★信長の孫であり家康の孫である熊姫(ユウヒメ)

東長寺
   今は無住の寺となった大多喜の東長寺に熊姫の木牌がある

織田・徳川攻守同盟は東の武田・北条・今川の三国同盟に対抗するものですが、互いに利用できる範囲で利用し合い、基本は相互不信に満ちていました。
家康の長男・信康の妻は信長の娘・五徳姫で、姫は人質であると同時に織田のスパイでもありました。

織田徳川の軋轢(アツレキ)として典型的な事件が、五徳姫の信長への手紙から始まります。
1579年、信長は家康の長男・信康(22歳)の切腹を命じました。
信康がその母・築山殿と共謀して武田と内通を図った疑いであり、家康は信康を切腹させ、妻の築山殿を暗殺して信長へ従属的忠誠を誓います。
信長は家康を疑っており、優秀な武将であった長男信康を除くことで徳川の戦力を抑圧する狙いもあったことでしょう。
家康が内心で深く信長を恨んだとしても、力関係上、どうすることもできませんでした。

信康の妻・五徳姫は信長の娘ですから、信康・五徳姫の間にできた二人の娘は信長の孫であり、家康の孫になります。
娘の名は登久姫、熊姫。信康切腹当時はそれぞれ4歳、3歳。
五徳姫は実家・信長に引き取られ、二人の娘は家康が引き取りました。

その3年後の1582年、織田・徳川連合軍が武田氏を滅ぼすと、信長は家康を戦勝祝いと称し安土・京都・堺旅行に誘い出します。
ところが信長が本能寺で光秀に暗殺されると、家康は急いで三河に戻り、旧武田領を支配していた織田勢に攻撃を仕掛けてその大半をぶんどってしまいます。
徳川にとって信長が死ねば攻守同盟なんて無意味。動揺し、弱体化した織田領を攻め取るのは、むしろ当然でした。

小田原が滅び、豊臣の天下になると1590年、姉・登久姫(15歳)は秀吉のあっせんで、信濃松本城主小笠原秀政(22才)と結婚します。
同年、14歳の熊姫は徳川家臣、上総大多喜城主本多忠勝の嫡子・忠政(16才)と結婚し、大多喜城に輿入れとなりました。

忠政・熊姫は仲睦まじく、三男二女が生まれます。蛇足ながらその長男忠刻(タダトキ)は後に大阪城を脱出した秀忠の長女・千姫の婿となります。

本多忠勝・忠政父子は1601年に伊勢桑名に転封となりますから、熊姫もそれに伴い、大多喜暮らしは10年間と言うことになります。
血筋だけで言えば、織田浅井の血を引く淀君よりずっと格上ですが、それを誇示することなく謙虚で信心深い女性だったようです。

画像の東長寺は大多喜城の北、800mほどにある曹洞宗のお寺で、熊姫がよく通ったそうですが、現在は住職もおらず、草が伸び放題でした。
寺伝によれば、1514年の建立で、開基は大多喜根古屋城主武田信清、開山は大岩和尚であると言われています。本堂の屋根には武田の紋章である武田菱が輝いていました。

このお寺には熊姫の金襴の袈裟、本多家紋章入り什器、打ち敷きなどが残されており、中でも興味深いのは木牌で、高さ60cm、中央上部に木瓜(ボケ・織田家紋章)が描かれ、 「天下主信長公孫姫君御熊様並御局様小号様」 と記されております。
「霊位」という文言はありませんが、ご位牌として大切にされてきたと思います。

本尊は金箔の釈迦三尊像で、ご住職にお願いしてこれらの品々と仏像を拝観したかったのですが、雨戸がぴしっと閉められ、草はぼうぼう。

大多喜藩10万石だった時代、大多喜から大原までが藩領でしたから、熊姫様もいすみ市をあちこち巡視されたことでしょう。
今は無住寺になったことは残念なことですが、これが時代の流れなのでしょうか。
宝物などは大多喜城の房総博物館が引き取ったそうです。

