★上総広常、お手植えの大銀杏(イチョウ)

龍泉寺
   瀧泉寺(大原1987)は国道沿いにあり、二本の巨大な銀杏が目を引く

1000年以上の歴史を持つ大原の古刹で、大原の船主など大金持ちが檀家だと聞いています。
大原の親神さま・鹿島神社の別当寺として、神仏混淆時代から権威あるお寺でした。
国道128号を大原から御宿に向かう途中、貝須賀信号のすぐ先あります。
駐車場もすごく広い。
別名を“貝須賀銀杏寺”といい、大銀杏がシンボルとなっているお寺です。
入り口近くに石碑があり、“銀杏樹由来”と刻まれていました。

――当寺は嘉祥年間布施郷名熊に開基。天台宗に属す。平広常その地に築城のみぎり、鬼門除けとして当地に移し建立。貝須賀山普門院瀧泉寺と命名し、広常自ら門前に銀杏樹の植樹をしたと伝えられる。現今、亭々(テイテイ)として天にそびえる老木、すなわちこれなり―――

1180年、打倒平家の兵を挙げたがあえなく敗残の将となった源頼朝を関東最大の軍事力で支えたのが平広常。通称・上総広常(カズサ ヒロツネ)。
上総地域を地盤としていたから上総広常で、朝廷から与えられた職名から上総権介(カズサゴンノスケ)、省略して上総介(カズサノスケ)とも呼ばれます。
事実上、上総国の国主、最高権力者でした。

頼朝に対する謀反の疑いで暗殺されたのが1183年。その領地は没収されました。
その後まもなく無実と判明しましたが、領地が子孫に返還されることはありませんでした。
最初から仕組まれた暗殺劇だったと思います。

地元の武士団から信頼と尊敬を集めていたと思われるのは、広常関連の伝説が各地に残ることで推測されます。
地元としてはその非業の死を悼み、広常を顕彰する意味合いがあるのでしょう。
画像・瀧泉寺のお手植えの大銀杏もその一つです。

さて、水を差すようですがいくつか蛇足。
まず寺名です。正式には瀧泉寺ですから、略すとなると滝泉寺のはずなのに地元では龍泉寺となっているのは不適当。
「りゅうせんじ」と読むことから、瀧と龍を混同して定着してしまったのでしょう。
寺名の由来は背後の山に枯れない泉があり、瀧(タキ)となって流れていたことによります。

次に、鬼門除けで建立されたとする点。
鬼門の方角は丑寅、つまり東北の方向です。
江戸城にとって上野の寛永寺。京都御所では比叡山延暦寺が東北に位置して鬼門封じ・鬼門除けの寺院になっています。
ところが推定されている布施名熊の広常館から見てここは東北とは言い難い。むしろ東です。
だとすると、広常館は推定位置よりもさらに南になければならなくなります。
つまり、鬼門除けの瀧泉寺という伝承と広常館跡という伝承が相互に矛盾しています。
ただ当時、有数の寺院であった当寺と上総一の有力者・広常の間に持ちつ持たれつの深い関係があったことは事実でしょう

最後に「お手植えの銀杏」が正しいとすると樹齢が800年ということになります。
確かに立派な大銀杏で、樹齢数百年とは思いますが、本当に樹齢800年の銀杏かどうか。
立派な大銀杏ゆえに、広常お手植えという伝説が後付されたのではないかと思います。
つまりそれほど広常は後の時代になっても地元からは愛されている人物だったのだと推測しています。

少なくとも、頼朝公が弁当の割り箸を地面に挿したら大きな杉の木になったという当地に伝わる伝説よりは信憑性が高い伝説ではあります。


 


 
スポンサーサイト

★タカッパは洗いにすれば高級魚

タカッパタカッパ2
   全身像                         刺身

鷹羽鯛(タカノハダイ)、地元での通称タカッパは釣り人の間では下魚(ゲギョ)として有名らしい。
ションベン臭くてとても食べられないなどと散々な悪評ですが、実際に食べたことがあるのでしょうか。
世評に乗っかり、デマの再生産に手を貸しているだけかもしれません。

