★年末のゴイサギ

ゴイサギ
        100mほど先のゴイサギのオス 

ゴイサギの夫婦を大正堰の端で見つけました。
風に吹かれて羽毛が乱れて寒そうです。
何となく私たち夫婦に似ているような気がして、カメラを取りに行って構えたら逃げられてしまいました。
100mほど先に着地したので、ファインダーには何も見えていなかったけど、この辺と思ってシャッターを切ったらオスだけがかろうじて写っていました。

年末年始はあれこれ思う時期です。
賀状の版画を摺り終わり、親戚や旧友の顔を思い浮かべ、一言書き添えます。
虚礼廃止、断捨離と思うものの52円で年に一度のご挨拶ができれば安いものです。

今年も年末が近づくにつれ喪中欠礼の便りが届きました。
親御さんを亡くした人。配偶者が旅たった人。年齢は70代から90代。
若い人が亡くなったという知らせもありました。
胸中はいかばかりでしょうか。

寿命はどうやって決まるのか?
健康とか、事故とか、災害とか、それに会う人と避けられた人とはどこが違っていたのか?

二つの物語が思い浮かびます。
一つは天上にいる神様が金銀鉛の粒を撒き、赤ちゃんはその運命の粒を持って生まれてくるという話。
幸福になるも不幸になるのも生まれた時から決まっているという話です。

もう一つはギリシャ神話で、モイライと呼ばれる三姉妹の話。
「運命の糸」をみずからの糸巻き棒から紡ぐのがクロートー(「紡ぐ者」の意)で、
運命を人間に割り当てる者がラケシス(「運命の図柄を描く者」の意)で、
この割り当てられた糸を、三番目のアトロポス(「不可避のもの」の意)がプツンと切る。このようにして人間の運命と寿命は決まる――という話。

不死身といわれた半神半人の英雄ヘラクレスは数々の試練と冒険のはてに死ぬ運命は免れなかった。
オイディッポスは呪われた運命であることを知り、それを避けようとすればするほど、その行為が運命を呼び寄せてしまった。

運命が決まっているにせよ、決まっていないにせよ、精一杯生きる、悔いが残らぬように正直に生きる――それしかありません。
年の瀬になるとこれまで生きて来られたことは数々の偶然と、人様の情けに支えられてきたのだとしみじみ思います。
この1年、ありがとうございました。


 
 
スポンサーサイト

★新春を待つ“茅の輪”

茅の輪
         地元の中原玉崎神社の“茅の輪“

茅の輪は、“ちのわ”と読みます。
文字通りイネ科の雑草、茅を編んで丸い輪を作ります。
茅とはチガヤ、イネ、マコモ、ススキ、アシなどを指し、古代においては神聖な植物とされ、その地方で用意できる材料で編んでいます。
輪になったしめ縄と考えれば神聖な装置だと理解できるでしょう。
輪ですから始まりも終わりもなく、永遠を意味しています。

茅の輪を三度くぐり抜けることで身の汚れを落とし、清らかな心身で新年を迎えるのですから、本来は大晦日の行事ですが、新年になってからでも遅くはなく、茅の輪をくぐってから神様にお参りするように参道にしつらえてあります。

8世紀初頭の『備後国風土記』にある物語が茅の輪の始まりとされています。
―――ムトウの神様が北国にいた時、南の国の美女を娶るために旅をしている途中、日が暮れた。大きな家があり、一晩の宿を頼んだが、主人の巨旦将来(コタンショウライ)はみすぼらしい姿の神を見て断る。近くにひどく貧しい家があり、そこで頼むと巨旦の弟である主人の蘇民将来(ソミンショウライ)は快く迎え入れ、粟の筵に座らせ粟飯をふるまった。
数年後、ムトウの神様が八人の子を連れて北国へ帰る途中で蘇民将来の家に立ち寄り、「お前に子孫はいるか」と尋ねた。「娘が妻といっしょにいます」と答えると「茅の輪を作り腰に付けよ」と命じます。
夜が明けると娘一人以外は皆すべて殺し滅ぼされた。
ムトウの神は「われはスサノオなり。後の世に病気が流行した時、蘇民将来の子孫だと名乗り、腰に茅の輪を付ければ難を逃れるであろう」と宣言した。―――

この話にはいくつか矛盾点がありますが、そこは突っ込まないことにしましょう。
まず、8世紀の段階でムトウの神様=スサノオと理解されています。
スサノオが怒り狂うとすべて殺され滅ぼされるのですから、スサノオは強力な疫病神です。
ですから、スサノオに対しては崇め奉り、決しておろそかにしてはなりません。