*****

「熊」の訓読みは「くま」で、音読みは「ユウ」です。
熊野を訓読みすれば「くまの」、音読みすれば「ユゥヤ」。
熊姫は「くまひめ」だったのか「ゆうひめ」だったのか、実ははっきりしていません。


     


 
スポンサーサイト

★ ブラジル原産・シモン芋の収穫

シモンイモ
   外見はサツマイモそっくり。茎葉も食用となる。

南米のカイアポ山地原産なのでカイアポ芋。発見者がその息子の名前をつけてシモン芋。皮も実も白くサツマイモに似ているので白甘藷。――日本ではまだ様々な名前で呼ばれています。

里山の知人から苗5本を分けていただき、昨日収穫しました。
知人によれば、他の野菜に比べ、天然ミネラル・ビタミンA・E・Kが桁違いに多量に含まれており、繊維質が豊富。
血液浄化、腸内老廃物の除去などの効果。糖尿病の血糖値を下げる効果や血液中の中性脂肪を減少させる効果があるといわれる健康芋。
芋の部分だけでなく、葉や茎にも栄養があり、食用になるそうです。

欠点としてはその畑が含んでいる栄養成分をほとんど全部吸収してしまうため、輪作はおろか一度栽培した畑には数年以上にわたって、別の作物の栽培もできなくなってしまうと言われています。
そんな話は聞いていなかった。それは困ったことで、堆肥やら草木灰やらたくさんつぎ込んで地力を回復させることにしましょう。

初めての作物なので、おいしいのかどうか、どうやって食べるかも知りません。
ネット情報が頼りで、それによると味は淡白――つまり、あまり味がしないらしい。
他の果物と一緒にジュースにしたり、煮たり焼いたり蒸したり――調味料で味を調えるらしい。
まぁ何とかして食べてみることにしましょう。
食べてみなくちゃわかりません。



 

★ 秋の野草――ミゾソバ

ミゾソバ
   1円玉程度の大きさだが、よく見るとかわいい (何有荘の近くで)

田んぼや用水脇などの水路=溝(ミゾ)に生えるタデ科の雑草。
小さな花が群がって咲き、その雰囲気が蕎麦(ソバ)に似ているので溝蕎麦(ミゾソバ)。
用水路がU字溝などコンクリ護岸されるにつれ、生息地は激減しています。

金平糖のような形はまだツボミで、開花した姿を現地で探したけれど見つからないので、ネットから拝借しました。 
    img_20071027T074056093.jpg  (画像元はこちら)

群生するので水路を埋め尽くすことが多く、農家からも嫌われています。
水路管理のためにはU字溝の方がずっと便利で楽ですから、行政は農地の近代化政策を進め、不景気の地元の土木業者は仕事が舞い込んでうれしい。

見た目スッキリした田園地帯が広がりますが、それがミゾソバの生息地を奪っています。
そんなこと気にしちゃいられない。雑草だからすぐ回復する―――
そうやって小さな動植物を絶滅に追い込んできたのが、この50年間でした。

休耕田が広がり、ミゾソバも一部で復活を遂げつつあるのも事実です。
でも大部分は、セイタカアワダチソウなど強力な外来植物の天下になりました。
下の画像は リンドウ で、大多喜の薬草園で昨日撮影したものです。

     リンドウ

昔からの日本的な野草は人為的な保護下でないと生きていけないのは、何かおかしい気がしています。





★ 手作り味醂の開封

味醂
   まだ落ち着かず濁っているけれど1リットルちょいの味醂と味醂粕ができました。

もち米、米麹、焼酎だけで味醂ができます。
だから味醂はお酒の仲間で、酒税がかかっており、子どもがお使いで買いに来ても売らないお店もあります。

もっとも最近は科学の進歩だか、味醂風味調味料なる安い商品もあり、何がなんだかわかりません。
スーパーで売っている「本みりん」だって水あめなどの糖類が添加されております。
だから江戸時代からの伝統的な味醂の味は、現在は手作りでこそ味わえます。

