タネツケバナの話

    
          アブラナ科タネツケバナ

どこの田んぼにもこの花が咲いています。田んぼの中だけではなく、あぜ道や小川の土手にも咲いていますから見たことがある人は多いことでしょう。
白い細かい花を咲かせ、今の時期、田んぼでは無数にはびこっています。
ところが同じいすみ市でも、ある地域の田んぼにはゼロ。
タネツケバナが咲いていない田んぼが増えていることが日本の将来を暗示しているように思えます。

雑草であるがゆえに耕耘機にかき回され踏みつけられ、あるいは除草剤をかけられて全滅してしまった田んぼが増えているようです。
タネツケバナが咲き出すと, 苗代に播く籾を水に浸ける時期だぞということで名付けられたと言われる春を代表する「雑草」です。

ところがタネツケバナが全滅するとツマキチョウが全滅してしまうという連鎖に気を配る人はほとんどいません。
 ツマキチョウ画像 下記から転載
               http://choyukkuri.exblog.jp/4941290/
春の妖精とも言われるツマキチョウ。その数はグッと減少し、今や幻の蝶とさえ言われます。
その理由は幼虫が食べるタネツケバナの減少が続いているからでしょう。

人間様から見て邪魔で役立たずの雑草であっても、自然界の中で意味のない存在はありません。その雑草だけを頼りに何万年も生きてきた蝶もいるのです。
タネツケバナが消えた時にツマキチョウも消えます。
そんな未来をだれが喜びましょうか。

タネツケバナは人間様も食べる春の山菜です。
アブラナ科で春の七草のナズナ(ペンペングサ)の仲間ですからOKなのです。
若葉をサッと茹でて冷水にさらし、サラダや和え物・おひたし・汁の実に。
これまたアブラナ科のクレソンに似て、ピリッと辛くてホロ苦い春の味です。

スーパーで野菜など売っていない時代は、野の草のうち、まぁまぁ人間様が食べるに値する種類を選んで新鮮野菜としていたのでしょう。
ただフキノトウほどはバクバクは食べられませんネ。春の義理のような山菜です。

 

スポンサーサイト

フキノトウ


        今シーズン3回目の収穫

散歩の途中の山の斜面にフキが自生しています。ちょっと目立たない場所なので気づいて採集する人はいないようで、わたし専用のゲレンデです。
ところが今年のデキはあまりよくありません。小さく、数も少ない。
やっぱりライバルがいるのか、気候のせいか?
もう一つの秘密の場所も今年は不作。だから今年のフキノトウは貴重品です。

日本の人々は大昔から春になると、ふきのとうを食べてきました。
春先の新鮮野菜としてはピカイチだと思います。あのほろ苦さが冬の寒さで縮こまった体を刺激して活力を与えてくれるような気がします。
冷蔵庫も温室もなかった頃、人間は熊やサルと同じように、その地域のその季節の物だけを食べて生き延びてきました。人間の本能があのほろ苦さを「ウマイ」と感じさせるのでしょう。それが自然の力です。

今回はフキ味噌にしました。
豆腐を電子レンジでチンして温め、フキ味噌を載せて食べると、外は雪でも「日本の春だなぁ」と思えてきます。日本酒の燗(カン)が一番似合う。
フキ味噌は朝食のバタートーストにも合うから不思議です。

フキ味噌の作り方
1.よく洗い、ゴミや汚れた部分を切り落とし、サッと塩ゆでてすぐ冷水に取る。
2.みじん切りにして水分をペーパータオルで押さえ取る。
3.フライパンにゴマ油を引いて軽く炒め、味噌・砂糖・味醂を加え
弱火で加熱しながら軟らかいペーストにします。これでOK。

 

簡単ですヨ、手作り純りんご酢

   
        5個360円のリンゴのすり下ろし

お酢にスライスしたリンゴを漬けたリンゴ酢もおいしく、オススメですが、
自宅で本格的な【純リンゴ酢】を造ることは難しくありません。

芯と茎枝を取り払い、皮付きのまますり下ろして梅酒用のビンに入れます。
リンゴは糖度の高い方が良い。画像のりんごは安すかったので蜂蜜を加えました。
都会で買うリンゴは出荷時にきれいに洗浄され、天然酵母菌が着いてないので、そのままでは発酵が始まらない。ドライイーストを3gぐらい加えます。
無農薬リンゴが手に入れば天然酵母菌着きですからイースト菌は不要です。
発酵には酸素が必要なのでビンを密閉してはいけません。ストッキングタイプのシンク用のネットを被せてから軽くフタをしておきます。
その日のうちから発酵が始まり、ブクブクと泡が出てきます。

