★大原漁港の人間魚雷“回天”基地跡(2)

小浜基地

        旧大原町『大原町史』(2003)より引用。彩色は何有荘

この地図によると、回天の格納庫は3本ほど八幡岬の崖下にありますが、現在確認できるのは中央の1本だけです。
この開口部から中へ入れますが、ちょっとその勇気がありません。周辺はゴミが散乱し、ゴミを捨てるなの看板が立っています。
他の2本の開口部はがけ崩れで埋まってしまったものでしょう。

3本の格納庫からレールが敷かれ、合流して1本になり、桟橋で待機していたキャッチャーボートに抱かれて出撃となります。

付属施設として居住区のほかに、糧食庫、燃料庫、兵器庫、電信室、冷却水槽、操舵機調整場、修理場があり、発電室、浴室は建設予定となっています。

この基地を作るために一部の民間家屋が強制撤去され、一部が接収されたことが地図からわかります。
基地建設という軍事行動に対して、当時の民間人は口を挟む余地はありません。この家は撤去する、この家を接収すると通告され、あっという間にそうなってしまっただろうと想像されます。

一帯は立ち入り禁止で、そこで何が行われているのか地元の人もわかりませんし、聞き出そうとすることは防諜法にひっかかり、スパイとして摘発されかねません。
当時の国民に知る権利などありませんでした。
最近、また秘密何とか法ができて、いやな時代に逆戻りしそうな状況ですね。

この基地の設計図を描いた人物、あるいは部局がどこだかわかりませんが、この大原の回天基地は防諜上、重大な欠陥がありました。
人間魚雷の出撃出入り口が漁港にあるのですから、その訓練内容はいやでも漁民の目に触れてしまいます。
めずらしいものを見たり聞いたりしたら話したくなるのは人間の常ですから、基地司令官は漁民を追い払い、訓練を実施するのに相当苦労したという話が伝わっています。

その点で、大原漁港に基地を設けると決定した人物はオロカであったと今なら言えるわけですが、当時はどうやって米軍の上陸を防ぐかと必死だったし、緊急の課題であったために、大原漁港は不適切だと思った人がいたとしても、そんなことを言う人はいなかったのでしょう。
上官の言うことに何一つさからえない時代でした。

自由に自分の考えを述べること、見たり聞いたりしたことを自由に話せることは戦争に負けて初めて日本人が手にした権利でした。

米軍は東京を空襲する際に、太東埼や大原の八幡崎を空路の目印にしていましたから、日本軍がそこで何やらたくらんで工事をしていることをキャッチしていました。
大原の町のすべてを破壊し焼きつくすような大規模な爆弾投下はありませんでしたが、グラマンなどによる偵察とその機銃掃射での死傷者や、余った爆弾を投下して帰艦する米軍機はありました。
大原公園や発坂峠には高射砲や機銃座が設置されて応戦しましたが、どれくらいの効果があったのか。少なくとも京浜工業地帯への爆撃を阻止するほどの能力はなかったわけです。

1億玉砕、天皇陛下を守るためにすべての国民が死を決意し、死と隣り合わせだった暮らしは1945年8月15日に突然終わりました。
大原の回天基地は閉鎖され、捨てられ忘れ去られました。
その出入り口には『ゴミを捨てないでください』という看板が建てられています。
今は平和な暮らしが続いていますが、そんな時代があったことは忘れてはならないことでしょう。


 
 
スポンサーサイト

★黄金千貫、ゆず風味

小金千貫
     白い皮のサツマイモ、コガネセンガンの柚子風味甘煮です

サツマイモといったら紅東(ベニアズマ)や鳴門金時(ナルトキントキ)がこの辺でもメジャーですが、ここ数年はスーパーでは安納芋(アンノウイモ)や紫芋も目立つようになりました。
ところが黄金千貫はほとんど市販されていません。
この黄金千貫は里山仲間が栽培し、おすそ分けで頂きました。

皮が白いけれど、切ってみると中は薄黄色。
ちょっとどうかな、と見た目で判断するのは間違いでした。
甘味はさほど強くはありませんが、コクがあり、食感もすばらしい。

黄金千貫ってどこかで聞いたことがあるなと思ったら、生協で買った「芋けんぴ」の袋に黄金千貫使用と銘打ってありました。
知る人ぞ知るサツマイモらしく、黄金を千貫積んでも食べる価値がある――という意味で命名された品種だそうです。

