★万木城悲話(2) 狐(キツネ)火  

 
    南中村交差点から峰谷山、小高方面を望む

豊臣秀吉の小田原・北条攻め(1950年)にともない、房総半島は徳川勢の圧倒的な戦力の下で蹂躙(ジュウリン)されました。
上総土岐氏の居城、いすみ市の万木城も本田平八郎忠勝(後の大多喜藩10万石領主)を筆頭とする徳川勢数万の兵に囲まれ、抵抗むなしく落城しました。

――いつの頃からか焼け落ちた城のふもとの万木村から狐火(キツネビ)が出るというといううわさが広まった。
それがいつも同じ日に出るということで、村人はその日が来ると早々に雨戸を閉めて狐火が通り過ぎるのをまんじりともせずにやり過ごしていた。

そのうちに狐火がいつも同じ道を通ることに村人は気付いた。万木城から出て夷隅川を渡り、峰谷山に向かってぞろぞろと並んで登っていく。
これは何のたたりなのかと村人は話し合ったが、誰かが戦争で死んだ兵士たちの霊なのではないかと言い出した。そうにちがいない、霊が浮かばれないのでは気の毒だ、どうしたら良いだろうかと話し合ったが良い知恵など浮かばない。
そのうち、狐火の通り道にあたる家のおばあさんが、小豆飯を炊いてにぎり飯にし、それを葉蘭の葉で包み、通る道の角々に置いたんだって。翌朝、そのにぎり飯はすべてなくなっていた。
その話を聞いた村人は、「やっぱしなぁ、かわいそうによぉ、腹が減ってたんべ」と話し合い、その日になると村をあげて握り飯を作り、通りの角々に置いた。

やがて狐火は次第に少なくなり、そして腹がくちたのだろうか、村人の供養に満足したのだろうか、狐火はまったく出なくなった。
狐火は峰谷山から小高にある小さな祠(ホコラ)に向かい、その先に向かう火を見たものはいなかったという。その祠で何があったのかを知っている村人は誰もいない――。
                                        (『いすみの民話』より)

万木城攻防戦を記録した文献は今のところありません。城主・土岐頼春が戦死したか、
それとも脱出して生き延びたかさえ定かではありません。
しかし万木城は炎上して落城したのですから、討ち死に覚悟で最後まで徳川勢に激しく抵抗したことは確実です。その際、徳川勢の背後を急に衝く作戦があったことは十分考えられることです。
隠密裏に一部隊が峰谷・小高方面に展開し、山の森陰に潜んで時期をうかがいましたが、その作戦は見破られました。包囲され、報われることなくその兵士たちが全滅したことを村人は薄々知っていたのだと思われます。「その日のそのルート」はその隠密行動を暗示しています。
おそらく土岐氏は領民たちに愛されていたのでしょう。その兵士たちの無念の思いを慰めるべく、生み出された伝説だろうと推測しています。

  

スポンサーサイト

★竹塩作り 

 
      白い筒状の塩、コンクリのように固まっている

知人のYさんは雑誌『現代農業』の読者で、里山の会員です。里山の炭窯を使って念願の「竹塩」を作り、きょうは窯出しだからというのでつきあいました。

竹塩は孟宗竹の中に塩を入れ、そのまま竹炭にすると、中で塩が融解し、冷えると竹のエキスを吸い取ってまるで石灰岩のように固くなってできる塩です。
詳しい作り方が 雑誌『現代農業』06年5月号 に載っており、それでいつかは作りたいと思っていたそうです。

竹炭が食べられるという話をご存知ですか? あまり食べたいとは思わないけれど、微粉末は食品(添加物)として流通し、遠赤外線・強力ミネラルパワーなどと一部の人々の絶大なる支持を得ています。
以前、真っ黒けなカリントウを分けてくれたのはやはり里山会員のSさん。竹炭入りのカリントウだそうで、食べてみたらおいしかった。

