★庭のミソハギ 

 
   高さ60cmぐらいで盆花(ボンバナ)ともいわれる

ミソハギは“禊萩”と書くのにミソギハギとは読まず、ミソハギと言います。
この花を初めて知ったのはもうずいぶん前、父の新盆の時でした。
田舎から菩提寺の御坊様がお経をあげに来るというので、あわてて新盆の飾りつけなどを調べている時にこの花の名を知りました。
お供物などに水を遣る時に、この花の枝に水つけて振るのだとか。そんな習慣は聞いたことがなかったので驚きました。
川崎ではどこにも売っていないので省略しましたが気にはなっていました。

最近ではいすみ市でもおなじみのお馬さんや蓮の葉など、手軽でおもちゃみたいなお盆セットが売り出されております。でも川崎同様、そこにミソハギは含まれていません。

地元の旧家の方にお伺いしたところ
 「あぁ、ミソハギね。昔はそれに水をつけて振ったそうだけど、今はしないねぇ」
という話でしたから、昔は確かにこの地域ではそのような習慣があったようです。

禊(ミソギ)とは邪を払うために身を清めること。
萩の花に似た花が咲くこの枝を水に浸して振るという作法は“場を浄める”という意味があったと思われます。
いわば「悪霊祓い」のしぐさで、それに使用するからミソギハギ➔ミソハギになった。

ところが、ミソハギは畔や川辺など湿地に良く育つから“溝萩”が語源だという人もいます。
また、水に浸して振る意味は「亡者の渇きをいやすため」だと説明する人もいます。
今日では名前の由来も、しぐさの意味も本当のことは分からなくなってしまいました。

蓮もミソハギもいすみ市ではそれほどめずらしい植物ではありません。
盆花や仏花は昔は買って来るものではなく、庭の花や野の花を摘んで盆棚を飾り、ご先祖様を迎えたのが始まりでしょう。
ミソハギはこの時期に咲く花としては大変丈夫で長持ちし、しかも美しい。
この花でご先祖様を迎えようと決めた庶民の優しい心根が感じられます。

この花が咲くともうすぐお盆になり、どんなに暑くとも秋の気配が忍び寄ってきています。

    みそ萩や 水につければ 風の吹く    一茶

 

スポンサーサイト

★夏だ!さそり座を見つけよう 


  画像左は JAXA から、右は GonKunKan さんからの引用
  右画像はクリックで大きくなります。

星を線で結んでも星座の絵を思い浮かべるのは難しい。
大熊座、小熊座って、なんであんなに尻尾が長いんだ。そもそも絵がおかしい。
さそり座は星を結ぶとサソリの形になるので、最もわかりやすい星座の一つです。

南の空、やや低い場所に真っ赤に輝く星がサソリの心臓、アンタレス。
右上が頭、左下が尻尾の大きなS字型で横たわっています。
アンタレスとはアント・アレース、つまり火星の対抗者という意味で、火星と赤さを競いあっている星という意味です。
日本では赤星とか酒星とか単純な名前ですが、古代中国でもギリシャローマでも赤い色を血の色、火の色とみて戦乱の不吉な星と見ていました。
美川憲一「蠍座の女」では、一途な女の毒は後で効く、のだそうです。

尻尾に二つ並行して輝く星が日本では「猫の眼」でかわいらしい。視力検査にも使われました。

連日の猛暑日で陽が落ちても室温はまだ30℃を越しています。(エアコンがないので)
ところが外は風が吹いて涼しい。
そんな日は外で夕涼み、あるいは夜空を眺めて散歩が正しい過ごし方。
ヒグラシ蝉が鳴き始め、今晩あたりからは月の光も涼しげな感じです。
秋の虫だってもう鳴きはじめています。

ちいさな双眼鏡でもあれば、画像のM6、M7という星団を見つけることができます。
今の季節は銀河が北から南へ流れており、双眼鏡では肉眼で見えない星々が見えます。
何がなんだかわからなくとも、こんなに星があるんだと感激します。