さて表題の作り方ですが、サツマイモ甘煮とほぼ同じです。
  1.皮をむいて適当に切り、水にさらします。
  2.適量の砂糖と少々の塩を加えて軟らかく煮ます。
  3.柚子の絞り汁を加え、盛り付けてから柚子の皮の千切りを散らせばできあがり。

柚子を使ったのだから当然ですが、サッパリ・スッキリした味になります。
普通のサツマイモの甘煮より食べやすく、食べる量もはかどります。
普通のサツマイモの甘煮よりも手が込んだ上品な味がするので、里山仲間にお出しした時は好評でした。

サツマイモは本来、焼き芋が一番シンプルで一番おいしいと思っています。
砂糖を加えるなどという人工的な操作も不要です。
だけど、焼き芋に柚子汁を振りかけるのは、それもありかなと思います。

別に黄金千貫に限らずどの種類のサツマイモでも、煮物でも焼き芋でも柚子は使える、と思った一品でした。



 

★レモングラス、越冬準備

レモングラス1レモングラス2
         上部を刈り取る                トロ箱+苗キャップ

房総半島は暖かいから暖地系ハーブであるレモングラスだって越冬できる――と思ったのが間違いで、放置しておいたら枯れてしまったという経験は10年前のこと。

レモングラスはまるでススキのようにこんもりと繁り、
知らなければ、なぜ大きな雑草を庭で育てているのかと怪しまれます。
そのレモングラスを株元でバッサリ切り、稲の切り株のような状態にします(画像左)

通常はここで掘り上げて鉢に移し、暖かく明るい室内で翌年の5月まで保管するのですが
面倒なので、地植えのまま越冬させます。
丸い穴を空けたトロ箱(発泡スチロール箱)をかぶせ、苗キャップをかぶせれば出来上がり。(画像右)
あちこち針金を差し込んで、トロ箱や苗キャップが強風で飛んで行かないように固定するのは言うまでもありません。

伊豆や房総の海岸地帯でアロエをよく見かけます。
海岸地帯ならば何もせずに越冬できますが、少し内陸に入るとアロエは寒さに耐えられず枯れてしまいます。
アロエが越冬できる地域ならば、大株のレモングラスはそのまま越冬できるのじゃないかと思っています。
霜が降りる地域での越冬は人の手を借りないと難しいでしょう。

外気温が10℃になり寒くなりました。
明け方、5℃になると、地表は0℃に近くなって霜がおります。
何有荘での初霜は12月になってからでしょう。
一度や二度、霜に当たっても根は枯れていませんが、早めに冬支度とあいなりました。

「トロ箱+苗キャップ」方式で今まで枯れ死はありません。
暖冬の年は苗キャップの中で新鮮な葉が伸びてきます。
何度も雪が降る厳冬の年は多少根痛みしますが、大丈夫です。
地植えのままですから株は年々大きくなり、根張りが良くなり、越冬にも強くなってきているように思います。



 

★イチジクのワイン煮 圧力鍋で 

 ワイン煮
   思いのほか水分が出てくる。

地元の産直店で加工用イチジクが1袋350円で売っていました。
加工用イチジクなんて都会では売っていませんから、ずっと都会暮らしならばワイン煮を作ろうなんて考えもしなかったろうと思います。

作り方は超簡単。

  1.軸を切り詰めてさっと水洗い。圧力鍋に並べる。
  2.砂糖を重量比1/3ぐらい、ロゼワイン100ccぐらい振りかけ水分が出るのを待つ。
  3.圧力鍋が沸騰したらすぐ火を落とし自然冷却。
  4.イチジクの上下を返して再び沸騰させ、火を落として自然冷却で完成。

圧力鍋でジャムやコンポートを作ろうとすると“アクを丁寧に取る”と言う作業ができません。
しかしアクは鍋の側面にこびりついてしまい、本体に悪影響はありません。
つまり圧力鍋ならばアク取作業は不要。

赤ワインでも白ワインでも、日本酒でもOKです。飲み残しのロゼを使ったまでのこと。
ワイン煮だからと言ってドバドバとワインを大量に使用すると後悔します。
ほんのりとワインの味がする程度が上品だと思います。

