★幸福を運ぶというてんとう虫の話

 
    暖かさに浮かれて散歩中

七星天道虫と書けば良いものを、“動植物名はカタカナで表記せよ”というくだらない慣例があるから、ナナホシテントウムシと長々しく書かねばなりません。
小学生だった頃、“ウスバカゲロウ”は“薄バカ下郎”だと思っていました。
本当は“薄羽カゲロウ”なんですヨネ。もっともカゲロウを蜉蝣と漢字表記したら読めないから、漢字表記・カタカナ表記は一長一短ではあります。

テントウムシは成虫で越冬し、今日みたいな暖かい日には散歩に出かけます。
NHKの朝ドラで、てんとう虫の話が出ていました。
幸せを呼ぶ虫。英語で”Ladybird” というのだとエリート崩れの女性が言っていました。米語だと”Ladybug” ですヨとまで紹介してくれればよかったのに。

Ladyは「淑女」ではなく、「聖母マリア」のこと。マリアは七つの悲しみ(苦しみ)を負っているとかで、七星がその象徴と考えられて命名されたのでしょう。
bug は“虫”だから納得できるが、bird(鳥)は理解しがたい。
それで 英語でもわざわざ“Ladybird beetle” とbeetle(甲虫)を付加することもあるらしい。

―――昔、無実の罪で刑場に向かう男の肩にてんとう虫がとまった。男はそっと息を吹きかけて逃がした。そのてんとう虫は見物人の肩にとまった。その男はそれを叩きつぶした。
それを見ていた領主は死刑を中止して事件の再捜査を命じた。心優しい男が凶悪な殺人犯とは思えなかったからだ。やがて真犯人が捕まった。てんとう虫を叩きつぶした男だった。―――

この物語(伝説)の出典は知りません。昔、読んだ話です。
この物語から、てんとう虫が肩にとまったら、あるいは、手にとまったらその人に幸福が訪れるといわれています。金運とか結婚運とか。
必殺逆転パワーを秘めた聖母マリアの幸運の虫として愛されています。

手塚治虫の『火の鳥・鳳凰編』の中で、人殺しで強盗の極悪人・我王が腕にとまったてんとう虫を助けるという話がありました。てんとう虫は速女という人間の女になって我王を助けますが、疑われて殺されてしいます。
Ladybirdの伝説を踏まえた感動的な創作です。我王は真実を知って驚愕し――続きは本を読んでもらいましょう。

そっと息を吹きかけて逃がすのが礼儀作法ですから覚えておいてください。
決して“転倒虫”ではありません。

 

スポンサーサイト

★フキノトウの梅干し甘辛煮

 
         山里の料理だと聞きました

フキノトウを調べていると、「梅干しを和える」という魅力的な話に出会いました。
詳しいレシピはなく、適当量などと書いてあるので適当に作ってみました。

◆材料
 1.フキノトウ適当量。小が良い。大きなフキノトウは縦2分割。
 2.調味料A:醤油:みりん:酒=2:1:1。
        B:梅干し2個。種を除いてたたいておく。

◆作り方
 1.フキノトウは良く洗い、汚い所は切り落とす。
 2.鍋にフキノトウ・調味料A、たたいた梅干し1個分を入れて沸騰させる。
 3.弱火に落として水分を適当に煮切る。
 4.器に移し、取除けておいたたたき梅干しを中央に飾ってできあがり。

フキノトウの苦みと梅干しの酸味の調和がなんともうれしい逸品になりました。
フキノトウの料理は「田舎料理」ですから気取らない点がいいですね。
アツアツご飯のおかずにも、お酒のアテにも合います。
オカカをまぶしても良いでしょう。
たぶん、お茶漬けにしてもおいしいことでしょう。

苦み走ったワイルドな味が好みの人は、湯がかないでもOKです。
その分、味は濃いめにします。
苦みを落とすために湯がいてから調理すれば上品な味になります。
その分、味は薄めにします。

蛇足
フキノトウ自生地も人に知られるようになり、入れ替わり立ち替わり収穫するので
結果として乱獲。昨年よりもずっと少ない量しか収穫できなくなりました。
このままだと数年で消滅してしまうでしょう。
欲張りじいさんは結局元も子もなくすという民話の世界は、現実の話だと知りました。

 

★渡り鳥――ハシビロガモ

 
       クチバシが大きすぎる鴨

カルガモやコガモに混じって数日前から、やけに胸が真っ白けな水鳥が泳いでいます。
気になっていましたが、記憶にない鴨です。
図鑑をひろげてハシビロガモと見当をつけ、画像と見比べてハシビロガモと確認しました。
クチバシが異常に大きく、先が扁平で幅広いのが特徴で、それが名前の由来だそうです。
ため池にはいろんな鳥が渡ってくるので、びっくりしています。

