太東海軍航空基地跡(1)


飛行場跡地
           赤線部分が飛行場。国道で分断されている。

1944年、サイパン島が陥落すると米軍の本土空襲が本格化し、やがて本土決戦は必至の情勢になると、米軍の上陸侵攻に備えて房総半島は要塞化します。
いすみ市でも太平洋上に現れる敵を迎撃するため、陸軍、海軍の諸施設が突貫工事で進みました。
飛行場は海軍の施設でした。

その1年前、すでに軍部はそういう事態を想定していたのでしょう、1943年8月に神奈川県厚木航空隊所属の石川大尉率いる海軍施設部隊800名が太東国民小学校に駐屯しました。
目的は飛行場建設で、飛行場と付帯設備が完成するのは1945年5月ですから、ほぼ2年間で竣工したことになります。

飛行場に指定された場所は上記画像に示しました。当時は大部分が荒蕪地で一部にサツマイモ畑と水田がありました。
というのもこの土地は江戸時代には大きく蛇行した夷隅川の河原(右岸)であり、住所は現在の夷隅川をまたいだ江場土地区に属します。ここに住む人々の学区域も同様です。

現在は住宅地になっていますが標高は2.5mぐらい。飛行場を造成する以前は多くが標高1.0m程度の湿地帯だったと思われます。
指定用地内のサツマイモは工事着工前にさっさと収穫しろという命令がありました。

飛行場景色   
          かつて滑走路だった面影を残す細道

現在は当時の面影を残す遺物は何もありません。しかし、外周および中央の滑走路部分が細道として残されています。
この周辺だけ、やけに直線道路だなと思ったことがありますが、飛行場跡地だったからですね。
国道128号線沿いに『Qちゃんの台所』という食堂があります。そこに駐車して飛行場を歩いて1周しても1時間はかかりません。直線で1000mほどの滑走路1本のささやかな飛行場でした。

当時は建設重機などありません。スコップ、ツルハシに天秤棒。せいぜいトロッコがある程度。
旧河川敷ですから軟弱地盤の砂礫地帯で、飛行場の造成、整地作業は難事業だったと伝えられています。
飛行機が発着できる程度の強固さを持った地盤にかさ上げするのに必要な土石は 近くの山を切り崩して確保し、ダンプカーなどありませんからすべて人力で運びました。
近くに和泉川のポンプ場があります。飛行場跡地からこのポンプ場までの道も直線です。この道に当時はトロッコが敷設され、トロッコに土礫を載せ押して運んだようです。
土礫を運び込込んだら、次は表面を平準に固めて飛行機が発着できるようにする――夏は炎天下の作業。冬は極寒の作業が朝から晩まで続き、しかも食糧事情も悪化していた時期でした。


飛行場建設の800名もの兵隊をいつまでも太東国民学校に間借りしているわけにもいきません。
翌年には現在の志茂地区地先に風呂場と炊事場を持つ大型兵舎が建設されました。
現在のスーパーレオ付近にあたる門原地区の山腹をうがって横穴式の格納庫を作りました。
その格納庫に収まった飛行機は滑走路まで人力で押して運びました。
誘導路はコンクリ・アスファルトの道路ではありませんから、それだけでも大変な苦労です。
兵舎、格納庫、滑走路が分散しているのは空襲の被害を分散させるためにでしょう。

ただの野原のような飛行場が完成しましたが、当時すでに飛行機は絶対量が不足していました。
完成の3か月後に終戦となります。その間、この飛行場を利用したのはたった3機だったと伝えられています。

                                (つづく)

スポンサーサイト

★ネコ用電気座布団で発芽大豆の納豆作り

納豆1納豆3
        こんなトロ箱に入れて               完成です

納豆作りの適温30℃~40℃を24時間保てれば どんな方法でもかまいません。
トロ箱にネコ用電気座布団をセットする方法は簡単・便利。
サーモが付いているので、温度調節など気にしないで翌日にはできています。
何有荘では発芽させた大豆を使い、種菌は市販の納豆を利用しています。

   【発芽大豆の作りかた】→●  
   【ひき割り大豆】本来、乾燥大豆を炒ってから引き割りですが、面倒なことはしない。
    水でふくれた大豆を蒸す前に包丁でひき割り風にたたいています。

圧力鍋で蒸し上がった大豆に 「種菌湯」 をかけ回します。
種菌湯とは、市販納豆を10~20粒ぐらい茶碗に入れてかき混ぜ、熱湯を注いで、さらにかき混ぜた湯で、納豆菌がわんさか溶けています。
蒸し大豆も種菌湯も熱々がポイント。手早く行うのが雑菌防除の基本。
その際、市販納豆を取り除くかどうかは気分の問題。お好みしだい。

