★晩晴堂帰雲師をご存知でしたら 


   太東埼灯台にある師の顕彰碑

太東崎灯台の高台に北の方向を向いて師の顕彰碑が建っています。
表に「晩晴堂帰雲翁碑」とあり、
裏に辞世の句が彫られています。
変体仮名の草書体なので解読に自信がありませんが

    ぬ禮色や 水引草に さす朝日  帰雲
 
と読んでみました。「禮」は「礼」の旧字体で「れ」と読みます。
―――朝露に濡れた水引草に朝日がさしてキラキラと輝いている。―――

水引草が秋の季語。
小さな赤い花が細い軸に連なり、まるで水引のような花が咲き出すのは8月。
旧暦の秋はおおざっぱに言えば1カ月遅れだから、現在の8~10月になります。

昼間は暑くとも朝晩は放射冷却によって冷え込み、野の草はたっぷりと朝露をたくわえています。そこに朝日がさせば雑草同然の水引草だって光り輝く。
わたしの人生は大輪の花を咲かせることなく、せいぜい野山の水引草並みであったが、こうやってすがすがしい朝日を見ると、水引草だって宝石のように輝いているじゃないか。
わたしのささやかな人生が光り輝いているように見え、もう何も思い残すことはない――
こんな風に読み解いてみました。(まったく見当違いかもしれませんが)

この碑が建てられたのは昭和32(1957)年。建てた人物は裏面に彫られた5名。
1名はいすみ市榎沢の人、4名は一の宮町綱田の人。いずれも俳号のみで氏名は分かりませんが門弟に決まっています。

碑が朝日が昇る東の太平洋に面せず、北面しているのは何か意味があるのでしょうか。
北には弟子の多くが住む綱田があります。あるいは師の住居があったのでしょうか。
そのために北方を向いているのかもしれません。

この碑について、そして晩晴堂帰雲師について地元ではまったくわからないのです。
碑が建立されてから半世紀がたちましたが、半世紀しかたってないともいえます。
事情を知っている人もまだ存命だと思います。
ところが、わたしがインタビューした人は誰も「知らない」といいます。
県や市の石碑一覧にも載っていません。
碑の存在さえ気づいていない人もいました。

どなたか晩晴堂帰雲師をご存知でしたらご一報いただけないでしょうか。

 

スポンサーサイト

★夕日にシルエットの富士山 


   何有荘の庭からの展望

いすみ市岬町から富士山が見える?
見えるんですねぇ。ただし空気が澄み切った晩秋からの数か月限定。
しかも西側が低い雲でおおわれていない時だけですからかなり確率は低くなります。
それだけに富士が見えた時は誰彼となく「ほら富士山が見えるヨ」と喜びを共有したくなります。
もっとも夕刻ですから付近一帯散歩する人もまれで、たまに声をかけても地元の人なら「ああそうですね。ここから見えるんですよネ」でおしまいになってしまいます。
そうなんです。地元の人はみんな知っていますから、はしゃぐ人なんかいません。

でもね。暮れなずむ夕刻の中で次第に黒さを増していく富士山のシルエットは眺め続けても飽きません。寒くて途中で退散してしまいますが。
浮世絵の版画ではボーダーは赤く染まり、上天は藍色で描かれることがあります。
これを浮世絵作家の誇張だと思ってきたのですが、実はリアルな表現だったとはこちらに来てから知ったことです。

金色を帯びた真っ赤な太陽が富士山の左側(南側)に沈むにつれ、西側の景色は次々に変化していき、やがて今の時期だと夏の大三角形としてもてはやされた白鳥座のデネブ、琴座のベガ、鷲座のアルタイルが暗くなった空に見えてきます。
もう西の星座なんだなぁとある種の感慨があります。
もっとも、オッ、あれは流れ星かと思うとたいてい羽田に向かう飛行機の灯りだというのが興ざめです。

いすみ市で富士を眺める名所は万木城公園で、近くのネーチャーセンターが度々アップしていますが、他に見える場所はどこなのでしょうか。

何有荘からは見えますが、電柱と架線が画像という点では邪魔になっています。
何有荘から歩3分の、灯台への道への最初のコーナーからは何も邪魔されないスッキリした画像が得られます。
灯台への道を進まず、右に折れて大正堰からも富士が眺められますが、やはり電柱電線が邪魔になるかもしれません。
灯台の高台からは箱根や丹沢、伊豆の愛鷹山を遠望できるのに、灯台が邪魔して富士は見えません。

例えばいすみ鉄道沿線の**からは富士が遠望できるビューポイントはここだという情報が集まれば、それはそれで町おこしにつながると思うのですがどうでしょうか。
岬庁舎からは見えますか?

