★頼朝伝説(3) もう一つの「箸杉」 

 
  名熊の箸杉には教育委員会の説明プレートもついています。

いすみ市には岬町和泉とは別に大原町布施地区名熊にもほぼ同じ内容の「箸杉伝説」があります。画像のように名熊の箸杉は鳥居まであってたいしたものです。

――源頼朝が平家打倒の勢力を結集するために上総の有力者を訪ねて布施の名熊に来た。ここは有力武将・上総広常の館跡とみなされる殿台がある。
その近くに二本の杉が絡み合って育った高さ12mの杉があり、いすみ市の指定民俗記念物となっており、頼朝が昼食後、地に挿した箸が成長したものと伝えられている。――

①頼朝が杉の小枝を箸にした。 ②地面に挿した箸が大木になった、という二点が伝説の核心で、和泉の伝説とまったく同一です。
それは本当にあった話かとか、どちらが正しい伝承の地かなどと詮索するのはヤボというものです。その土地の人々がそのような伝説を何百年も大切にしてきたこと自体が素晴らしく、尊重されねばなりません。

ではなぜ同じような伝説が二つもあるのでしょうか。箸に使った杉が大木になるという「箸杉伝説」は実は全国各地にあり、めずらしいものではありません。
たいていは弘法大師様が食後に箸を地面につきたてたら…、あるいは坂上田村麻呂が…という形で伝わっています。
源頼朝が…という点が房総らしい特徴です。
房総武士団の戦闘力を背景に武士の時代・鎌倉幕府が成立します。房総の人々が新しい世の中の到来を地元の功績として誇らしく思い、昔、頼朝がネ…と語り継いだものでしょう。
この地域の人々はそれほど頼朝が好きだったのだと思います。

当時は杉の割り箸などはなく、マイ箸持参ということもなく、杉の小枝を小刀で切り落として箸にすることは普通のことでした。
それにしても頼朝は行儀が悪い。箸を突き立てるなんて…と現代人は思います。
杉の小枝を地面に挿すのは「神よ、ここに来たれ」という一種の呪術的行為で、神に祝福された土地であることを示す儀式です。
木を植える、杭を打つことはこの土地がその人に所属することをも示す目印でした。

若い杉の小枝なら、伝説のようにそのまま根付いて育つこともありうる話です。
実際、私の経験ではムクゲの枝を払い、後日それをサヤエンドウの誘引に使ったら葉が生えてきたので驚きました。そんなことも伝説の背景にはあるのでしょう。

蛇足:キャンパーが箸を忘れ、近くの夾竹桃(キョウチクトウ)の枝を切って箸に使ったら食中毒になったという事件がありました。夾竹桃は毒樹。箸に使うなら杉やヒノキです。

 

スポンサーサイト

★アイスプラントの花 


  100円玉ぐらいの大きさの花

今年は熱中症対策で塩味のキャンディーや飲料水がバカ売れだそうです。
では塩味の野菜はどうでしょうか。
塩味の野菜、アイスプラント(ice plant)を育てて始めて3年目。ようやく花が咲きましたから今年は種が取れそうです。

アイスプラントはアフリカの乾燥地帯が原産で乾燥に強く、土壌塩分にも強い植物として有明海沿岸の塩害除去の目的で佐賀大学で研究されてきました。
東北では津波の塩害で稲が育たないと報道されていますが、アイスプラントは有効ではないのか、と一人気を揉んでおります。

画像でも判る通り、茎葉にはキラキラ光る水滴のような小さな粒々がついております。
どうやらこれが塩味の素のようで、塩味を濃くするために塩水をかけることさえあります。
冷蔵庫のコヤシとなっていた漬け物を廃棄する時、この植物の脇に埋めて文字通りコヤシにしたら元気に育ち、塩分に強いことを実感しました。
フレッシュをサラダに利用するのが一番簡単ですが、虫に食われたりであまり食べなかったなぁ。もっと食べようと思っているうちに花が咲いてしまったのです。