いすみ市はすぐれたイチジクの産地でもあり、何有荘のイチジクはカミキリムシでアウトになってしまいましたが、イチジクで困ることはありません。
加工用とはいえ立派なイチジクです。
また、生食用のイチジクでもジャムやコンポートにしておけば保存がききます。
来月にお客さんが来ますから、自慢げにお出しすることにしましょう。


 
 

★おだやかな午後はサフランティーで

サフランティー
    透き通った黄金色のティーは画像では伝えられない

西高東低の冬型気圧配置で、房総半島は今日も晴れ。
湿度30%台など、乾燥が続くのが困ります。

毎朝の外気温は10℃前後で、東京より寒い。
でも晴れているとお日様の力はありがたいもので、起床時の室温は22~23℃。
昼間は25℃になるので、まるで夏日。窓は開け放っています。

というのも昼間、屋根で受けた太陽熱を床下のコンクリに蓄熱し、夜間に自然放熱で室内が暖まっているから。ソーラー暖房システムはすぐれものです。
本格的な冬になり、連日のように曇天・雨が続くと暖房を入れなくてはなりませんが、そんな日はあまり多くはないので、暖房費を気にしないで暮らせます。

風がない日は 日当たりの良い庭にソーラークッカーを出しましょう。
近くのスーパーの無料のアルカリイオン水を沸かしてお湯にしておきます。
1リットルの水が30分で湧きますから、4リットルも用意すれば昼食・夕食に助かります。

ワンカップあたり、庭のサフランから採集した赤いメシベを6本前後。
熱湯を注いで10分。
蜂蜜を入れて飲むなどと書いてあるサイトが多いのですが、いつもストレートです。

先日、東京で会った知人から頂いた、絶品の手作りマドレーヌを茶菓子にし
柔らかな日差しの中でバロック音楽なんか聴きながら、一杯のサフランティーを飲む。
窓の外は大正堰の水面がキラキラと輝き、静かに水鳥が泳いでおり、
濡れ縁ではノラ猫がまるで自分ちであるかのようにのびのびと寝ています。

こんな穏やかな日々が来るとは思ってもいませんでした。
忙中閑有り――と言えばカッコイイのですが、なにせいつもヒマですから、そんなに褒められた話ではありませんね。


 

★大正堰のカンムリカイツブリ

カンムリカイツブリ
       冬羽だから全身白っぽく見える。

よく見ると頭頂部だけが黒い。カンムリと名前が付く由来です。
わたしが図鑑で知っていたカンムリカイツブリは 全身の色合いも冠ももっとハデ。
だから大正堰で泳いでいる水鳥の名がわかりませんでした。

ここ数日、知らない白い水鳥が2羽来て 時々水に潜ってエサをあさっています。
コンパクトデジカメを目いっぱい望遠にして撮影したのが上の画像です。
これを手元の図鑑で調べ、カンムリカイツブリの冬型と見当をつけ、
カンムリカイツブリで画像検索をかけて確定しました。
ネット時代は便利になりました。

カイツブリのカイは櫂。つまりオールのこと。掻い潜るのカイと考えても良いでしょう。
ツブリは頭という説もありますが、モグリ・潜ることの意味が良いようです。
つまり、オールのような特殊な脚を持ち、もぐるのが得意な鳥の意味。

そのカイツブリは色が黒く、カモより小型で、毎日のように大正堰に来ますが、
カンムリ――が来たのは初めてです。
カイツブリより大きく、大型のカモよりは小さく、細長い白い首が目立ちます。

200~300羽いるカモ類は水上でグルグル動き回り、首を突っ込んでエサを探します。
カンムリ--はカイツブリ同様、チャポンと潜水してエサを探しますから、次にどこに浮かんでくるかわかりません。
30秒前後もぐって、とんでもない所で浮上します。

千葉県では一般保護生物(D)。環境省の準絶滅危惧相当。
同じ千葉県でも東京に近い千葉市近辺は高層建築が立ち並んでいます。
いすみ市はというと 空き地だらけでのどかな農業地帯。
その農業用ため池にカンムリカイツブリが冬の渡り鳥として到来しました。
空き地やため池があるからこそ、自然が回復しつつあると言えるでしょう。