 
 
 

★ムーミンママのパンケーキ 


    ベリーソースならぬ何有荘風ソースで

たまたま見たTVで「ムーミンママのパンケーキ」と称してフィンランドの家庭料理を放映していました。ムーミンの物語に度々登場するそうで、どんな料理かと思っていると意外と簡単そうで、それではとわたしも作ってみました。
   HHKのレシピはこちら→●

ベリーソースに使うイチゴ、フランボワーズ(木苺)、ブルーベリーが今の時期は手に入らないので 手元にあったリンゴ、柿、キウイ、ミニトマトで代用しました。
材料をぶつ切りにして砂糖をかけておくとしだいに水分が出てきます。そこをじっくり弱火で煮込んでいくと甘いソースができます。
ミニトマトの皮は湯むきしておく方が良いでしょう
このソースはジャムになる一歩手前で火を止めてしまうのがポイントです。

パンケーキの材料は中力粉に卵、砂糖、塩、牛乳で、全部混ぜてオーブンで焼き上げます。
まるでタポタポの液体なのでこんなのでパンケーキになるのかと不安ですが、出来上がりはしっとりしたきめの細かいホットケーキというか焼きプリンのような感じです。
ソースが甘いのでパンケーキ自身はやや塩味が効いています。
甘さと塩味のバランスが絶妙で、そこにホイップした生クリームが加わって全体的にマイルド味わいになります。
これにさっぱりとしたハーブティーがあれば満点ですね。

もっともこのパンケーキを毎日食べていたらムーミン一家のような体形になるのは必定でしょう。
フィンランドでもご近所さんが集まったホームパーティーで出されていました。
簡単素朴な家庭料理ですが、やっぱりイザという時の料理なのかなと思いました。

いすみ鉄道はムーミン列車が走り、鉄オタの中ではかなり名が知られています。
社長さんがまたムーミンのような体格とお人柄だそうです。
国吉駅は「風そよぐ谷 国吉駅」といい、ムーミンショップがあり、太巻き寿司のムーミン弁当も出ていますが「ムーミンママのパンケーキ」は置いてないようです。

国吉駅周辺のどこかのショップで提供したら「風そよぐ谷」の雰囲気に少しは近づくのではないかと思います。
フィンランドスィーツなんて珍しいし、スィーツに目のない女性客の人気スポットになることでしょう。
ただしソースはやはりベリーソースじゃないとフィンランドっぽくありませんね。

 

★大根の葉・明太子スパゲティー 


 材料:大根の葉、玉ねぎ、シイタケ、明太子、ニンニク、柚子

ダイコンの季節になりました。
畑のダイコンは立派な葉を茂らせていますが、実際にはまだ太くないから、まびいて摘まみ菜にします。
家庭菜園の楽しみは作物だけではなく、新鮮な摘まみ菜が手に入ることもその一つです。

◆ダイコンの葉、利用法
ざく切りしてジャコと一緒に炒めるのが有名ですが、ワンパターンに過ぎます。
緑の葉はとてもやわらかくてクセがなく、「葉物野菜」として十分通用します。
これを切り捨ててしまうなどモッタイナイ。
ツナと合わせてみたり、ナメコと合わせたりサラダの素材によく似合います。
葉の一本一本をしごくか、包丁で葉を軸から切り離せば何にでも使えますから今回はスパゲティーに和えました。
残った軸は糠味噌にでも入れておけば、それはそれでオツなものです。

◆≪大根の葉・明太子スパゲティー≫の作り方
 1.フライパンにオリーブオイル(大1)とニンニク1かけをいれて弱火で香りを出す。
 2.適当に切ったタマネギ、シイタケとダイコンの葉を入れて炒める。
 3.別鍋のスパゲティがゆで上がったら上記に入れ、ゆで汁を(大3)加えて混ぜる。
 4.皿に盛りつけ明太子を載せ、柚子の千切りを散らし、柚子の絞り汁をかければOK。

※スパゲティーをゆでる時に塩を使いますね。
  ゆで汁は1%の塩味があり、そのゆで汁や明太子の塩味があるので追加調味料は不要。

※明太子をスパゲティーに絡めず、トッピングにした方が明太子の食感が生きます。

  

