★九十九里浜は玉浦(タマノウラ)(7) 


画像は太東出身のプロサーファー河野正和さんのブログ→●より引用

いすみ市は海亀の上陸・産卵地として知られており、画像は太東海岸の海亀です。
太東が産卵地の北限だと聞いていましたが、実際にはさらに北の一宮や白子海岸でも海亀の保護活動が活発に行われています。

海亀と言えば“浦島太郎”ですね。この話は歴史書に載っていると知った時は驚きました。

『日本書紀』には
――雄略天皇22年(478年)に丹波国の水江浦(ミズノエノウラノ)嶋子(シマコ)が船に乗って釣りをしていると大亀に出会った。亀は女となり、相携えて蓬莱山(ホウライサン)に行った――とあります。

嶋子が帰国した話は鎌倉時代初期の歴史書『水鏡』に――天長2年(825年)11月、雄略天皇以来347年ぶりに「浦の島子」が帰ってきたが玉手箱を開けて老人になってしまった―――とあります。

その他『風土記』や『万葉集』にも浦島太郎伝説が取り上げられており、全国に同様な伝説がありました。
それぞれ多少異なっていますから、「原・浦島物語」ははるか昔に伝えられ、口承の過程で各地なりに変化したものでしょう。
ポイントは異界=海の宮殿に行った若者が歓待されたが地上に戻ると数百年たっていたという異界訪問型伝説と「見るな」の約束を破る禁忌(タブー)型伝説の組み合わせです。

連載している上総一宮・玉前神社にも関係ありますから話の順にそって検討してみましょう。
まず主人公はどの伝説でも若い漁師です。
助けた亀に連れられてという筋立ては「おとぎ話」だけで、他は釣った亀が美しい娘に変身した、あるいは最初から海辺で美しい娘に会い一目ぼれで海の宮殿へ行ったとなっています。
動機は後付けで、どうでもいいのですね。ともかく漁師の若者が海の宮殿に行くのです。

有名な設問に<太郎が助けた亀はオスかメスか>があります。
わかりますか? 答えはメスです。
産卵のために浜辺に来てワルガキにいじめられたという設定です。
他の伝説でも太郎が出会った亀はメスで、出会った娘は「亀姫」という名前でした。

おとぎ話では亀は海と地上を結ぶ単なるタクシーの役割ですが、諸伝説では乙姫様の正体は亀でした。亀とねんごろになり、歓待されて3年の月日が流れます。

海の宮殿は海中なのか、海の果てなのか、はたまた天の川の近くだという説までありますが、いずれにせよ普通の人間の立ち寄る場所ではなく、そこは異界というべき場所です。
そこで異界の食べ物を食べたという点も重要です。
異界の食べ物を口にすれば普通の人間ではいられず、異界の住民にならざるをえません。
わたしはそこに亀姫の真意が隠されていると思います。
――亀姫は人間界の優秀な男を拉致し、海の世界で永遠に暮らそうとした――。

ギリシャ神話では、冥界の王ハデスに拉致されたペルセポネは、冥界のザクロを数粒食べたために冥界で1年の1/3は暮さねばならなくなった。それで季節は冬枯れとなる、と語られているのに似ています。
日本神話でも愛するイザナミを失ったイザナギが冥界を訪ねると、イザナミは冥界の食べ物を食べたので地上には戻れないと語る場面があります。

ところが太郎は、何不自由のない夢のような生活を送りながら、急に「無断で出奔したのでちょっとだけ両親に会いに行きたい」 と言い出します。

唱歌・浦島太郎では≪遊びに飽きて気がついて、お暇乞いもそこそこに≫とさらりと述べているけれど、3年もの間、美しい娘と若者が一緒に暮し、二人の間に何もなかったと考える方が無理です。
太郎の申し出を聞いた亀姫は…。

                                続きは次週金曜日。
 

スポンサーサイト

★星鮫(ホシザメ)を初めて食べてみる 

 
 身に点々模様があるホシザメ(体長70cm)とその刺身

漁師工房・拓さんの援漁に行くと網にかかった雑物をはずす謝礼として、流通に乗らない海の幸をもらってきます。拓さん→●
時々、鮫が引っ掛かっていると援漁仲間のTさんがうれしそうにもらって帰ります。
Kさんも「おいしいよ、食べてみな」と言いますし、里山仲間のHさんは「俺も欲しいな」と言うものですから試しに恐る恐る1尾もらって解体しました。