この連中はなぜか集まってくると水面上をみんなでグルグルと回転し始めます。
なんとなく奇妙な服を着て踊っていた昔のカルト教団を思い出しました。
子どもの遊びのようにも盆踊りのようにも見えます。

何やっているんだろう、寒さ・風を防ぐためみんなで回っているのだろうか?
調べてみると、渦巻く水流を作り、水中のプランクトンを一か所に集めて効率よく食べるのだそうです。
なるほどネェ。連中が先祖から受け継いだ知恵なのでしょう。
食べるために一心不乱に回っていたのです。

人間はご先祖様から受け継いだ習慣も、なまじ知恵があるものだから「バカラシイ」の一言で放棄してしまうのが昨今の風潮です。
協力し合うことも忘れた「無縁社会」になりました。

でも食べるために協力する、力を合わせるというのが人間の本来の力だ、と思わせるニュースが連日放映されています。
エジプトしかり、リビアしかり。
日本だって目立たないけれど無縁社会を克服する芽が伸びていますよ。
競争一辺倒ばかりではありません。あっちにも・こっちにも仲間がいます。
ハシビロガモの踊りに負けないよう、わたしたちも力を合わせてみましょうか。

 

★マグロの漬け丼

 
      湯通ししてから漬けました

刺身は余ったら漬けにして、それも残ったらバター焼きにするとオイシイ。
でも今回は残り物利用ではなく、最初から漬け丼にしました。
「超簡単、料亭の味」と称してTVでやっていたのを真似してみたのです。

◆マグロの漬けの作り方
 1.マグロは柵で買い、熱湯でサッと湯通しすると霜降りになる。
 2.氷水に落として熱を取り、キッチンペーパーで水分を除く。
 3.改めてキッチンペーパーでマグロを包み、タッパーに入れる。
 4.上から漬け汁をかける。
   ※漬け汁=醤油:酒:みりん=2:1:1をいったん沸騰させてから冷やした液。
    ワサビや柚子を溶かし込んでも良い。今回は柚子の絞り液を添加。
 5.キッチンペーパーに漬け汁がしみ込んでマグロ全体を覆うので汁が少量で済む。
   ラップして数時間放置しておけば出来上がり。
 6.好みの厚さでスライスしてください。

画像のように一見すると新鮮なカツオのタタキのような色合いになるのがgood です。
ただ醤油に漬けただけとは格段に違う味になりました。
舌に吸い付くようなネットリ・シットリした奥深い味になります。

炊き立てご飯を酢飯にし、刻み海苔、刻み大葉を散らした丼(ドンブリ)にしました。
ワサビや白ゴマは悩みましたが今回はスルー。
刻み山芋とシイタケの甘辛煮を添えました。
余った漬け汁を少々丼の上からかけ回します。
それぞれの食感の違い、味の違いが絶妙なハーモニーで口の中で広がります。
思わず「オイシイネェ」の言葉が漏れました。

霜降りにすること、漬け汁をちゃんと作ることがポイントのようです。
色彩的には四色(白=酢飯・山芋。赤=マグロ。青=大葉。黒=海苔、シイタケ)ですから、黄色=錦糸卵などを加えれば五色で完璧ですかね。
卵焼きを作る手間は省き、タクワンを小皿に出して無理筋の五色料理にました。
何の記念日でもないけれど、自分を励ますために作った一品です。

 

★渡り鳥――オオバン

 
      全身が黒く、嘴(クチバシ)だけが白い

何有荘前の農業用ため池には秋から春にかけて多くの渡り鳥が来ます。
その日によって種類が違いますが、まず毎日いるのが カルガモとコガモ。
その中に混じって、首を前後にヒョコヒョコと振りながら水上を進み、時々全身を沈下させて餌をあさっているのが画像の オオバン です。
白黒のツートンカラーで、なかなかシックな装いだと思います。
北海道からか東北からか、雪をさけて飛来してきたようです。

カルガモやコガモは水上をスイスイと進み、首はしっかり前を向いて動かしません。
それでも水面下の足はすごいんでしょうね。まるでシンクロスイミングのお手本です。
彼らは餌を捕るときは逆立ちをするように首を水面下に突っ込みますが、もぐることはありません。

オッもぐった、という時はこのオオバンか、カイツブリでしょう。
カイツブリはやや小型で、首を振らないのでオオバンとの区別は容易です。

沖縄のヤンバルクイナとは近縁のクイナ科に属します。
クイナを漢字で書くと「水鶏」。水辺にいるニワトリみたいな鳥という意味です。
足が水鳥と比べて長く、水かきがない。尾も短いから地表を歩いている姿を見てニワトリの仲間だと昔の人が思ったのでしょう。
画像のように池に浮いている姿を見ると水かきがないとは思えません。
水かきがなくとも結構速く、不自由なく泳いでいます。
人間だって水かきがなくとも速く泳げますからね、なくともOKのようです。

