★春の野生キノコ、アミガサタケ

アミガサタケ
     桜が終わり、タケノコの季節はアミガサタケの季節

東京から古い知人が訪ねてきたので、タケノコ掘りに誘いました。
その竹林で発見したのが画像のアミガサタケ。編笠茸。
知らなければグロテスクなので毒キノコかと思い、触るのも危険な感じ。

知っていればオーッと歓声を上げるすばらしいキノコです。
フランスではモリーユ( Morille )という代表的な高級キノコ。
ネットで調べてみると、輸入アミガサタケは250gで税込 5,638 円。しかも送料別。
ね? 有難味が湧くでしょう。

なにも外国産を有難がって崇拝することはありません。
日本の野山を歩けば、場合によっては公民館脇の空き地にだって発見できます。
どんな場所が好みか、何とも言えません。
ただ、昨年採集できた場所では今年も採集できることが多い。

アミガサは複雑でも中は空洞で、虫が付いていることもあります。
縦に半分に切り、薄い塩水で内外ともよく洗ってきれいにします。
せいぜい4分割ぐらいで大胆にいただくのがおいしい食べ方です。

生で食べたいと思う人はいないでしょうが、生だと毒があるそうです。
加熱すれば煮ても焼いてもOK。
バター焼きに醤油たらり、が簡単でおいしい。

今回は朝食のオニオンスープに入れて煮込みました。
味と食感と香りがすばらしく、恐る恐る食べたお客さんもおいしいので驚いていました。
シチューなんかもいいですね。
何を食べているのか、原型が分かる料理が良い。

野に出て散歩するのは健康に良いだけでなく、思わぬ自然の恵みを享受することになります。
まさに犬も歩けば棒にあたる、です。歩かなければ収穫もありません。


 
スポンサーサイト

★怪獣の一種?――マイマイカブリ

マイマイカブリ

    庭で発見。体長6cmぐらいなのに10cmはありそうに見える

マイマイとはカタツムリのこと。
カタツムリに首を突っ込んで食べる姿が、マイマイを頭に被っているように見えることから命名されました。
雑食昆虫で、動きのにぶいカタツムリやナメクジを好んで襲って食べます。

屈曲する殻の奥の方まで食べられるように自らの姿、つまり頭と胸の部分を細長く進化させ、まるで怪獣のような姿です。
キリンが高い樹木の葉を食べたいがために首が伸びてしまったようなものですかね。

これを庭で見つけた時はうれしかった。
それは夜行性だから昼間はめったに見られないという理由というよりも、とうとうマイマイカブリが何有荘に住みついてくれたかという安堵感です。
何有荘の庭は農薬や化学肥料を使いません。ナメクジやダンゴ虫の被害を受け続けてきました。
その救世主がマイマイカブリです。姿形はデビルでも。

庭・菜園・畑という人工的な環境の中でもできるだけ自然状態に近いように、雑草共生などと称して心がけてきました。
そのためかどうか確証はありませんが、今年のソラマメはアブラムシがほとんどいません。
台所用洗剤の薄め液を一度散布し、摘芯しただけなのに被害はありません。
アブラムシを引き付けるはずのカモミールにも被害は無視できる程度です。
天敵のテントウムシも来ていましたからね。

マイマイカブリは雑食で、若葉を好むナメクジやダンゴ虫、ヨトウムシさえ攻撃して食べてしまいます。
つまり過剰に増えた連中を自然状態のレベルまでに引き下げてくれる食物連鎖の輪のひとつがマイマイカブリ。
だから、何有荘に住みついてくれることを以前から熱望していました。

いすみ市で出会ったのは3例目です。
絶滅危惧種指定ではありませんが、都会地ではまず見かけない昆虫でしょう。
昆虫は羽が4枚です。しかしマイマイカブリは地上歩行が常となり、空を飛べません。
それどころか、もう上の固い羽はくっついて開きません。下の羽はまるで羽の形をしていません。
カブトムシだって下の羽だけで空を飛べるのにね。
しかもこいつは日本固有種で、海外の昆虫マニアにとっては垂涎の的だというのだから驚きです。
そのマイマイカブリが何有荘にいるのはちょっと自慢できることです。