鮫のさばき方は拓さんに教えてもらいましたが、ネット情報も参考にしました。こちら→●
最初にはらわたと頭を切り落としますが、頭を落とす時に血がドバーッと出ます。
シンクにまな板を置き、水を流しっぱなしで処理しました。
サメ肌は固くて包丁の刃がゴリゴリいいますが、思ったほど難儀ではありません。
三枚におろすのは頭方向から尾に向けて背中から包丁を入れましたが、肉が柔らかく、中央の脊椎骨から背に伸びる硬い骨がない(?)のでやや苦労しました。
皮をはぐのは尾側から、皮と身の間に包丁を入れてゆっくり引いて成功しました。

◆ホシザメの刺身
鮫の身は想像とは全く異なり、見た目はまるで鯛のような感じです。
採れたてですから異臭はありません。時間がたつとアンモニア臭があると言われます。
蝕感はプリプリの弾力性がありネチャっとする粘着性もあり、なんと表現したら良いものか、鯛の味を想像したらアテがはずれますが、鮫と知らなければとてもおいしいものですよ。これが鮫の味なんですね。
食べてみて「なるほど蒲鉾の原料になるわけだ」と納得しました。
弾力性と粘着力があり、薄味ですから加工しやすいのでしょう。
酢味噌、ワサビ醤油で頂きましたがどちらもいけます。今度はマリネを試してみましょう。

 
       ◆ホシザメの唐揚げ                 ◆アイナメの「なめろう」

◆ホシザメの唐揚げ
塩胡椒をして唐揚げにしました。これもなかなかオツな味です。
画像上部の丸いのはジャガイモ。載っている葉はレモンバーム。脇にブロッコリー。
いつも世話になっている農家の方におすそ分けをすると「昔はよく食べたもんだよ」と喜ばれました。1尾全部食べるのはちょっと大変だと思っていましたから喜ばれて良かった。
お返しに新ジャガが来ました。物々交換生活っておもしろいです。

サメ、エイ、ギンザメの仲間は軟骨魚類とも呼ばれ、全身の骨格が軟骨で構成されていることを初めて知りました。
だからグニャグニャして三枚に下ろしにくかったのですね。
そういえば鮫の軟骨ってサプリで有名でした。

◆アイナメの「なめろう」
援漁では、流通に乗る立派な魚も時にはご褒美に分配されます。ありがたいことです。
煮ても焼いても刺身でもうまいアイナメをいただき、「なめろう」にしました。
なめろうとは味噌、長ネギ、生姜を一緒に「たたき」で頂く漁師料理です。
酒を少々加えると粘着力が出てきました。
雰囲気としては<魚肉ハンバーグの種を生で頂く>感じでしょうか。
木の葉型にまとめたのは、先だって入ったお店のマネ。
新鮮な魚は文字通り 「海の幸」 と実感します。  
 

★侵略的植物・オオキンケイギク 


   コスモスに似た美しい花だが

湖沼のブラックバスのように野原や街角にも「困ったちゃん」が進出しています。
画像の大金鶏菊(オオキンケイギク)は特定外来生物指定。外来生物ワースト100指定で、栽培、保管、譲渡、輸入、販売などが禁止されており、罰則規定もあります。
美しい花ですが強靭で繁殖力が強く、いすみ市でも道路沿いや個人の庭などでいくらでも見ることができます。確実に増えています。

放置すればセイタカアワダチソウのように広い面積を占有することになり、その分、在来の植物は生きる場所を失い死滅します。それえゆえ“侵略的”といわれます。
先日25日には銚子市で一斉駆除が行われました。
館山市でも昨年から駆除が行われています。
静岡市では、市民がデジカメで撮った写真と場所を市に通報するシステムが動き始めました。
残念ながら、いすみ市ではまだ何も動きはないようです。

昨年、このオオキンケイギクについてアップしたところ、近くのお店の店先にあった鉢植えの株が撤去されました。ありがとうございます。
きれいな花だけに廃棄するには決意が必要だったことでしょう。
個人の努力には限度があり、行政が広報するなど積極的になれば効率的なのですが…。