今回、三枚に下ろし、氷水で締め“洗い”で食べてみました。
何の問題もなく、むしろおいしい刺身だと思いました。
白身の魚で身がコリコリと締まり、ほのかな甘みがあります。
タカッパだと種明かしをしなければ誰も嫌うはずがありません。
それほど世評とはアテにならないものだと今回はつくづく思いました。

問題点はいくつかあります。
まず、ウロコが異常に頑丈で出刃でもなかなか刃が立たない。
力づくで三枚に下ろし、身と皮の間に刃を入れてしごきながら皮をはがして刺身にしました。

二つめは頭と内臓、尾の近くは嫌われるだけの理由、クセがあると思います。
                                   昨年のレポート→●

クセのある鯉は“洗い”にして食べるという方法が昔から日本にはあります。
地元のTさんは洗いで食べているとの話を聞いてマネしてみました。
正解でした。
さすが地元の人の食べ方ですね。
昨年の経験から、”洗い”の時間は半日ほどとったのが良かったのでしょう。

手間ひまはかかりますが、手間ひまをかければ高級魚同然になるのならばそうすべきです。
下魚だから捨ててしまうなど、本当は恐れ多いことです。
下魚という多数意見に対し、いやオイシイという意見は少数で肩身が狭く、大声で主張できなかったのでしょう。ヘンジンと思われ軽蔑されてしまいますから。

まだ何度も食べたわけではりませんが、調理の仕方によっては問題ないどころかおいしく食べられたのは事実です。
タカッパとう蔑称ではなく、由緒正しげな“鷹羽鯛”という正式名称で流通に乗るようになれば漁師さんも助かりますし、鷹羽鯛も本望でしょう。


 

★レモンの香り、ハーブ3種類 

レモングラス1レモンバーベナ2レモンバーム3
       レモングラス          レモンバーベナ         レモンバーム

レモンの香りのするハーブティーを初めていただいた時はビックリしました。
草なのにレモンの香りがするなんて…。
レモン独特のさわやかな香りが漂うのに酸っぱくない――それは驚きでした。
以来10年、毎年この三種類のハーブは欠かさず育てています。

一番面倒なのは東南アジア出身のレモングラス
房総半島でも冬の寒さに耐えられず地植えのままだと枯れてしまいます。
いろいろ条件を変えて実験してきました。
ビニールトンネルで保護して越冬した場合は生存率5割。
ビニールトンネルを二重に張った場合は7割5分。
根元を発泡スチロール箱で保護し、苗キャップとビニールで保護したら全員無事越冬成功。
画像はその一番元気なレモングラスです。

レモンバーベナは南米ペルーなどの出身で、和名は香水木。
名前のとおり本体は木質化して大きくなるので、強剪定して高さを押さえています。
触れるだけでさわやかな香りが広がるのがうれしいですね。
冬の寒さに葉はすべて枯れ落ちますが5月になれば新芽が出てくるので心配ありません。
元気に茎を伸ばしている時ならば簡単に挿し木で増やすことができます。
レモンの香りではこのレモンバーベナが一番上品な感じがします。

レモンバームは半日陰が適しているようです。
放置していたらどんどん生育領域を広げています。こぼれ種で領域を広げているようで、事実上雑草化しています。
冬の寒さで上部が枯れても春になれば株元から新芽が出てきます。
根がしっかりしていたせいか、今年は上部が枯れずに越冬しました。
春には似た葉の雑草が芽生えますが、揉んでみればすぐその違いがわかります。
この花を蜜蜂が好むと言われています。でもその実感はありません。本当の話なのでしょうか。
レモンバームティーに蜂蜜を入れていただくと不老長寿の健康茶だそうです。
不老長寿はともかくとして、おいしいティーだと思います。

いずれもティーだけではなく、様々な料理にレモンの香りづけの素材として利用されます。
こんなにあっても利用しきれないので、お近くならば無料でお分けできます。声をかけて下さい。


 