    ケース 
この発酵容器はもう10年以上使っている100均で購入した水切り内籠が着いたケースです。
発酵中に出た水分を下に逃がすので便利です。紙皿、紙コップも良いらしい。
発酵には酸素が必要だから、ラップをしたら穴をツマ楊枝で何か所も開けておきます。

保温:完成まで30℃で推移すれば24時間、40℃でならば18~20時間ぐらいでしょうか。
保温箱の湿度を高く保たないと固い納豆になってしまいます。トロ箱の中に新聞紙や使わなくなったタオルケットを入れて保温と湿度調節をしています。
昔からの麦わら納豆はその点で優れもの。保温と湿度調節(吸湿・放湿)を同時にこなしています。

完成してもすぐには食べないで、冷蔵庫で後熟させて、翌日の食卓に上ります。
市販納豆のアミノ酸入り添付タレに慣れていると、醤油だけではちょっときつい。
そんな時は醤油に味醂を加えましょう。面倒ならば「つゆの素」でも良い。
ネバネバが足りなければ砂糖を加えると少し復活します。

食べきれない分は冷凍保存で1か月はゆうに保存できます。
市販納豆の大豆はたいてい輸入品。だからスーパーの目玉商品。安すぎます。
輸入大豆を使わず、化学調味料を使わない納豆は、今では手作りしかありません。


 
 

★春一番、南風吹く

サクラ咲く
      太東埼の河津桜、日当たりの良い木は満開

今の時期、冬の気候と春の気候がせめぎ合い、今日は春の勝ち。圧勝です。
昨晩からの春の嵐のような南風と断続的な激しい雨。
今朝の外気温は15℃もありました。

画像は一昨日、晴れている日のもので、日当たりの良い木でしたから満開です。
日陰にある木はまだツボミですが、来週にはボツボツ花咲かせることになるでしょう。

河津桜が早咲きの桜としてもてはやされ、いすみ市でも各所に植樹されています。
太東崎灯台への坂道にも何年か前に苗木が植えられ、
ずいぶん、幹が太くなり、年々咲かせる花は増えて豪華になりつつあります。

でも桜と言ったらソメイヨシノで、3月下旬からが見ごろ。
個人的には “朝日ににほふ山桜花”―――本居宣長がうたう山桜が好きですね。

    ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ
                                      ――紀友則、古今集『春』33

平安時代にはソメイヨシノも河津桜もなく、この歌は山桜を見ての慨嘆です。
今の時期はまだ、「ひかりのどけき春の日」とは程遠く、また明日からは寒くなります。
旧暦で言えば、まだ1月5日。冬の日と春の日とが交互に立ち現れる早春です。

早春には梅の花が似合います。
まだ長者町の天神様の梅の花も満開になっていないのに、河津桜が満開だと大騒ぎするのはやや軽薄のような気がします。
老舗の梅に対して、新参者の河津桜がはしゃぎ過ぎのような気がしませんか。

伊豆の河津は発祥の地だからまだしも、神奈川の松田や三浦半島、千葉の官軍塚や白子などどこも美しい河津桜で有名です。ただし自然の風景ではなく植樹したものです。
他に先んじて観光客を呼びこもうとする下心が透けて見えます。でも河津桜に罪はない。

河津桜の花のじゅうたんはなかなか素晴らしいものです。

 紅梅ネコヤナギ
                  早春の花  紅梅とネコヤナギ。
          早春には、梅の花やネコヤナギの方が心が落ち着きます。


 

★ユネスコ受賞の大多喜町旧庁舎を見に行きました

大多喜庁舎
           横浜赤レンガ倉庫に続く、日本二番目の受賞です。

前から大多喜町役場の庁舎はカッコいいなとは思っていました。
1959年建築ですから56年前の建物です。
早大名誉教授の今井兼次氏(故人)の設計で、当時、日本建築学会作品賞を受賞した庁舎だそうですから、さもありなむ。お金がかかった庁舎でした。

その庁舎が寄る年波には勝てずに老朽化し、解体される話が持ち上がると 今井教授の教え子や建築学会から惜しむ声があがり、町は改修して保全することに決定しました。

ヨーロッパの街並みは、もう数百年間も使い続けている建物なのに、日本では木造建築だと30年、コンクリだと50年で破却・建て替えの話が持ち上がってきます。
モッタイナイ話です。

