パセリの花にアカスジカメムシ

 
        まるで某サッカーチームのユニフォーム

残念、W杯は赤白ストライプにPK戦で負けてしまいました。
画像は赤黒ストライプで1cmちょいの大型カメムシ。
カメムシとはいえこれは臭くない種類だし、毒針で刺すこともない穏和な生き物だから、手にとってみるとカワイイ。
葉を食害するのではなく、主にセリ科の花の蜜などを吸って生きています。
山野ではシシウド、ヤブジラミなどの花に多く見られます。

画像はキッチンガーデンのパセリがトウ立ちし、花が咲いたのでやってきたらしい。
慣れない人は見るのもイヤのようだが、よく見れば赤と黒のストライプが美しい。
なんとなく中世・ルネッサンス頃のデザインのようにも見えます。

ところで、赤地に黒のストライプなのか、黒地に赤のストライプなのか?
アカスジ(赤筋)という名前だから地の色が黒で赤のストライプという命名です。
図鑑などには黒地に赤とちゃんと書いてありますが、たぶん間違い。
赤地に黒のストライプが本当は正しいと思います。
その根拠は腹側の模様。
腹側はストライプではなく黒のドット。
腹側は明らかに地の色が赤ですから、背中も地色は赤だと思います。
シマウマの地肌が黒い灰色ですから、それの連想で地肌が黒と安易に推測して命名されたのではないかと疑っています。

さてさて、下の画像はコンサドーレ札幌とイタリアのACミランのユニフォーム。
コンサドーレかミランか、どちらかアカスジカメムシをチームのマスコットキャラクターにすれば良いのに――するわけないかぁ。
  

 

 

スポンサーサイト

キアゲハの卵

 
        赤矢印の先に複数の白い卵

アゲハは1mmぐらいの黄色い卵を1ツずつ柑橘類の葉に産み付けますが、
キアゲハはセリ科植物に白い卵を産みつけます。
ふつうはパラパラとあちらこちらに産み付けるのに、今回はもう体力がなかったのか、まとめて産みました。
家庭菜園でのセリ科植物はニンジン、パセリ、ミツバ、アシタバなど。

画像はパセリのトウ立ちして咲いた花にヨタヨタしたキアゲハが近寄り、奇妙な恰好をしたと思ったら、案の定、卵が産み付けられておりました。
広い世界にはセリ科の植物は雑草としてたくさんはえているのに、よりによって家庭菜園のパセリに卵を産み付けたのが運の尽き。
害虫として駆除されてしまいます。

そのまま放置しているとすごい勢いで葉を喰いつぶしていきますから、わたしたちが食べる分がなくなります。
気がつくと茎だけ、となったみじめなパセリになってしまい、調べてみると、かなりハデな模様がある幼虫(芋虫)がズーズーシク陣取っております。

その頃になると毎日来るお客様、スズメやシジュウカラのエサにもなります。
スズメやシジュウカラは幼虫が鳥のフンみたいな姿で小さい時は見逃し、丸まる太ってもうすぐサナギになる頃まで幼虫を「泳がせて」いるような気がします。
食べ頃になるのを待っているとわたしは思います。

一匹のスズメが毛虫(芋虫)をくわえると、他のスズメがそれを横取りしようとして、ちょっとした争いになります。
横取りしようなどというケチな考えではなく、自分で探せ、と言いたくなりますが
自然界では最小苦労で最大効果が得られるシステムになっているのかもしれません。

相撲界の野球賭博なんていうのも、カケという最小苦労で膨大な利益が上がる、つまり最大効果が得られる仮想システムでしょう。
それにのっかってしまう自然界のシステムが人間にもわずかに残っており、それゆえ賭博は不正義として糾弾されてしまいます。

 

コチドリ(小千鳥)と申します

 
        某葬儀場の駐車場にて

よく買い物に行くスーパーは某葬儀場の駐車場と隣接し、利用者はどちらの駐車場も利用できます。両方合わせると広大な面積があります。
この駐車場は海から約1kmほどですが海辺の鳥がたまに訪れてくるようです。
駐車場が砂利敷きなので海岸近辺の荒れ地と間違っているのかもしれません。
元々砂利がちの荒れ地で巣を作り、子育てをしますからこんな環境が好きなのだと思います。
葬儀がなければ車がいないので安心です。夫婦で探索に来ているようでした。
もっとも最近は海岸の自然環境が悪化しているので、近隣の田園地帯にまで出没範囲を広げているという話もあるようです。

夏の渡り鳥でスズメより少し大きいが千鳥の仲間では最小だとか。
首の周りの襟巻き模様、金目鯛のような独特な目の回り模様が特徴。
巣の近くに外敵が近づくと「千鳥足チドリアシ」になって敵の関心を引き、巣から遠くへ誘って巣の卵やヒナを守る。
酔っぱらいのチドリアシはこのコチドリのステップが語源。
わたしには親近感が湧く野鳥です。