スサノオは牛頭天王(ゴズテンノウ)という別名があり、全国各地に牛頭天王を祀る神社がありました。天王が天皇と同じ発音なので、「天王社」は明治になって強制的に改名させられました。何有荘の地元で言えば、地元の人が今でもテンノウサンと親しく呼んでいる神社は今では「八坂神社」です。

関西では「蘇民将来子孫」と書いたお札が多く配られています。
この物語の巨旦将来・蘇民将来は兄弟です。ところが氏名が名氏の順になっており、もともとは東洋の神話ではなく、遠い異国生まれの神話であることを暗示しています。
想像をたくましくすれば、ユダヤ・キリスト教の聖典にある“過越しの祭り”の話に似ています。ユダヤマークを付けていなかった家は全滅したという話にです。

茅の輪を設ける神社はご祭神が誰であれ、スサノオに関係ある神社である、神社だったと考えて良いでしょう。
中原の玉崎神社のご祭神にスサノオは入っていませんが、この神社は物部氏系だという伝承があります。物部氏は多数の分派がありますが、出雲系の物部氏もあり、ご承知のとおり、出雲はスサノオと関係が深い地です。
いすみ市とは夷隅郡に由来し、夷隅は伊甚・伊自牟に由来し、その故地が出雲地方にあることを考えると、玉崎神社は出雲系の神社だと推定して、まず間違いないと思います。


 
 

★喉が痛い――紅茶焼酎

紅茶焼酎
     ティーバックに焼酎を注いで30分でできあがり

今年は特に冬の乾燥が厳しく、30%を割ることもしばしばです。
するとドライノーズ(乾燥鼻)ですから喉(ノド)までやられてしまいます。
のどを守るために ウェットマスク をしたりしますが、うっとうしい。

画像の紅茶焼酎は毎年作っているノドのうがい薬です。
うがい薬を薬局で買ったことは、もう十何年もありません。
薬品が主原料のうがい薬よりも、食品で作る方が安全で健康に良いくらいです。

画像の紅茶焼酎は適当に薄めて使用します。
焼酎に紅茶割りという飲み方がありますから、何だったら飲んでしまってもOKです。

紅茶に風邪、インフルエンザ予防効果があることは知られています。
焼酎に殺菌効果があることは常識です。
相乗効果で、優秀なうがい薬になっています。

念入りなうがい、手洗い、そして外出時にはマスク使用。
新年に向けて、風邪なんか引いていられません。


 
 

★冬ネギの甘さの秘密

ネギのしずく
     カットするとネバネバした液体がにじみ出てくる

霜が降り、氷が張るのになぜ野菜は霜枯れないのか。
先日の寒さで、バジルは一晩で無惨な姿に変わり果てたのに…。

画像のように今の時期、ネギをカットすると透明でどろっとした液体がにじみ出てきます。
カメラを構えたらズルッと落ちてしまいましたが、少しまた出てきているのがわかります。
正体はムチン mucin で、糖とたんぱく質が結合してできたネバネバです。

かさぶたのようになって傷口をふさぐ役目をしていますが、甘さの秘密はこのムチンです。
寒くなるとこのムチンがネギの中で盛んに生成され、まるで不凍液のような役目をしてネギ細胞が凍って破壊されるのを防いでいます。
寒くなれば寒くなるほど、多糖類のムチンが多くなり甘さが増すという仕組みです。

砂糖水や塩水が0℃で凍らないのと同様に、糖分を含んだ液を自ら作り出して自らの身を守っているなんてすごい仕組みですね。
そのおかげで私たちは甘くなったネギや冬野菜を食べることができます。
冬には冬の作物を食べることが、人間の健康にも一番適しているに違いありません。

ネット情報によると
―――ムチンは納豆、オクラ、モロヘイヤ、つるむらさき、里芋、山芋、なめこなどに含まれるヌルヌル成分で、多糖類のガラクタンやマンナンなどが、タンパク質と結合したものです。
ムチンには、胃の粘膜をうるおし、保護する働きがあります。肝臓や腎臓の機能を高める作用もあり、細胞を活性化し、老化の防止に役立ちます。消化を促す作用もあり、便秘を改善します。また、タンパク質を無駄なく活用させる働きは、スタミナの増強に効果があります。―――

画像は畑から引っこ抜いたばかりのネギです。
この日のメニューは鳥の唐揚げにネギソース。
明日は鍋料理。
ムチンたっぷりのネギを使い、きっと風邪予防にもなることでしょう。


 
 