★カモミールとアップルのミックスジャムの作り方

カモミール1カモみりーる2

カモミールはほのかにリンゴの香りがするハーブです。
何有荘では毎年こぼれ種で増えて、今や雑草化しています。
欧州では野原に生えている野草ですから、そんな状態が自然だと思います。今年はアブラムシがほとんど気になりません。
大事に育てるよりもその方が良いのだろうと思います。
リンゴの香りがするのだから、リンゴに合わせてジャムにしたっていいだろうと思って作ったジャムです。

【材料】 ①リンゴ中1個(今回はジョナゴールド。皮と芯を抜いて200g位)、
      ②フレッシュカモミール20g     ③砂糖80g 蜂蜜20g レモン汁少々

【作り方】
  ① リンゴは細かく刻み、変色防止のため塩水に浸しておく。
  ② ホーロー鍋に水を切ったリンゴとカモミール、砂糖を入れ、1時間放置。
  ③ 水分が出てくるので強火。沸騰したら弱火。絶えず木べらでかき混ぜ続ける。
  ④ 蜂蜜とレモン汁を加え、ややゆるいとろみ状態で出来上がり。
  ⑤ 熱湯消毒したビンに入れて保存しましょう。

カモミール100%だとジャムになりそうにない気がしてリンゴと合わせました。
リンゴの季節ではないのに、スーパーにはリンゴがちゃんとありました。
ジョナゴールドの赤い皮は今回は残念ながら使えません。薄黄色のジャムが目標だから。
蜂蜜をジャムに少々使うと深みが増しますが、使う・使わないは好みです。

予想よりも色が濃くなったのはカモミールの色が出たからでしょう。
やや固くなったのは煮詰めすぎたから。もっと早く火を落とすべきだった。
カモミールの花穂の食感が何とも微妙で、アッ、カモミールだなと思います。
蜂蜜を少々入れたのは正解でした。花穂のモサモサ食感がカバーされます。

全体的な出来栄えは、こんなジャムも珍しくて良いかなと思います。趣味の世界ですね。
たまには良いでしょう。
ともかくジャムですから、ヨーグルトにサンドウィッチに大活躍しています。
気分的にリッチというか、優雅というか、幸せな気分になれます。

 

★エッ、海にタナゴですか

海タナゴ
  さばいたら25尾の赤ちゃんが…

大原の漁師・拓さんちで網にかかった藻屑を取り除く“援漁”を今年もしています。
アルバイトではないのは時間給でなく、その日に網にかかったあれこれを報酬として頂きます。
この日は “海タナゴ” をいただきました。
海にタナゴがいるなんて知りませんでした。

もっとも陸上の淡水魚・タナゴとは別系統で、単に姿かたちが似ているからの命名だそうです。
タナゴは熱帯魚と一緒に飼っていたことがありますからなじみがあります。
確かに良く似ており、小鯛くらいの大きさがあります。
Wikiによれば煮魚・焼き魚・天ぷら、つまり普通の食べ方で良いそうです。

腹が膨らんでいるなぁとは思いましたが、さばいてみると内臓の中に小魚がウジャウジャ。
Wikiに“胎生”と書いてあったので驚きませんでしたが、それでも魚の腹から魚が出てくるのはビックリです。
その大きさは淡水魚のタナゴとほぼ同じで、25尾もいたのですから腹が膨らんでいたのも道理です。
出産まぢかだったと思いますが、運悪く拓さんの網にかかり、わたしたちの食材になってしまいました。
白身の魚で食感はふんわりと柔らかく、おいしい魚でした。
やや小骨がウルサイのが難ですが、高級魚だと言っても通用すると思います。

もともと漁業実習体験のつもりで“援漁”に出かけると、いつも流通には乗らない珍しい海産物をいただけるのがおもしろい。
猫の手ほどの役にしかたちませんが、お金を払って体験させてもらうのではなく、逆に実物を対価として頂けちゃうのがスゴイ。

この頃、朝早く目覚めちゃうんだよなという年齢になりました。特にすることがなければ朝飯前の一仕事で、今日のおかずがゲットできます。
釣りに出かけてボーズより、時間効率が良いかもしれません。

それにしてもあの赤ちゃん海タナゴはどうやって母体から大海に出ていくのでしょうか。
その瞬間を一度見てみたいものです。

 