JA佐賀のサイトには次のように書いてあります。
――アイスプラントは豊富な栄養素を含んでおり、カルシウムやクエン酸はもちろんの事、りんご酸やピニトール、ミオイノシトールなどを含んでいます。このピニトールとミオイノシトールはアイスプラント特有の成分であり、これはメタボリック症候群などのダイエット効果が期待出来ると言われています。
さらにピニトールは血糖値を下げてくれ、高血圧や糖尿病、高脂血症、動脈硬化などの予防に役立つかもしれないと期待されています。
アイスプラントは1つで疲労回復や精神のバランス、内臓疾患に期待できる成分が含まれている注目の野菜です。―――

学生時代からバンドの目盛りが変わらなかったのに、ここ数年でメタボに近づいてしまいました。きっと喰っちゃ寝、楽しているせいでしょう。
アイスプラントにかすかな期待をかけてきましたが、喰っちゃ寝を改めなければ効果がないようです。

 

★タープがわりに農業用遮光ネット 

 

今年はグリーンカーテンをよく見かけます。多くは窓巾だけの広さで、それはそれで効果はありますが、本当は建物全体をグリーンカーテンにすればより効果的です。
昔からの農家が家の周囲を高い生け垣で囲っているのは防犯上の理由、防風林の役目の他に生け垣による蒸散・蒸発作用も期待されているのでしょう。

何有荘の南側は大きく開けています。しかし軒の長さは直射日光が室内に挿しこまないように設計しました。それでも照り返しが室内に入ることまでは「想定外」でした。
それで夏場だけ毎年2m幅の遮光ネットを張っています。長さは8m。
照り返しによって建物本体が蓄熱してしまうことを少しでも防ぐ工夫です。

直射日光が厳しいときでも遮光ネットの下に入ると涼しく感じられます。遮光率75%。
室内はやや暗くなりますが暑くなるよりはマシです。

昔、インドの話として、猛暑で人が死んだというニュースを聞いた時は驚きました。
今は日本も同じになってしまいました。

アスファルトやコンクリートは蓄熱体ですから、密閉性の高い都会のマンションが夏は住みにくい環境であるのは小学生にもわかる理屈です。それを電気の力でしのいできました。
だからマンション住民に節電を強いるのは非人道的な仕打ちですが、都会を捨てて緑豊かな田舎に暮らすのも一つの選択肢ではありましょう。
 

 

★夏のキュウリ、料理二題 

   
   左=ピクルス       右=みぞれ酢

毎日毎日キュウリが取れるので連日キュウリをかじっています。わたしは自分で作った味噌をつけてかじっていればそれで満足ですが、連れ合いさんはスキルアップめざして新聞の料理欄を見てチャレンジしています。

◆キュウリの本格的ピクルス 作り方
 材料:キュウリ3本、米酢またはリンゴ酢100cc 黒胡椒10粒、ローリエ1枚
    キャラウェイシード小さじ1/2 塩大さじ2

 ①キュウリを洗って半分に切り、ボウルに入れ、塩大さじ2、水2カップを入れて軽くもむように混ぜ、
   重しをして24時間放置。
 ②キャラウェイシードを焦がさぬように乾煎りしてから冷ます。
 ③キャラウェイシード、ローリエ、黒胡椒、酢、水100ccをステンレス鍋に入れて
   沸騰寸前で火を止めて冷ます。
 ④密閉できる清潔な瓶にキュウリを詰め、上から上記ピクルス液を注げばOK。
   キュウリが全部液に浸かっていなければなりません。
   2~3日で食べられるようになります。長期保存するならば特に衛生に気を配ってください。
   開封しなければ1年間持つそうです。
   残ったピクルス液はサラダドレッシングに使いまわします。

◆キュウリとタコのみぞれ酢(二人分)
 材料:ゆでダコ足80g、キュウリ1本半、大根40g、三杯酢大さじ3、別に酢大さじ2

 ①タコを適当な厚さで輪切り、酢大さじ1を振りかけて洗うようにして酢を切る(酢洗い)
 ②キュウリ1本は所々縦にむき、塩少々を振って板ずりし、適当な幅で輪切り。
   酢大さじ1をかけて酢洗いする。
 ③大根とキュウリ半分をおろして軽く水を切る。
 ④三杯酢を作る。酢70cc、砂糖大さじ1/2、塩少々。
 ⑤タコとキュウリを器に盛り、上から③④を合わせたみぞれをかければ出来上がり。