都会でもビルとビルの合間からさそり座を見つけることは容易です。
ましていすみ市ならば、360°の星を眺めるのは容易で、うっすらと天の川も見えます。
ひとつ星座をきちんと覚えると、次の星座を覚えるのはラクな作業となります。

天の川の中に雄大な白鳥座、その左右にこと座(織姫)、わし座(彦星)が見分けられるようになると、夏の夜空は単なる星のばらつきではなく、壮大な物語を語るようになります。
もしかしたら天空からの音楽だって聞こえてくるかもしれません。
さぁTVを消して外へ出よう。

 

 

★上総水電・総元(フサモト)水力発電所跡 

 
  発電所の廃屋。当時はモダンな建物だった 

夷隅(イスミ)郡大多喜町にいすみ鉄道・東総元駅があります。こじんまりした無人駅なのに手入れが行き届いているのは地域に愛されている駅だからでしょう。
踏切を渡り、小学校を過ぎた十字路を左へ折れ、うっそうとした細道を夷隅川に下っていくと、人影もなく穏やかな夷隅川が静かに流れているだけです。
ぼんやりと川の流れを眺めるにはとても良い場所です。

ここがかつての上総水電KKの総元水力発電所の跡地だとわかる人は地元の人でもまれになってきました。
しかしよく見ると駅方面からの細い水路の横にコンクリ遺構が見えます。これが総元水力発電所の排水口です。今はただのトンネルにすぎません。画像↓
 

橋を渡ってもと来た道を戻る時に、坂道右手にしゃれた廃屋があります。これが当時の発電所だそうです。発電所のイメージとはだいぶ異なりますが…。

小学校の十字路に戻り、右に曲がると駅ですが左に折れて石神方面へ進むと夷隅川を渡る立派な橋があります。
ここに取水口がありました。今はコンクリ残骸が川床にわずかに残るだけで、旧橋梁の残骸かと思ってしまいます。

上総水電KKによる昭和3年設立で97kw。初めて地元の家屋に電灯がともりました。揚水機や脱穀機の電源にもなり、人々の心にも灯がともったことでしょう。
ところが取水口にも排水口にも看板の一つもなく、かつて村人の希望の星であった総元発電所があったことは完全に忘却のかなたにあります。

旧夷隅(イスミ)郡内の夷隅川水系ではこの総元発電所を含めて3か所の発電所がありました。
     旧西畑水電、宇筒原水力発電所跡(夷隅郡大多喜町)
     旧上総水電、苅谷水力発電所跡(いすみ市苅谷)

日本に原子力発電所が建設され、「大きいことはいいことだ」という時代風潮の中で、地元のエネルギーは「非効率」として切り捨てられて廃墟になりました。
米国製の超高価な原子力発電システムを購入しましたが、もともと設計思想に津波対策がありませんでした。
津波への度重なる警告を無視してきた東電や政府の責任は大きい。

その反省から、小さな発電所を無数に作ってネットワークで結ぼうという動きが出てきました。
夷隅(イスミ)郡大多喜町では小さな水力発電所を養老川に建設中です。その話は来週金曜日の予定です。

―――――――
◆突然、夷隅川に大量のアカエイ現われました→● 
 わたしが見に出かけたときは1匹もいませんでした。残念。

★トウモロコシの食べ方 

 
   なに、皮ごとチンするだけです

カラスの攻撃を受けたトウモロコシ。→● 
無傷で残ったトウモロコシを守るためにネットを張りました。ハクビシンやタヌキからも守ろうと厳重にはりました。
そのトウモロコシが収穫時期を迎えました。
大きくないけれど立派なものです。すごくウレシイ。
種から育てて一人前にするのはシロウトには結構難しい。
わたしたちの技量からすれば、これは奇跡的なできごとです。

トウモロコシは収穫したとたんに鮮度が落ち、糖度も下がっていきます。
だから畑に行く前にお湯を沸かしておくという人さえいます。
だけど何有荘ではトウモロコシをゆでません。

◆レンジでチン、蒸しトウモロコシの作り方
 1.外側の皮をむき、本体に数枚の皮を残してラップする。
 2.600wの電子レンジで、1本4~5分チンする。
 3.アツアツですから火傷に気をつけて召し上がれ