気分転換に浜昼顔の大群落をご覧ください。
近くの海岸で撮影しました。観光地ではないので釣り人だけがちらりほらり。
海亀が上陸する浜は海浜植物の宝庫で今の季節だけ見ることができる雄大な景色です。
平和なこういう景色こそいつまでも残したいものです。

     いすみ市・和泉が浦にて

◆「ああ従軍慰安婦の碑」(館山市)――里山仲間のみよちゃんのブログで知りました。
 重い事実は解説不要でしょう。 こちら→● をご覧ください。

 

★ツユクサを抜いたら食べてみよう 


   畑の強雑草ツユクサ              味噌汁

いつのまにか畑に生えている ツユクサ を憎らしいと思っている人は、いっそのことウサ晴らしに食べてしまったらどうですか?
サッと湯通しすれば普通の葉物野菜として使えます。

◆ツユクサの食べ方
 1.ツユクサを根ごと引き抜き、きれいな葉だけ摘まんで採集。
 2.流水で洗い、熱湯に数十秒湯通しし、冷水に5分。
 3.茎葉を1cm程度でざく切り。
*******
 A:おひたし
   ギュッと絞っておかかを振り、醤油を垂らして召し上がれ
 B:みそ汁の具
   相方は豆腐や油揚げが見た目に良いかな。みそ汁に放てば出来上がり。
 C:その他:和え物、卵とじ、炒め物、何だったらピザに使うなどアイデア次第。

癖や苦みのない葉ですからワイルドに使えばいいのです。
花はまだですが、放置しておくとかわいい花が咲きます。
手折って花瓶に入れて飾ってもオシャレですが、花はエディブル。
せめて花ぐらい食べてやりましょう。サラダのトッピングにすれば気分はレストラン。
もちろん、無農薬畑のツユクサに限ります。

菜園で育てれば野菜で、菜園でない場所、目的外だと野草とか雑草とか呼ばれるのでしょうか。
どこでも育つツユクサの持つエネルギーは案外健康に良いかもしれません。
なにせ漢方薬にもなる植物ですから、食べられます。

さて残った残渣は生ごみで捨たりしません
ちゃんと畑の畝に戻してやります。
根を切っておかないとまた復活してしまう強い雑草ですから、ズタズタにして戻すのが正解です。
戻せば少しは畑のコヤシになります。

 

★ユスラウメをジャムにする 

庭の小さなユスラウメにびっしりと赤い実がなりました。
昨年、油断していたら小鳥に全部食べられてしまいましたから、今年はその前に収穫。
ジャム作りは材料が何であれ、その方法はたいして変わりません。
砂糖を加えて煮込むだけです。

◆ユスラウメジャムの作り方
 1.触れば落ちるような熟した実を取り、ボウルで水洗い。ゴミや軸を除く。
 2.ザルにあげて水気を落とす。適当で良い。
 3.ホウロウ鍋に移し、重量の20%~40%の砂糖を加える。目分量です。
 4.かき混ぜて1時間放置すると水分が滲み出る。水は加えない。
 5.弱火~中火で30分。驚くほど水分が出てきます。
   アクを取りたかったらここで取る。面倒なら取らなくとも良い。
 6.ボウルの上に網ザルを載せ適量ずつ種を移して木べらで転がす。
   種の周りに粘り着いている果肉をこすり落とすため。
   しつこいから、ちょっと手間がかかります。
 7.改めて鍋に移し、適当な粘度(やや緩め)になるまで煮詰め、レモン汁をかけ回す。
 8.熱湯消毒したビンに詰めかえれば出来上がり。

ユスラウメの実は小さい割に中の実が大きいので、収穫した量に比べてジャムになる量はそう多くはありません。
砂糖の量は控えめの方がユスラウメの個性が良く出ます。
上品な少々の酸味とマイルドな甘みが取り柄ですから、甘すぎない方が好きです。
今回、レモン汁を入れるのを忘れましたが、なければないで問題ありません。

種に着いた実をこすり落とす作業は「裏ごし」だと大変ですし、その必要もありません。
種だけを取り除く作業ですから金網ザルで十分です。

使い方はご自由です。
ジャムですからヨーグルトやパンにつけるのが普通ですが
クラッカーに薄切りクリームチーズを載せ、ジャムを少し載せると素敵ですね。
今の季節だとレモンバームのフレッシュハーブティーと一緒なら、ちょっとシアワセです。