★上総広常・尾骨神社の伝説

 尾骨
           いすみ市山田1304の向かい側。県道176号沿い

いすみ市には毎年、秋になると白鳥が訪れる場所があります。布施地域の田んぼがお気に入りのエサ場なのでその時期になると多くのアマチュアカメラマンが集まります。近くには殿台という地区があり、むかし上総広常の館があった場所と伝えられています。

その殿台から県道176号に沿って北上すると山田の交差点になり、その少し手前に尾骨神社と尾骨橋があります。
車で通る人はまず気づかないでしょう。小さな橋のたもとの小さな祠(ホコラ)ですが、地元の人によって画像のように手厚く祀られています。それは広常の愛馬を祀ったものです。

治承4(1180)年8月、頼朝は平家打倒の兵を挙げました。ところが事前に察知され、準備不足のまま戦闘が開始されて一敗地にまみれます。(石橋山の戦い)
神奈川県真鶴岬から海を渡って千葉県安房に上陸したのが8月28日。頼朝はただちに態勢を挽回すべく様々な手を打ちますが、その間の頼朝の動静の詳細は不明です。

9月9日、頼朝は下総の千葉介常胤(チバノスケ ツネタネ)から支援する書状を受け、17日、下総の国府に迎えられました。国府のある現市川市まで安房からは内房ルートを通ったと見るのが妥当でしょう。
その二日後、19日には隅田川近くの陣で上総広常を謁見しています。
したがって尾骨神社の伝説となる事故が起きたのはその数日前、9月16日前後のことでしょう。現代の暦では10月中旬のできごとです。

―――頼朝に加勢するかどうか、日和見を決めていた上総広常も親類筋の千葉介常胤が頼朝勢に加わったと知ると重い腰をあげた。参陣するのが遅くなれば反逆者として打たれるやも知れぬ。ともかく頼朝に会うのが先じゃ。
殿台館に数千の騎馬武者を招集し、意気揚々と出立した広常であったが、内心は頼朝と面会した時にどう振る舞うべきかを馬上であれこれ思案していた。

軍列は小さな小川にさしかかった。次々に軍馬は渡り、広常もためらわず馬を進めた。
ところが馬は足を滑らし、突然、棒立ちになるとドーッと倒れた。広常は落馬した。
武士が落馬するのは大変な屈辱である。
ただちに供の物が駆け寄り広常を助け起こしたが、広常も腰をしたたか打った。
馬はと見ると立ち上がれない。立とうとするが前足がむなしく宙を蹴っている。

「尾骨が折れておる。骨盤も痛めたようじゃな。哀れじゃが始末するしかあるまい」

馬は運動神経が集中している尾骨を折ると下半身が麻痺して動けない。
動けず役に立たない馬は始末するしかない。始末するのが武士の情けというものだった。
御大将が落馬するとは不吉な、出陣の折に縁起が悪いと兵たちは不安になりざわめいた。
広常は狼狽する部下を制し、いや、そううではないと諭した。

「この馬は我らが身代わりとなって尾骨を折ったのじゃ。慢心すれば足をすくわれる。さすれば我らが命も危ない。心せよ者ども。この馬を我らを教え守る神として丁寧に葬り祀るのじゃ」

軍勢は行軍を中断し、尾骨を折った馬のとどめをさすと手厚く葬り、祭事を執行してから進軍を再開した。
後にこの場所に立てられて祠を尾骨神社といい、小川をまたぐ橋を尾骨橋という――

広常は鎌倉幕府創生期の立役者ですが、ギラギラした立身出世欲はなかったようです。
自分の領土が安泰ならばそれでよいという保守的な傾向が強く、頼朝の全国制覇という野望を非現実的と見、年配者として若い頼朝を諌めたようです。
それは現代風に言えば、政治方針の違い。
頼朝にとっては目の上のタンコブのように思えたのは、広常が配下の武将の中では最大の軍事力を持っており、その発言に影響力があったからでしょう。
梶原景時が「広常に謀反の疑いがある」と悪口を告げた時、「よし、やれ!」と即座に命じたのは景時・頼朝の以心伝心のなせる業(ワザ)です。