その竹炭パワーを食塩に移したものが竹塩です。
竹塩は味がまろやかで、分析の結果はナトリウムや塩素だけでなく、カリウム、マグネシウム、ケイ素、リン、カルシウムに富み、イオウ、マンガン、鉄なども析出され、さらに遠赤外線まで放出するということでした。

このままではまるで岩塩ですから使い物になりません。岩塩のようにピカピカと一部は結晶化しています。
これをハンマーか何かで粉砕し、さらに微粉末にして売りに出そうというのがYさんの考えのようです。
その作業もまた大変そうです。

容器にした孟宗竹が割れて内部の塩が流れ出た「失敗作」をいただいで帰りました。
塩の固い結晶の中に竹炭が混ざり込んでおり、とても食品には思えませんが何とか工夫して「竹塩」らしきものをこれから家で作ってみようと思っています。
加熱処理されているし、塩も竹炭も食品だから、うまくいけば良いのですが…。

 

★曼珠沙華と東浪見(トラミ)甚句 

 

太東の鳴山(ナリヤマ)を過ぎると東側は農村地帯となり、行政区はいすみ市から長生郡の東浪見へと変わります。
東浪見海岸からずっと北の飯岡海岸までが九十九里浜で、江戸時代から近代初期までイワシを中心とした地引網でにぎわいました。
いま東浪見海岸はイワシの姿は見えず、サーファーでにぎわっています。国道脇には大漁を祝った東浪見甚句の石碑が建てられていますが、国道沿いなので車はアッという間に通り過ぎてしまい、気づく人はあまりいません。

         東浪見甚句
   はぁ~ 太東岬で 入熊見れば 明日も大漁か 鳥の群

その石碑前には曼珠沙華が花盛りでした。
別名、彼岸花の名の通り、秋の彼岸の頃には咲き始めましたが、今年は開花が例年よりも1週間ほど遅いようです。これから咲こうとするツボミも数多くみられます。

くるくるとカールした細い花びらが多数放射状に開いた美しい花ですが、墓地に植えられたことから「死人花」と嫌う人も多いそうです。
球根に毒があるので、土葬だった時代にモグラやネズミから遺体を守るために植えたのですが、最近の墓地は公園化しており、曼珠沙華を見る機会は減りました。
それにともない、墓地との連想は希薄となり、外国産の曼珠沙華の仲間がリコリスの名で園芸店で広く販売されるようになっています。

リコリスの花の色は黄色やピンクなど各種ありますが白い花もあります。
曼珠沙華の本来からいうと、この白いリコリスこそ曼珠沙華の名にふさわしい。
曼珠沙華は古代インド語であるサンスクリット語の manjusyaka マンジュシャカ を漢訳したもので、曼珠だけを取り出すと、マンシュ と清音化し、京都の曼殊院が有名です。
曼珠の意味は「愛楽=仏の教えを乞い求める」だそうです。
一方、曼珠沙華はというと、仏様が説法を行った時に天から降ってきた花の一つとされています。いまでも由緒ある寺院では説法の時に「散華」が行われています。
その花の種類は四とも五ともいわれていますが、そのどちらにも曼珠沙華は含まれます。
そして古代インドでは黄味がかった白と理解されたようです。
ところが中国で「紅赤」となり、日本もそれを踏襲しました。

いずれにせよ、天界で咲く花が地上で咲いているわけですから、美しいのはあたりまえ。
昔の人は本当は天界で咲く花だと思ったようです。

 

★レモングラスとニンニクのアサリ蒸し 

 
   黒いスチームケースでつくりました

知人からシリコン樹脂でできたスチームケースなる調理器具を頂きました。
レシピはついていたものの、どれもなじみのない料理なので、とりあえずおなじみのアサリ蒸しを作ってみました。

スチームケースは一体型の弁当箱みたいな形で、上部のふたは観音開きになります。
内部に食材をすべて投入し、電子レンジでチンすれば出来上がりという優れものです。
蒸しアサリなんぞ、フライパンで作れば十分なのですが、物は試し、スチームケースに慣れるための料理です。