世界遺産“和食”の必須の調味料である味醂の作り方は実は簡単で
手作り派入門コース、初心者向けといえます。
一番難しいのが、最後に濾す場面で、ここは市販品にはかないません。
どうしても少々の濁りは残ります。

画像はまだ粕を引き上げただけで、きちんとした濾過を通していない味醂ですから見栄えが悪い。
目の細かい布でこれから濾しますが、それでも濁りは少々残ります。
その濁りは乳酸菌のカスで、ビオフェルミンみたいなものですから目をつぶって気にしないことにしましょう。
そのうち沈殿しますから上澄みを使います。

        味噌
         こちらは先日開封した手作り味噌。

江戸味噌タイプの赤味噌で、市販品より麹が多く塩分が少ない。
まったくカビず、ややタマリが上がっていますが 上出来でツヤツヤしています。
別に作った白味噌も麦味噌も上出来でした。

麹ってすごいですね。味噌に味醂、どぶろくに日本酒…。
寒くなって来ると、また麹の季節が近づいてきたなと思うとワクワクしてきます。



 

★ ピカピカの渋柿を買った

渋柿
      L、LLサイズが15個で200円でした

柿農家さんの生産組合集荷場にお邪魔しました。
ここで柿の選別を行っていますが、あいにく当日は誰もいません。
近くを探してようやく見つけ、柿を下さいと頼んでみました。

話好きの方で、いろいろ教えてもらいました。
柿が甘いか渋いか、全品検査で、強力な光を当てると渋柿は明るく輝くが、甘柿はゴマが邪魔して光を通さない――その実験も見せてもらいました。
こうして渋柿と判定された柿が隅のコンテナに山積みされています。

集荷場の裏では、干物作り用の台の上に干柿がずらりと日の光を浴びて並んでいました。
甘柿は生食用に出荷し、渋柿はこうして干柿にして出荷します。
鮮やかなオレンジ色の柿は完全渋柿で、色がくすんで濃い物はその部分にゴマが入っているからだと教えてもらいました。
なるほど、色の違いはゴマのあるなしだったのか。
大量生産のために温風乾燥機で表面を乾燥させた後、日に当てるのだそうです。

並んだ干柿は光り輝き、とてもオイシソウに見えましたが、まだ半製品なので分けてはもらえませんでした。
それで方針転換、コンテナの渋柿を分けて下さいと頼みました。
その方は出荷担当ではないらしく、ビニール袋いっぱいに詰め込んでから首を傾げ、
100円か200円 と言うじゃありませんか。
すぐさま200円を差し出して画像の柿をゲットしました。

15個の渋柿の内、8個は皮をむいて干柿にします。
7個は焼酎を使って渋抜きをしています。
うまくいったら万々歳ですね。
採らぬ狸の皮算用をしている時が一番楽しい時間です。

それにしても生産地に近い場所で暮らすということは素晴らしいことで、思わぬ価格で商品が手に入ることがあります。
集荷場に連れて行ってくれた知人は、生食用の甘柿で出荷基準に満たないキズモノをひどく安く購入できたことに感激し、今回はわたしを誘ってくれました。

少々傷があろうが汚れていようが、いびつであったり小さかろうが自家消費なら何の問題もありません。
厳しい出荷基準に満たない訳あり商品が格安で手に入るのは産地ならではのことです。
地域の柿農家さんに感謝です。



 

★晴耕雨読・布ぞうり

布ぞうり
    布ぞうりがだいぶできた

昨晩から雨が降り出し、空は厚い雲で降ったりやんだり。気温も上がりません。
こんな日は何もする気になりませんから、積んでおいた本を引っ張り出して読書です。

相方さんは画像の布ぞうりに専念しています。
布ぞうりは主にお世話になった方へのプレゼント用ですが
これなら売れるわよ、と言われてその気になってせっせと作っています。

1日に1足できますが、最初の頃は片方編むのがやっとでした。
しかも左右で長さが違ったり、幅が不均等だったりと苦労したようです。
時々、教えてくださいという方が来て一緒に作っています。
簡単だと思ってくる方が多く、実際に簡単なのですが、手間ひまは結構かかるので
初めての方は1日で半足しかできないと思った方が良いでしょう。