広常暗殺の報が伝わると人々は 「馬の尾骨が折れたのはやはり不吉の前兆だった」 と思いましたが、その馬は不吉の前兆を示して慢心を諌めた神として今日まで地元の人々によって祀られ続けています。
おそらく 『身代わり地蔵』 と同じような感覚で信仰されているのでしょう。



★モミジイチゴでジャムを作る

モミジイチゴモミジイチゴ2モミジイチゴ3
   葉の影に橙色の実        集めて洗う           煮詰めて完了

散歩の途中でモミジイチゴが成っているのを見つけました。
ちょっと収穫時期遅れで、もういくつか落果していますが160gほど採集しました。
木苺の仲間で、葉の形がモミジに似ているのでモミジイチゴ。
(そんなにモミジに似ているとは思えないが…)

バラ科に属し、春に野バラに似た白く美しい花を咲かせますから、その場所を散歩中にチェックしておきます。
枝にトゲがあります。長袖で手袋が採集には必要です。
橙色の実を摘まんで食べてみると甘くておいしい。
触れるとぽろっと落ちるような大きくて熟した実を集めます。

【作り方】
  1.実を流水でさっと洗い、薄い塩水につけアリなど虫を追い出す。
  2.実をもう一度洗ってザルに上げ、重量の1/3~1/2程度の砂糖を用意する。
  3.ホウロウ鍋に実と砂糖を入れ、1時間放置すると水分が出てくる。
  4.弱火にかけるとさらに水分が増え、アクを丁寧に取る。強火で煮詰める。
  5.ややゆるいというぐらいで完了。熱湯消毒したビンに詰めて保存。

最後に白ワインやレモンの絞り汁を入れるか入れないかはお好みしだい。
できるだけアクを取る方がスッキリ味になりますが、面倒ならば取らなくとも良い。
ツブツブがやや気になりますが、そこがワイルドジャムの良い所。

やや酸味のあるさわやかな甘さで、口に含むと独特の柔らかな風味がスバラシイ。
こんなにおいしいジャムがこの世のあるのかと思うのは自画自賛。
自分で収穫してきた無料の素材が材料だと思うと一層おいしく感じるのでしょう。


 

★卯の花の匂う垣根に

卯の花2
   ようやく開花し始めたウツギの花(卯の花 5/20)

  『夏は来ぬ』作詞:佐々木信綱 作曲:小山作之助
        卯(う)の花の、匂う垣根に
        時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて
        忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ

旧暦の4月は別名を『卯月』といいました。
卯の花の咲く月だから卯月で、卯の花とホトトギスは万葉の昔から切っても切れない仲です。

  ほととぎす かよう垣根の 卯の花の 憂きことあれや 君がきまさぬ   柿本人麻呂

――垣根の卯の花が咲いています。何か憂いごとでもあるのでしょうか。ホトトギスは訪ねてくるのにあなたは来ない―――
卯の花の「う」と憂いの「う」を重ねて強調しています。

旧暦では4・5・6月が夏。
したがって卯の花が咲いてこそ文字通りの卯月。ホトトギスが鳴けば「夏は来ぬ=夏が来た」という実感につながります。
本日5/21(水)は旧暦では4/23。
それなのに、いすみ市の今年のウツギの開花は遅れています。画像のようにまだ半開き。
ホトトギスが来てないなぁと思っていたところ、月曜日早朝に「トウキョウ トッキョ キョカキョク(東京特許許可局)」と大声で繰り返し鳴いていました。
忍音なんて奥ゆかしいものじゃありませんね。絶叫です。
ようやく卯月の立役者、卯の花とホトトギスがそろいました。

ホトトギスといえば “目に青葉 山ほととぎす 初鰹―――山口素堂”。
今日はついでにカツオを買ってきて、舌で夏になった実感を味わうことにしましょうか。

作詞者の佐々木信綱は続く二番・三番の歌詞で、早乙女の田植え、橘の薫り、蛍、水鶏(クイナ)の鳴き声を挙げて夏の訪れを歌い上げています。
このうち、田植えはもう終わってしまいました。昔と比べて田植えは年々早まっています。
クイナは沖縄の絶滅危惧種ヤンバルクイナが有名ですが、本土のクイナはどこに行ってしまったのでしょうか。
千葉県ではすでに絶滅しました。
クイナの声を二度と聞くことはありません。

