摘み頃のラベンダー

   
        これはツボミ。花開く前に摘む

数あるハーブの中でもラベンダーは香りの点ではたぶん一番人気でしょう。
姿も愛らしく、北海道のラベンダー畑が観光客を集めるのもわかります。
最近はラベンダーの種類も数多く、フレンチ系のラベンダーはウサギの耳のような姿で愛らしいのですが香りの点ではイマイチ。
ハーブとして利用するならば画像のようなイングリッシュ系がオススメです。

ハーブとして利用するためには、満開のラベンダーを楽しめないのが心残り。
刈り取ったらすばやく自然乾燥。
室内・屋外の自然乾燥は乾燥する前にカビが生えてしまうことがあります。
何有荘では自家用車の中に吊してしまいます。
冷蔵庫で乾燥させるのも良いそうですが、大量ですから試したことはありません。

利用法
 1.そのままドライフラワー、あるいはリースに加工。
 2.ポプリにして室内芳香剤。
 3.サシェやバンドルズにして引き出しやバッグの芳香剤・防虫剤
 4.切り落としや半端を袋に集めて入浴剤
 5.切り落としや半端をプランターにまいてナメクジなどの防虫剤
 6.ハーブティー
 7.砂糖や塩に混ぜてハーバルシュガー、ハーバルソルト など。

ドライにすると1年を越えてもまだ香ります。
考えようによっては香りが強すぎるので、ストレートティーで飲む時は少なめに。またフレッシュならば茎葉も利用できます。

虫除けはかなり効果的。ナメクジが来ません。

ほったらかしのハーブが多い中で、一番利用率が高いので、花も楽しむためには株数が必要。株数を増やすには挿し木が簡単。
良く切れるはさみで茎を斜めにカットし、地面に挿しておけば1か月もすれば根付いています。成功率は8割。アジサイと同じくらいに挿し木は簡単です。

 

スポンサーサイト

ユズの花にクマバチ

   
        体をくの字に曲げ、羽を水平に広げている

クマンバチはスズメバチの別名で、クマバチ(熊蜂)とは別物。
クマンバチとクマバチは同じと勘違いしている人が多いようです。
クマバチは2~3cmの大型で腹部が真っ黒い。胸部は花粉と同じ黄色で毛深い。
学者が、この大きさの体を浮かせるには羽が小さすぎる、理論的には飛べるわけがない――などと不思議がっていたハチ。

同じような体形の蜂にマルハナバチ(丸花蜂)がいて、クマかマルハナか、遠目にはどちらとも判定しづらい。
どちらもブンブンと大きな羽音を響かせて飛んでくるので、何も知らないとちょっと恐い。
しかし、クマもマルハナも外見とは異なり、おとなしい性格で人を襲うとは聞いたことがありません。蜜蜂の仲間で花粉の授受で役たっております。

恐いのはスズメバチの仲間で、カチカチカチと歯をかみ合わせて警告音を発しながら人のまわりを飛び回ります。
この時に手で払ったり、手拭いを振り回したりするとスズメバチは攻撃されたと判断し、人に襲いかかります。
だからそ知らぬ顔をしてそっと早足で彼らの警戒地域(テリトリー)から抜け出すのが良いでしょう。
むかし出合ったことがあり、警戒地域から抜け出すまでの時間が非常に長く感じたことがあります。
ヤツラはこちらが本当に敵ではないかと、ずっと尾行してきたのです。
彼らが引き返した時にはホッとしました。

クマバチは人の周りを警戒して飛び回るということはありません。
ユズの花の蜜に興味が行っており、あちらと思えばまたこちら、と飛び回り、なかなか撮影チャンスがありません。
花は逃げないのだからもう少し落ち着いたらどうだ、と言いたくなります。

