳をかけてスプーンでつぶして食べた思い出があります。
子どもだったころ、練乳なんて、ぜいたく品でした。
いちご潰し専用のスプーンはまだ何有荘に残っています。

戦後になってアメリカ崇拝が始まり、昭和25年、アメリカからダナーいちごが導入されました。
ダナーは甘・酸・香のバランスがよく、いちごミルクはハイカラな食習慣として、大都市を中心に急速に普及しました。
その後、新品種・千葉県発の「麗紅」が一世を風靡しましたが、今はもう幻のいちご。
昔イチゴとはダナーなのか麗江なのか、知人も品種名を知らないそうです。

いすみ市はイチゴの産地で、イチゴ狩り農園もあります。
新鮮で、大きく、甘く、やわらかなイチゴが産直店に出されます。
ちょっと熟しすぎたか、形の悪いイチゴが「ジャム用」として安く出品されています。

私たちからすれば、ジャム用だってじゅうぶんに生食用になります。
それをジャムにすると砂糖の対イチゴ重量比30%でも甘すぎかなぁと思います。
たぶん酸味が足りないからでしょう。

その点、昔イチゴのジャムは適度な酸味があってジャムにするとちょうど良い。
畑で摘まんで食べるよりも、ジャムにした時の方が酸味を強く感じるのはなぜなのでしょうか。

昔イチゴのジャムにしようとして、重量比約30%の砂糖を振り、一晩置いたら、翌日にはなんと鍋の中でイチゴがチャプチャプ浮いています。(画像)
それほど水分が出てきたわけで、それを煮詰めて水分を飛ばし、ジャムにするのは大変です。
レモン果汁を加え、強火でガンガンやったら、こんどはイチゴが崩れてしまいました。

けっきょく中途半端で火を止めました。
出来上がりは粘度が低い、トロリタラリのジャム。
でも、ヨーグルトにかけるには問題ないし、それはそれで使い道はあることでしょう。

一晩置いたからいけないので、砂糖を振りかけて1時間後に加熱処理すれば、イチゴの形が残る立派なイチゴジャムになったはずです。
失敗は成功の母――そんなこともあるさ。ご参考までに。


 
 

★ルバーブのジャム作り

 ルバーブ
    大型のタデ科植物。葉を食う害虫もいる。

蓼(タデ)喰う虫も好き好きといいますが、ルバーブの葉はシュウ酸が強すぎて人間様は食べません。そんな葉にも虫が付くので驚きます。
大きなイモムシが葉を荒らしていたので、台所洗剤薄め液にポトリと入れたら昇天しました。

イモムシ、毛虫、ダンゴ虫、ナメクジの類は台所化学洗剤薄め液にポトリで退治できます。
シューシューと毒薬をまく必要はありません。

南シベリア原産といいますから、冷涼な気候が好きなようです。
ルバーブジャムは、日本では信州や軽井沢などのしゃれたお土産として知られており、わたしも最初は頂き物でした。
甘酸っぱいジャムの味が衝撃的で、ただ甘ったるいジャムとは違います。

外房のいすみ市でもルバーブは問題なく育ちます。
だいぶ葉が伸びてきましたから、今年第一回目の収穫です。

◆ルバーブジャムの作り方
 1.付け根で切り落とし、大きな葉も切り捨てます。
 2.茎(葉柄)をよく洗い、1cm前後でぶつ切りして、
 3.重量比30~50%の砂糖を加えて1時間放置。すると水分が出てきます。
 4.今回は量がさほど多くないので電子レンジでチンしました。
   5分間チンして中身をかきまわすと、繊維が良い具合にばらけてきます。
 5.レモン果汁を適量入れて、さらに3分間チンで出来上がり。超簡単。