★ノブドウは宝石箱 


  太東岬の散歩道で

ノブドウはもちろん「野葡萄」のことで「山葡萄」とセットになった命名で、日本の山野に自生していたブドウです。
わたしたちが日ごろ食べているブドウは西アジア原産、あるいは北米原産を品種改良したものですから、野葡萄・山葡萄とは少し雰囲気が違います。

山葡萄は山野草ブームに乗って貴重品扱いです。ところが画像の野葡萄は「毒がある」などと言われ見向きもされません。
毒があるというのは誹謗と中傷で、実際には「まずい」だけで、むしろ薬効があるそうです。

「葡萄」という漢字でわかるとおり、ブドウは中国語からの借用語で、昔からの日本語では「エビヅル・エビカヅラ」という名前でした。
古事記にはイザナギノミコトが黄泉の国(ヨミノクニ)から逃げ帰る時、追いかけてきた鬼どもにエビノカズラを投げつけ、鬼がその実を食べている間に難を逃れた――という記述があり、古代人が邪気を払う薬効がある植物と信じていたことがうかがえます。

もっとも、昔の人は植物分類学などに興味などないでしょうから、エビノカズラが野葡萄なのか山葡萄なのか判然としませんが、「まずくて薬効がある」点からいえば野葡萄がふさわしい物語です。

そんな物語を知っていると野葡萄もなにやら高貴な感じで光り輝いているように見えます。
しかし黄泉の国の鬼女が好んで食べるとされたのですから、どんなに美しくとも食欲は湧きません。中国では蛇葡萄というそうです。

 

★川回しの風景(番外) 隧道

  
   入口一つ、出口は二つ

県道81号から養老渓谷・弘文洞方面に行くにはこのトンネルを通るのが近道。
温泉旅館「川の家」へ行く道でもあります。
トンネルの名前は「共栄隧道」で、トンネルが直線ではなく、やや屈曲しているから出口は見えません。
左右に屈曲してるトンネルは珍しくありませんが、このトンネルは「左右に屈曲+上下に屈曲」しています。つまり曲がった坂道トンネルです。

そのためトンネルを進むとやがて下り坂となり、出口が「日の出」のように少しずつ姿を現してくるのは何の不思議もないのですが、さらに進むともう一つの出口が見えてくるから不思議です。
画像のように出口が上下に二つあるのです。しかも異常に天井が高い。

下の出口の方が大きいので上の出口は一見すると明り取りのようにも見えます。
ところが世の中にはこの二重トンネルに何の感慨も湧かない人もいて、「変なトンネルだったね」と同意を求めても、「エッ、そうだった?気がつかなかった」と言います。

出口を出て振り仰いでトンネルの名称を見た時にも驚愕の事実があります。
トンネルの名前が「向山隧道」となっているのです。
入口は「共栄隧道」でした。ところが出口は「向山隧道」。
行きと帰り、入口出口でトンネルの名前が違うのです。

自宅に帰って調べてみると、この種明かしは予想通りでした。
最初に共栄隧道が掘られた。この隧道の出口が二階建て出口の上の方の部分。
ここは県道とほぼ水平なので川に降りるには隧道を出てから山道を下らねばなりません。
たぶんその理由で、より水面に近い場所に新たな隧道が掘られた。これが向山隧道。
トンネルの道路が途中からへの字型に下向きのスロープになっているのは、共栄隧道を半分近く利用して掘られたためで、天井が異常に高いのも共栄隧道の天井をそのまま利用しているからです。
水面に近い新たなトンネルは向山隧道と名付けられ、旧共栄隧道の出口はまったく何の役にも立たない、せいぜい明り取り程度の役割が残されて廃止されたというわけです。
もしもその出口を使うつもりならばハシゴが必要です。

入口が一つでも出口が左右に分かれて二つあるならば、ありそうな話ですが、上下に二つとはめずらしい話で、初めて見ました。
一車線道路となっており、舗装もされ出入り口付近の壁面も補強されていますが、完成当時は素掘りのトンネルだった証拠としてノミで掘り進んだ跡を中央付近では確認することができます。

房総には素掘りトンネルが数多く残されており、その多くが一車線道路で、都会から来た車はおっかなびっくり通りぬけていきます。
房総の農民たちが自力でトンネルを掘ったその遺産です。
川回しの技術とトンネル堀りの技術はほぼ同じ。
「よし! 自分たちでやっちゃおう!」という威勢の良い農民たちがどこにでもいた地域なのですね、特に房総の中山間地は。
 