 

★九十九里浜は玉浦(タマノウラ)(6) 


  玉前神社の神輿<大宮と若宮>        同神社の「幸魂(サキミタマ)」
 
玉前神社の二柱の神様をわたしは先週、<玉依姫=月の女神。ウガヤ=太陽と海洋との間に生まれた子>と解釈しました。
太陽と海洋との間に生まれた子とは<海の恵み>に他なりません。
海に生きる人々にとって<海の恵み>こそ生活の糧であり、生活の保障です。

言うまでもなく海での生活は月の満ち欠けに支配されます。
毎日の干満の差、一か月に二度ある大潮の日。まるで海洋は生きて呼吸しているがごとくです。
そして多くの海の生物は満潮の晩に集結して産卵すると言われています。
それどころか人間の誕生と死も新月、あるいは満月の日に多いそうです。
そして女性の生理が月と関係あることはだれもが認めることです。

月の満ち欠けは永遠の生死の繰り返しと考えられ、海の干満も永遠の命の繰り返しと考えられました。
月と海との深い関係から、<月の女神と海の女神は姉妹である>と古代の海洋漁労民が考えたのは、ごく自然のなり行きだったことでしょう。
それが姉=豊玉姫(海)、妹=玉依姫(月)の姉妹です。

海の彼方には私たちの知らない世界がある。その世界は不老不死の神秘的な世界であり、そこからすべての海の恵みがもたらされ、わたしたちの暮らしがなりたつ。
その一方、海を侮れば命を失い、邪悪な海の生き物も大海に満ちている。
神様に感謝し、神様を恐れ、神様の意志にそって働き、神様をていねいに祀ることによってのみ海の恵みにあふれた海洋漁労民の幸福がもたらされると考えたのも自然な発想です。

<海の恵み>を表した欄間彫刻がいすみ市の行元寺にあります。
波を彫らせたら並ぶものがいないと称された“波の伊八”こと武志伊八郎信由(1751~1824)の作品で、 『波に宝珠』 です。下の画像。
この欄間彫刻の構図をヒントに葛飾北斎の傑作 『神奈川沖波裏』 が生まれたと最近つとに有名になりました。

しかし、問題は構図ではなくテーマです。
伊八は大波が押し寄せる外房の海に何を見たのか?、それは 「宝珠」 でした。
宝珠とは仏教用語で<意のままに様々な願いをかなえる宝玉>という意味。
つまり<海の恵み>であり、海王の持つ神通力の象徴です。
伊八は<九十九里浜は玉の浦>=<九十九里浜は宝の海だ>と彫り込んだのでした。

神社もお寺も海とその恵みに感謝しています。
それが外房、この地域の誇りです。

玉前神社の二つの神輿、大宮と若宮。それが誰なのか、固有名詞はさして問題ではありません。
大きな海とそこから生まれる海の恵み=母としての海洋、子としての海産物。
それが二つの幸魂であり、大宮・若宮でありましょう。

                                   次週金曜日に続く

 

★いずれがアヤメかカキツバタ 


   左=アヤメ → 花弁の付け根に文目(アヤメ)模様(ご近所様の庭)
   右=カキツバタ → 花弁の付け根は白の一文字の模様(里山ビオトープ)

「どちらも美しく甲乙つけがたい」の意味だが、単に「区別がむずかしい」の意味でも使われます。
ただし美しくないもの、たとえばダンゴムシとゾウリムシなどの場合には使いません。

どちらも濃青の清楚な花ですから、慣れないと区別が難しいのは確かです。
逆に言うと濃青の花ならば、アヤメかカキツバタ(の可能性が高い)。

最近特に目立つ黄色の花 キショウブ は外来種で生息範囲を急速に拡大していますので、「要注意外来生物」に指定されています。
カラフルでゴージャスならば花菖蒲、あるいはジャーマンアイリス、ダッチアイリスでしょう。

識別法①
アヤメもカキツバタも白い変種がたまにありますが、画像のように濃青の花弁の付け根が
【文目(アヤメ)】ならばアヤメ。【白1本】ならばカキツバタです。
青地に黄色一本ならば、それは花菖蒲かダッチアイリスでしょう。