水鶏と書くと、なんとなく鶏肉の水炊きを思い出しませんか。
クイナは「食いな」に聞こえますよね。
オオバンというと近所の居酒屋を思い出してしまうのは根がイヤシイからなんでしょう。

 

★里山のトウキョウサンショウウオ

 
        冬眠中で動きがにぶい

里山で、放置してあった青竹などを片付けたら地面の下に何かいました。
ほじくってみましたらトウキョウサンショウウオ(東京山椒魚)です。
当日の朝の気温は2°C。地面は霜柱ですが、そこは雨・露・風が直接当たる場所ではないため、霜柱はありません。
通常、岩陰などに穴を掘って冬眠しますが、竹筒が何本もあったのでその下に穴を掘って冬眠していたようです。

東京で初めて発見されたのでトウキョウサンショウウオと名付けられましたが、関東地方に広く分布していたそうです。
しかし今や絶滅危惧種。
里山ではビオトープを作り、ビオトープに至る水路は自然のままにしてありますので彼らにとっては残されたわずかな聖域となっています。
もう半月もすれば地面から起き出し、産卵することになるでしょう。

ここで生き延びるための一番の障害・敵は外来種のアメリカザリガニです。
これをつかまえて食べちゃった人がいますが、自然保護のためには良い方法かもしれません。元々食料として輸入されたザリガニですから。
周囲の田んぼにはサギなどもウロウロしていますから、野鳥も敵です。
干天が続き、水場が干からびることもたまにはあります。
何百何千もの卵が産まれるのも、それだけ生存競争が厳しいからに他なりません。
無事に生き延びることを願います。

写真撮影の後、そっと元に戻してやりました。
今日一日、何か良いことをしたような満足な気分でした。

 

★超簡単、フキ味噌

 
     手抜きの方が味がある

今週もまたフキノトウをゲットしてきました。
採集してきたフキノトウは湯がいたりしないでそのまま使う方が味が濃い。
ワイルドな苦味が春の味だと思います。苦味が冬の寒さに縮こまった心身を春にむけて開放するような気がします。

◆フキ味噌の材料
 1.フキノトウ 180g
 2.ごま油適量、味噌120g。砂糖・味醂・だし汁各大さじ2。

◆フキ味噌の作り方(レシピ)
 1.ザッと洗って傷んだ所・汚れた所を切り落とし、ザクッと粗く刻む。
 2.熱した鍋にごま油をしき、刻んだフキノトウを炒める。
 3.砂糖・味醂・だし汁を入れて炒める。
 4.弱火に落とし、最後に味噌を加えてテリが出るまで練り上げればOK。

だし汁なんてなくてもOKです。削り節を入れたければ入れて下さい。
要するに、こんなふうに炒めたらオイシイかなという直感が大事です。
「我が家の味」はレシピ通りではなく、創作意欲と失敗の中から生まれます。

Simple is the best. 簡単が一番という思想は「目黒のサンマ」と同じです。
アクが強く苦味が強い素材なので、都会では水にさらしてアクを抜き、湯がいて苦味を抜き、砂糖を多く加えた「上品なフキ味噌」が出回っているそうです。
「上品なフキ味噌」はきっと殿様の味でしょうね。

せっかく「田舎」に住んで、採集直後に調理できるのですから「香り・苦味」を第一にしたいと思っています。それが一番簡単な調理法ですし、「これぞフキ味噌」です。
 

★超簡単・大根の甘酢漬け

 
     ビニール袋で2~3日

10人が10人とも「これはオイシイ」と評判の「大根の酢漬け」のレシピです。
里山の会のみよちゃんから教えてもらいました。

材料
 1.大根 1kg
 2.砂糖180~200g。 塩35g。 酢35cc。
 3.ユズ中1個、赤唐辛子1~2本。つまり適量。

作り方
 1.大根の皮をむき、5mm巾ぐらいでイチョウ切り。
 2.ユズは剥いた皮を細切り。果汁も使う。
 3.赤唐辛子は丸のままでも刻んでもOK。
 4.ビニール袋に材料・調味料をすべて投入して冷蔵庫保管。
 5.半日もすれば水が上がってくるので時々上下を返す。
 6.2日目から食べられる。冷蔵庫で2~3週間は保存できます。

連れ合いさんはちょこちょっと作り、これを持ってどこへでも出かけ、コミュニケーションの輪を広げています。
食べ物があると場の雰囲気がいっきになごやかになりますネ。皆さんからどうやって作ったのかと何度も聞かれるので自慢の一品のようです。
作ってみたらハマッタという反応が何人からもありました。
元々はみよちゃんのレシピですが、反応の輪が広がるのは自分の手柄のようにウレシイことのようです。