 
 

★可憐な毒草――ムラサキケマン 

ムラサキケマン
     庭にも野原にも林縁などに普通の毒草

紫色の花が咲くムラサキケマンと黄色のキケマンとがありますが、キケマンはまだ図鑑でしか見たことがありません。

ケマンは華鬘と書き、仏堂を荘厳に飾る仏具のひとつ。
もともとは生花で花環を作り、僧など高貴な人の装身具として布施されたものらしい。
  仏具  現在の仏具はこんな形

仏具の華鬘と花のケマンが似ているとは思えないけれど、豪華な花飾りという原意を考えればなるほどね、と思う命名です。

しかしこの花を摘んで花飾りにしてはいけません。
庭の雑草として引き抜く時も注意が必要です。
茎葉を傷つけると出る汁は悪臭がし、その汁が着いた手で目をこすったり、おやつを摘まんだりしないでください。
プロトピンを含み有毒。
誤食すれば嘔吐・呼吸麻痺・心臓麻痺などを引き起こし、死んじゃうこともあります。

山菜を採集するのが趣味の人が注意すべき点は、昨日紹介した山菜のシャクと隣りどうしに生えていることがよくあり、誤採集してしまうことです。
シャクの葉とは全ったく違うのに、若い茎葉の雰囲気はよく似ているのです。
    ケマン葉


オイシソウでしょう?
イタリアンパセリにも似ているような気がします。
知らない草を「食べられるかな」だなんてかじってみることは大変危険なことです。



 

★山菜のシャク、またの名をワイルドチャービル

シャク
     五弁の小さな白い花が咲き、全体として五角形に広がって咲く

これもいすみ市ではメジャーな野草で山菜として食用可能。
野原や林の中の細道などに群生しているので目立ちます。どちらかというと湿った場所が好みのようです。
花の付き方は同じセリ科のシシウドやハナウドによく似ていますが、シャクの方がずっと小さくて60cm程度。
そのため、シャクをわざわざコシャクと呼ぶ地方もあるといいます。

新潟出身の知人が、ニンジンパでしょう というので エッ と聞き返したら、人参の葉に似ているので新潟ではニンジン葉といい、花咲く前のまだ若い葉を摘んでおひたしにして食べるとのことでした。
なるほど、葉の印象はニンジンのようにも見えます。
しかし子細に観察すると葉のつき方は下の画像のように全く異なります。

  ニンジン  シャクの葉

シャクはどちらかというとシダの葉のようになっており、葉の先端だけでも判別は可能です。
雪の深い地域では春を知らせる新鮮野菜として古くから珍重されたのでしょう。
若い葉はシダの葉よりもずっと柔らかく、ほのかな香りがあり、おひたしの他、焼き味噌で和えたり、天ぷらや炒めたりする山菜です。
根を山人参と称して食べる地域もあるそうです。

シャクは欧米ではワイルドチャービルと呼ばれて親しまれているそうですから、若い葉はチャービルと同じように利用すれば良いことがわかります。
ただし、チャービルの葉とは印象が似ていても、やはり異なります。
そのチャービルの葉に大変良く似た毒草が日本にはあります。
ムラサキケマンやキケマンで、シャクと同じような場所に育ち、隣り合っている場合もよくあります。
だから、シャクを摘んでいるつもりで うっかりケマンをも摘んでしまうと食中毒を起こしてしまうでしょうね。

花が咲く時期になれば、その差は明瞭で間違えることはありませんが、30cm未満の葉だけの若い時期には印象が似ているだけに注意が必要です。
だから、花の時期にここはシャクの群生地だとしっかり覚えておけば、間違えることなく、春の山菜を楽しめるわけです。
今はもう花の時期になりました。
シャクの群生地を今のうちにしっかりチェックしておきましょう。
                                         明日につづく


 