コモンマロウの花

   
          和名はウスベニアオイ

コモンマロウがようやく咲き始めました。
薄紅葵(ウスベニアオイ)という優雅な和名だけれど少し納得がいきません。
この花の色を見て、だれが薄紅色と思うでしょうか。濃いじゃないですか。
葵というと、京都の葵祭や徳川の三つ葉葵を思い出しますが、それとは全く無関係。

アオイという名前の草花は2種類同時に存在します。
 ①山野の下草としての葵(寒葵の系統。葵祭や、三つ葉葵・立葵の紋所)
 ②初夏の花タチアオイやシラネアオイ、ムクゲの系統
コモンマロウは②の仲間で、同じ仲間にはハイビスカスがあります。
まったく異なる系統がアオイという同じ名前を共有するのが誤解と混乱の元。

アオイは古代日本語表記だとアフヒ。
これを漢字に直すと“逢う日”というロマンチックな響きに通じ、古くから和歌に歌われてきました。
和歌のアフヒは当時、唐葵(カラアオイ)と表記されたタチアオイのことかと推定されています。

タチアオイの仲間・コモンマロウは“夜明けのハーブティー”と呼ばれる、これまたロマンチックなティーになります。
濃い紫色の夜明け前の空色(インクブルーと言う)のティーが、太陽の滴(シズク)とも考えられるレモンの滴を数滴たらすとピンク色(茜色)に劇的に変身します。

味も香りもたいしてありませんが、この変身はハーブティーの楽しみの一つです。
あなた(太陽)に出会ってからわたしは生まれ変わった…ということでしょうか。

一日花なので早朝、まだ開いたばかりの花を摘んでドライにして保存。
ティーにするのはフレッシュでもドライでもOK。
その気になればフレッシュを“食べられる花”としてサラダに使用しても良い。
フレッシュな若葉は天ぷらになると聞いていますがまだ試食してはいない。
大量にお風呂に入れて”女王様のお風呂”も豪華で、お客様は喜びます。

無農薬でナメクジ退治・撃退法

   
          左:米ヌカ入りトラップ。 右:台所洗剤溶液

日本中、すごい雨で被害が出ているようです。こちらは豪雨というほどではありませんが数日間雨続きでナメクジ様が大活躍で困っています。
それでまぁ、この間試行錯誤してきたナメクジ退治法を列挙してみましょう。
無農薬とは市販の化学製品である毒薬系農薬を使わないという意味。
いわゆる“自然農薬”は使っています。

 1.基本はテデトール(手で取る)。
   割り箸でつかみ、台所洗剤薄め液(画像右)へポトリで昇天。
   昼間は土の中やプランターの底に潜っていることがあるのでよく探す。

 2.薄めの紅茶またはコーヒー液を苗に直接スプレーする。
   カフェイン効果でナメが寄りつかない。
   ナメに直接スプレーすると逃げ出した後で死ぬ。
   インスタントコーヒーでもOK
   薄めた木酢液・竹酢液でも同様の効果あり。

 3.コーヒー粕を大量に苗の周囲に撒いておくと寄りつかない。
   少量だと効果がない。乗り越えてしまう。
   粕にカビが生じたら土に埋めちゃえば良い。

 4.唐辛子焼酎液を500倍に薄めてナメに直接スプレー。毛虫にも効果あり。
   トウガラシを地面にばらまいても無効。ナメはそれを食べてしまう。

 5.トラップ(罠)法
  a.残りビール利用法は第3のビールでも効果あり。ナメにはもったいない。
  b.生野菜残渣(ザンサ)法:キャベツやジャガイモ、バナナや菜っ葉など
    何でもナメが好きな柔らか残渣を苗のまわりに置いておく。
    翌朝、ナメが取り付いているので野菜の残渣ごと集めてポイする。
  c.適当な容器に台所洗剤薄め液を入れ、上から米糠をふんわりとかぶせた
    落とし穴方式(画像左)。ナメは結構ヌカが好き。
    ヌカが沈んでしまうのが欠点だが、それでも自殺しに来るナメがいる。
    この方式はヨトウムシ退治にも効果あり。