今朝の新聞に、クロマグロが絶滅危惧種に指定されたとありました。
マグロは人間が、とりわけ日本人が食べ過ぎて絶滅の危機。
カンムリカイツブリは生息場所を埋め立てられて絶滅の危機。

豊かなことは良いことだという経済成長至上主義を突っ走ってきましたが、今は立ち止まり、考え直す時期になっていると思います。
いすみ市に若い人が自分らしい暮らし方を求めて集まってくるのも、新しい時代になってきているのを感じます。

 

★外房いすみ市から富士山を望む

富士1
    富士山頂がはっきりと望める

何有荘を建てた時、家の窓から富士山が見えた時はビックリしました。
外房から富士が見えるなんて考えもしませんでしたから、何かすごく得した気分がしました。
人間世界はあれこれくだらない話に満ちており、悩むことも怒ることもありますが、富士山を見ていると気が落ち着きます。

ここ数日快晴が続き、夕焼けも見事なので、何も考えずぼんやりと暮れなずむ富士を眺めているのは冬の何有荘の楽しみの一つです。

何有荘からの画像は電線が邪魔しますから、100mほど離れた太東崎灯台の登り曲がり角から撮影した画像です。
灯台まで行くと箱根と丹沢山塊が見えますが、富士山だけが見えません。
灯台からは近くのこんもりした木立が富士山を隠してしまいます。

だから観光客は誰も近くに富士山絶景ポイントがあるとは知りません。
地元の人は見えるのが当たり前ですから、それを自慢げに話す人はいません。

大正堰にまわり、堰の水と水鳥を近景にして撮影してみました。
初冬らしい景色として気に入っています。

      富士2

グーグルで距離を測ってみると 153.35kmとありました。

距離


 

★大原漁港の人間魚雷“回天”基地跡(1)

特攻
   地下に掘られた格納庫はゴミ捨て場と化し、ツワブキの花が咲いていた

江戸時代、長崎出島に英国船が不法侵入し、大砲で脅しながら水薪、食料などを要求する事件が起きました。(1808年:フェートン号事件)。
警備担当の佐賀藩責任者は自決し、もし次があったなら「捨て足軽」を用意することにしました。
火薬を胴に巻き、欺いて乗船して自爆するのが「捨て足軽」の使命です。

人間の命を消耗品扱いする戦術は太平洋戦争末期に復活します。
ゼロ戦による特攻が有名ですが、外房では 鵜原に特攻モーターボート“震洋” が、いすみ市大原では人間魚雷“回天”が配置されました。

さすがに「捨て足軽」などという露骨な名前でなく、“軍神”とほめそやしましたが、命令する側は軍神になる気はないのですよね。命令するだけ。
「志願者は一歩前」と号令をかけ、強制ではなく自主的に特攻に参加する形式を整えました。

登山で一番大切なことは、登頂が無理ならば下山する勇気だと言われます。
戦争では勝利の見込みがない時、いつ降伏するかでしょう。
先の大戦では、ここでやめたらどうなる、戦死したものは犬死ではないかという威勢の良い言葉や、神国日本、神州不滅のスローガンに反対できるわけもなく ズルズルと戦さを続けて多くの命が奪われました。

先週紹介した大原の蛇塚には隣接して墓地があり、8月2日戦死とあると気の毒に思います。
この時点で終戦工作は密かに進んでおり、天皇の地位がどうなるかが不確かだったために戦闘は続いておりました。

ただまっすぐ進むだけの魚雷ならば人間が乗る必要はありません。
複雑な地形でも進路変更しながら敵艦に激突する一人乗り大型魚雷で、潜望鏡を使わず、もちろんレーダーなどありません。
手元のジャイロコンパスだけを頼りに、どのくらい前進したから左に30°進路を変え…などと目隠し状態でつっこむわけです。
片道燃料で、1.5tの爆弾を積んで。
進路がそれ、攻撃に失敗しても脱出装置はありません。文字通り生きた棺桶でした。

下の画像のように大型魚雷そのもので、その隙間に人間が一人入って多少の操縦ができるように改造されました。潜望鏡を使うと敵艦に発見されやすくなるので、発進直後しか使えません。
最初は潜水艦に抱きかかえられて発進しましたが、後に水上艦を母艦とするようになり、大原漁港にあった基地は後者のタイプです。
いざとなれば、基地から直接発進ができるようでした。