ユネスコの受賞とは正確には、「ユネスコ文化遺産保全のためのアジア太平洋遺産賞」。
その「功績賞」を受賞しました。
同賞は、アジア太平洋地域で、民間や官民協力で文化遺産を保全修復した事業を表彰するもので
大多喜役場庁舎の改修保全が評価され、受賞したものです。
2013年のことでしたが、知りませんでした。

日本の近代建築では「優秀賞」を受賞した横浜赤レンガ倉庫に続く2例目となります。
ちゃんとした建物を建て、きちんと補修すれば何年も長持ちするのが良いですよね。
木造建築だって、奈良・法隆寺とまでは言わないにせよ、いすみ市の古民家は ほれぼれするほど素晴らしいものです。
45cmもある黒光する柱や梁が縦横に使われ、震災や戦災に耐え抜いてきました。
後継者がいないために解体撤去されるのは実に惜しい話です。

夷隅町役場や岬町役場、御宿町役場の庁舎も老朽化しつつありますから、建て替えの話も出てくるでしょうね。
大多喜町役場庁舎のように補修保全できればよいのですが、それほどの文化的価値があるとは思えないとか、建て替えた方が安いとか、耐震性がないからとかで、結局、税金を使って立て替えになっちゃうのでしょうかねぇ。

その点で、大多喜町が解体せずに保全を決定したのは偉かった。
解体したらこの世から消えてしまいますが、補修した上で、今日も庁舎の一部として利用しています。
大多喜町は建築物を大切にし、それなりにお金をかけている自治体だと思います。
下の画像は大多喜小学校校舎で、このような校舎で学ぶ子どもたちは幸せだし、校舎や町を誇りに思うことでしょう。
小学校
        お城の見える校庭におとぎの国ような校舎です



 

★旧暦元旦、西の空 一番星

夜空無題
           晴れていれば、火星と金星が並んで見える

画像は無料天体ソフト・ステラリウム(Stellarium) で見た今夜、18:30の西の空です。
本日19日は旧暦元旦ですから新月。月は出ません。夜空の星の観察には絶好の晩。

晴れていれば、ここ数日、西の空には火星(1等星)と金星(-4等星)が並んで見える、あるいは重なって見えることでしょう。
20日(土)には火星と金星の下にかすかに細い上弦の月が見え、
21日(日)の晩は火星と金星の上に細い月が見えるはずです。
月・火星・金星が三つ、揃い踏みの豪華な西空です。

夜半近くなれば、1年で一番豪華な“冬の星座”が現れます。

   木枯らしとだえて   冴(サ)ゆる空より
   地上に降りしく    奇(クス)しき光よ
   ものみないこえる   静寂(シジマ)の中に
   きらめき揺れつつ   星座はめぐる

   winter.jpg 画像元➔●


まず南の空で一番目立つオリオン座を見つけましょう。
ベルトが三ツ星。長州藩の星であり、住吉神社の神様です。
左肩の赤星・ベテルギュスと右ひざの白星・リゲルを日本では紅白だから源平星と言っていました。

オリオンの右に牡牛座のアルデバラン。近くに昴(スバル)がさざめいています。
スバルは清少納言のお気に入り。谷村新司の歌で有名。羽子板星とも言います。

オリオンの左下には恒星では一番明るい星、シリウスが輝いています。
蒼い狼とはモンゴルの英雄ジンギスカンのことですが、シリウスも蒼い狼という別名があります。
シリウスのやや左上にあるのが小犬座のプロキオン。
プロキオン、シリウス、ベテルギウスで“冬の大三角形”になります。

余裕があれば、ふたご座(ジェミニ)やぎょしゃ座のカペラも見つけてみましょう。
画像のような冬の大六角形が判別できれば、冬の星座を見るのが楽しくなります。
寒いけど 頑張って探してみませんか。


 

★今日は旧暦の大晦日、12月30日

菜の花
     早咲き菜の花の畑はもう満開です

旧暦でひと月の最後の日(29日または30日)を「みそか」といいます。
旧暦に31日という日はなく、小の月が29日、大の月が30日で終わります。
30日を三十日と書くと「み・そ・か」と読めます。
29日で終わってもひと月の最後の日を「みそか」と言い習わしてきました。
1年最後の日が「おおみそか」となります。
だから新暦になって、1年最後の日は12月31日で、30日ではないのに「おおみそか」と言います。

「みそか」を「つごもり」という古風な表現がありました。
新月の前日ですから、月がもうほとんど出てこないので、月がこもっている――が語源だそうです。
樋口一葉の作品に「大つごもり」があります。
この作品名が「大みそか」では情緒がありませんね。