容器の縁に着いたアクは取った方が良い。面倒ならそのままでもかまいません。
皮をむくかどうか、流儀があるようです。
いつもはむかないのですが、今回はむいてみました。
フキの皮むきと同様で、端を摘まめばスーッとむけて気持ちよいものです。
茎(葉柄)の下部がやや赤みがかっており、そのままジャムにすると茶色っぽくなるのを嫌い、すっきりした緑色のジャムにしようと思ってむきました。
そもそも茎が赤いタイプのルバーブならば、赤いジャムになるのでむく必要はありません。

ルバーブジャム
     画像左は今回のルバーブジャム。右はイチゴジャムと混ぜてみました。



 

★ソラマメは焼くのが一番簡単で、一番おいしい

焼きソラマメ
          サヤを数か所、竹串で穴を開け、グリルで数分

ソラマメのおいしさは時間との勝負。
だから茹でるよりは、サヤのまま焼く方がてっとり早く時間短縮ができます。
収穫したてのソラマメならば焼きソラマメをお勧めします。

何で焼くか、いろいろ試しました。結論は何でも良いようです。
画像はグリルでしたが、オーブントースターでもOKです。
炭火の直火でも、ガスの直火でも網に乗せて焼けばOKです。
  直火の場合、サヤに焼き色がついて食欲をそそります。
フライパンで焼くという手もありますが、テフロンだと空焼き気味が心配です。
  使い古しのフライパンがあれば良いのですが、なければ油をしいて焼きます。
  でも、サヤがベタベタするのが気になります。
調理用具の後始末を考えると、グリルかオーブンが簡単ですね。

画像は数か所の穴を開けました。穴から泡が噴き出した痕跡が見えます。
穴など開けず、端を少々カットするだけでもOKです。
水蒸気が勢いよく噴き出してきたり、ぶくぶく泡が出てくれば出来上がりです。

サヤを手で開くのは熱々で苦労しますから、ハサミを使った方が良いでしょう。
甘皮ごと食べても良いし、甘皮をむいて食べても良い。お好みです。
塩は振らない。
塩など振らずに、ソラマメの甘さを噛みしめます。それがソラマメの旨さですから。

今年のソラマメは虫など付かずに豊作です。
収穫したてを親戚に宅急便で送りました。毎年、喜んでくれます。
食物を育て、食物と共に暮らすって素敵ですね。
都会を捨てて、そんな生活がしたかった。
少しはそんな願いがかなって満足しています。

窓を開ければ五月の風がそよぎ、池の向こうに山笑うという新緑の山が見えます。
ウグイス、コジュケイ、キジも鳴いています。
ラベンダーの花も咲き始めました。
猛暑が来る前、今の時期が一番良い季節です。


 
 

★夏は来ぬ――卯の花と夏鳥の話

卯の花
     卯の花が咲き始めました。太東崎灯台への道で。

♪ 卯の花の匂う垣根に ホトトギス早も来鳴きて 忍び音もらす夏は来ぬ
                                     (作詞:佐々木信綱)
初夏を彩る名曲で、本日5月18日は旧暦の4月1日。
旧暦では4・5・6月が夏で、今日から夏が始まる。夏が来たというわけです。

旧暦4月の別名が「卯月」
子丑寅卯…と数えると卯は4番目だから4月は卯月。(本当は偶然の一致だが…)
卯月を代表する花だから卯の花。
卯の花とは画像のようなウツギ(空木)の花。

卯月と空木は江戸時代のように濁点を無視した表記では、どちらも「うつき」。
だから 「うの花=うつきの花」 とは、卯月の花、空木の花という二重の意味になっています。
 
ウツギの語頭のウだけでウツギを意味していました。
鈴木建設の鈴木社長がスーさんのように、暗号みたいに語頭の一文字で示すのが奥ゆかしいというか何というか、昔の人は好きだったようです。
ホの字とかキの字とか、面と向かっては言えない単語を一文字で示すこともありました。

卯の花の咲き始めに合わせるかのように岬町でもホトトギスが鳴き始めました。
  テッペンカケタカ とか トーキョートッキョ キョカキョク とか大声で鳴くので、
あぁ今年も季節を間違えずにホトトギスがやって来たなぁと思います。