識別法②
アヤメは陸生。カキツバタは水生。庭ならアヤメ、池ならカキツバタ。
あやめ園、菖蒲園とあってもたいていは「花菖蒲+かきつばた」ですね。

識別法③
葉の中心の葉脈が触ると判るのがアヤメ。ペロンとしているのがカキツバタ。
外来系は主葉脈がはっきりと見た目にもわかります。
キショウブは主葉脈がはっきりしています。

昔、在原業平(アリワラノ ナリヒラ)という色好みの貴族がいました。
二条帝の后・藤原高子とのスキャンダルによって関東に左遷され、愛知県知立(チリュウ)八橋に来た時にカキツバタの花が盛りでした。そこで詠んだ歌

  から衣  着つつなれにし  妻しあれば はるばるきぬる  旅をしぞ思ふ  (伊勢物語)

今さら古女房が恋しいと言っても遅いのですが、五七五七七の頭を「か・き・つ・は・た」で歌い込む力量はさすがです。
その八橋の杜若(カキツバタ)を描いたのが江戸琳派の酒井抱一「八つ橋図屏風」。

 
それをデフォルメしたのが 花札五月の菖蒲(ショウブ)。図柄は杜若なのに菖蒲と強弁しているのは、花札が勝負事だからでしょう。
江戸時代の庶民はカキツバタとアヤメ、あるいはショウブを区別できなかた、しなかったのかもしれません。区別が煩くなったのは近代になってからです。

本日(4/23)は旧暦の四月十四日。ほぼ満月。
そろそろ早咲きのアヤメが終わり、カキツバタや花菖蒲の季節となります。
カキツバタは業平の歌と「八つ橋図屏風」を思い出すと忘れないでしょうね。

 

★コチドリ(小千鳥)発見 


  夷隅川左岸河口付近の田んぼで

現場でメダイチドリと思い、図鑑で調べてメダイチドリと確認したのですが、どうも違和感が残ります。画像にしてみるとやっぱり違う。
確認のためにネットであれこれ調べ、やっとコチドリと認定しました。
ネットの画像情報はリアルでアップ数も多く、とても便利で重宝します。

コチドリは夏の海鳥で、ここの田んぼは海辺に近いから海水系の水鳥も時々来ます。
もちろん溜池も多い地区なので淡水系の水鳥はたくさん来ます。
そして低いとはいえ樹木が密集した山もあるので、山野の野鳥も数多く鳴いています。
いすみ市は野鳥観察に適した地域です。
3日前にやっといすみ市にもホトトギスが来て、文字通り初夏の雰囲気になりました。


白い小さな花が咲き乱れるノイバラはほぼ咲き終わり、今の季節は旧暦の卯月。白いウノハナ(卯の花)がこぼれるように咲いています。
卯の花とはウツギ(空木)のことで各種ありますが、一番身近なウツギは〇〇ウツギと頭に形容語句がつく種類ではなく、ただの「ウツギ」でしょう。
ハコネウツギなど高木になりますから垣根には難しい。

   卯の花の匂う垣根にホトトギスはやも来鳴きて…

佐々木信綱さんはどういうつもりでこの詩を書いたか知りませんが
ウツギの垣根はまだ見たことはありません。この辺では庭木です。
垣根にホトトギスは来ませんね。また垣根に来たとしたらうるさくてかないません。

姿を見せず、遠くでホトトギスは鳴きます。東京特許許可局 トウキョウトッキョキョカキョク と大声で。
善意に解釈すれば、「卯の花の垣根 and ホトトギス。」
初夏の風物詩を二つ並べたのかもしれませんが、あの詩だと垣根に来たと理解するのが普通でしょう。
好きな歌ですが、詳細に検討すると現実味に欠けます。

初夏の風物詩を三つ並べるとすれば

    眼には青葉 山ほととぎす 初がつお     山口素堂

眼で見て楽しむ初夏、耳で聞いて楽しむ初夏、舌で味わう初夏、三つそろったら言うことなしという素堂さんの方がすっきりしていい歌だと思います。

 