★簡単手作りユズ茶

ユズ茶
       基本はユズの皮と氷砂糖。

ユズ茶は「茶」と言ってもお茶ではありません。
マーマレード状になったユズをお湯で割って飲む飲み物です。

ユズの皮の裏側には白いワタがあり、これが苦みの主因ですから何度も煮こぼして苦みを抑えて作るのが普通です。
ワタを積極的に利用した「柚子のワタ煮」も作ったことがありますが、今回はワタを削り取り、加熱しないで作る簡単ユズ茶の作り方です。

◆ユズ茶の作り方
  1.柚子のヘタを取り、流水で洗って水気を拭き取る。
  2.横に二分割し、レモン絞り器で皮、果汁、種に分ける。
  3.皮の内側にへばりついている小袋をはがし取り、適当に刻む。
  4.へばりついているワタをグレープフルーツ用スプーンで削り取る。
  5.皮を3mm幅位に切る。
  6.密閉容器に千切りの皮、刻んだ小袋、果汁を入れ、重量比同量位の氷砂糖を入れる。
  7.氷砂糖が完全に溶けたら出来上がり。たぶん1週間程度。

氷砂糖は溶けやすいので白砂糖よりも便利で使いやすい。
氷砂糖の量はお好みです。わたしはいつも適当量。
種は柚子ローションに使いますので捨ててはいけません。

へばりついたワタを取り除く道具は庖丁よりも、グレープフルーツ用のギザギザがついたスプーンが便利です。少々のワタが残っていても気にしない。
普通はワタが余りつかないように上手に皮をむくのですが、それに気を遣うより、後からワタを削り取る方がずっと楽です。
廃棄するのはヘタとワタだけ。これも生ごみ堆肥で再利用します。

近隣では柚子が鈴なり。
そのうち熟して落下してしまいます。
そうなる前に「ご自由にお持ち帰りください」とでも表記してくれれば、モッタイナイナァとやきもきしないで済むのですが…。



 

★お米のとぎ汁、乳酸発酵液

とぎ汁乳酸菌
        4ℓペットボトルにお米のとぎ汁を回収

お米のとぎ汁は真っ白い。
それは米粒の表面についていたヌカが正体ですから、お米の栄養分が適度に含まれています。
これを流しに捨ててしまうなんてモッタイナイ。

画像は里山センターの昼食担当の際、1升のお米を研いだ時に出たとぎ汁です。
これをそのまま畑にまけば、それでも良いのですが、保存して乳酸発酵させます。
乳酸菌なんて空中にいくらでも浮遊していますから、特に種菌を仕込む必要はありません。
栓をして放置しておくだけで発酵し、ペットボトルの栓を開けるとポンっと音がして驚きます。

植物性、動物性プランクトンが多い海が好漁場であるように、無数の微生物が棲みついている畑の土が良い土であり、豊かな土の条件です。
このペットボトル米のとぎ汁乳酸菌液を畑にまいていると、確かに畑の土がほかほかで柔らかくなってきているのを感じます。

バージョンアップしてみましょう。
  ①牛乳パックや牛乳のコップを洗った水を加える――何有荘の標準タイプです。
  ②納豆パックや納豆の食器を洗った水を加える―――納豆菌が加算されます。
  ③黒砂糖、粗塩を加える―――ミネラル分強化――『えひめA1』に近くなる。
  ④EM菌を加える―――EM培養液として使えます。

植木鉢や畑が乾燥したら水をやります。
なにも水道水をそのまま使わなくたっていいはずで、塩素入り水道水よりも、とぎ汁発酵液を使えば、水道代の節約+畑の土を豊かにする。一石二鳥です。

このとぎ汁発酵液を夏場は薄めて野菜類に直接霧吹きかけると、野菜にとってのドリンク剤みたいに、野菜が元気になり、少々の病変など回復してしまいます。
植木鉢に使う時は薄めて使うのが無難です。

大掃除の時期ですね。バケツに乳酸液を混ぜて使うというのもなかなか良い方法です。
キッチン・バス・トイレ・洗面所などのパイプクリーナー替わりにも使っており、合併浄化槽にも良い影響を与えています。


 


★飯縄寺こぼれ話(2)フライングドラゴン

飛龍
         荒れ狂う海上に翼のある龍の彫刻

飯縄寺では撮影禁止ですが、これはまだ飯縄寺がJRと組んでいなかった頃、まださほど有名ではなかった頃の画像で、当時は撮影禁止ではありませんでした。

ご覧のように龍の背中に翼があります。
わたしは勝手に flying dragon フライングドラゴンと名付けています。
東洋では翼のある神獣は大変珍しい部類に属します。