さてNHKの軍師官兵衛ですが、12月には終わらねばならない。今は猛スピードで展開していますので、いくつか補足しておきます。
利休切腹の場面では新しい解釈をしていました。秀吉の唐入り(カライリ・明国侵攻)に反対したからだと。従来説は二人の芸術観の相違などでしたね。
今週19日は官兵衛蟄居、秀次関白就任でした。
来週は秀頼誕生・秀次切腹に進むのでしょうか。
秀次切腹は従来、秀頼誕生で秀次が邪魔・不用になったとか、殺生関白とあだ名されるほど粗暴でおろかな人物であったからとされてきましたが、これも本当は唐入り反対がらみですね。
秀次や官兵衛など戦争反対派が結束してクーデターが起きることを恐れて、関白秀次を自害させたのが真相で、官兵衛も連座して危うかったのですが、その辺をどう描くか、おもしろいといいのですが…。

秀吉の唐入りマスタープランをご紹介します。
朝鮮国王を道案内として明国を征服する。秀次が中国で関白となり、正親町天皇を北京に移し、公家どもも北京に移す。反抗的・好戦的諸大名は朝鮮・明国に領土を与え日本から追い出す。日本列島は豊臣が安定的に支配し、協力的な皇族・公家・中小武家だけの世界とする――意訳するとこんな文章を1591年5月18日に秀吉は秀次に告示しています。
こんな計画は嫌だ・無謀だと思う人は多かったろうし、逆に出世の糸口になると張り切った人も多かったでしょうね。

戦争によって相手を滅ぼしてこそ自らの繁栄があるという時代の話ですから、荒くれどもをどう制御するか、秀吉の苦心のプランだったのかもしれません。

 
 

★今年もサフラン

サフラン
      赤いメシベは3本に見えるが、根元では1本になる

サフランって買うとなんであんなに高いんでしょうね。
自宅で球根から育てて回収すれば安くすみます。
手元にサフランがあれば、パエリアやサフランライス、ブイヤベースだって作る気にもなります。

画像は昨年ホームセンターで球根を購入し、花が終わった後、葉を伸ばし、葉が枯れた4~5月頃に掘り上げておいたものです。
本当は夏になったら浅植えにして育てるのですが、プランター上に放置しておいたら そのまま芽を出し 花咲かせました。
球根のまま、室内に置いておいても芽を出し 花を咲かせる丈夫な球根ですから 育てるのは簡単です。

1つの薄紫色の花に3本の赤いメシベと3本の黄金色のオシベがあります。
その赤いメシベを摘み取って乾燥させたものが市販品のサフラン。
乾燥させるとすごく軽くなるので、昔はサフラン1g=金1gと言われたこともあったそうです。

3本のメシベは根元で1本ですから、1本のメシベが分裂して3本になると考えた方がよいのでしょう。
1つの花に3本もメシベがあるなんて、そんな花があるわけがない。

受粉する機会を増やすために1本のメシベが3分裂したのでしょうか。
ところがサフランは球根で増えるので 受粉するもしないも関係ない。
するとなぜ3本にメシベが分かれたか、やっぱり謎になってしまいます。

チューリップの場合、球根を太らせるために花柄を摘みます。
サフランは脇芽を摘み取って親球を太らせます。
さもないと子球が複数できて親球はしぼんで役目を終えてしまいます。
できた複数の子球は小さいので翌年は花を咲かせないこともあり、がっかりします。
その辺の按配が少し面倒と言えば面倒ですね。

けっきょく、メシベを摘むこと、球根をそだてることなど機械化できず 人力で手間暇がかかるので サフランは高価なのかなと思っています。
サフランの花はかわいいし、育てるのは簡単で、サフランライスが楽しみですから、機会があったら育ててみることをお勧めします。


 
 