★昔の地図を見ればなるほどと思います。

沼
   いすみ市岬町和泉付近 左:明治36年地図  右:最近の国土地理院の地図

明治36年は1903年ですから、今から112年前の地図です。
当時、横文字は右から左に読みます。
画像で〇印をつけた清附には、大きな池(沼)があるのが分かります。
かつての池が田んぼになったり、あらたに貯水池ができたり、国道が整備されたりと100年間の変化は眼を見張ります。

清附の池は最近の地図では田んぼに表記されています。
排水工事が行われ、若干の盛り土も行われて田んぼとして開拓されたことが判ります。
しかし現地に行って見れば、道路面からは1mも低く、あいかわらず排水が悪い泥田だったろうと推測できます。

現在のスパーレオの裏手にあたり、わたしたちが移住してきた頃はなかば耕作放棄地でした。
田んぼの作付面積を強制的に減らす減反政策が実施されていましたから、効率の悪い田んぼはまっさきに放棄されてしまいます。

ところが2011年以後、この荒れ地が脚光を浴びることになります。
原発が止まり、安全で再生可能な自然エネルギー発電が脚光を浴び、特に太陽光発電は買い取り価格が固定され、その導入が推奨されました。
太陽光発電パネルを設置すれば数年で元が取れて、以後設備がこわれるまで儲かると宣伝されました。
その結果、遊休地に次々に太陽光パネルが設置されていきます。

パネル
画像の清附田んぼ跡には巨大な太陽光発電パネルが設置されつつあります。
その工事をするためにブルドーザーが敷地に乗りいれたら、泥にはまって動きが取れなくなってしまい、大騒ぎになったと地元の人から聞きました。
さもありなむ。そこは昔は池(沼)だったのですから。

文科省の指導要領が変わり、学生時代に自然地理学や地学はほとんど何も学ばずに社会人になるシステムになって何十年たつでしょうか。
昔の中高生はしっかり仕込まれたのですがね。
もっとも相方さんは受験に関係ない科目は何も教わった記憶がないと言いますが…。

さて、自分の家が安全な場所にあるのかどうか。
地震が来た時に地盤が安定しているのか、広島のように土砂崩れ・鉄砲水に遭わないか、津波が急に高くなる場所に位置していないか?

古い地図を眺めていれば、ある程度の見当はつくものです。
画像の地図ソフトは大変優れたソフトで、新旧の地図を同時に見ることができます。
これは埼玉大学教育学部の谷謙二先生作成の「今昔マップ on the web」

全国すべての地域に対応しているわけではありませんが、
一度、ご自分が住む場所の100年前の地図を調べて見てはいかがでしょうか。



 

★マグロとクリームチーズは合う

チーズマグロ
    アサツキを散し、ワサビ醤油で味付け

簡単夕ご飯の一品です。
マグロはワサビ醤油が定番ですが、オリーブオイルやお酢や醤油を使ったカルパッチョもおいしいものです。
定番=固定観念の枠を取り払うと、料理の幅が広がります。
カツオにマヨネーズは漁師料理でしたが、もう一般家庭にも広がりました。
刺身にオリーブオイルやマヨネーズが合うならば、クリームチーズが合わないわけがない。
期待通り、おいしい一品になりました。

材料は画像のように、メバチマグロの切り落とし、特売品の北海道産クリームチーズ、庭のアサツキ、それに付録の練りワサビと醤油。
作り方なんてものはありません。切り落としを皿に並べ、チーズを適当な大きさに切って並べ、アサツキの小口切りを散らして、わさび醤油をかけ回せば出来上がり。超簡単です。
調べてみると、アボガドをこれにプラスする人もけっこういました。
それもオイシソウですね。


★科学的料理法のハンバーグ
ハンバーグ

某TVで水島弘史シェフのハンバーグの科学的料理なる番組がありました。
いつものやり方と違うのでメモを取り、試してみました。

簡単に言うと冷たいフライパンに油を敷き、弱火でじっくり仕上げるのだそうで、最初に強火で表面を焼くのは間違いだと言っていました。
個人的な感想では、いつもの手順のハンバーグよりおいしいとは思いませんでした。