 

★サツマイモでスィーツ 


  左・安納芋、右・紫芋。大きさも形もメチャクチャ。

東京から電車に乗ってお客さんが来ました。往復の車中は修学旅行の女生徒ように大騒ぎだったようです。
駅からは車で太平洋を見に行ったり、畑で芋ほり体験をしたりと盛りだくさんの歓迎行事を組みました。何有荘でゆっくりとおしゃべりする時間も設けました。久しぶりに再会すると話は尽きぬようです。

その時にお出ししたのがレモングラスのハーブティーと画像のお芋スィーツ。
安納芋はサツマイモの中でも特別に甘く、紫芋は鮮やかな紫色が特徴です。
前夜、眠いのに作ったやっつけ仕事ですが、簡単にできるのが取り柄です。

◆サツマイモの茶巾絞り 作り方
 1.サツマイモを電子レンジで焼き芋にする。→●参照 
 2.皮は捨て、実をマッシャ―か木べらで好みの滑らかさ潰しながら練る。
 3.砂糖、メープルシロップを加えて甘さと粘度を調整する。
 4.等量に分け、それぞれラップで包んで絞れば出来上がり。
 5.そっとラップをはがしてお皿に盛ればOK。

紫芋は絞り過ぎ、安納芋はべちゃべちゃで形が整わなかったのが心残り。
収穫後、1週間足らずで水分が抜けきらないところに電子レンジでチンの際、しっかりと水分を拭き取らなかったのが敗因かと思います。
そこへメープルシロップを加えたから、まとまるものもまとまらなくなりました。
メープルを使って上品な甘さにと色気を出したのも敗因です。

それでもまぁ、先ほど掘ってきたサツマイモがこんな風になるというサンプルにはなりました。
買ってきた豪華賞品を並べて歓迎するよりも、「こんな生活をしています」と手作りスィーツを出す方が素直な歓迎スタイルで心に残ると思います。

手づくり感いっぱいの変な形のスィーツもわたしたちの生活そのものだし、あと何年かすれば笑い話にしてくれるでしょう。

 

★秋のキタテハは赤くなる 


  庭にやってきました

川崎には多摩川が流れており、むかしの河川敷は草ぼうぼうでした。
だからキタテハは子どもの頃からおなじみの蝶です。
いすみ市でも珍しい蝶ではありませんが、よく見ると羽がギザギザなので初めてじっくり眺めた人は奇妙に思い、とても貴重な蝶に見えて感激するようです。

それでいいと思います。
どの蝶もみんな個性的で美しい。普通の蝶だってよく見えば美しいじゃないですか。
「普通」だからと見向きもしないという人はきっと何かを見落としているのでしょう。

「タテハ」とは「立羽」のことで、とまる時に羽を閉じて立てるからタテハ蝶といいます。
しかし多くの蝶は羽を閉じてとまるので、それはタテハ蝶類だけの特徴ではありません。
それにタテハ蝶だって画像のように羽を開くことがあります。
だから、タテハ蝶という命名は本当は適切ではありません。

同様にアゲハは「揚羽」で、羽を揚げる、つまり羽を閉じて揚げる蝶という意味ですから、アゲハはタテハと同じ意味となります。

特に晩秋や冬の暖かな日のタテハは羽を開くことが多く、それは日差しを浴びて体温を保とうとしているからで、日なたぼっこです。
あまりに寒くなると春になるまで冬眠してしまいます。

夏型と秋型とがあり、秋になると夏の姿とは少し変わります。
夏のキタテハは黄土色ぽい黄色ですが、秋型は画像のようにやや赤みがかかり、橙色に近くなり、ギザギザも深くなります。
それはちょうど樹木が紅葉してくる時期に合わせるかのようです。
たぶん枯葉・紅葉に合わせて敵の眼をくらませる戦略なのでしょう。

秋型は黒い斑点とのバランスがまた絶妙で、赤味を帯びた地の色とよく似合い、黄土色の夏型よりもオシャレな感じがします。
晩秋にはキタテハがよく似合う。

 

★ツワブキの花の天ぷら 


  左・安納芋 中央・ツワブキの花 右・紫芋

東京から昔の若い同僚が泊りがけで遊びに来たので畑で採れたサツマイモの天ぷらをお出ししました。
安納芋も紫芋もまぁまあの収穫で、収穫した後、干しておくと甘みが増すそうで、私たちもまだ食べていません。
味見をかねてお出ししたわけです。