半月もすると甘さが減り、アルコール臭が漂ってきます。
この段階で作業を中止し、中身を漉すと密造【リンゴ酒】です。
ちなみにリンゴ酒をシドールとかサイダーとか言います。
外国人が日本にきて面食らう飲み物がサイダー。
サイダーを買ったのにアルコール分が全然ないので詐欺にあったような気分なのだそうです。

さらに半月放置するとアルコールの匂いと酢の匂いが混ざった香りがしてきます。
さらに2~3か月後にドロドロの中身を漉します。
ザルにお玉で少しずつすくって入れていきます。粕にはまだまだ酢が大量に含まれているので、ストッキングタイプのネットに入れ直して上からビニール袋に水を入れた「水重し」をして自然落下を促します。
この段階ではまだ完全に酢になりきっていません。

液体をさらに1か月熟成させると酢になっています。
ビンの中にはオリがたまっていますが、これは発酵菌の残骸だそうです。
何の問題もありませんが気になるならば、今度はサラシで漉します。
ただし市販品のようにスッキリとした透明にはなりませんでした。
素敵な恰好良いビンに入れ替えて常温で保管できます。
仕上がり量は約1000cc。
使い方は普段使っている米酢・醸造酢と同じ。野菜サラダにちょっとかけたり、
「健康酢」として飲用に使っています。

合計3~4か月かかりますが、リンゴ酢の作り方で主な作業は 「りんごをおろす・漉す」 作業の二つだけ。
自然の力を信じて放置しておけば勝手に酢になってくれます。

 

桃の節句と白酒

   
        白酒の原材料

世に白酒と呼ばれているものが3種類あります。
 ① 酒粕を湯で溶いた飲み物。砂糖や牛乳、生姜を好みで入れたりする。
 ② 米と麹で作った“甘酒” 。ノンアルコール。
 ③ 江戸時代に爆発的に流行した豊島屋の白酒。

ひな祭りの歌――少し白酒めされたか、赤いお顔の右大臣――に出てくる白酒は③
甘く粘りがあり、軽いアルコールで女性にも大人気であったそうな。
豊島屋の白酒は現代でも販売されています。180mlで500円。
それは、「もち米、米麹を味醂に仕込み、石臼で擦った白い酒」だそうで詳しい製造方法は秘伝のようです。

味醂は蒸したもち米に麹を混ぜ、焼酎を注いで半年ほど寝かせるとできます。
豊島屋の白酒とはおそらく味醂ができた後のもち米と麹を臼で磨りつぶして味醂に混ぜたものでしょう。
あるいは焼酎が味醂になりきる前の段階で磨りつぶしたのかもしれません。

それでわたしが考えた1週間で作る白酒の作り方
材料:もち米4合(720cc)
   みやここうじ 400g
   本味醂    750cc
   米焼酎    350cc
作り方
 1.よく吸水したもち米を普通に炊く。
 2.温度が60°位に下がったらほぐした麹を投入し、良くかき混ぜる。
 3.保存瓶に入れて半日保温。――ここまで甘酒の作り方とほぼ同じ。
 4.味醂・焼酎を投入。1週間放置――熟成させます。
 5.金ザルやサラシを使って漉す。
 6.残った“もろみ”をすり鉢かフードプロセッサーにかける。――石臼代わり。
 7.ドロドロのもろみを液体の方に戻し合わせてできあがり。
 8.必要に応じてお湯で割ったり、焼酎を加える。

こんなものでも実際に作ると酒税法に違反になるらしいですね。
わたしも作ったわけではありません。
想像の世界を楽しんだだけですからアシカラズ。

 

布ぞうりで冷えを解消

   
        とりあえず5足分

家内がヒマを見つけてはせっせと布ぞうりを編んでいます。
作り方を友人のMさんから教わり、それからもう何足編んだことでしょうか。
自分でも工夫し、人様に教えられるほどに腕前を上げました。
  そんなに作ってどうするの? 
  人にプレゼントすると喜んでくれるから。