溶液の中で昇天したナメ様の後始末は無難な所へ溶液ごと捨てちゃっていますが、
都会の人ならばトイレや路側の下水道に流し捨てるのが簡単ですネ。合法です。

どれも一長一短。お好みに合わせてお試しあれ。
ちなみに塩では死なない。数本の細い銅線ではバリアとして意味がない。
現在実験調査中の方法はハーブで追い払う方式。
香りが強く除虫効果があるコモンタイム、ローズマリー、ラベンダーの切り枝を各プランターに置き、ナメ様が寄りつかなければ成功。
どうなることやらお楽しみ。

 

モンキアゲハ

   
          実は2週間前の画像ですが…

大型で黒いアゲハチョウ。後ろ羽の中央にクリーム色の大きな紋があるので“紋黄揚羽”というきわめて分かりやすい命名。
撮影は2週間前だからまだツツジが盛りの時期。もうツツジも終わり、確実に季節が移り変わって来ています。

モンキアゲハは南方系の蝶で、わたしが昆虫少年であったころは大変めずらしい存在でしたが、ここ外房では最近よく見かける蝶の一つです。

2009年に仙台でも春型モンキアゲハが初めて発見されたというニュースがありました。春型とはサナギで越冬したタイプでやや小型という意味です。
風に運ばれて飛んできたのではなく、仙台に食草があり、そこで生まれ、サナギになり、初夏になったので羽化したというニュースです。
このニュースが意味していることは地球の温暖化が着実に進行しているということ。
数年前までは福島県が北限でしたから。

どちらかというと山林周辺を好むので都会地ではあまり見かけないかもしれません。
しかしカラスサンショウやミカン系の植栽は都市部でも多いので、アゲハがいる地域にならば都市部にも遠からず進出してくることでしょう。

モンキアゲハが増えてもどうってことありませんが、アゲハと同様に南方系の諸生物もジワジワと生活圏を北上・拡大していることに注意せねばなりません。
その中には好ましくない昆虫や病原菌もあることでしょう。
逆に北方系の動植物が徐々に減っていくことになります。
稲は南方系ですが日本の気候に合わせて品種改良されました。新潟や富山のコシヒカリが全滅し、生き残るのは北海道の米だけだという予想も立てられています。

モンキアゲハを見かけると、アッ、モンキダ! と昆虫少年だった頃の血が騒ぎ、うれしくなりますが、同時に地球温暖化を肌で感じることになり、複雑な気分です。

 

我慢しきれず初物ソラマメ

   
           ロースターで蒸し焼き

例年より成長が遅れ、背が低いそら豆ですが、もう我慢しきれず、なんとか食べ頃かと思われるサヤをいくつか収穫してきました。
サヤを開けてみると中身は小粒。茹でて食べてみました。甘ーい!!

こちらに越してきた当初、ご近所様からいただいた取れたてそら豆の味は驚愕でした。野菜の味は本当は甘味があるのだ、と話には聞いていましたがこんなにまろやかで深みがあるとは信じられませんでした。
それ以来、毎年のように畑でそら豆を作り、アブラムシと闘い、知人に自慢気にプレゼントできるほど収穫してきましたが、今年は不作です。

それでも初物のウマサは格別で、茹でそら豆の次は蒸し焼きそら豆でいただきます。
蒸し焼きそら豆の作り方は“超簡単”手間いらず。
サヤごと魚焼きのロースターに入れて“8分加熱+2分余熱”で出来上がり。
もちろんオーブントースターでもガス+餅焼き網でもOK。
表面に焼きコゲが出来る程度が見た目もオイシソウ。
オーブンだと焦げ目が付かないのが寂しいが、サヤから蒸気が元気よく噴き出せば中身はじゅうぶん蒸し焼きになっています。
調味料は不要。素材の味を楽しみます。