サツマイモの天ぷらだけでは「田舎に来た」という感激が薄いので、裏庭のツワブキの花を出せばインパクトがあるだろうという趣向です。
ところが仕上がり具合は画像のようになり、ちょっとなぁの印象だけどしょうがない。

メインは漁師工房の拓さんちで仕入れたイセエビの姿焼きと鯛めしで、たまたま仙台の親せきから送られてきた松島のカキで作った酢ガキとカキフライですから超豪華。
天ぷらはサイドメニュー。だからツワブキの天ぷらの影は薄かった。

ツワブキは茎も葉も食べられますが花もたべられます。
花はさっとゆがいて甘酢づけか、今回のように天ぷらにするのが普通でしょう。
花びらは薄いので高温で揚げると焦げて縮れてしまうので、低温・160度くらいかな、でサッと揚げます。衣もベタベタつけない方が見栄えが良い。
花びらの味はよくわかりませんが、ガクの部分はほろ苦く、野生の味だなと思います。
塩パラパラが良いけれど、天つゆでもOKです。

ツワブキは漢字で石蕗。ところが石蕗と漢字で書いても中国人には通じない。
蕗に似た丈夫な植物だからと日本人が勝手に考え出した単語なのでしょうか。
しかし、石をツワとは読めません。
どうやら、ツヤツヤした葉のフキ・艶蕗がなまってツワブキになったらしい。
すると石蕗の漢字を当てたのはなぜなのか?
謎は深まる難読漢字の植物です。

散歩していると今の季節はツワブキの黄色い花が目立ちます。
食べてみて気付いたのですが、花の形は何種類かあるようです。
裏庭のツワブキは花びらが疎ですが、もっと短く密集して、まるで菊の花のような種類もありました。
ちょっと失敬して食べてみようかと言いましたら、ツレアイさんから犬の散歩道だからやめた方が良いとたしなめられました。
そりゃそうですね。野草を摘むのは安心安全な場所でが原則でした。

 

★草木染のベスト 


   知人からのプレゼント

田舎暮らしを始めた都会人はやりたいことがいっぱいあります。
こちらに来て親しくなったKさんは草木染にはまり、草木染の毛糸で作ったベストをツレアイさんにプレゼントして下さいました。

草木染の工程はなかなか大変で手を出しかねています。
それでもツレアイさんは作り方の概略を聴いてきました。

 1.ビワの葉をスーパーの大きなレジ袋1つ分くらい採集。古く固い葉の方が良い。
 2.葉を干す。
 3.葉を約1時間煮出して染液を作る。葉70gに水5ℓの割合。
 4.36℃の水2~3ℓに中性洗剤2~3滴たらし、毛糸を浸し、しばらくしてから絞る。
   こうすると毛糸に染液がなじみやすくなる
 5.36℃の染液に毛糸を入れる。(綿、絹の場合も同様)
 6.ごく弱火で4時間かけて徐々に温度を上げ、85℃になったら火を止め、一晩置く。
 7.翌朝、36℃の水で洗い、定着液に1時間浸す。
 8.干してできあがり

以上の話を聞いてみるとやっぱり大変な作業工程です。
そして仕上がった草木染毛糸で設計図に従ってベストを編んでくれたのです。
もう「感謝」以外の言葉がありません。
「定着液」はユザワヤなどで売っているとのことですが、媒染剤のことだと思います。
染めた毛糸を水できれいにすすぐという工程がないのは聞きそびれたからでしょうか。

草木染めは原料と仕上がりの色の差が大きく驚きます。
ビワの葉で染めたら、緑色になるのかそれとも黄金色になるのか?
いえいえ、渋い桜色になりました。

工業製品ができる前はどこの国でもこうやって手作りで染め上げていたのでしょう。
木綿の花(実)から糸を繰り出すのだって大変で、その糸で布を作るのがまたまた大変な労力がかかり、そこから裁縫して衣服を作り出すのですから昔の衣類が高額だった理由もわかります。
江戸時代の人は布が擦り切れるまで徹底的にリユース、リサイクルしていました。

工業製品は安くて便利ですが、それだけにあっけなく捨てられゴミの山。
人間の営みの基本は手作りですから、それだけに心が伝わり、愛着も湧きます。
世界にたった一つしかなく、値段が付けられないものでしょう。