◆レモングラスとニンニクのアサリ蒸し
<材料>
 1.5cm幅でカットしたレモングラス。
 2.新鮮で砂抜きしたアサリ
 3.ニンニクの醤油漬けとその漬け汁
 4.玉ねぎ小、半分

<作り方>
 1.アサリは貝殻の汚れをよく落とす。
 2.玉ねぎは薄くスライス。
 3.ニンニク漬けは醤油味、自家製。スライスして漬けてあります。
 4.レモングラスと上記をすべてスチームケースに入れてチン5分。
 5.ふたをしたまま2分ぐらいそのまま余熱で蒸す。

材料の量がすべて適量でゴメンナサイ。それぞれお好きな量でお試しください。
アサリや玉ねぎから水分が出ますし、漬け汁もあるから特に水やお酒を加えていません。
それで十分おいしいスープができています。
お酒やバターを加えると別料理になりますが、それもおいしいですヨネ。
味が薄ければ醤油をタラリとかけ回せばよろしい。

スチームケースのフタというか扉を開けると、ホンワリとレモングラスの香りが食卓に広がり食欲をそそります。初めての調理器具、うまくいきました。
レモングラスをティーだけに使っているのはもったいない。煮物・焼き物にレモン感覚で使えます。

 

★サンマの梅・梅酒煮 

 
   庭のパセリとニラの花を添えてみました

今年は大震災+大津波+原発メルトダウンの影響でサンマが高い。1尾130円もします。例年ならば98円ぐらいなのに。特売日だと3尾100円の時もありました。
とはいえサンマはまだ庶民の味方で、もう何回か炭火焼きにしていますし、お刺身にして頂いています。
今回は何有荘秘蔵の梅干しと梅酒をつかった梅酒煮です。
なに難しいことは何もありません。煮るだけですから。

◆サンマの梅酒煮<材料>
1.新鮮なサンマ2尾
2.梅酒と水、各100cc (適当です)
3.柔らかい梅干し 小2個
4.醤油 大さじ1
5.砂糖 大さじ1
6.生姜 1かけ

<作り方>
1.サンマは2~3切れぐらいの筒切り。ワタは除きよく水で洗い流す。
2.鍋に梅酒、水、スライスしたしょうが、梅干しを入れて火にかけ
   煮立ったらサンマを加える。
3.落としぶたをしてゆっくり20分ほど煮る。
4.砂糖、醤油を入れてさっと火を通して出来上がり。

*梅干しを使ったサッパリ系に仕上げたかったので味醂を使いませんでしたが、
 甘煮系が好きならば梅干しを外し、味醂を加えます。
*梅酒がなければ日本酒で代用できます。
*煮汁の量はサンマがひたひたに浸かる程度です。

秋の虫の音を聴きながら、照明を暗くし、日本酒を傾けサンマをいただく
日本の秋の魅力です。

 

 ★万木城悲話(1) お福様 

 
   何も知らないと不気味に見えなくもない(海雄寺蔵)

いすみ市には戦国時代末期に上総土岐氏の万木城(マンギジョウ)がありました。
いまは城址公園となり、天守閣を模した奇妙な展望台があります。そこから晴れていれば東に太平洋、西に富士山、眼下に農村地帯を見渡せる景色のよい場所です。
その近くの海雄寺(カイユウジ)は土岐氏の菩提寺であり、全長5mの青銅製の釈迦涅槃像があります。その脇にひっそりと「お福様」の像が祀られていることを知っている人はあまりいません。

万木城城主・土岐太夫こと土岐頼春の一人娘・福は十八歳。あまたくる婚姻の申し込みをすべて断っていたのは観音信仰に深く帰依していたからでしょう。
お福はしばしば城を抜け出しては乞食や巡礼に姿を変え、領内を巡っては戦場で倒れた無名戦士に経を手向け、貧しい領民に施しをしていました。あるいは父母を亡くした戦争孤児を慰めるためにと一緒に遊んでおりました。
お福がどんなに姿を変えても本当はお城のお姫様であることを領民は知っており、そうした彼女を領民は観音様の化身としてあがめ感謝し、慕っておりました。