※ピクルスは単に酢に漬けるだけでも大手メーカーのCMのいう通りおいしくできます。
  でもハーブやスパイスを利かせると独特の香りと味になり、高級感が出てきます。
  ハーブやスパイスの種類ははお好みで試してみるのが面白そうです。
※みぞれ酢のキュウリの表面は斜めに隠し包丁を入れておくと味がしみます。
  このみぞれ酢は応用範囲が広そうです。ちょっとしゃれているのでお客様料理にもなります。

 

★ハマナスの実の熟れる頃 

 
    太東埼灯台にて

ハマナスの実は7月中旬ごろから赤く熟し始めます。
ここのハマナスは灯台クラブの皆さんが植樹したもので、ようやく活着して元気に花も咲くし実もつけるようになりました。
茨城県鹿嶋市が南限とされていましたから育つかどうか少々心配していたのです。

ご承知のようにハマナスはバラ科に属し、バラのような華やかな花を咲かせます。わたしはバラに疎いのですが、バラの実って目立ちませんよね。
野バラの仲間はおいしい実をつける場合があります。
Dog rose というあまり上品そうではないバラから素敵なハーブがとれます。赤くて酸っぱくてビタミンCがたっぷりの rose hip といいますが、これも変な名前です。

ハマナスも赤くて小さめのピンポン玉のような実をつけ、これ以上は大きくなりません。
ハマナスの実もローズヒップと言うそうです。
ドッグローズと比べると酸っぱさが鋭くなく、甘くはありませんが少量ならば生食もできます。ティーにした後、その出し殻に蜂蜜をかけて食べると食べやすい。

ハマナスの名前を世に知らしめたのは森繁久弥の『知床旅情』1971。
映画『地の涯に生きるもの』の撮影終了後、森繁が羅臼を離れる前日に地元の人々の厚情に感じ入って作った曲。
森繁はこの花の名前を知らず、地元の人からハマナスと教えられました。
ところが地元の人はハマナシと言ったのに、森繁にはハマナスと聞こえたのでしょう。
以来、この花は二つの名前を持つようになりました。「浜梨 ハマナシ」と「浜茄子 ハマナス」

画像を見てわかるとおり、梨にも見えませんが茄子には程遠い。
食感でも茄子とは別物。どちらかと言えば梨に軍配があがると思います。

サルナシ(猿梨)はキウイの原種みたいなものですが、小さな実です。それ参考にすれば「浜梨」の命名はさほど違和感はありません。
しかし今や誤解から始まった「ハマナス」が「ハマナシ」を圧倒してしましました。
こうやって名前が変わってしまうこともあるんですね。

★頼朝伝説(2) 和泉の箸杉  

 
   「大杉碑」とある明治時代の石碑

いすみ市岬町和泉地区には源頼朝の箸杉という巨木がありました。

――江場土の兜松で休んだ頼朝一行は夷隅川を渡り、和泉地区で昼食を取った。箸の持ち合わせがないので杉の小枝を折って使い、その枝を地面にさしたところ根がついて大木になった。
V字型になった古木で、源氏の白旗にちなんで白幡杉と土地では言い習わしてきたが、今は枯れてしまった。明治時代、土地の有志が石碑を建てて伝説を後世に伝えた。――

中原からスーパーレオのT字路に向かう道の左側にあります。レオの近くで、いつも車で通っているのに気づきませんでした。
この石碑を探すのには苦労したんですよ。一説には「飯縄寺の前」とありましたからお寺さんに尋ねましたが知らないと言われました。石碑はまだ存在しているのか、石碑があっても巨大な杉はもうないのだから探す目標がありません。
地元の人に何人かインタビューした結果、若い人は知らないと言い、年配の方は見たことがある・聞いたことがあると言います。最後にOさんが、「きっとあそこんだから、行ってみんべぇよ」と案内してくれました。

そこはかつて「大杉商店」があった場所で、民家の一画・道路沿いです。
たまたま年配のご主人と出会い、お話を聞くことができました。ご主人はWさんと言いますが、近辺では大杉商店の大杉さんで通用するようです。