橘は近辺では見かけません。近縁のミカンの花やユズの花が咲き始めました。
ホタルは今月下旬から来月上旬が見ごろとなります。
ホタルの点滅する輝きとカジカガエルの流麗な鳴き声―――もうすぐです。

ついでに ユキノシタ の画像です。
今が花の季節で、小さな花で目立ちませんが、山野草の花として一級品だと思います。
ユキノシタ


  

★驚嘆!! 野生のセッコクを初めて見た

セッコク3
  梅の古木から水平に茎を伸ばして白い花を咲かせている

セッコク(石斛)という蘭があることは知っていましたが、こういう姿をしていると何が何だかわかりません。
梅の苔むした古木の途中から花咲かせているので寄生植物と判断しました。

ところが後で調べてみると、栄養分を梅の木に頼ることなく、たまたま梅の木に着床して発芽し、自力で生きているので“着床植物”というのだそうです。
杉の木や椎の木など、場合によっては大岩に着床しても育つそうです。

よく見れば梅の太い幹に根が張っています。
水分さえ欠かさなければ微量の栄養分で育つので、育てるのは難しくないといいます。
だから業者や愛好家によって採集されてミズゴケなどで育成されて販売されているそうです。
どこかで見たか、聞いたかしたことのあるランだったのはそういう訳だったのでしょう。
すぐ採集されてしまい、野生状態のセッコクは今ではほとんど見かけないそうです。
わたしたちは運が良かったと言えそうです。

周囲の環境から切り離されて植木鉢にこじんまりとたたずむセッコクよりも、野生状態の中、水平に茎を伸ばさねばならぬという困難な条件でも生き抜いているセッコクの方がずっと素敵です。
野草はやはり野生状態で見る方がずっと凛々しく、その生命力に感心します。
おそらく上に伸びたいのに、自重で垂れ下がり、水平にするのが精いっぱいなのでしょう。

業者に見つかると違法採集されてしまいますから場所は秘密ということにします。
何有荘から割と近くです。
いすみ市って希少植物が自生している地域だとつくづく思います。
野生のシュンラン、カキラン、エビネ、キンラン、ギンランだけでなく、セッコクまで自生しているとは思いもしませんでした。


  

★ハマヒルガオ全開

浜昼顔
   和泉浦北岸にて

この海岸はいつ来てみても何もない広大な景色で心が晴れ晴れとします。
遠投投げ釣りの釣り人が二人だけ。
長い海岸に大波が繰り返し押し寄せては引いていきます。
遠くに太東埼、大原八幡崎が見えますが、海と空だけの景色です。

今日の空は快晴で、どこからかヒバリのピーチクパーチクという鳴き声が聞こえてきます。
だいたい空の一点にとまって(ホバリング)していますが、その豆粒のような姿を見つけるのはけっこう難しいものです。
なにもあんな大声で鳴かなくとも…と思いますが、縄張り確保のためなのでしょう。

足許は砂鉄混じりの海岸で、波と風によって押し上げられた自然堤防が続いています。
3.11の時は津波が乗り越えて行ったのを避難先の太東埼から見たと知人が言っておりました。
それで行政がブルを使って自然堤防を強化しました。
岩の入った蛇籠をずらっと並べて、なんとも不自然な姿でしたが、砂がかぶってくるとそれなりになじみ、時がたてば落ち着いた景色に戻っていくことでしょう。

この工事でダンプやブルがたくさん来て整地などするものですから、海浜植物や野鳥コアジサシの営巣地はどうなったかと心配していましたが、自然の回復力は思いのほか早いもので、画像のように今年もハマヒルガオの大群落が広がっていました。
その脇にはハマエンドウが紫色の花をたくさんつけていました。

人間が手を入れて公園化した景色ではありません。
大昔からずっと続いてきた景色なのでしょう。
いつまでも残しておきたい景色です。