くれぐれも申し添えますが、皮を全部むいてはいけません。それでは皮から出る水分や香りを最初から捨てることになります。
アツアツのトウモロコシの皮をむく時に香りが立ち上がるのが良いのですよ。

塩やバターをつけて食べる人もいますがお好みでしょう。
何有荘では何も加えません。
それがトウモロコシ本来の味で、とてもおいしい。

お客様が来た時は歓迎の意味で、炭火で焼きトウモロコシにすることもあります。
この場合は皮を全部つけたまま遠火の強火で焼きます。
外側の皮が焼き崩れた頃が食べごろです。

トウモロコシの皮をすべてむいて輪切りにしてバーベキュー。
やむ得ない方法だと思いますが、本当は皮をむかないで焼いてワイルドに食べる方がずっと瑞々しくておいしいのです。
お試しあれ。

 

★ブルーベリーのコンフィチュール (confiture) 

 

何を気取ってんのか、要するにジャムのこと。
コンフィチュールはフランス語。ドイツ語ならばコンフィテューレ(Konfitüre)。
最近はカッコつけてジャムのことをコンフィチュールなどと言う人がいるので戸惑います。
そんな人に出会ったら、「あぁ、砂糖煮ね」と軽く切り返すことにしましょう。

ブルーベリーの砂糖煮なんか子どもでもできるから私にも作れます。
砂糖で煮ればよいのですが、一応レシピをアップします。

◆材料 ブルーベリー300g 砂糖150g レモン1個
  ※砂糖はグラニュー糖が扱いやすい。茶色の砂糖でも白砂糖でもOK。
  果実重量の同じ重量の砂糖が基本だが、甘さひかえめ50%~30%でもOK。
  砂糖濃度が高い方が保存性が高く、甘さ控えめはさっさと食べよう。
  今回は50%です。

◆作り方
 1.よく洗ってゴミや傷んだブルーベリーは除く。
 2.ホウロウ鍋に入れて中火~強火で炒める感じで転がす。
 3.ジュースが出てきて全体が覆われるくらいになったら砂糖投入。
 4.沸騰してアクが出るので取り除く。10分程度中・強火で煮詰める。
 5.まだトロトロだがと思う所で火を止め、レモン果汁を加える。
 6.煮沸消毒したビンに詰めれば出来上がり。

簡単でしょ?
焦げない程度に強火ですばやく手を動かしてかき混ぜるのが少し面倒。
ていねいにアクをすくい取るのがコツですかね。
煮詰めてあるのだから少々トロトロでも気にしない。固まっているよりずっと良い。
もし時間があるのならば、先に砂糖とブルーベリーを合わせて鍋に入れておきます。
1時間もすればジュースが滲み出てきて、そこで火にかけます。
どんな果実でも、どんな砂糖でも、どんな作り方でも砂糖で煮ればジャム、おっとコンフィチュールができてしまいます。

手づくりコンフィチュールをヨーグルトやトーストにかけ、ハーブティーを飲み、モーツァルトでも聞けば夏の暑さも吹き飛ぼうというもんです。

なお、ブルーベリーは里山仲間さんから摘みにおいでよと誘われ、蚊に刺されながらもどっさり収穫してきたものです。仲間に感謝。

 

★レモングラスの収穫 

 
   傍目(ハタメ)には大型雑草と見間違う

「雑草共生栽培」などと称して、省労働畑作、つまり手抜き栽培をしています。
とはいえ、レモングラスがまだ十分に成長していないときは、他の雑草に負けないように周囲の雑草は刈りとって周囲に敷きました。
ススキやメヒシバなどイネ科の雑草とそっくりなので雑草を刈る時は注意が必要です。
ちょっと葉を揉めば、さわやかレモンの香りですぐ区別できるのに、うっかり切り落としてしまうこともありました。

ここまで大きくなれば雑草に負けることはありません。これからますます大きくなります。
もっと大きくしてから収穫しようなどと欲張らず、7月下旬、今頃が第1回の収穫です。
切株からどんどん新芽が伸びて9月になればもう一度収穫できます。
3回目の収穫はたぶん今年は行わず、越冬のために自分の体を養ってもらいます。