もはや太平洋上は制海権を失い、米軍の房総半島上陸にそなえる水際作戦です。
基地が完成したのは終戦間際の1945年7月。26日付け発令、28日着の要員は73名。

回天基地は大原漁港のはずれ、小浜の八幡岬に建設されました。
奇しくもこの八幡岬は、幕末の黒船到来に備えて 大多喜藩の海防砲台が築かれた場所です。
幕末の尊王攘夷の狂信的排外主義は、昭和になって狂信的な愛国主義として復活しました。

尊王攘夷運動から昭和の戦争までの戦死者を“神”として祀るのが靖国神社ですから、2013年の安倍首相の靖国参拝に対して米国が“失望した”と強く警告したのも当然です。

集団的自衛権の名の下に軍事行動を起こし、戦死者が出たらどうするのか。靖国神社に“神”として祀ることを予定した靖国参拝なのでしょう。

――梅雨空に「九条守れ」の女性デモ――埼玉県のある公民館の広報誌に掲載予定のこの投稿俳句は、突然掲載拒否となりました。
そういう時代になってしまった今、死ぬための訓練を重ねていた若者たちがいた戦争遺跡をたずねることは意味があることでしょう。

回天
     広島県呉市にある”回天”の実物。  画像元→●
                                            (来週11.21につづく)

 

★キクイモのスライス保存

キクイモ1キクイモ2
   乾燥して干からびても、味噌汁に入れればご覧のとおり復活する

キクイモをスライスにして乾燥させました。
毎年キクイモを作っており、食べきれないので地中保存してきましたが、保存したまま翌年に芽が出てきてしまうことが度々ありました。
それで今年は一部をスライス保存にしてみたのです。

地元ではスライス保存が袋入りで販売されており、なるほど便利です。
使いたい時にすぐ使えますし、新鮮さでもヒケをとらない気がします。

泥をよく落として皮付きのまま薄くスライスして、天気の良い日に干しました。
1日ですっかり干せたと思っても、もう少し続けたらもっとカラカラになりました。
パキッと折れる程度に乾燥させ、ジップロックで常温保存できますが冷蔵庫保管です。

キクイモの特徴は「天然のインシュリン」といわれる「イヌリン」を豊富に含んでいることにあり、美容や健康面から注目を集めている野菜の1つです。
特に糖尿病の方に人気があり、都会地に住む知人にお分けして喜ばれています。

食べ方は水で戻してサラダや和え物、炒め物や煮物、汁もの、フライや天ぷらなど自由自在な点も人気の秘密でしょう。
スライスなんかと思っていましたが、スライス大いに結構。気楽に使えます。

******

水仙

まっ白なタイプの水仙が庭の枯草の中で咲いています。
早春の花のイメージがある水仙は、房総では12月からが盛りになります。このタイプの水仙は房総でも早咲きと言えるでしょう。
これから季節は冬になり、厳しい季節を迎えます。その厳しい季節に水仙の花はよく似合います。


 

★イチジク伐採

カミキリムシ
    カミキリムシで穴だらけ

何有荘を建ててもう12年になります。
建物だけで庭には何もありません。そんな中で植えた一本の果樹がイチジク。
果樹の育て方など何も知らず、大きくなれば良いと思っていました。
大きくなってたくさんを実を付けるようになり、毎日収穫でうれしかった。

ところが数年前のある日、キボシカミキリが取りついているのを発見しました。
一匹位と思ったのが間違いで、しだいに木の幹が食い荒らされるようになりました。
勢いの良い中ぐらいの太さの幹が集中的にねらわれました。

だいぶひどい状態になり、倒れてお隣様に迷惑がかかるのは嫌ですから思い切って切り倒しました。
そしたら画像のようにひどい状態でした。もうスカスカです。
すごいもんですね。這い出してきたキボシカミキリは20~30匹はいました。

かわいそうですが皆殺しにしました。
ペットボトルに水を入れておしこめれば溺れて死にます。
殺虫剤など不要です。
死んだのを確かめて堆肥置き場に直行です。

教訓として一匹でもいたら確実に退治しないといけませんね。