ホトトギスの鳴き声は、歌詞にあるような忍び音なんてものではありません。
自己の縄張りを主張して大声で鳴きます。
都会暮らしだった頃は、新緑の丹沢山系にハイキングに行くとよく聞こえたものでした。
今はいすみ市の田舎暮らしで、どこにも行かずともホトトギスの声を楽しめます。

ホトトギスよりも一層うるさい夏鳥が下の画像オオヨシキリ。
オオヨシキリ

ヨシ(葦)を切り裂くような大声で鳴くからヨシキリ。その大型タイプがオオヨシキリ。
スズメより少し大きいだけなのに、その声の大きさは驚くばかりです。

何有荘前には溜池があり、そこに葦が生えているので、オオヨシキリが朝から晩まで 
  ギョギョシ ギョギョシ ゲゲチ ゲゲチ ゲゲチ
と鳴いています。
朝から晩まで騒がないとメスを確保できないのでしょうか。
ちょっと気の毒になります。

田舎暮らしは静かで良いでしょう、と都会の友人から言われます。
ところが、昼間は野鳥が大騒ぎ、夜はカエルの大合唱。
静かなんてものではありませんが、都会の騒音とは質が異なります。
小さな生き物が精いっぱい生きている証(アカシ)ですから、むしろ、とてもうれしく、心豊かな気持ちがしてきます。


 
 

★太東海岸――ハマエンドウ

ハマエンドウ
      海浜植物。カラスノエンドウよりやや大型

いすみ市には海があるのに、海岸に出かけない小学生が増えました。
学校にはプールがあるし、海岸は波が荒くて遊泳禁止だし、塾で忙しいし、コンピュータゲームの方が楽しいし…。

夷隅川南の和泉浦は今は三軒屋海岸と呼ばれ、サーファーのメッカになっており
6月には全国大会が開かれます。
その海岸は整備されて海浜植物は雑草扱いです。
駐車場には各地のナンバーが並んでおり、1173番の番号が多いのが特徴です
もちろん、「いいなみ」 と読めますから。

一方、夷隅川北海岸の方は投げ釣りの人か、犬の散歩の人しか来ない静かな海岸で
そこに人知れず画像のようにハマエンドウが咲いています。
台風の後で、砂浜が一晩で消えてしまったり、逆に広がったりするものだということをここに移住してきて初めて知りました。

海岸砂丘というのですが、押し寄せる波と風とが砂を運び、海岸にそって砂丘地帯を作ることがあると高校の地理の授業でならいました。
その典型例がこのいすみ市の夷隅川左岸、つまりこの海岸地帯です。
海岸の自然堤防として しだいに陸地化するので、そこはハマエンドウや浜昼顔など海浜植物の天下になっています。 

3.11の時はこの自然堤防を津波が乗り超えるのを太東崎灯台から見たと知人が言っていましたが、その後、海浜植物に大した影響はありませんでした。

しかし、ハマエンドウの数は年を追うごとに減ってきている印象があります。
代りに増えているのがチガヤで、行政が自然堤防を強化するためにブルドーザーを入れて土盛りした場所に増えているような気がします。
それはそれで見事なのですが…。

刺身のツマにするハマボウフウはこの海岸ではほぼ絶滅しました。
花咲く自然堤防がチガヤだらけになってしまうのは残念なことです。しかし、どうしようもありません。
せめて、こんな花が咲いていたよと記録に残しておくことにしましょう。


 
 

★いすみ市はハチクの季節です

ハチク
       孟宗竹よりずっと細い

タケノコを思う存分賞味した後だと、有り難味は薄くなりますが、
ハチクのタケノコは薄味で上品、クセがなくアク抜きも不要。
孟宗竹のタケノコとはひと味異なったタケノコ料理を楽しめます。
食べ方はモウソウチクと変わりませんが、厚揚げと一緒に含め煮、絹サヤとの卵とじなどがお勧めです。