昨年の冬は寒さが厳しく、地植えの株は大部分が枯れ果て、鉢上げした株も大きなダメーッジを受けました。
5月が過ぎてからも成長の速度は遅く、茎の数が増える「分けつ」もはかばかしくありません。こういう年もあるのだと思うことにしました。

レモングラスは最盛期を過ぎると葉の先端などが茶変してしまい、ティーにしても「枯葉臭い」香りが混じって品質が低下します。
だから最盛期の一歩手前の若々しい時期が収穫するタイミングです。

フレッシュでティーにし、冷蔵庫で冷やして飲むと夏の暑さも吹き飛ぶ感じがします。
茎の下部は丸く太く、トムヤンクンなどタイ料理では必須の材料となります。
特にタイ料理にこだわらず、和風・洋風・中華風料理に、レモン風味の香りづけに煮物・焼き物に大活躍します。

ところが保存のために、この太い部分を完全に乾燥させるのには時間がかかります。
昨年はうっかり手抜きをしてカビにやられてしまいました。
慣れてくると手抜きするのは、わたしの悪いクセです。

数か所に分散栽培しているレモングラスは昨日、収穫しました。
水洗いのために風呂場に持ち込むともうレモンの香りでいっぱいです。
今年の初物ドライレモングラスが間もなく完成。それが待ち遠しい。
11月3日の「岬町ふるさと祭」に今年はカビさせずに出品するのが目標です。

 
 

★奇妙なタマムシをゲットした 

 
  大きな目で仮面ライダーに似ているが少しオカシイ

コンビニの駐車場で緑色に光る物体を発見しました。
手に取るともう死んでいましたがタマムシです。でも違和感があります。どこかオカシイ。
よく考えたら、そりゃそうです、触角が取れてしまっています。
死んでから時間がたち、脱落してしまったのでしょう。それでも輝きは失われていません。

いすみ市ではタマムシはめずらしい昆虫ではなく、暑い日には空高く飛んでいます。
スリムな体で、全身メタリックグリーン、縦に二本の赤いストライプ。
これが光の加減、見る角度で金色に輝いたり、深いブルーになります。
(見る角度で違った解釈ができることを玉虫色という、その語源です)
子どもだった頃、手に持った虫の位置を変えたり、自分の顔の位置を変えたり、片眼で見たり両目で見たりと飽きずに眺めたものです。
だって裏側(腹側)だってメタリックなのですよ。まるで仮面ライダー王国の王子様みたいに高貴な印象があります。

昔の人もこの羽の輝きに魅せられた人がいて、『玉虫厨子』ができました。
本物は7世紀の作品で法隆寺にありますが、かなり傷んでいます。
それを現代の技術で復元したものが下記画像の 『平成の玉虫厨子』 です。
  

『玉虫厨子』は数千匹のタマムシの羽が使われています。(誰が集めたのかなぁ?)
超高級な家具や仏具、楽器などの装飾として、普通は『夜光貝』などの貝類を薄く削って漆で貼りつける『螺鈿細工・ラデンザイク』の技法が使われますが、厨子の設計者が世に二つとないアイデアを絞り出し、玉虫の羽を指定したのでしょう。
推古天皇の持ち物だったと伝えられていますから、女帝にふさわしいエレガントなデザインに凝ったものと思われます。

もうだいぶ前になりますが、法隆寺を参拝した時に玉虫厨子を見ました。
教科書などの図版で見て想像していたよりもずっと大きく、高さ233cmもあります。
そのほんの一画に当時のタマムシの羽が残っておりました。
薄暗い部屋で、小さな懐中電灯の光に照らされてにぶく輝き、たしかにタマムシです。
千数百年を経てよくもまぁ腐食せずに残っていたものと感激し、合わせて当時の厨子の素晴らしさを想像したものです。
今日では復元模型もあり、インターネットもあり大変便利な時代になりました。

触角がないとはいえ、せっかくタマムシをゲットしたのですから、そのまま捨ててしまうのはもったいない気がします。
小学生の頃、そうしていたように虫ピンで刺して飾っておくことにしましょうか。