 

アプリコットジャム作り

 
      アンズ(杏子)の実は梅とほぼ同じ時期

月に一度の里山再生ボランティア活動のフィールドでは、杉を伐採した跡地にシイの木やクヌギ、あるいはアンズの木などの広葉樹を植えています。
植えてから5~6年経ったアンズには実がなっていますが、興味のない仲間もいて、アンズはそのまま放置され、鳥のご馳走になる運命です。

それはアンマリダと思い、収穫してジャムにしました。
本当はコンポートにしようと思ったのですが実が軟らかく、ジャムになってしまいました。
けっこうたくさんできたので次の活動日に持参して皆で賞味したいと思っています。

アンズジャムのレシピ
  1.実の成り口のホシを取り除き、よく洗って水気を拭く
  2.種を除く。実を縦に包丁を入れてクルリとまわすと種が取れやすい。
  3.実に砂糖を振りかけておくと水分がにじみ出てくる
  4.皮ごと煮込む。
   ※実際には気になり後で皮をむいたのでグチャグチャになりジャムに変更
  5.アクを取り除きながら煮込めば完成。
   ※砂糖の量は味見しつつ適量。重量比半分より少し多い程度。

さて結果はというと70点ぐらいかな。
減点理由は二つ
*煮込みすぎて色が濃くなった(明るいオレンジ色ではなく、ベッコウ色っぽい)
*なぜかスジスジが残っており、舌に触って気になる

どうせジャムにするならば、アンズシロップを作ってから、その残骸をジャムにすれば良かったなと今思っています。まだまだ修行がたりません。

 

ハニーサックル

   
        和名は金銀花、スイカズラ、ニオイニンドウ

この近辺ではやっかいな雑草扱いの蔦葛(ツタカズラ)です。
周囲の樹木にからみつき、生け垣ではそれなりに手入れされていますが繁殖力が強く、放置しておくとジャングルです。

今の季節になると白い花を咲かせ、それがやがて黄色く変色し、白花と黄花が混在するので、金銀花といいます。
耕作放棄地にも勝手に繁って甘い香りを漂わせています。
学名がロニセラジャポニカ Ronicera Japonica で、名実ともに日本を代表するハーブなのに、まだ利用したことはありません。

スイカズラの名の由来は、花の密を吸うと甘いからだとも、花弁の形がものを吸い込む時の唇の形に似ているからだとも言われています。
ニンドウとは漢字で忍冬。冬でも枯れずに耐えるから忍冬で、甘い香りがするので“匂い忍冬”だそうです。

昔から漢方薬の材料として有名でしたが、欧米でカラフルな花に改良された品種がハニーサックルというハーブとして売り出され、都会人の人気を集めました。
都市部の再開発地域でも壁面緑化植物として公園などで採用されています。
元もと日本では野草・雑草扱いなのに、時代の風を受けてたいした出世です。
匂い忍冬などという風雅な名前はどこかにすっ飛んでしまいました。

金銀花は蔦葛ですが、親類筋に小木となる「金銀木」があります。
こちらも白・黄色の花で、花だけを見たら区別は難しい。
わたしは最初、金銀木は金銀花の別名かと思っていましたが、実物を見る機会があって納得。金銀木は「木」です。
こちらはオメデタイ木として江戸時代は人気者でした。

金銀木の実は赤い瓢箪ヒョウタン型で、その点も人気が出た理由でしょう。
金銀花の実は丸く黒くて有毒です。花や葉、あるいは根まで利用されるのに、実が有毒とは意外な植物です。

 

テイカカズラ(定家葛)の花

 
        6月はテイカカズラの季節です

かなり丈夫なツル性植物で、山道を歩けばふつうに見られ、あるいは広い屋敷林や墓地などでもその気になればかなり見つけることができます。
船のスクリューのようにややねじれた五弁の花がその特徴です。
ウッソウとした暗い山道の途中でこの白い花がびっしりと咲いているのはなかなか見事で、幽玄のおもむきさえあります。

名前の由来は金春禅竹作の謡曲『定家』による。定家は和歌の名手・藤原定家。
定家の恋の相手が式子内親王。彼女の歌は百人一首で有名。
玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらえば 忍ぶることの 弱りもぞする

死んだ方がマシだ。忍ぶ恋に耐えきれないから――という情熱的な恋は実らなかった。ここから二つの説がある。

A説:カズラ(葛)=定家説。(謡曲『定家』)
式子内親王の墓に定家が葛となってまとわりつき、内親王は困窮する。
そこへ旅の僧が現れ、内親王の亡霊の願いを受け、一心に供養すると定家の執念は昇華され、二人の霊ははじめて一体となったという。