中東から欧米ではペガサスのように翼のある馬や翼のあるスフインクスもあります。
ドラゴンとは翼のある恐竜だと考えた方がよく、龍とドラゴンは本来は別物です。
羽がない馬をペガサスと言わないように、羽のないドラゴンはいません。
ピーター ポール & マリーの “Puff,the magic dragon” のパフなんか首から小さな翼が生えていました。
   英国ウェールズの国旗≪火を噴く赤いドラゴン≫  画像元
       赤い龍

東洋の龍は一般に翼を持ちません。
風雲急を告げた時に運気に乗じて舞い上がります。
TVの『日本昔話』のタイトルバックや宮崎駿の『千と千尋の神隠し』でハクが操っていた龍は空を飛びますが翼がありません。
翼がなくとも空を飛ぶから神獣だと言っても良いでしょう。

三保の松原の天女や宇治平等院の天女も翼がなくとも空を飛びます。
もっとも長いスカーフがあればこその話ですが…。

孫悟空は筋斗雲に乗り、かぐや姫が月に帰る時、乗った牛車は雲に乗っていました。
ついでに言えば阿弥陀様も雲に乗って臨終の場に現れますね。
東洋では神聖で不可思議な存在は翼を持たないで空中を浮揚します。

飯縄寺の彫刻は波を彫らせたら当代随一、“波の伊八”こと、武志伊八郎信由(タケシ イハチロウ ノブヨシ)の作品で、宝暦元年(1751年)生まれ、没年は文政7年(1824年)。
その活躍時期は江戸後期、文化文政の町民文化の時代と重なります。

伊八の翼を持つ龍は彼のオリジナルなのでしょうか。
この時代、すでに西洋絵画、油絵、遠近法は知られていました。
伊八が西欧の翼のあるドラゴンを見知っていたかどうか、証拠は全くありませんが、知っていて翼のある龍を彫ったとするとおもしろいですね。夢が広がります。

一方、夢もへったくりもありませんが実は中国・日本にも翼のある龍の伝説はあります。
下記画像は日光東照宮御水舎【重文】の唐破風の下にある『飛龍』の彫刻です。
      応龍   画像元    

飛龍ですからフライングドラゴンですね。
正しい名前は「応龍」といい、龍の一族の中でも高等部類に属しますが、翼のある龍は日本ではほとんど知られていません。
何となくコッケイな姿で、伊八の彫刻のような威厳がありません。
胴体は魚で尾ひれがあり、水鳥のような翼を持ち、脚も鳥脚のようで、頭だけが龍。
伊八が応龍を念頭に飯縄寺のフライングドラゴンを彫ったとはとうてい思えません。

するとやっぱり、西欧のドラゴンが発想の起点だったと思う方が自然のような気がします。
麒麟(キリン)も本来は翼を持ちませんが、東京日本橋の中央欄干にある“翼のある麒麟”は東野圭吾の推理小説で有名になりました。渡辺長男 ワタナベオサオ 明治44年製作
伊八の”翼のある龍”と渡辺氏の”翼のある麒麟”はどちらもリアルで迫力があり、どちらも素晴らしい作品です。


 

★西高東低、野菜干し日和

干し野菜1
            無農薬ミカンの皮とダイコン

台風並みの強烈な低気圧で日本全国あちこちで雪の便り、豪雪となっています。
北海道など一寸先も見えないホワイトアウト。九州桜島も冠雪。
関東地方だけ晴れ渡っているのが申し訳ような気がします。
特に今日の房総半島は風も収まり、穏やかな日差しですが、乾燥注意報が出ています。
こんな日は野菜を干すのに絶好の日和です。

画像は里山仲間から頂いたミカンと大根。
仲間はみな、農薬など使いませんから安心安全で、見てくれはたとえ悪くとも食べてみればわかります。おいしいので感謝しています。
無農薬野菜は柔らかくて甘く、保存性も高いという特徴があります。
それを日干しにすると一層甘みも栄養価も高くなるのを発見した昔の人は偉いですね。

こちらの画像は切り干し大根と乾燥ブナシメジ作成中のネット。
        干し野菜2

ネットの中身がよく映っていないがしょうがない。
ブナシメジは市販品だけど、干して乾燥させると保存性が高くなるだけでなく、おいしさも栄養価も増すので、時々天日干しにしています。


 