――大杉商店という屋号は大きな杉があったからに違いない。石碑の側にある杉は実生で勝手に生えてきたもの。50年近くなるのではないか。
頼朝の箸が大木になったというが伝説だから真実かどうかわからない。
頼朝は房総に来たあと、内房沿いに千葉市方面に北上したらしいが、房総の武者たちを招集するために三人の使者を各地に派遣した。そのうちの一人でも来たのではないか。
かつて町が石碑を管理するという話があったが、10m四方を指定地にするというので断った。そんなに取られたら住む場所がなくなっちまうからネ。―――

そのような経緯からか、ふつうはあるはずの教育委員会の説明プレートはありません。小学校の副読本として使用している教育委員会発行の伝説民話集『いすみの民話』にも載っていません。
文章にして残していないと地元の人々の伝説の記憶はいずれ消えてなくなってしまうことでしょう。

訂正:『いすみの民話』にも数行の記載があったのを見逃しました。
それによると頼朝は「余が天下を治めるころには、この杉の枝は大杉となってそびえているであろう」と語っています。

 付録:何有荘で咲いているナデシコ(園芸種)。
W杯おめでとう。


 

★二度目のレモンバーベナの収穫 

 
    風呂場で水洗いして束ねる

レモンの香りがするハーブはレモンバーム、レモングラス、レモンバーベナ、レモンタイムを育てています。このうちの何種類かをミックスしてお出しすると喜ばれます。
しかし、わたしは最近、どれもストレートで飲む方が好きになりました。
砂糖もミルクも使いません。

レモンでもないのにレモンの香りがするのはとても不思議な感じがします。
それぞれレモンと同じくシトラール、シトロネラールなどの成分が含まれているので同じ香りがするのですが、植物ってスゴイですね。地面の栄養から様々な物質を作り出します。
クエン酸は含まれていないので酸っぱくはありません。

毎日暑いですから、レモンバーベナのティーを大量に作って冷蔵庫で冷やし、麦茶代わりにがぶ飲みしています。
外で飲むと高く、1杯500円もしますが、自家製ならタダみたいなものです。
挿し木でどんどん増えますから安心してがぶ飲みできます。

保存用には風呂場で流水で洗い、10本程度ずつ束ね、水滴を自然落下させて乾かします。
水滴が落ちなくなったら自家用車に張ったネットに引っかけて乾かします。
太陽光が直撃しないように遮光カーテンでカバーしておきます。
天気が良ければ丸2日でカラカラに乾いて、ドライハーブになります。
今日みたいに雨模様の日は4日ほどかかります。
その間、運転中はルームミラーが使えないのが欠点ですが、車の中はとても良い香りに包まれて気持ちが良いものです。

 

★ガマの季節――ウナギのかば焼き 

 
   土用の丑の日ごろになるとガマの穂が目立ってくる

土用の丑の日が近づきました。ウナギは万葉の時代から夏の食べ物だったようです。
ウナギの「かば焼き」はかつて、開かないで丸のまま竹串にさして焼いたので、まるでガマの穂のようだったからだという説があります。あまりアテにならない説ですが、おもしろい話です。

痩人(ソウジン)を嗤咲(ワラ)ふ歌二首  大伴家持・万葉集巻十六

   3853 石麻呂(イシマロ)に 我物申す 夏痩せに よしといふものぞ 武奈伎(ムナギ)捕り喫(メ)せ
   3854 痩す痩すも 生けらばあらむを はたやはた 鰻を捕ると 川に流るな

――石麻呂さんに 私は申し上げたい。 夏痩せには鰻が良いというから、それを捕って召し上がりなさい。
どんなに痩せていようとも生きてさえいればそれ良い。それなのになまじ鰻を捕ろうとして川に入って流されたりするんじゃないよ。――

石麻呂と家持は親しい間柄だからこそ、このような辛辣な歌を残せたのでしょう。
石麻呂の正しい名は、吉田連老(キチダノムラジ オユ)で通称が石麻呂。渡来系薬師の家柄なのに、ひどく痩せており骨皮筋右衛門、骸骨みたいだったそうです。
薬の専門家・石麻呂にウナギを食べろと勧め、川に流されるなとからかっているわけです。

家持も石麻呂も高級貴族ですが、みずからウナギを獲ることがあったのでしょう。またそのような自然環境であったことがわかります。
ウナギが夏痩せに良いという日本の常識はこの時代にもあったこともわかります。石麻呂は夏痩せではなく、もともと痩せていたからこそのからかいの歌です。