★鷹羽鯛(タカッパ)の食べ方 

漁師工房・拓さんちの援漁で大きなタカッパを頂きました。
ちょっと癖があるけれど食べ方によっちゃオイシイヨといいます。

鷹の羽を斜めに並べたように見える模様から鷹羽鯛(タカノハダイ)という高貴な名前の魚です。
ところが地元ではやや軽蔑のニュアンスを含んでタカッパといいます。

*鷹羽鯛は白身魚であるが独特な臭気をもち、味はまずく、食用とされることは少ない。
*季節に関わらずおいしくないので釣り人には人気がなく捨てられる。
*磯臭いことから、ションベンタレとの異名をもつ。
*鍋に入れると鍋全体がまずくなり、具材全部を捨てることになる。

ネット情報では上記のように悪評サクサク。好んで食べる人はいないようです。
でも何でも試してみようの好奇心で調理してみました。

◆タカッパの焼き魚
まず、定石に従ってウロコを取りますが、これがものすごく大変。
出刃包丁の刃が立たないくらいで、力任せにすると慣れない身には危険な感じがします。
それで適当なところであきらめ、焼き魚にしました。
両面を真っ黒けに焼いてウロコを焼き切ります。すると皮は楽にはがせるようになりました。
白身の魚ですから味は淡白です。
ワサビ醤油で「そんなに変な味じゃないじゃん」と言って食べていたのですが、突然「ん?」という感じになります。これか、これで嫌われるのかと納得です。
部位によって嫌味な所があるようでした。

◆タカッパの刺身

2回目は刺身にしようと三枚おろしに挑戦しました。
しかしウロコがとれない。皮がはげない。
それで大胆にも皮と身の間に包丁をいれてウロコと一緒に皮をそぎ落としました。
内臓付近、頭の付け根、尾の近くが嫌味だったようなので切り捨てて野良猫様のエサにしました。
三枚におろした身は流水で血やウロコを丁寧に洗い流し、氷を浮かした塩水に数時間さらします。
「泥臭い鯉はアライで食べる」ことから思いついた方法です。
面倒なので半身のままさらし、食べる時に切り分けたから“アライモドキ”ですかね。
塩分が身に沁み込みなかなかオツな味になりました。オイシイです。絶品です。
ところがですよ。
やっぱり嫌味な部分が一部はありました。
むずかしい魚ですね。
嫌味な部位さえ食べなければ、一級のとても良い魚です。

  

★木イチゴ(木苺)を収穫してジャムにする 

 
    
木イチゴは黄色のイチゴで木になるイチゴ。正しくはモミジイチゴといいます。
葉がモミジに似ており、春先にバラかサクラのような白い花を咲かせていますから、散歩の途中で眼をつけておき、今の季節になったら収穫です。

トゲトゲがきつい低雑木で、山野を管理する人々に嫌われ、たいてい伐採されてしまいます。
太東崎灯台への道にもたくさん自生していたのですが、今年は不作です。
でもラズベリーの一種だと言うと尊重され、保護されるかもしれませんね。

手で触るとポロリと落ちる熟した実を収穫します。
トゲが鋭いので長袖・手袋の完全防備で出かけます。それでも痛い。
本当は散歩の途中で一個ニ個をパクリと食べるのが一番おいしいのです。
鳥のエサを横取りして人間様がいただきましょう。人間様用食品として通用します。
保存のためにジャムにしました。

◆モミジイチゴのジャムの作り方
 1.ゴミを取るために軽く塩水で洗い、ザルにあけて水気を軽く落とします。
 2.ホウロウ鍋に入れて重量比60%ぐらいの砂糖を加えて放置。
 3.数時間すると水分が出てくるので中火で煮詰める。水は加えない。
 4.粒をつぶしながら適当なところでレモン果汁を加え煮詰める。
 5.熱湯煮沸消毒したビンに詰めてできあがり。

どの程度水気を切るのか、どの程度に詰めるのか、実際にやってみての経験が頼りです。
アクが多少出るが気にしない。アクだって味のうち。ワイルドが取り柄のジャムです。
砂糖の量だって本当は目分量。適当です。それでもオイシイ。
採集量が少ないので裏ごししはしない。したければすれば良いが量は減る。

朝食のトーストにちょと載せて食べます。
自然と一緒の暮らしっておだやかな気分になりますね。
そういう生活の余裕を若い人が享受できない都会の暮らしは、ちょっとおかしい。
自然に囲まれた生活がしたいと決意して正解だったと思います。

さて、もう少しするとクワの実が熟する頃となります。