B説:カズラ(葛)=式子内親王説(何有荘オリジナル)
能『定家』の定家と内親王の役柄をそっくり入れ替える。
内親王の執念が葛となって定家の墓にまとわりついている。
旅の僧の供養によってその執念が昇華されて大団円となる。

定説となっているA説は不自然。
亡霊は執念を残して死んだ人。供養によって成仏する――のが能の基本ストーリー。
A説では亡霊=内親王、執念=葛=定家となりなんともチグハグ。
B説では執念=亡霊=内親王となり、供養で執念が解消するので話に一貫性がある。
いくら遊んでもOKな男性貴族が、残る執念で葛にまでなるとは思えない。
恋を禁じられた情熱の内親王ならば亡霊になりえると思うがどうだろうか。
大木にからみついている可憐な白い花は甘い香りがして内親王にふさわしい。

思うに謡曲『定家』は皇室をおもんばかり、不敬となることを意識的に避けたのではないか。
能を見る方も配役が逆だと言うことを十分承知して鑑賞していたが、そのうち能のテキストが一人歩きするようになったというのが、わたしの勝手な想像です。

何有荘オリジナルの欠点はただ一つ。
秋にできるテイカカズラの種は白く長い髭ヒゲを持つ。
だから葛=男性という連想も捨てがたい。
まぁどちらにせよ、謡曲『定家』自体が創作で、事実に基づいた話ではありません。
だれが名付けたかテイカカズラ。
なかなか粋な命名です。

 

アーティチョークArtichoke を食べてみて

  
        ツボミ一つの大きさはソフトボール大

アーティチョークが食べ頃になってきました。
人の背丈よりも大きく育つアザミで、ツボミも巨大ですから初めて見るとナンジャコレ と思います。広い庭か畑でないと育てるのはムリっぽい。
和名は朝鮮アザミ。地中海原産ですが、日本に最初に輸入された江戸時代には地中海と言ってもチンプンカンプン。
まぁそれで「外国産」という意味で「朝鮮」の名を冠せられました。
日本が知る朝鮮は当時、最も身近な文明国でしたから、大きな、強力なという意味で「朝鮮」が使われることはめずらしいことではありません。

アーティチョークのオーブン焼きレシピ
  1.ツボミの上半分を切り捨てます
  2.中央のモヤモヤした花弁になる部分をスプーンで取り除きます
  3.沸騰した湯で1時間くらいじっくり茹で、水で冷やす
  4.柔かくなったアーティチョークにバルサミコ酢をかけます
  5.外側の葉(正確には萼ガク状の苞ホウ片)を丁寧に1枚1枚むき
  6.オーブン用の平たい器にクッキングシートを敷き
  7.オリーブオイルを塗り、オーブンで焼き上げます。
    葉っぱの一部に焦げ目ができてきたら完成です
    適当な調味料を軽くかけてお召し上がり下さい。

かの地では人気の野菜だそうですが何とも奇妙な野菜で、花弁の下の花托部分と苞片下の軟らかい部分だけを歯でギジギジとひっぱって食べます。硬い部分は食べ残します。
そんな食べ方をしたら前歯(差し歯)がアブナイ。

最初、単に茹でて食べた時はおいしくなかった。これじゃ飼料だな、が実感。
綺麗な花が咲けば、それでいいや、と思っていましたが、ちょっとモッタイナイ。
それでリベンジ。今度はネットでちゃんと下調べ。
上記は「苺のヨーロピアン料理」を参考にしたレシピです。

   
焼き上がってからクレージーソルトとパルメザンチーズを振りかけて頂きました。
ちゃんと茹でましたし、軟らかい部分だけですから前歯は大丈夫です。
まぁおいしかった――かな。

スズムシ誕生

    
        誕生直後は全身がまっ白で、本体5mm ひげ10mm

今年もスズムシの赤ちゃんが生まれました。
画像は飼育箱の木炭の上でウロチョロしているヤツです。
誕生は毎年6月の4日前後なのですが、今年も2日から生まれ始め、まだ誕生が続いています。
誕生したては真っ白なので、また生まれたな というのが判ります。
誕生してもあわてることはありません。
数日間は水だけで生き延びますし、自分の卵の抜け殻がエサになります。
数時間後には黒くなり、それはもうゴキブリの赤ん坊にそっくりです。
何年か前、まだ孵化の経験が初心者だった頃、飼育箱から逃げ出した元気な個体がゴキブリと間違われて退治されてしまいました。

キュウリ・ナスなど生野菜をかじってミネラル分と水分をとり、煮干しなどで動物性タンパク質を取りながら成長します。
動物性タンパク質が足りないと共食いを始めてしまうので要注意。