★トルコ土産のザクロ茶

ザクロ茶2 ザクロ茶3

知人がトルコ旅行に行き、そのお土産としてザクロ茶をいただきました。
ザクロがお茶になるのかとビックリしました。
画像のように粉末で、一昔前のインスタント飲み物のような感じで、お湯または水で溶かすと鮮やかな赤い色になります。
飲んだ感じとしては穏やかな甘酸っぱさで、確かにザクロの味がいたします。
ザクロの原産地はイランだとかトルコだとか言われ、彼の地では普通の飲み物なのでしょうか。

原材料が何なのか表記はありませんでした。
そこでネットで調べたら韓国にもザクロ茶があるのですね。初めて知りました。
韓国製品の場合、ザクロの濃縮粉末の他にいろいろ混ざっています。
たぶん、トルコ製も同じく添加物たっぷりでしょう。

さて、ザクロと言えば 「おそれ入谷の鬼子母神」 。
鬼子母神は元々はインドの神様で、子どものころ読んだ話では、

――鬼子母神は人間の子どもの肉が大好物で、子どもをさらっては食らう鬼女だった。お釈迦様が鬼女を救うために鬼女の末子を隠すと、慌てふためき泣き叫び地の果てまで末子を探しに行くが見つからない。
お釈迦様が現れ、子だくさんのお前のたった一人の子でさえいなくなればお前は大騒ぎをする。お前の行いによってどれほど多くの母親が嘆き悲しんだか思い知るが良い。これからは人の子を食べたくなったらザクロを食べよ。ザクロは人の味がするからと諭した。
鬼女はお釈迦様の教えに従い心を改め、以後、母子の守り神になった―――

この話はわたしたちの年代の人には良く知られており、ザクロって人肉の味がするのか?と訊かれることがあります。
人肉の味を知らないので、「サー、どうだか」 としか答えようがありません。

原話はインドにあったようで、仏教を中国語に訳す際に、鬼女が食した果実を「吉祥果」と訳したものの、その果実がどんなものなのか誰も知らない。
鬼子母神を絵画や彫刻にする際、当時の中国では非常に珍しい西域の果実、ザクロをモデルに吉祥果として描いた。
そこから吉祥果=ザクロとなり、鬼子母神が食したのはザクロとなり、人肉の味がするという尾ひれまでついたらしい。

原話では一口食べれば邪悪な心が清純な心に矯正される不思議な 「吉祥果」 であり、想像上の果実であったものが、なまじザクロがモデルとなったために、ザクロを食べて我慢しろみたいな話に 「進化」 してしまいました。
イランやトルコの人がこの話を聞いたらびっくりするでしょうね。

ザクロには女性ホルモンを活発にし、美容健康に効果があると昔から信じられてきたようです。
母子の守護神である鬼子母神とザクロが結びついたのは、このような実際的な効能がザクロにあったからかもしれません。


 
 

★頼朝伝説、弓取川

弓取り橋
     小さな橋に「ゆみとりばし」の表札があります

いすみ市岬町長者から夷隅町・大多喜町に通じる古い街道があります。
現在の県道154号、中根小学校近くに流れる小川は弓取川。そこにかかる橋は弓取橋です。
車で通れば川も橋も気付かずに通り過ぎてしまうほどのあっけなさですが、往時は川幅もあり水量は豊かであったと思われます。

1948年に太宰治が入水自殺した玉川上水は、今行けばこんな場所で入水自殺できるわけがないと思われるささやかな流れですから、弓取川が今はささやかな農業用水のようにしか見えないとしても 昔は大河のように思われたと想像力を働かせることが大事です。

治承4年(1180年)8月、平家打倒の旗揚げをした源頼朝は伊豆の石橋山の戦いで一敗地にまみれ、命からがら小舟で房総半島に逃れて再起をはかります。
その時に頼りにしたのが房総半島の実力者、上総権介平広常でしたが、『吾妻鏡』によれば広常は色よい返事をしなかったそうです。

そりゃそうです。指名手配中の敗残の将の首を取れば大手柄です。負け犬に加担して一族の未来を棒に振るほど頼朝に恩があるわけではありません。
けっきょく 頼朝は外房の広常館に立ち寄ることなく下総に向かい、千葉介常胤の一族郎党300騎に迎えられて息を吹き返します。