プレゼントされた方の中には履くのがもったいないとかで、インテリアとして飾ってある人もいるそうです。確かに民芸品・飾り物にもなりますネ。
ゾウリを普通に履くという習慣はもうずーっと前になくなりました。
普段はソックスですからゾウリは履けませんし、素足になるのは寒いし億劫なのかもしれません。

布ぞうりに最適なソックスが 5本指ソックス です。
(わたしは土建作業用・地下足袋対応のソックスを愛用しています。)

家内は 【5本指ソックス+布ぞうり】 にしてから、足のそれぞれの指の血の巡りが良くなり、足が冷たくて寝られない――と嘆くことが減りました。
布ぞうりは鼻緒を指で挟みます。そのことで他の指の動きも自由にし、足裏全体が自由にしなやかに活性化するようです。
「足でふんばる」こともスリッパよりはずっと強力でしょう。
足だって心だって閉じ込められているより自由の方がよっぽど良いのです。

知らず知らずのうちに足裏全体を刺激しているのが良いのだと思います。
足裏への刺激がすべての臓器を活性化させるのは有名な話です。
足裏は第二の脳とも言われていますからボケ防止にもなるそうです。

冷え性が改善し、健康にも良いのですから履いてみませんか?
布ぞうりは洗えますから、床掃除のモップ代わりにもなっています。
飾り物ではないから履いて下さいよ、と家内は贈る人に念を押しています。

寒シイタケ

   
        見捨てられたホダ木にシイタケが

月に一度、地元の里山を守る会 (→ここ )の活動に参加しています。
会の発足当初、会員が資金を出して買ったホダ木にシイタケ菌を打ち込んでシイタケを栽培してきました。
その後何年もたち、ホダ木もボロボロになりシイタケも出て来なくなりました。
誰も見向きもしなくなった昨今ですが、今年は何やら顔を出しています。
あれ?シイタケじゃないかなぁ。
シイタケにしては白いブツブツがあり、笠の肌もなんとなく波打っています。

この手のキノコには詳しくないので手を出しかねていたところ
里山の達人・Uさんが 「これは寒シイタケと言ってネ。一番おいしいんだ」 と教えてくれました。
シイタケは、発生する時期により春子(はるこ)、藤子(ふじこ)、秋子(あきこ)、寒子(かんこ)とも言うそうです。
知らなかった。キノコとは秋の産物だと思いこんでいました。

採集して自宅で網焼きです。
採りたての肉厚シイタケは料理の主役にさえなれます。
生姜・バター・醤油の混合タレで食してみました。
ウーーン、さすがですね。自然の味です。
コリコリと弾力性があり、じっくりとした深みがあります。
これがタダで手に入ったからとわたしたちはニコニコ顔です。
都会人特有のガメツイ根性が感激をより深くしました。

損した・得したという現実世界からは引退して身を引いたはずなのに、なかなかそうはいきません。
シイタケのおいしさを噛みしめながら、我が身を反省し、素直に自然の恵みに感謝しております。

ブロッコリーの収穫

   
        白い点々は雨の水滴です

自然栽培というか、放任栽培というか、ともかく化成肥料はもちろん、鶏糞や油かすなどの「有機肥料」さえも与えていない家庭菜園の野菜は育ちが遅い。遅いけれども育ちます。
枯葉や雑草、野菜クズ、それらの分解促進剤としての米糠だけが頼りの畑で、ゆっくりと育ったブロッコリーが、気が付くと食べ頃の大きさになっていました。
以前、もっと大きくなるまでと欲をかいたら花が咲いてしまいました。
何事もホドホドで良しとしなければ、ネ。

家内が収穫し、5分後には塩ゆでで朝食のプレートに載っていました。
野菜の味は “収穫直後” はどれも素晴らしいものです。
このブロッコリーも軟らかくて甘い。マヨネーズなど不要です。
野菜嫌いのお子さんはたぶん “収穫直後” の野菜の味を知らないのしょう。
芋掘り遠足などではなく、野菜収穫遠足も企画されれば良いのにと思います。

田舎暮らしの家庭菜園はその点で本当に幸福ですが、気がもめることもあります。
野鳥がつつきに来るんですよ。モグラも来ます。
夜間、自動点灯の屋外ライトが点灯したので窓越しに見てみるとタヌキでした。