飼育責任者の家内はスズムシの世話で大変です。
飼育箱に霧吹きでスプレーして箱内部の湿度を適当に保ちます。
スプレーするとスズムシの子どもたちはクモの子を散らすように逃げまどう――
それが何か楽しいようですヨ。
気分はもう絶対者。天上から地上の万物を支配している気になっているのでしょう。
それからクズ野菜を楊枝に刺してやり、市販のスズムシの餌を与えています。

何と言っても一番苦労するのが何百匹も生まれる子どもたちをどうするか、です。
毎年、どこか里子でもらってくれる家はないかと右往左往。
のしをつけてでも差し上げたいようです。
もらってくれる人、募集中です。

初めて飼う場合、卵を産ませるつもりなら飼育箱の他に土が必要です。
「スズムシの土」がホームセンターで売っていますが、「芝生の目土」や川砂でもOKです。その場合は良く日光消毒して下さい。

 

タチアオイのハーブティー

  
    ハーブのテキストには載っていてないけれど

隣の家にチョコレート色のタチアオイが咲いています。
おねだりして、花を数輪いただきティーにしてみました。

  1.花弁だけを利用します。
  2.はじめは薄黒いティーです。(画像左)
  3.レモン汁を1滴たらすと紫色ぎみになり
  4.さらに1滴で明るい紫色になり
  5.さらに1滴でと順に…赤紫から赤リンゴ色(画像右)へと変化します。

“夜明けのハーブティー”マロウは有名ですが、マロウにも勝るとも劣らない。
いや、濃い色系のタチアオイの花は一層劇的に変化します。
レモン汁をバッとかけないで、1滴1滴と追加して変化を楽しみます。
時間が経過してもそう簡単には色が消えてなくならない点もよろしい。

タチアオイは名前の通りアオイ科に属し、マロウの親戚筋にあたります。
同じアオイ科のハイビスカスもティーにしますからタチアオイだってOKです。
タチアオイの英名の日本式発音はホリホックHollyhock。
ホリホックティーだと言うと人気がでますかネェ。
たまにはこんな変わり者ハーブティーも楽しみの一つです。

関東もようやく梅雨(ツユ)になりました。タチアオイは入梅時の花です。
下から順に花開き、テッペンの花が咲いたら梅雨明けだと言われています。
もっとも個体差は激しいし、入梅の時期も年によってずれますが…。
いずれにせよ盛夏を予兆する花で、真夏が直近に来ていることを感じさせます。

蛇足
本日6月16日が旧暦の5月5日。旧暦5月に降る長雨(梅雨)が五月雨(サミダレ)。
   五月雨を あつめて早し 最上川   (芭蕉)
梅雨の合間のスカッと晴れた日が本来の“五月晴れ”。
梅雨が明ける頃、旧暦6月を水無月(ミナヅキ)という。
新暦と旧暦がごちゃになっているために季節感のズレと誤解が生じています。

 

桑の実ジャム作り

   
        たわわな桑の実        これだけできました

散歩の途中、前々から目星をつけておいた桑の木に実がいっぱいなっていました。
まだ赤いのは酸っぱい。真っ黒になっているのが甘い。
真っ黒に熟れた実は丁寧に扱わないとつぶれてしまい、手が紫色となる。
うっかり服に着くとなかなか汚れが落ちない。
1cm位の実だから採集するのはけっこう手間ヒマがかかり、ヤブ蚊に刺されたりします。
だいぶ取ったつもりだったけれど、ジャムにしたらちょっと少なかった。

桑の実ジャムの作り方
  1.ザッと水洗いして汚れを落とす。
  2.実についた軸を切り落とす。面倒なら省いても良い。
  3.耐熱容器に入れ、砂糖を適量まぶし、ラップをし
  4.電子レンジで700w2分
  5.スプーンか何かで適当につぶし
  6.レモン汁を適量混ぜてできあがり。

ジャムったって要するに砂糖煮ですから適当でOKです。
桑の実は甘いので砂糖は控えめ、重量比半量以下が良いと思います。
レモンだってなくても良いのだけれど、ちょっと味を引き締めるためにはあった方が良い。隠し味みたいなものですかね。

今の子は学校帰りに寄り道するのも難しいらしい。集団登下校ですから。
まして手や口の周りをベタベタの紫色にして桑の実を食べることなどしません。
だから放置された桑の木の実を喜々として摘んでいるのは、昔の少年少女のわたしたちぐらいしかいないようです。もう取り放題です。

最近は何でもカタカナばやりで、なんとなく高級そうに聞こえます。
桑の実ジャムと言うよりも マルベリージャム (Mulberry jam) の方が都会的なネーミングですネ。
名前のせいだけではなく、ブルーベリージャムよりオイシイくらいです。
高い抗酸化作用があるアントシアニンをはじめとする、ポリフェノール類をたっぷり含んだ健康ジャムだから、都会の人はお金を出して買うんでしょうネェ。
蚊に刺されても、蛇に出会っても田舎暮らしとは大変お得で結構な暮らし方です。