 

★上総水電・苅谷水力発電所跡 

 
   現在は農業用ダムとして使われている

東電が原発事故の不始末をすべて消費者にかぶせて電気料金を10.28%上げると勝手に通知を出し、あちこちからブーイング。
それで昨日、8.47%台に圧縮すると報道されていました。やむえない措置とは思うけれど、心は納得できません。

東電が関東唯一の独占企業になったのは戦時中の政府の合併政策で、それ以前は各地に中小の電力会社が独立企業として存在していました。上総水電もその一つです。
画像はいすみ鉄道・国吉駅近くにあった旧上総水電の苅谷水力発電所の施設の一部で、遠くにいすみ鉄道の赤い陸橋が見え、夷隅川のなかなか絵になる景色です。

原発なんかなかった頃、いすみ市に水力発電所があったのです。
地元の人の話では、ここで取水し、苅谷橋付近まで地下の導水管を通し、橋に隣接した発電所で落差を生かした発電をしていたということでした。
国府台の苅谷橋の横に歩行者専用の橋があります。二つの橋の間に導水管のなれの果てのような水路が見えました。それが旧導水管だったという確証はありませんが。

この取水堰も現代の産業遺産として保存していくべきだと思っています。
少なくとも看板の一つぐらいあってもいいんじゃないですかねぇ。
もしもこの導水管が多少の整備費で復活するならば、地域の独立電源としての利用価値もありそうです。
巨大な風力発電所をどこかに立てるよりは簡単な気がするのはシロウトの思いつきでしょうか。

上総水電の苅谷水力発電所は完成大正12年、出力は75kw。
このダムは当時から農業用水としても使われており、稲作の時期には大きな役割を果たしました。
しかしその時期に雨が降らないと、農民たちと上総水電との間で水利権を巡ってトラブルがあったと伝えられています。
新たに最新式の小型水力発電機を設置するにしても、地元の水利権者との調整が必要になるでしょう。
近くの大手コンビニが資金を出してくれるといいのですが。

上総水電は地元で吹き出す天然ガスを利用した発電所も持っていました。
「苅谷火力発電所」は47kw。その跡地は地元の人も知らないという話でした。
水力にしろガスにしろ、地元に眠るエネルギーを利用した点がすばらしい。
もっとも、それでひと儲けしようという胸算用はあったことでしょう。

とにかく大正12年になって初めて電灯のまぶしさを感じた人々のうれしさと感動はいかばかりであったかと想像します。文明開化がようやく夷隅にも訪れたのです。
昨年の計画停電を経験したわたしたちも電力のありがたさを実感しています。

制御不可能な核発電所はすべて閉鎖し、再生可能な持続的エネルギー、つまり太陽光・水力・風力・波力・潮力・バイオ発電の時代です。
昔の人は今そこにあるエネルギーをどう利用するかに真剣に知恵を絞ったのです。
そしてちょうど今から90年前、いすみの地元に夢だった水力・火力発電所を作りました。
今の時代、昔の人のその努力と情熱とに学ぶべき時でしょう。

  

★トウモロコシ無惨 

 
    犯人は誰だ?

畑のトウモロコシが大きくなってきたのでネットをかけるつもりで買ってきたのに、反原発集会に東京まで行くから、帰ってきてからにしようと思ったのが間違いでした。
畑に行ったらやられていました。

この地域では容疑者はたくさんいます。
タヌキ、ハクビシン、カラス、キジ、ムクドリ…。
山近くの友人はイノシシにやられたと言っていましたが、この近辺はいません。
画像のように皮がむかれ、裏も表も一粒残らずきれいに食べられています。
人間様でもこれほどきれいには食べないでしょう。
この食べ方から犯人を特定できます。カラスです。

カラスはトウモロコシの皮をむき、中の実を食べることを知っています。
食べるのに邪魔な皮を器用に引きむいて食べます。
しかも食べごろになってから。
アンタのために育てたんじゃないよ、と言いたいけれど、カラスの方はここは天国だぜ、エサはいくらでもあるし、無農薬だしとご機嫌なのでしょう。
カラスなぜ鳴くの、人間ってアホだから。アッホー、アッホー、アッホー。