というわけで本日は大みそかで、大つごもり。
明日は、ようやく待ちに待った新年・元旦になります。
中国は日本や世界と同じグレゴリオ暦を使っていますが、旧暦正月を「春節」と言って1年でもっとも重視される祝日で7連休になるようです。
中国人観光客が爆買いしに日本にやって来るとTVがニコニコ顔で報道していました。

台湾、韓国、ベトナム、モンゴルでも春節は重要な祝祭日なのに、日本だけが同じ中国文化圏に属していながら旧暦元旦をすっかり忘れ去ってしまったようです。
日本でもこの日を祝日にすればいいのにね。



 

★シャトルシェフで豆乳ヨーグルト作り

よーぐると1ヨーグルト2
          「R1」が種菌             「マミー」が種菌

一定の温度が保たれれば自宅でヨーグルト作りは簡単です。
世にはヨーグルトメーカーなるものがありますが、工夫すれば必要ありません。
コタツがあれば良いし、ペットボトル+発泡スチロール箱でもできます。
今回は自宅にある「シャトルシェフ」を使いました。

シャトルシェフは魔法瓶のように調理温度が長く一定に保たれます。
共働きの時代には、朝にセットしておけば夕食には暖かいシチューやカレーが食べられ、ずいぶん重宝しました。
燃料を使わないエコ調理器具として優秀です。
豆乳ではなく、牛乳でももちろんヨーグルトになります。

シャトルシェフ セット

【豆乳ヨーグルトの作りかた】
  1.シャトルシェフ内鍋を熱湯で殺菌。
  2.50~60℃の湯を数cm程度内鍋に残し、保温剤とします。
  3.熱湯消毒した適当なビンに豆乳を入れ、種ヨーグルトを加えてかき混ぜ、
  4.内鍋に入れてフタをし、半日放置すれば出来上がり。

ヨーグルトの種菌は市販の乳酸菌を利用します。
今回は明治の「R1」、森永の「マミー」にしました。
マミーは液体ですが、できたのは画像のようなヨーグルトです。

乳酸菌は60℃を越すと死んでしまうので、内鍋に入れる保温湯も熱すぎないに注意。
24時間程度放置しておいても問題ないと思います。

味はR1の方はやや酸味あるものの豆乳っぽい。ジャムを載せて食べるのが良い。
マミーの方も豆乳の味がするけれど少しマミーの味がするのは種に入れたマミーの量が多かったからか。
いい加減に作っても、ヨーグルトになるものです。
適切な種菌の量は各自ご判断下さい。どうにかなるものです。

 

★おから料理 二題 

ハンバーグナゲット
          おからハンバーグ           おからナゲット

大豆から豆腐を作れば副産物としておからができます。
おからは 「卯の花」 としておいしく調理するのがいつものことですが、何度も豆腐を作っていると、ちょっと目先を変えてみたくなります。

そんな時にネット検索は本当に便利ですね。
Cookpad から二つ選んで、真似してみました。

   『照り焼きおろし◎おからハンバーグ』  
   『おからのふんわりチキンナゲット』 

どちらも本来の材料の一部をおからに置き換えてヘルシーな料理にしたもので、作りかたも特別変わった方法ではありません。
いつもの手順通りと考えて良いから、気が楽です。

食べてみての感想は、どちらも合格です。
ハンバーグはややパサつき感がありますが、それは調理法で解決できるでしょう。
牛乳やバターの添加で克服できると思います。
ちなみに大根は里山仲間からのもらい物。緑は庭のチャイブです。

ナゲットは全く違和感がありません。
おから添加のナゲットだとは 知らなければ気づかないでしょう。
こういう食べ方があるのか、と感心しました。
おから消費のためにもう一度作っても良い一品です。

このハンバーグには豚ミンチ、ナゲットには鶏胸肉を使っています。
素材の一部におからを使った料理ですが、それはそれで良いと思います。
大豆を使って食べる――それがコンセプトです。
おからの消費量は年々減って、今や産業廃棄物扱い。
おからの新しい食べ方を工夫して、国産大豆の消費を増やしたいものです。

*****
鑑定団

きのう、「何でも鑑定団」の公開収録があり、出かけてみました。
番組では30分程度に編集されますが、実際には2時間も笑い転げました。
放映は3月17日だそうです。


 
 

★リサイクル――グリーンパンダ

グリーンパンダ
         ホームセンター駐車場の一画に

廃棄物をゴミではなく、資源として再利用する流れがいすみ市でも民間主導で行われるようになりました。
画像は“グリーンパンダ”と称するリサイクルコンテナボックスで、パンダのイラストが描かれています。
あちこちの大型スーパーの駐車場に置かれるようになりました。