お福さんがくると子どもたちは一緒にぞろぞろと歩きました。こんな歌を歌いながら。

    お福女さまが通る
    お福女さまが通る
    すすきが原の桔梗花
    観音様のお使いよ

桔梗花とは土岐氏の家紋である桔梗の花を、美しいお福様に例えたものであります。
わたしが万木城を訪れた時は、たまたま祭礼の日で、子ども神輿(ミコシ)には金色の桔梗紋が打ち付けられておりました。

房総半島内部で互いに食うか食われるか、同盟と裏切りを繰り返してきた戦国の世は、いわば突然に終息へと向かいます。
秀吉が小田原の北条氏を攻め、土岐氏など地元勢力も多数小田原に集まり籠城しました。
その手薄になった房総半島に攻め込んできたのは本多平八郎忠勝を筆頭とする徳川勢でした。その勢いはまさに当たるところ敵なし、怒涛の侵略で「いろは落とし」と伝えられています。四十八を数えるお城が次々に陥落していったのです。

夷隅川を外堀とし、険阻な山並みを城壁として難攻不落を誇った万木城も数万の徳川勢に取り囲まれ、頼春は討ち死にを覚悟したようです。福姫も最期を共にすると願い出ましたが許されません。抜け道を使って夷隅川に出れば、そこに船が用意してあるから小浜城に脱出せよと命じられました。
万木城には数多くの抜け道が用意され、籠城の際の補給路とされてきました。今回はその秘密の抜け道を脱出路とするのです。泣く泣く父と分かれ、侍女数名と海雄寺方面に抜ける途中、後ろからひたひたと迫る足音を感じ、侍女たちはおびえます。それが敵であるのか味方であるのかはわかりません。
振り返れば山が真っ赤に燃えているように見えました。お城が炎上したのでしょう。福女は侍女を先に逃がし、ここが死に場所と覚悟を決めました。

万木城落城の後、残党狩りが行われました。海雄寺脇に女物の小物入れと大きな血の跡を徳川勢は見つけましたが遺骸はありません。彼らは付近を探索した後、小物入れを懐に入れて通り過ぎました。
それを物陰から見ていた村人はそこが行方不明になったお福様の自害の地だと信じました。観音様が自害したお福姫様を敵の目にさらすことを不憫に思い、姫の遺骸をいずこかに隠したのだと信じました。
村人はその地に花をささげ、線香をたむけました。村人はその後、改めて姫の生前の姿を写した木像を造り、亡き姫を慕い偲ぶことにしました。
木像になった福姫様は海雄寺で今も穏やかに村人たちの幸福な暮らしを見つめ続けています――。

この物語は夷隅町出身の作家野中美弥氏の『万木城炎上』(文芸社)を下敷きにしています。
伝説そのものは残念ながら調査が行き届かず、一部は想像で描きました。いわば伝説の再生産です。いずれ機会があったら書き改めたいと思っています。

なお福姫様が脱出した道は、海雄寺脇から土岐氏歴代墓所を通り、お城公園展望台まで続く「小鳥の道」として整備され、アップダウンのあるちょっとしたハイキングコースとなっています。
小鳥のさえずりを聞きながら往時を偲んでみるのもハイキングの楽しみ方の一つでしょう。

  

★庭のミョウガの採集  

 
   白い花も咲いちゃったし、見るからに野生のミョウガ 

庭のミョウガはほったらかしです。
知人はもう採集したといっていましたが 何有荘はまだだと油断していたら、もう花が咲いていました。画像のように白いきれいな花を咲かせます。
食べるところは花のまだ咲かない花芽で、花が咲いてしまうと残念ながら味はひどく落ちてしまいます。花は飾りに使いましょう。