参考になったのはソースの作り方
ソースは、①アクが混じったハンバーグを焼いた残り油はきれいにふき取る。 ②バルサミコ酢25gを強火で加熱。火から離しても泡が残るまで加熱する。 ③塩0.1g投入。 ④無塩バター5gを少しずつ溶かせばソースの完成。
バルサミコ酢はブドウが原料なので、加熱・沸騰させてうま味と酸味。塩で味を調え、バターでコクをプラス。
なるほど、ケチャップを使わずに、そういうやり方もあるのかと感心しました。
このソースは使えます。



 

★いすみ市の毒草、クサノオウ

クサノオウ
    ヤマブキに似た美しい花で、オシベが目立ち、まるで王冠のようだ

むかし、某新聞に<花おりおり>という小欄があり、尾崎紅葉が胃がんにかかったとき、弟子の泉鏡花たちが治療に使うクサノオウを探し回った――という記述があり、記憶に残りました。
いすみに移住して、はじめてであった時は、貴重品に出会ったように驚いたものです。

♪ 熱海の海岸散歩する寛一お宮の二人連れ…ご存知 『金色夜叉』 の名場面。
原作者・尾崎紅葉は37歳の若さで胃がんのために1903年(明治36年)10月30日に死去します。

         死なば秋 露の干ぬ間ぞ 面白き・・・・尾崎紅葉・辞世

当時、いや最近まで胃がんは不治の病でその痛みは激しく、看病する者にとっても忍び難いものだったそうです。
科学的な鎮痛剤がなかった頃は、このクサノオウは 『白屈菜』 という漢方薬で知られており、神経の麻痺、鎮痛薬として処方されました。
毒をもって毒を制する、まさに毒と薬は紙一重の世界だったわけですね。

茎葉を傷つけると出てくる黄色い汁にうっかり触るとかぶれ、炎症をおこすので要注意。
皮膚をひどく荒らすという性質を利用して皮膚病の薬としても知られていました。
日本全国ではクサノオウの別名が数多くあります。例えば、イボトリ、イボグサ、タムシグサ、ドクノオウ、チドメグサなどなど。

しつこい皮膚病を昔は「瘡 クサ」といいました。だから、瘡の王。
いや、黄色い汁を出すから、草の黄。瘡の黄。
そうじゃない、いろいろ役立つから、薬草の王。
名前の由来は諸説あり、決定打はありません。

黄色い汁に触れたために炎症を起こすくらいならまだしも、
うっかり口に入れれば嘔吐、下痢、昏睡、呼吸麻痺、手足のしびれを起こし、
時には死亡する場合もあるというから極めて危険。第一級の毒草です。
人によっては花に近づいただけで皮膚がかぶれたりするらしい。

いすみ市ではごく普通の雑草で、今の時期、7月頃までどこにでも咲いています。
美しいから一輪挿しにしようだなんて考えてはいけません。
オシベが豪華な黄色の四弁花。
危険な草ですからしっかり記憶し、子どもらに触らぬようにと教えてください。



 

★困ったスギナは、摘んでお茶にすれば良い

スギナ茶
       乾燥するだけだから超簡単

足がなく逃げ出すことのできない植物は、その環境に適応して生きていきます。
逆に言うと、その環境に適した植物が生えます。
スギナがたくさん生えるのは、スギナに適した環境だからであって、困っているから除草剤をかけようか――それは理不尽で本末転倒。
土壌環境の改善なしにスギナの根絶はまず不可能でしょう。

じつはこのスギナやツクシは酸性土壌の環境を好んで繁殖します。
ですから草木灰、石灰等を入れて中性かアルカリ土壌にすると良いと言われています。

ところで、この世の中の生き物はみな、存在する理由があります。
スギナにも当然のことながら存在理由があります。
スギナは酸性土壌を好むくせに、その葉には豊富なアルカリ性の素となるケイ酸やカルシウム分を非常に多く含んでいます。
そのスギナが枯れると葉に含まれていたアルカリ分が地表に貯まり、地表は弱酸性→中性→弱アルカリ性へと変化していきます。
つまり、スギナ自身が地上環境を改善しているわけで、スギナを退治するとか、むしり取って捨てるなんて 本当はモッタイナイ話なのです。