被害が1本だけだったのは、不幸中の幸いです。
味をしめてまたやって来るに違いありません。
トウモロコシの区域の四隅に杭を打ち、キューリネットを何重にも張りました。鳥よけネットよりも安いのです。

細くて丈夫なネットは日差しの問題はまったくなく、漁網と同じように鳥は羽が絡むのを嫌って近づかないと聞いています。
ネットの下をかいくぐって入り込む連中もいますから、その辺も厳重に始末しました。
もっとも連中はその気になれば、どんな困難も突破してしまいますがね。

先日、電柱にカラスが数羽とまって騒いでいました。
そこへ1羽また飛んで来たと思ったら、口移しでエサを与えていました。
親子のようです。
カラスもツバメもスズメもようやく自分の力で飛べるようになった今日この頃です。
車を運転していると、ぶつかりそうになる鳥はまだ社会経験の少ない今年生まれの鳥なのでしょう。

トウモロコシは食べられちゃったんだからしょうがない。若いカラスか、母カラスか知りませんが今回は許してやろう。

  

★太東埼海岸のスカシユリ 

 
   絶滅危惧種で7月から8月にかけて咲きそろう

黒いドットがある鮮やかなオレンジ色の花で、花だけ見るとオニユリやクルマユリに似ています。背がそれらよりも低くて50~60cm、葉が密集しているのでがっしりとした印象を受ける野の花です。
多くのユリと同様に6枚の花弁のうち、本当の花弁は3枚だけで、残りの3枚はガクです。
そしてどちらも葉が変化したものだと学者はいいます。
「花弁に見えるが花弁ではない」という知識があるかないか、時々有名中学入試問題に出題されますが、そんな知識が受験生に必要なのでしょうか。

千葉県では絶滅危惧種Ⅱ類に指定され、いすみ市でも天然記念物である「太東海浜植物群落」以外ではほとんど見かけません。
たまに海岸の断崖絶壁の岩肌のわずかな隙間に咲いているのを見かけると「オーッ、お前も頑張っているな」と共感してしまいます。

「太東海浜植物群落」はわが国の指定天然記念物第1号となっています。
昔はずっとずっと広い海岸砂丘に様々な海浜植物が咲き乱れていたのでしょう。
ところが太平洋の荒波に削られ、あるいは海流の変化で砂丘そのものが風前の灯です。
海岸砂丘の雰囲気はもはやなく、護岸工事がなされた海岸にそって幅50m、長さ300m程度の「荒れ地」が柵で囲まれて保護されています。

広大な自然堤防、海岸砂丘に海浜植物の群落があることが貴重だったのに…。
しかも毎年のようにコンクリ護岸は波で崩され、補強工事を繰り返しています。
「太東海浜植物群落」は存在自体が今は貴重になってしまいました。
そこに絶滅危惧種のスカシユリがこの季節にだけ咲いて、見捨てないでくれと言わんばかりにその存在をアピールしています。

スカシユリは絶滅危惧種ですから保護するのは当然ですが、いすみ市の宝として積極的に増やすことは考えないのでしょうか。
観光の目玉として、満開の写真はあちこちで見かけるけれど、本物は市の関係施設の花壇にもありません。

岬高校園芸科でスカシユリを増殖して市民に配布してくれませんか。
小学校の総合学習や課外活動で扱えば、地域の花として愛着が湧くでしょう。
「千葉県いすみ環境と文化のさとセンター」は絶滅危惧種のミヤコタナゴは飼育しているのですから、スカシユリの増殖を行ってもおかしくないでしょう。

何有荘でスカシユリの球根をホームセンターで買って育ててみたら園芸品種でした。
カラフルでかわいい花が咲きましたが、絶滅危惧種・スカシユリとは別物です。
考えてみれば絶滅危惧種のスカシユリが市販されているわけがありませんね。おろかなことでした。
絶滅危惧種の無断採集は罰則規定がありますから、その増殖拡大は個人が行うことではなく、行政の力が必要です。
増やしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。