若い頃はたいして好きでもなかったけれど、通っていた学校が茗荷谷にありましたから、なんとなく好意は持っていました。
今ではミョウガは麺類や味噌汁の具、酢の物、刺身のつまなどに大活躍しています。
冷や奴にミョウガは逸品です。
季節の物を季節に頂くことができるのが家庭菜園の強みですね。

ミョウガを食べ過ぎると物忘れが激しくなるといわれています。
―――釈迦の弟子に周梨槃特(スリハンドク)という人がいた。彼は仏道に優れ、悟りまで開いた優秀な人物だが、どういうわけか、自分の名前を忘れてしまう。
ふびんに思った釈迦が、首から名札をかけさせたが、そのことさえも忘れてしまい、とうとう死ぬまで自分の名前を覚えることができなかった。
死後、お墓に見慣れぬ草が生えてきた。周梨槃特の生まれ変わりかということで、彼が一生自分の名前を荷(にな)って苦労したということから「茗荷(みょうが)」と名づけられたという――。

昔から世間に流通しているこの話はまったくの作り話です。
インドでは今も昔もお墓は作りません。その事実をこの話の作者は知りませんでした。
ミョウガ好きの物忘れの激しい人が、知識と教養で相手を煙に巻き、相手は感心して納得してしまったのでしょうね。
落語みたいな話ですから、今でも信じやすい人に対しては有効ですが、最後にウソだよと告げるのが親切というものでしょう。

ちなみに仏教の本場ではお墓がないのでお墓参りはしません。回忌行事とかお盆とかは日本仏教の色彩が強く、信仰心を利用した寺院の収入源のような気がします。
もっとも日本的な習慣は悪いことではなく、わたしもお墓参りには台風が来る前に行ってきました。故人を偲び、たるんだ生活を引き締めるには良い機会です。

 
 

★台風、大丈夫ですか 

    
        本日のNHKニュースより

3月の大地震このかた、連続する豪雨など自然災害が突発的で凶暴になった感じがしています。
今も時間当たり30mm程度の雨が降りだし、ちょっと外を見ています。
紀伊半島や愛知では50~100mmの想像を絶する降雨量が長時間続いたのですから、想像を絶する被害が出たのも無理はありません。

ただその被害に人為的なものがあったことは心に留めておくべきでしょう。
ここ10年間以上、公務員削減と称して消防所員の定員は減らされ続け、消防署は統廃合されてきました。治水・治山関係の防災予算も大幅に減らされてきました。
ダムを作り、河川を直線化し、護岸をコンクリで固めるという20世紀型の政策は今もゼネコンからの強力な圧力が続いています。

山林が放置されて荒れ、貯水能力が低くなっていると指摘されて何年経ったでしょうか。
いっこうに事態が改善される気配はありません。
杉の倒木を山で見たことがありますが、その根の狭さに驚いたものです。
杉や檜はその背の高さに比べるともともと根の大きさは小さく、地面をシッカリ掴む力が弱いのに密集して放置され、山の斜面は今や驚くほど弱くなっています。
杉や檜の美林として管理の行き届いた江戸時代よりもずっと事態は深刻でしょう。

わたしたちは里山活動と称して、ささやかながらも杉林を伐採して根が広く深く広がる広葉樹や雑木に植え替えてきました。
「美しい日本」とはかつてのA首相のスローガンでしたが、あっという間に辞職してしまいました。
求められているのは精神的なスローガンではなく、具体的な行動であり、それを裏付ける予算です。
血圧が上がるといけないので、これくらいにしておきましょう。

さて、河川の水位が今どれくらいか、心配ですね。
とりあえず次のサイトを紹介します。
  国土交通省【川の防災情報】

  京浜河川事務所の防災情報

  千葉県(夷隅安房)雨量と河川の水位情報サイト

 