焼きすぎるとホクホク感が減り、味も若干落ちますから焼きすぎには注意が必要。タイマーをかけておくべきでしょう。
食べた印象は、これが大粒だったらナァ、が正直な感想。
小粒だったから火が通りやすかったのか、やや焼きすぎてしまいました。
もう少し我慢して大きくなってからの収穫が“旬の味”になることでしょう。

さてさて何の役にも立たないかのような食後のサヤの再利用法。
ナメクジ様のご馳走にと保護すべき苗の周囲にばらまいておきます。
翌日、ナメ様がついていようといまいと確認もせずバケツで回収し、堆肥置き場に直行です。
実際に何匹かは捕獲できます。足でつぶしたり、毒殺したり、溺死させたりの手間がはぶけて便利この上なし。

 

イチゴを収穫しました

   
        収穫後の撮影だからちょっとさびしい

プランターと路地とでイチゴを育てています。もっとも露地栽培の方は事実上、雑草化しています。
今年は天候不順に加えて蜜蜂不足。蜜蜂をほとんど見かけませんでした。
それで家内が人工授粉。花を一つ手折り、それをアチコチの花にこすりつける。
それが功を奏したか、例年よりは結実したイチゴが多くできました。

毎年、そろそろ食べ頃と思うとナメクジやダンゴムシにやられていました。
毎年のように同じ経験を積めば、わたしたちも少しは利口になります。
今年はイチゴの実の下に座布団(廃棄した網戸の網を適当にカットしたもの)を敷いて直接地面と接しないようにしたり、周囲の雑草を刈って風通しを良くしたり、
あるいはネットを張って防除し、時々はハイポネックスを与えるなど食べたい一心で涙ぐましい努力を重ねてまいりました。
もっとも天候不順の影響か、ナメクジの数も例年よりは少ない印象です。

できたイチゴは甘酸っぱくて野性味たっぷり。これがイチゴの本来の味なんだ、と自画自賛の自己満足。
ミルクと砂糖たっぷりでいただくのもオイシイですが、そんな都会的なしゃれた生活にも飽きました。
多少不細工でも塩水で洗い、ストレートでがぶりといただくのが一番おいしい。
自然の恵みに感謝です。

レモンバームの収穫

   
        学名のメリッサはギリシャ語で蜜蜂

レモンバームはレモンの香りがするハーブで、初めてティーで喫する人は緑の葉からなぜレモンの香りがするのかとまどいます。
やや青臭いと感じる人もいるようで、わたしたちはいつもストレートで喫していますが、そのように敏感な人は砂糖か蜂蜜を加えてごまかせば良いでしょう。

強い光と乾燥には弱く、半日陰状態ならばスクスク育ちます。
放置しておくと大株になりますから、こまめに枝葉をカットしてドライ保存。
モチロン、旬の季節である今はフレッシュで頂くのが最高です。
レモンバームの花には蜜蜂がよく集まるので学名の由来になったとか。
でも蜜蜂がよく集まるという実感はありません。

虫がついた記憶もありません。丈夫なハーブで、我が家のようなホットケ栽培専科には最適なハーブです。
手元のハーブ図鑑によれば、高血圧、頭痛、ストレス解消、花粉症を抑制し、脳を活性化させるので『長寿のハーブ』だそうです。
べつに長生きしたいとは思わないけれど、今すぐ死ぬのはまだ未練が残る。
おいしいなぁと思って頂くのが一番の効能なのでしょう。

柔らかな葉なのでティーにするだけでなく料理にも使います。
一番簡単な利用方法はどのような料理であれ、手頃なフレッシュな若葉を料理の上に散らすだけです。
例えばスパゲティやスープ、あるいは肉料理やサラダに散らします。
日本のハーブで言えば、シソの葉や木の芽感覚ですネ。
料理が一段と豪華な雰囲気になり、料理手の心がこもっているなと食べ手にも伝わります。

 