孟宗竹のタケノコと比べると直径は1/2程度。細いなぁと感じます。
孟宗竹のタケノコは地面に顔を出すか出さないかで堀りおこしますが、ハチクは画像のように50~60cmに伸びたものを採集するから簡単です。
クワがなければ蹴飛ばせば良い。

ハチクを漢字で書くと淡竹。これじゃハチクと読めません。
難読漢字というのは中国語そのままだからです。
淡竹を中国語で ハチクゥ と読み、韓国語でも ハチク ですから、ハチク は外来語です。
地元いすみ市では、ハッチク と呼ぶのが普通のようです。

タケノコと言えば、現代では孟宗竹のタケノコをイメージしますが、孟宗竹は17~18世紀に中国・沖縄経由で輸入されました。
だから『竹取物語』でかぐや姫が潜んでいた竹は孟宗竹である訳がありません。
平安時代初期は、真竹か淡竹だったはずで、真竹の直径はさらに狭く、真竹の細さは物干し竿を思い出していただければ想像がつくでしょう。
その節間の中にかぐや姫が入っていたわけで、よっぽど小さかったのですね。

一寸法師の一寸が 3.03cm です。
『竹取物語』の原文では 3寸ほど と書かれていますから 約 9cm ですね。

姫が誕生した場面を絵本などに孟宗竹林で描いたら、それは間違いです。
スタジオ ジブリはその辺の考証はしっかりできておりました。
さすがです。


 

★ハルジオンにスジグロシロチョウ。

シロスジチョウ
     モンシロチョウによく似ています

いすみ市はキャベツの産地で、畑の上にはモンシロチョウがたくさん舞っています。
これから夏野菜を菜園に植えてもそれにつく害虫はアブラナ科の場合、モンシロチョウの幼虫の場合が多い。緑色の小型の幼虫です。
モンシロチョウが野菜の上をウロウロしていたら産卵のための場所を探している時です。
きっと卵が葉裏についていることでしょう。

この辺で白い蝶と言えばモンシロチョウだと思って、まず間違いないのですが、時たま画像のスジグロシロチョウの場合があります。
飛んでいる時はちらちらして区別がつきません。
止まると羽の裏面が薄汚れている感じなのでスジグロだ!! と区別がつきます。
モンシロチョウの親戚みたいなものですから、幼虫は同じくアブラナ科を食べて育ちます。

種の保護の見地から昆虫採集が小学生の夏休みの課題としては事実上禁止され、
昆虫に親しむ機会を奪われた現代の子どもたちは気の毒です。
捕まえて、手に取って子細に観察しなければモンシロとスジグロの区別は難しいのです。

この蝶が止まっている花も区別がややこしい花として有名です。
この花はハルジオン(春紫苑)。
ところが瓜二つの花がこれから花咲く ヒメジョオン(姫女苑)。
名前までよく似ており、ジオンかジョオンか、発音を混同している人がたまにいます。
ユーミンファンは春ジョオンだと確信していることでしょう。

花だけ見て区別せよと言われてもまずお手上げ。
それほどよく似ています。

区別する点はハルジオンの特徴を覚え、そうでなければヒメジョオンです。
  ①春(3~5月)に咲くのがハルジオン。
  ②ツボミが下を向く。ツボミが垂れていたらハルジオン。
  ③葉が茎を抱いているのがハルジオン。
  ④茎が中空ならばハルジオン。

画像を見るとツボミが二つ垂れています。だからハルジオンだと判断できます。
侵略的外来生物ワースト100の一つですから、遠慮せずに茎を引きちぎって空洞であることを確認してみてください。経験したことは忘れにくいものです。

名前の由来は秋の花・紫苑に似た春の花だから春紫苑。
北アメリカ原産ですが、ここまで日本の大地になじんで広まってしまうと、もう根絶するのは不可能でしょうね。
春の景色として受け入れるしかありません。