★ローゼルの花が咲き続けている 

 
    オクラの仲間だからオクラの花に似ている

「田舎」では物々交換が盛んです。自宅で余ったものをお届けすると返礼品が届きます。
物々交換で共存共栄は素敵な暮らし方です。先日は出来立てのパンを届けて頂き、かわりにドライになったばかりのレモングラスを差し上げました。
画像のローゼルも知人から頂いたものです。知人もそのまた知人から頂いたものだそうで、そうやって交流の輪が広がっていくのは楽しいことです。

ローゼル(roselle)はアオイ科に属し、だからその花はオクラやタチアオイ、ムクゲ、ハイビスカスなどとよく似ています。
酸っぱく鮮やかな赤いハーブティーである「ハイビスカスティー」はローゼルからつくるのだとその知人から聞いて初めて知りました。

花が咲いた後のガクの部分を使うのだそうで、クエン酸をはじめ、ビタミンC、リンゴ酸、アミノ酸などミネラルがとても豊富だということでした。
9月から11月が花の時期で、ハーブティーにすると特に多く含まれているクエン酸が疲労回復や健康維持にすぐれ、風邪の引き始めなどに効果があるそうですから、季節のものを季節に頂くことになります。
お茶にするだけではなく、煮詰めてジャムにしたり、カレーや煮物に入れるなど、あるいはジンに漬けて真っ赤なお酒にしたりと使い方、食べ方もさまざまで大変有能な植物のようです。

苗を頂いて植えた場所が狭くてローゼルには気の毒なことをしました。
何の世話もせず、植えっぱなしなのに虫にも食われずにスクスクと育ったオリコウサンです。それでも頑張って可憐な花を次から次へと咲かせています。
タチアオイと同じように順番に花を咲かせ、早いものはもう種が膨らんできました。
その種は来年のために採集し、その周りの真っ赤なガクをティーなどに利用します。
まだ何も試していませんが今後が楽しみなハーブです。

  

★鯛の刺身で鯛茶漬け 

  

百舌鳥(モズ)が鋭い高鳴きをはじめ、季節は確実に秋ですが、なんですか、この暑さは。
相変わらずの残暑で食欲がないというか、料理するのも面倒です。
スーパーで生きのよい鯛の刺身が680円で売っていたので茶漬けにしました。
連れ合いさんと二人分ですから、まぁまぁの値段です。

◆鯛茶漬けの作り方
<材料>
 ・鯛の刺身
 ・漬けだれ(白ごま大さじ4、醤油大3、味醂大2)
 ・ワサビ適量、刻み焼海苔適量、刻み紫蘇の葉適量
 ・濃いお茶適量
 ・固焼き煎餅(センベイ)1枚を適当に割ったもの
<作り方>
 1.白ゴマをよく当たる。(面倒なので摺りごまを当たった)
 2.醤油・みりんを鍋で沸騰させてからゴマとよく合えて漬けダレとする。
 3.タッパーの中で漬けダレと刺身を和えて冷蔵庫で保管(最低15~30分)
 4.温かいご飯に漬けダレをかけ回し、漬けこんだ鯛の刺身を載せる。
 5.粉砕した煎餅を散らし、刻み焼海苔、刻み紫蘇葉、わさびを適当に載せる。
 6.飾りに白ゴマも散らしました。
 7.熱いお茶を刺身めがけてかけ回してできあがり。

白ゴマも摺りごまも冷蔵庫にあったもの。紫蘇の葉は庭から採集。焼き海苔は東北支援の返礼で頂いた海苔。煎餅はいつもそのへんにある。
お金がかかったのは鯛の刺身のみ。
付け合せに庭の茄子の炒め物、庭のキュウリと玉ねぎ・ワカメのドレッシングでした。

ゴマだれに漬けこんでしまうと鯛の美しい切り身がまったく泥だらけ風になってしまうのが欠点です。
それでお茶は刺身が見えるように、刺身の上から注ぎました。
お茶で刺身の表面が白くちぢれると食欲をそそります。
細かく割ったお煎餅を散らしたのも良かった。お茶漬けにはアラレが合いますがお煎餅で代用できます。
ご飯はもちろんピカピカの新米で、これはもうごちそうです。