土壌が酸性でなくなる――スギナにとっては生きにくい環境になると スギナはそこから撤退し、新たな酸性土壌を求めて移住することになります。
不思議な生き方ですね。正義の味方、その名はスギナっていう感じです。

スギナは昔から漢方で重宝されてきました。
土壌ばかりか人間様の体も改善・改良するようです。
血液を弱アルカリ性のサラサラ状態に保つことで、酵素やホルモンの働きを高める効果があり、ガンの予防になると言われています。

利用法で一番簡単なのは画像のように、採集したスギナを洗ってから乾燥させ、お茶にすることです。
薄緑色の飲みやすいお茶になります。
乾燥スギナを粉末にして煮物料理に振りかけて使う人もいるそうですが、そこまでしたことはありません。今度、ヨーグルトに振りかけてみましょう。
さぁ、野に出てスギナを採集に出かけませんか。


 

★レモングラスの越冬成功

レモングラス
     中央:ススキみたいな雑草みたいなレモングラスの若葉

普段は5月になってから防寒の苗キャップをはすのだけれど、このところ、昼間の気温が25℃にもなり、5月中旬の気候だとかで、苗キャップの中が蒸れているのではずしてみました。
東南アジア系のハーブで寒さが苦手。でも、最低気温が10℃を越えるようになれば、もう外気にさらして大丈夫です。

同じ10℃でも秋の10℃と春の10℃では違います。
秋は地面に余熱がありますが、春の地面はまだ暖まっていません。
苗キャップをはずしてから寒い日が再び来るとダメッジを受けてしまいます。
特に強い北風に弱いようです。

5株越冬させたうち、4株は新芽が大きく育っていました。
1株は枯れていますが、おそらく5月になれば新芽が伸びてくるでしょう。
これで文字通り、フレッシュなレモングラスティーがいただけます。
今週末には古い友人が遊びに来るので、お茶の用意はできました。
おそらく、この夏には大量収穫となる――獲らぬ狸の皮算用をはじいています。

下の画像は レモンバーベナ の新芽です。
レモンバーベナ

レモンバーベナは和名を 香水木 という小型の樹木で、その葉はレモンの香りがします。
支離滅裂に枝を伸ばすので手入れを兼ねて刈り取り、その葉を利用します。
剪定枝を地面に挿しておけば簡単に増やせます
越冬は何も気にしないでも大丈夫ですが、細い先端の枝は寒さで枯れてしまいます。
だから、4月下旬になって新芽を見つけるととてもうれしい。

レモンの香りがするハーブ三兄弟――レモングラス、レモンバーベナ、レモンバーム が今年もそろいました。



 

★フィッシング偽メールが届いた

ニセメール
     上記が偽メール本文

また銀行を装った偽メールが来ました。
詐欺グループは、あまり利口ではなく一目で偽メールだと分かります。

 ① 銀行からのメールは 「こんにちは!」 などとため口をきくことはない。
 ② アドレスを見ると http: になっているのは怪しい。
    https: ならば今のところ、ある程度信頼できる。
 ③ 本文の上下に意味不明の英文が連なっている。
 ④ 日本語がぎごちない。
 ⑤ アカウントを入力させて、それを盗み取るメールである。

前回も、三菱東京UFA銀行をかたったものでした。
三菱東京UFA銀行に偽メールが来たとお知らせしたのに なしのつぶて。
一カ月ほどしてから、新聞広告・TV等で注意喚起がありました。
お客様対応も、偽メール対策もなっていない。鈍感すぎる。

たぶん、隙がある銀行だから狙われているのでしょう。
ご注進しても担当者からお礼の一言もないのですから、今回は無視。

最近の偽メールも手が込んできているようですが、この手に乗らないように注意しないといけません。
銀行は、個人情報の管理については煩わしいくらい慎重ですから、こんな気楽な入力案内はウソに決まっています。
横浜銀行の偽メールは来ていませんが、横浜銀行から注意喚起のお知らせメールは来ています。

心配ならば、銀行に直接、電話で問い合わせてみるべきでしょう。