★冬至が近いのでユズ湯の季節です。

ユズ

    
柚子を入れたお風呂、ユズ湯の効能は確かにあります。
しかし効能があるからユズのお風呂に入るのではなく、冬至という日がポイントなっているのは、ユズが黄色く丸く、太陽を思わせるからでしょう。
冬は日差しが弱く、太陽高度は低く、日暮れは早く、朝日は遅い―――太陽が元気をなくしてしまっている。
太陽に元気回復してもらわねば身が持たないし、来年の作物もアヤシイ。このまま太陽が死んでしまわないように冬至の日には太陽の元気回復祈願を行ったものです。
お風呂にユズをたくさん入れて、太陽エネルギーをわが身に取り込む儀式がユズ湯の起源でしょう。

いすみ市みたいにだれも取らない柚子がたくさん実っているならともかく、都会では柚子はお金と交換ですから、たくさん入れるなどという贅沢なことはできませんね。
たった一つの柚子でも切って袋に入れて使えば、柚子の香りはするし、温まり肌がスベスベになるユズ湯になります。

ところで、冬至前なのにもう日没時刻は伸びているのをご存知ですが。
日暮れが一番早いのは冬至ではなく、千葉県の場合、12月2日~9日までの16:26で、
冬至の16:30よりも4分早く日没になっていました。
つまり冬至の日から日没が遅くなるわけではなく、本日(12/17)は16:28で、もうすでに2分ほど夕方の太陽は力を増し、元気を回復しつつあると言って良いでしょう。

朝日はどうでしょうか。
実は日が昇るのが一番遅い日は冬至ではありません。
冬至を過ぎてもまだ日昇時刻は遅くなり続けます。
冬至(12月22日)の日昇時刻は6:45ですが、12月31日~1月19日にかけてが一番遅くて6:49。
冬至を過ぎてもまだ日が昇る力は弱く、元気が回復していません。

では冬至が一番昼が短く、夜が長い日というのはどうなっているのでしょうか。
それは本当で確かに正しいのです。
太陽の南中時の高度が1年で1番低く、日時計の影が一番長くなる日が冬至で、
日の出までの時間と日没からの時間を足すと14時間9分。
本日(12/17)は14時間4分ですから、冬至の日が5分ほど夜が長い。
冬至を過ぎれば昼の時間は日ごとに長くなるのは確かにその通りですからご心配なく。

ただし、繰り返しになりますが、夕方の日差しはすでに伸び始めており、朝日の方はまだ遅くなり続け、早く昇るようになるのは1月下旬からになります。
なぜそうなるのか、それは地球が23.5°傾いているからであり、朝晩でほんのわずか公転軌道上を地球が前進するからなのですが、それを理解できるように説明するのは困難。
地球が傾いているからだ、で無理やり納得してもらいましょう。


 

★生ごみ堆肥は発熱中

生ごみ
          現在、55℃を計測している

生ごみは堆肥として上手に発酵分解させると、発熱します。
計測時は55℃でしたが、最高は70℃近くにもなり、生ごみの原型は崩れてなくなります。
何有荘式堆肥箱のフタをとってかき回すとモワモワと水蒸気が立ち上り、鰹節の出汁汁のようなおいしそうな匂いが立ち込めるのが素敵です。

生ごみ堆肥だなんて、汚らしくて嫌なにおいが立ち込めている--それは大型バケツを伏せたような”コンポスト”だとありがちなことですが、何有荘式ではそんなことはありません。
60℃を越せば雑菌や不快害虫は死滅しますし、腐敗ではなく発酵ですから腐敗臭はしません。
発酵熱で水分は蒸発するので、見た感じは普通の土のようで不快感はありません。

もっとも、いつも好調というわけではなく、油断するとコウカアブが卵を産み付け、ウジが発生することもあります。
そんな時は、砂糖と天ぷら廃油を加えてかき回せば、堆肥箱の中は全体的に70℃になりますから、正常に回復します。

複数種類のバクテリア類が発酵分解をしているので、何有荘では、それらをバクちゃんとよんでいます。
バクちゃんは子どもと同じで甘いものと脂っこいものが大好きなので、好物を与えると爆発的に増えて高熱を発するのです。
天ぷら廃油をゴミで出すだなんて、そんなもったいないことはしたことがありません。
天ぷら廃油は立派な有機肥料になります。

リンゴ箱程度の発泡スチロール箱に腐葉土と米糠を入れた物を基材として生ごみ堆肥を作っています。
かき回す時にスコップで発泡スチロールを破損しないように、内側を鉢底メッシュで保護してあり、もう数年たちますがまだまだ使えます。

台所から出る生ごみは生ごみたい肥に生まれ変わり、行政に出すごみの量は激減しました。