収拾するのは、新聞・雑誌・段ボール・古着に分別し、その重量に応じてポイントがもらえます。1か月の新聞で20ポイント。20円相当。
設置してある駐車場のホームセンターでの買い物に使えますので、一か月に一度ぐらいまとめて廃棄物を出せば良いので助かります。

市の指定ごみ袋に入れて収集車に持って行ってもらうのはちょっと抵抗がありました。
指定ごみ袋はお金を出して買わねばなりません。川崎では無料でしたからね。

それはゴミ焼却場の運営費や収集車作業員の手当などに使われるのでしょうが、ゴミをゴミとして焼却してしまい、資源として再利用し、資金を回収していないのでしょうか。
資源として再利用する手立てを考えれば、グリーンパンダのように、無料でゴミを引き取るどころか、ポイントを市民につけることさえできます。

特に古着のリサイクルが精神的に大きい。
断捨離で出た、まだ着られそうな衣類を燃えるゴミで出すのは気が引けます。

グリーンパンダが普及すれば、市の指定ごみ袋の売り上げが、減ることは確実です。
するとゴミ焼却場の運営費に影響が出るかもしれませんね。
ではどうするか、市は総合的なゴミ対策を建てる時期です。燃やせば良いという時代は終わりました。

今困っているのはガラス系資源ごみの収集です。
川崎にいた頃は、透明ガラス、色つきガラスに二分別され、無料で収集されていました。
一升瓶やビール瓶はリターナル資源として、子ども会や町内会が収集してその活動資金になっていました。
いすみ市ではガラス系資源ごみは市民がゴミ袋を購入して出さねばなりません。

古紙やガラス系資源を市はどのように処理しているのか、それを収入源とすることが可能ですから、ポイントはつけなくともゴミ袋代を安くして、市民に還元することは十分可能だとにらんでいるのですが…。


 

★大豆から豆腐を作る

豆腐
     手作り木綿豆腐。これはおいしいと自画自賛。

新大豆の季節ですから久しぶりに豆腐を作ってみました。
なかなか会心のできにはなりませんが、市販品よりもずっと味の濃い豆腐になりました。

【材料】①大豆300g  ②にがり12.5ml(天塩にがり1袋)
     ③大豆の漬け水1500cc ④鍋でわかす水900cc ⑤にがりを溶く白湯50cc

【豆腐の作り方】
―――第一段階、生呉(ナマゴ)を作る―――
  1.大豆300gを洗い、1500ccの水に一晩漬けておく。
  2.一晩置くと大豆は650g。残り水1150ccのうち300ccを洗い水として別に取っておく。
  3.大豆と残り水を3回に分けてミキサーに各1~2分間かけて「生呉」を作る。
    その都度、ミキサーに残った粉砕大豆を洗い水で洗って生呉に戻す。

―――第二段階、豆乳とおからを作る―――
  4.鍋に900ccの湯を沸かし、生呉を全部、ていねいに入れて木べらでかき混ぜる。
  5.中火で加熱する。突然沸騰するので注意。アク・泡をとる。
    弱火にしてさらに5分煮る。吹きこぼれ・焦げ付き注意。良い香りがしてくる。
  6.できた「呉汁」を木綿袋に流し入れて、「豆乳」と「おから」に分ける。
    豆乳を最後まで絞り切るには木べらやトングを使う。冷めたら手で絞る。

―――第三段階、豆腐にする―――
  7.豆乳を厚手の鍋に移し、中火。75℃になったら火を止める。75℃が重要。
  8.50ccの湯で溶いたにがり1袋分を木べらに伝わせながら「の」字を描くように
    豆乳に入れ、最後に「十の字」を描いて動きを止める。
    ぐるぐるかき混ぜない。火を止め、ふたをして20分、固まるのを待つ。
  9.網杓子ですくって豆腐型枠、またはザルに入れて水切りして出来上がり。
    豆腐型枠に重石をかければ木綿豆腐。
    何も載せず、自重で水切りすれば絹ごし豆腐。ザルで作ればザル豆腐。
    どれもとてもおいしい。

  型枠  10年物の豆腐型枠

最近は成分無調整の豆乳が市販されていますから、豆乳から豆腐を作れば比較的簡単に豆腐を作れます。
大豆から作ると一番難しいのが豆乳の濃度とニガリの濃度。そして温度管理。
食べられる程度の豆腐にはなりますが、いまだ傑作には至りません。
しばらくは悪戦苦闘が続くでしょう。