したがって広常勢力下にある危険な夷隅郡を頼朝一行が堂々と通過したとは考えられませんが、この地には数々の頼朝伝説が残されており、この弓取川もその一つです。

安房の国に上陸した頼朝には北条義時や和田義盛など有力武将がつき従っていました。
彼らと共に 道々兵を募りながら長者・江場土方面に行進している時のことです。
折からの雨で前途の川の水は増水しておりました。川を渡る適当な場所はないかと偵察している際に部下がうっかり弓を引っかけて落とし、川に流してしまいました。
それを見た頼朝は間髪を入れずに川に馬で乗り入れて弓を追い、弓を拾い上げると高々と掲げ、

   「見よ!! 流された弓は見事に我らが手にした。我らが戦(イクサ)もかくあらん。
    最後に勝つのは我らだ」 と大音声で叫びました。

さらに頼朝は対岸に渡ってこちらを振り向くと、馬上で弓を大きく振り回すという勝利の儀式を演じました。
つき従った部下たちから盛大な拍手と声援が送られたのは言うまでもありません。
弓を流した部下に、「弓には神霊が宿る。ゆめゆめ おろそかにすることなかれ」と言いながら弓を返しました。

以後、この川は「弓取川」と名付けられ、この川を渡ることは出世の前兆、縁起の良いことだと村人に伝えられました。

この川に流れてきた弓、あるいは流された弓を拾い上げた武将が実際にいたのかもしれません。
その弓を拾い上げたのが頼朝であるという事実は確認できませんが、頼朝だったら絵になりますし、話もおもしろくなります。

京の都の番犬と卑しめられた武士階級でしたが、頼朝によって武士の時代という新しい時代が切り開かれました。
その新しい時代の幕開けの苦しい時に頼朝を支えてきたのが房総の武士団であるという自負がこの地に数々の頼朝伝説を残すことになったのでしょう。


★秋の野草―――ゲンノショウコ

ゲンノショウコ
     1cmほどの小さな花。イヌフグリに負けず劣らず美しい。

古くからの民間薬で下痢止めにはたちどころに効く、と言う意味で 「現の証拠」 と言います。
もっとも今はこの植物を摘んで薬にしている人はいないでしょうが、今でも愛好者はいるらしく、民間薬として市販されています。
下痢にも便秘にも効き、少量でも多量でも大丈夫だそうです。

画像ではよくわかりませんが、特徴ある葉で、若葉の時はトリカブトの葉ともよく似ています。
トリカブトはニリンソウの葉とよく似ていることが知られており、早春の山菜採りで誤食する被害が毎年出ています。
ゲンノショウコの葉もよく似ているのに被害の報告がないのは、山菜と違って食用にはせず、薬用ですから採集者が圧倒的に少ないからでしょう。

イヌノフグリほど鮮やかな色合いではなく、むしろ地味な白花ですが、紫色のオシベの葯(ヤク)が印象的で上品な感じがします。
いすみ市には探せばあちらこちらに咲いています。
何有荘にも一株、どこから紛れ込んだのか咲いていました。
路傍に咲いているゲンノショウコは、車で通過したのではまず気づきません。
散歩に適した季節になりましたから、家の周りでもちょっと散歩すれば発見できることでしょう。

*****

防災情報に関連して、市の防災メールサービスを利用するのが便利だと読者からご教示いただきました。ありがとうございます。
防災メールは地震の時は本当に便利です。
しかし台風の時に避難準備情報が出ても、それが洪水なのか高潮なのか、浸水か土砂崩れか、はたまた突風や竜巻で避難が必要なのかの詳細はありません。

いすみ市の避難情報は行政が避難所を開設したということに等しく、自分の家が安全か危険かは自分で早めに判断せねばなりません。
危険を察知する原始的な能力が必要です。
情報源として「ナウキャスト」は降雨情報・降雨予報・積算降雨量が分かって便利です。
「水位情報/夷隅川」はリアルタイムで川の水位を把握でき、参考にしています。