テントウムシの幼虫です

   
        成長点がある芽はアブラムシの大好物

画像中央の気色悪い虫があのかわいいナナホシテントウムシの幼虫です。生意気にもう赤い星のマークで身を飾っています。
画像右上の黒いゴチャゴチャがアブラムシの集団で、カメラのピントが甘いのでゴミみたいに見えるけれど。
親と同じようにテントウムシの幼虫もアブラ虫が大好物で大食漢。
アブラムシはおそらく数時間後には食い尽くされてしまうでしょう。
正体を知って見慣れれば、べつにギャーッと驚くほどのことはありません。
むしろかわいく、健気(ケナゲ)にさえ見えてきます。

今年のソラマメは大きく育ちませんでした。
原因は① 苗がそもそも小さく   ②定植時期が遅く
   ③ 年末年始の寒く風が強く ④霜に何度もやられた などでしょうか。
プロ農家でも同様に小さいので気候不順が一番の原因かと思います。

そのせいかどうか、今年はアブラムシの犠牲になっている個体が少なく、しかもとりついているアブラムシの量が少ないという特徴もあります。
昨年と植え付け方の違いは、苗と苗の間隔を十分に広く取ったこと。隣のそら豆とは葉が重なりあいませんから風通しが良いことがプラスに作用したのでしょうか。
あるいはテントウムシ様がみんな退治してしまったのでしょうか。

前から不思議に思っていることは、すべてのそら豆ではなく、やられる個体は決まっており、びっしりついている隣のそら豆はまったく被害なし。
その個体が犠牲になって他の個体への被害を防いでいるのでしょうか。
被害を受けた個体はある物質を発し、それを感知した周囲の個体はアブラムシが嫌う物質を放つ、それがさらに隣の個体に伝達される、つまり植物は会話をしている――という話を読んだことがあります。

まぁともかく分からないことは分からない。ヘンに理由をつけず、そういうことがあったと記憶しておきましょう。
もう一つ、気になっていることはテントウムシの幼虫。アブラムシを全部食べ尽くしたら翌日からはどうするのでしょうかネェ?

雑木林の中のキンラン

   
        自生のキンランは絶滅危惧種に指定されている

月に一度の里山再生ボランティア活動によって、里山はしだいに里山らしい木漏れ日のある自然の風景が復活しつつあります。
この季節の楽しみは自生の花探しです。キンラン(金蘭)は数年前に1株発見されて以来、年々数が増えてきているので自慢したい気分です。ボランティアのやり甲斐もあります。
他に野生のササバギンラン(笹葉銀蘭)や白花エビネなども花開いておりますから、いすみ市のこの里山は貴重な地域の財産です。
ただし有名になると盗掘者が来たりしますから、場所は秘密。連絡いただければご案内いたします。

キンランは根の周囲に菌根菌(キンコンキン)という特別な菌類を侍らしており、キンランはこの菌類から栄養分を受け取っております。
この菌類は近くの樹木から栄養を受け取っているので、その樹木がなければその菌類は死滅し、同時にキンランも枯れます。
だから自生のキンランを盗掘して自宅に植えても必ず枯れてしまいます。
樹木と菌類を同時に移植せねばならないので、キンランの移植は事実上不可能。

それにも関わらず盗掘者が出るのはお金が目当てなんでしょうか、収集癖からなんでしょうか。おろかなことです。

都会に住んでいた時は、わざわざ電車に乗って府中市の「浅間山公園」まで行きました。キスゲやキンランが自生する武蔵野のおもかけを残す場所です。東京23区内の自生地は全滅しておりましたから。

今は身近に自然が残っている環境があるのが大変うれしい。
荒れた山野でもちょっと手をかけてやれば、その環境に見合った自然の生態系が復活します。
ここではトウキョウサンショウウオ、ニホンアカガエルも住みついており、今年はクロメダカを増やそうと仲間と計画中で、いずれも絶滅危惧種指定の生物です。

もっとも自然とは人間にとって好ましいものばかりではありません。
なんかヘンな虫に刺されましたし、蛇やムカデなんかも出てきます。