かば焼きの話に戻りますが、ウナギを開いて「カバ色」に焼くから「かば焼き」だという説に最近は魅力を感じています。
カバ色とは「蒲色」という説と「樺色」という説があります。
ガマの穂の色に似ているという説と樺の皮に似ているという説です。樺とは白樺ではなく、桜の樹皮をいいます。
のっぺりとしたガマの穂よりも横筋が目立つ桜の樹皮の方がかば焼きに近いと思いますがみなさんはどう思われるのでしょうか。
いずれにせよ、今年のウナギは高騰して困ったものです。

 

★レディーフィンガーといわれても 

 
       赤色オクラ

オクラは実は英語。(an) okra《主に米国で用いられる》 (a) gumbo 《《複数形》 gumbos》だそうです。
日本語では「ネリ」と言うそうですが、ネリという単語も知らなかったし、オクラがもともと英語だということも知りませんでした。
ところが別名が「レディーフィンガー」ということだけはインプットされているんです。
いくらなんだってそれはないでしょと思ったから印象深く記憶されたのでしょう。

画像は赤さやオクラで、ドライフラワー用に育てたものです。花は普通のオクラと同じく、黄色い華麗な花が咲きます。
ちょっと食べてみるかと採集して画像に撮りました。
歯ごたえ、食感、味は普通のオクラとさして変わりません。やや硬めかな。
ドライ用ではなく、食用として通用します。そもそも食用品種だから当たり前。
食べるために茹でると、ふつうのグリーンに戻ってしまうのが期待外れ。

それにしても赤さやのオクラもレディーフィンガーだと言うのだとすると、どのようなレディーなんでしょうか。画像を見ると、どう考えても魔女ですよね。
レディであろうとなかろうと、食べ物にフィンガーという名前をつける発想が理解できません。人様の指を食べておいしいと感じるのはおかしいですヨ。
レディーフィンガーという別名を知らなければ良かった。つい思い出してしまいます。

蛇足:イクラはロシア語。: икра (ikra)イクラー で「魚の卵」のこと。
    ネクラは日本語。

 

★夏の仲間、昆虫3題 

   
  カブトムシ♀ ヤブキリ♀ ルリタテハ♂♀不明
カブトムシは春のたい肥切り替えの時にたい肥場で幼虫を発見し、ペットボトルで育ててきたもの。モゾモゾ動いている幼虫を周囲のたい肥と一緒に保管していたら、先日気がつくと成虫になっておりました。
画像のようにリンゴに蜂蜜をかけたエサにかぶりついていますから腹が減っていたのでしょう。気づくのがもっと遅かったらミイラになっていたに違いありません。気の毒なことをしました。
元気になったことを見届けてから放してやりました。

ヤブキリはスーパーの駐車場で発見。車にひかれたらかわいそうなので捕獲保護しました。
一見してキリギリスの仲間だとわかりますが、初めて見る種類です。
調べた結果、ヤブキリと同定しました。
輸卵管が長いのでメスです。メスだから鳴きません。とりあえず虫かごに入れてキュウリを与えました。
オスだったらジーッジーッと鳴くはずで、聞いてみたかったけど仕方ない。翌日見てみるとけっこうキュウリを食べていました。画像を撮ってから庭に放しました。仲間に巡り合えれば良いのですが…。

ルリタテハは裏庭に止まっていたのを手で摑まえました。
これは神業に近い。ルリタテハは猛烈なスピードで飛び回るので捕虫網でも捕まえるのは難しい。とりあえず虫かごに入れたらメチャクチャに暴れていました。
きっと昼寝でもしていたのでしょう。じゃなければ手で捕まえられるわけがない。
小学生のわたしに瑠璃(ルリ)色という色があることを教えてくれたなつかしい蝶です。
裏庭にはホトトギスが植えてあるので卵を産みに来たのかもしれません。
もちろん画像を撮ってから放しました。

虫や鳥はみんな友だちです。
付き合いたくない連中もいますが、「害虫」を殲滅すれば、なつかしい友だちも生きてはいけないでしょう。
夏の友だちがウロチョロしていると、ここいすみ市が自然豊かな土地なんだナァと思います。