ブロッコリーの葉がボロボロなのは野鳥の被害。野鳥は葉がお好みで、幸いなことにわたしたちが食べる部分、花蕾(カライ)という花のツボミの部分には被害がありません。
もうあんなにあったピラカンサスの実も野鳥が食べ尽くしてしまいました。
この時期の野鳥は木の芽、エネルギーのある若くて軟らかい草木の芽や葉を好んで食べて生き延びているようです。

今年はわたしが野鳥と遊んでいるので、家内が育てているサヤエンドウの若い茎葉は被害に遭っていません。
野鳥と遊んでいるのも少しは世のため・人のため・家内のためにはなっていると自負しているのですが――。

 

小鳥が来ないえさ台

   
   ステンレス金ザルとアルミ皿で作ったバードフィーダー(えさ台)

アルミ皿に載せたミカンが良く見えるように金ザルを被せています。
ザルと皿の隙間は3~4cm。メジロが通れてもヒヨドリが通れない隙間です。
これを紐を通して全体が枝からブラブラとつり下がっています。
ところが一羽も関心を示しません。だれも来ません。
どうもピカピカと光が反射するのが嫌いなようです。
それでステンレス金ザルを取り除きましたが、それでもダメでした。
アイデア倒れの失敗作です。

それでいつものように半切りミカンに紐を通し、竹串をグサッと通して枝からぶら下げております。
メジロはなんとか竹串に留まってミカンをつつこうとするのですが、ヒヨドリは留まれません。
それで近くの太い枝に留まり、体を最大限伸ばし、曲芸師のような姿でつつきまくり、バクバクと食べてしまいます。
しかもメジロが来ると体当たりをするかような飛び方で追い払うのが憎たらしい。
自分が満足して遠くに去ってもどこかで見張っているようです。
鬼の居ぬ間に、とメジロが来るとヒヨドリが猛然と突っ込んできます。

メジロをエコヒイキし、ヒヨドリを差別しようと考えたのが、近くにヒヨドリが
留まる枝がない空間にミカンをつり下げること。
これはうまくいきました。
それでもヒヨドリは何とかしてミカンをつつこうとホバリング(空中停止)です。
ところがミカンが動いてしまい、ホバリングにも失敗してしまいます。
その姿が滑稽でわたしに笑われていました。
しかし、野鳥でも進歩するもんですナァ。
やがて上手にホバリングができるようになり、つつき方も工夫したのでしょう。ミカンにありつけるようになりました。
でもホバリングは大変な運動量で疲れるらしい。そうはたくさんつつけません。
近くで休み、このミカンは俺のだと周囲に睨みをきかせています。

ヒヨドリをイジメてもかわいそうだと考え直し、枝にアマナツを刺しておきました。ミカンほどは甘くないで少々気に入らないようですが、やむなくそちらをつついている時がメジロのミカンタイムです。
するとまたヒヨドリがアマナツを中断して追い払いに飛んできます。
メジロもだんだん慣れてきて、ちょことだけ逃げ、ヒヨドリがいなくなるとサッとミカンに飛びつきます。

まぁそんな野鳥の姿を見ていると暇つぶしになります。
「小鳥に遊んでもらって良かったネ」と家内が言っておりました。

 

今年も手作り味噌の季節

   
        パスタ鍋とポテトマッシャー

材料  大豆   1kg    北海道産トヨマサリ      ¥440
     米生麹  1.3kg    静岡のしのざき米店      ¥980
     塩     400g    インドネシアの海水粗塩   ¥180
     水    大量     スーパーのアルカリイオン水
  ※出来上がり量 約3.5kg  材料費 ¥1600 (送料等別)

今年はこれを2桶、麦味噌を1桶作ります。その手順は他のサイトと同じ。
ここでは作業のポイント、気を配った点などを紹介しましょう。
材料は大豆、塩、麹、水だけですから良い品物を選ぶことが第一です。

大豆:大豆には黒い目がありますが、白目の大豆の方が見映えがよい。
   ずっと北海道の“秋田”でしたが今年は北海道の“トヨマサリ”
   できれば大豆の自家栽培をしたいのですが…。
麹 :スーパーで市販の乾燥麹“みやここ○じ”でもおいしい味噌ができます。
   大豆と麹と塩が1:1:0.5ぐらいが普通です。これだと江戸時代の高級品。
   麹が少なく大豆と塩が多いしょっぱい味噌が普通でした。
   麹が多いと甘く上品になりますが、雑菌の繁殖に注意が必要。
   生麹の場合は乾燥麹の2~5割増しでも良いようです。
塩 :いつも使ってきた沖縄の“シ○マース”や赤穂の○○、伯方の○も原材料は
   輸入塩でした。それならばインドネシア産粗塩でもOKかと。今年初めて採用。
   沖縄のヌチマー○は高くて手が出ません。
水 :水道水は塩素が気になります。くみ置き水なら塩素は抜けますが…。
   ミネラルウォーターだとお金を払うのがモッタイナイ。
   スーパーの無料アルカリイオン水はおいしい水です。
   大豆を洗う時にも水道水は使いません。すぐ水を吸ってしまいますからね。