季節の物をその季節に食べる――それが自然の暮らしだし、安いし、健康的でオイシイのです。

 

★イヌフグリの花と実


    左=小さな青い花、右=種は「ふぐり」に見えなくもない

ふぐりとは陰嚢の古語で、犬の(小さな)陰嚢という珍妙な名前の花。
英語名はBird’s eye あるいは Cat’s eye。ブルーの小さな花を鳥や猫の瞳に見立てたものでしょう。
星に見立てた人もいます。
     『いぬふぐり星のまたたく如くなり』  高浜虚子

イヌフグリの日本固有種は絶滅危惧種Ⅱ類で近辺ではほとんど見かけません。
今咲き始めているイヌフグリ(画像)は西洋種のオオイヌノフグリ。
たとえ西洋種であれ、早春の花として多くの人に愛されています。

学生時代にイヌフグリの歌を覚えました。ベトナム戦争の時代でした。
イヌフグリを見ると若かった頃のあれこれが思い出されます。
朝鮮戦争の際、千葉県のすずきみちこさんという女性が作詞・作曲したそうです。
メロディは うたごえサークル「おけら」のサイト で聞くことができます。

 1.丘は今も柴山 イヌフグリも咲いている
   息をはずませて登った くにさんと一緒に登った
 2.お茶の子のむすびを持って 二人呼び合いながら登った
   ももひきの小さな足を 乾草の匂いが乾した
 3.くにさんは戦争に行った イヌフグリを放りつけて行った
   手紙も届かぬ遠くで 口もきかずに死んだ
 4.麦のノゲを払いながら登る シパシパするなと言ってみる
   だけどくにさんは死んだ たくさんの人が死んだ
 5.イヌフグリを忘れない くにさんを忘れないずっと
   戦争の悲しさを忘れない 戦争が起こらんようにする

蛇足
上記の「おけら」の解説によれば、作詞・作曲の鈴木みち子さんは戦争で幼なじみを失い、それなのにまた戦争が隣国で始まったことに心を痛め、東大生を中心とした音楽サークルの中でこの歌が生まれたそうです。
しかし、同上の解説には矛盾があります。鈴木さんが終戦(1945年)を迎えたのが小学校2年生だそうですが、だとすると朝鮮戦争(1950年)は中学1年生のはず。
これでは年齢が合いません。「終戦時は中学2年生だった」の誤記でしょうか。
それとも中学生の作詞・作曲を東大生グループが採譜したのでしょうか。
良い曲だけに不正確な記述が惜しまれます。

 

★今年も手作り味噌(#3.原価計算)

 
      昨年仕込みの味噌。シールを貼った手土産用。

毎年、味噌を手作りしています。おいしい味噌ができ、これを手前味噌というのもよく分かります。
今年は思い切って原料の購入先を変更して低価格に挑戦してみました。

◆材料と材料費 (できあがり予想量約5kg)
  大豆     千葉県産  1.0kg  @350円/kg――JA長南東(フクユタカ)
  生米麹    千葉県産  1.5kg  @850円/kg――袖ヶ浦・露崎麹店
  自然塩    徳島県産   0.45kg  @ 97円/kg――「なるとの塩」
  水                      ブリタのおいしい水

塩分濃度約10%で合計1669円。キロ単価355円。
これにはビックリしました。
キロ355円ならば市販品と大して変わらぬ価格です。
材料が純国産だからむしろ安く、ポストハーベストの心配もありません。
もっとも人件費、流通経費、広告費、工場の稼働経費などが0円の実費ですが。

今回、安さの秘密は大豆と塩が安く入手できたことにあります。
本年度産の大豆で大粒・無農薬の場合はキロ1300円前後します。
地元産の大豆でもキロ800~1000円位しますから、JA窓口は激安です。
毎年購入していた北海道産の「秋田」と比べると肌が美しくないのは残念ですが。

塩はディスカウントショップの超目玉商品。
世の中には高額の塩もあり、知人が使っている沖縄のヌチマースはキロ5000円。
今回購入の塩は安すぎてちょっと心配でした。
ネットで製造法や成分表などを確認しましたが信頼できる会社だと思います。

麹は地元の個人企業としては良心的な価格でしょう。

家庭で味噌を手作りするのは簡単で、初めての人は乾燥大豆200g、乾燥麹200g、塩90gが良いと思います。ジプロップに入れて熟成保存すればOKです。
定年退職後、暇でブラブラしている人が手前味噌に挑戦しだすと、国産大豆の消費量=生産量は向上するでしょう。
国産品を愛用することが食糧自給率向上のカギです。
国産品で安くて安全、オイシイ味噌ができるのですからスバラシイことです。