鍋 :大豆を煮るのにパスタ鍋がザッと湯切りができ、すごく便利でお勧めです。
   湯切りした煮大豆を内鍋ごと鍋に保管すればそれなりに温度が保てます。
アク取り:圧力鍋は大豆のアクやカスで空気孔を塞いでしまうと大変です。
     今回はパスタ鍋の弱火で4時間煮ました。気が楽でした。
     100円ショップのアク取りシートが大活躍でした。
煮汁:つぶし大豆に塩麹を混ぜる際、固くてボロボロならば煮汁を足します。
   残りは豚汁・煮魚などに使う。食器洗いや菜園の水やりなどに再利用。
ポテトマッシャー:少しずつバットに移した煮大豆をつぶすのに大変便利。
         餅つき機があると便利でしょうね。

カビ:味噌を詰めた後、容器内部の丁寧な清拭と消毒が大切です。
   密閉することも大切で、キチンとラップした後で重しは丈夫なビニール袋に
   水を入れた“水重し”にしています。これで味噌がほぼ密封されます。
天地返し:そんな面倒なことはしたことがありません。でも大丈夫。
保管:二重にビニール袋にくるみ、ホコリや雑菌を防ぎ、冷暗所に放置。
   詰め込んだ味噌の表面と桶のフタの間に空間が必要。味噌から「たまり」が
   出ますから。あふれ出ると困るので容器の下に洗面器を置いています。
   
グジグジ書きましたが、要は論より実行。作業はあっけないくらいに簡単です。
大豆の国産自給率は5%。
手作り味噌や手作り納豆で国産大豆の消費拡大にホンの少しは貢献しました。

 

寒い夜は自宅の手作り温泉風呂

   
       重曹40gを投入してみました

毎日いつも何有荘ではハーブ風呂なのですが、冬場はローズマリーが続くと飽きてきます。
ミカンの皮風呂も悪くはないけれど、もう一度入りたいと思うほどではありません。
それにちょっと腰痛気味なので温泉に行きたいナァと思い、即席温泉を考えつきました。

それが重曹風呂です。Wikipedia によると
“重曹泉の温泉への入浴は、肌をなめらかにする美肌効果がある。疲労回復、病後の体力補強、外傷、皮膚病にも効果がある。飲泉すると慢性胃炎に効くといわれる。重炭酸土類泉の温泉は炎症を抑える効果があるので、入浴は、外傷、皮膚病、アトピー性皮膚炎、アレルギー疾患などに効く。
飲泉は、痛風、尿酸結石、糖尿病によいとされる。万人向けの泉質であるが、アルカリ性の強さによっては入浴後に皮膚の弱い部位に軽微な炎症が起きることがある。それは一過性のものであるが、皮膚の弱い人は温泉から出る際に真水で身体を洗い流しておくとよい――“

市販の入浴剤も多くは重曹を含んでいます。
実は入浴剤を買って試してみたのですが、毒々しくて気に入りませんでした。
色も香りもケミカルで不自然。嫌になりました。

重曹が含まれている温泉を重曹泉といいます。ならば直接、重曹を入れてしまおうという実験です。
重曹風呂って簡単です。重曹をコップ半分程度を投入。
プツプツ発泡してなかなか良い気分です。肌がツルツルします。
無色無臭ですから、ラベンダーのアロマオイルを数滴入れました。
これで豪華なハーブ温泉気分。
何やら腰痛も良くなった気がしてくるから不思議です。
何よりも気分がリラックスするのが副交感神経を刺激して良いようです。
血流が良くなり、浴後もポカポカです。

思わぬ効果は翌日の浴槽洗いが楽になること。湯あかが付きにくい。
次回は買ったまま放置されている“インディの秘塩”風呂にでもしてみますか。
浴槽残り湯を使った洗濯機への利用も問題ありません。