野鳥:モズ

   
        小型デジカメで窓越し望遠撮影

これも毎年、シベリヤや北海道か、中部山岳地帯からわざわざ何有荘にお見えになるお客様。
何年か前に、モズのハヤニエ を何有荘でも行っていました。
最近はもっぱらフラリと来て、きょろきょろ周囲を見わたし、サッと去っていくだけで、もう少し芸をしろヨと言いたくなります。

モズと言うと
  1.モズが枯れ木で鳴いている  おいらはワラを叩いてる  
    綿引き車はおばあさん     ごっとん水車もまわってる  

  2.みんな去年と同じだよ     けれども 足んねぇもんがある  
    あんさの薪割る音がねぇ    ばっさり薪割る音がねぇ

  3.あんさは満州へ行っただよ  鉄砲が涙で光っただ  
    モズよ寒くも鳴くでねえ    あんさはもっと寒いだろう   

というサトウハチローの歌が思い出されます。モズは北の国からの使者です。
モズの鳴き声に戦地の兄の消息がどうなったのか、思いおこされたのでしょう。
昭和 6年 9月18日 満州事変。以後15年間の戦争が続く。
昭和10年10月10日「サトウハチロー 僕等の詩集」でこの詩を発表。
昭和16年12月 8日 真珠湾攻撃、日米開戦…。

スズメほどの大きさですが尾が長く、しょっちゅう尾を上下させているので区別できます。
高い場所が好き。鋭いクチバシは肉食系だから。
やや頭がおおきく、目尻から後ろへと黒い化粧をし、お腹が橙色の美しい鳥です。

漢字で書くと【百舌】。
求愛行動の時にメスに向かって、様々な鳥の鳴き声を真似して気を引くそうです。
二枚舌どころではない 百舌 とはちょっとすごい命名です。

夏も終わり、秋が近づくと「キーッ、キーッ」と鋭い「百舌の高鳴き」が聞こえてきます。するとまたもうモズの季節なんだ、秋なんだと思います。
やがて年が明け、2月頃が求愛季節だそうです。
百舌と称される得意芸を披露して頂きたいのですが、まだ聞いたことはありません。
残念…。

今年のブログは今日まで。一週間ほど年末年始の休暇です。
良いお年をお迎え下さい。
 

スポンサーサイト

周年フレッシュバジル栽培

   
        バジルがまだ元気

09年の正月、バジルがスーパーで売っていました。98円。
野菜コーナーでしたからフレッシュで使うことを想定しているようでした。
ほんの数センチの小さなビニールポットには根が生えていましたので大きなポットに植え替えたら育ちました。

大きくなってからは挿し木で増やしました。そうそう毎日イタリアンというわけにもいきませんから数株もあれば充分です。
地植にしておくと、結構虫が付きますね。それで1株は室内で育ててイザと言う時のスペアにしてきました。
やがて花穂が立ち上がってきた頃、背を半分ほどに刈り込みます。
その内の数本をまた挿し木にして育てます。

11月になるとさすがに正月に買った「親」は弱ってきましたが、「孫」にあたる画像のバジルはまだ元気で、使用に耐えます。
これでフレッシュバジルの周年利用が可能になりました。

バジル葉の冷蔵保存、冷凍保存はけっこう難しい。しまったまま忘れたりもする。
それでジェノベーゼなるものを作って保存したりしてきたけれど、これまたそう度々は出番がありません。結局のところ冷蔵庫のコヤシ。
年中、目の前にフレッシュバジルがあると、実に使い勝手がよろしい。
チョイチョイとつまんでサラダに、ピザに、スパゲティーにと気軽に使えます。
葉を保存する手間暇から自由になりました。

考えてみれば簡単な話で、挿し木を繰り返して株を老化させなければ良いのです。
98円で1年間楽しめたのは立派なものです。
このまま室内で年越しさせ、春になったらもう少し大きなポットに植え替えるつもりです。
そしてまた、挿し木・挿し木を繰り返すとずっと生きているのでしょうか?
それはまた来年の楽しみ・来年の実験予定です。

蒲(ガマ)の穂綿

    
          蒲(ガマ)の穂綿

空っ風が吹いていると、何か白いフワフワしたものが空中を漂っています。
子どもだった頃、オッ、エンゼルヘアーだ なんて思ったものですが、
最近はそんなロマンチックな発想は出てきません。
何有荘近辺で飛んでいるのはまず間違いなく、蒲の穂綿です。

夏の頃、蒲は湿地帯で育ち、フランクフルトソーセージのような穂ができます。
これは約35万の雌花の集合体で、その上に目立たない雄花が咲いています。
トウモロコシを想像すると良いと思います。トウモロコシの実は全部雌で、
その上に雄花が見映えのないサエナイ花を咲かせています。

10月頃からフランクフルトはボロボロに崩れだし、今頃の季節は見るも無惨な姿で、あれがかつてりりしい姿であったガマとはだれも想像だにしないでしょう。
受粉したあのフランクフルトは、秋になると1本から約35万の種子が風に吹かれて飛んで行くのです。千の風どころではありません。

さてアラカン(アラウンド還暦)以上の方は「大黒様」の歌をご存知でしょう。
   大黒様         作詞:石原和三郎 作曲:田村 虎蔵
1、大きな袋を肩にかけ    大黒様が来かかると
  ここに因幡の白うさぎ   皮をむかれて赤裸
2、大黒様はあわれがり   きれいな水に身を洗い
  がまの穂綿にくるまれと よくよく教えてやりました
3、大黒様のいうとおり    きれいな水に身を洗い
  がまの穂綿にくるまれば うさぎはもとの白うさぎ

しかし、この懐かしい歌には様々な問題点があります。
1.白うさぎとあるけれど、古事記では【素兎】。
  白いうさぎは明治以後、日本に輸入され、日本在来種ではありません。
  たぶん、薄茶色で模様のない野ウサギが素兎でしょう。
2.火傷の薬になるのはフランク状態でのオシベから採れる黄色い花粉で、
  乾燥した花粉を漢方では穂横(ホオウ)といいます。
3.古事記では【取河口蒲花粉】、河口で蒲の花粉を取り、と述べています。
  漢方の処方です。蒲の穂綿とは書いてありません。
3.穂綿は火打ち石で火をつける時に使われたり、蒲団の中身に使われました。
  穂綿にくるまれば白い毛が復活するように思えますが単なる妄想です。

白ウサギではなく、うす茶色の素兔。穂綿ではなく、花粉が正しい。
たぶん作詞家の石原さんはこのような事実を知らなかったのでしょう。
文部官僚も知らなかったので間違った情報がフリーパスで全国に広がってしました。

おかしいなと思った人もいたことでしょう。
しかし権威に口出ししたら投獄されかねない時代でしたから黙っていました。
それはおかしい、と誰に対しても言える現代社会の権利はとても大切なことです。
大事にしなければなりせん。

冬至は湯治、柚子は融通

   
         今年は豊作の柚子

江戸時代の人はダジャレが大好きで、お節料理は親父ギャグの百連発なのですが
今日は冬至ですから、冬至の話。
「冬至は湯治」は単なるギャグではなく、意味の通った話です。
1年の疲れを温泉でいやす――それが翌年の活力源になります。
昔の人は山間の温泉宿に自炊で、半月から一ヶ月ほど滞在して骨身を休ませました。
現代人は休むヒマさえありません。

最近は低体温症の人が多いそうで、それが諸悪の根元だそうです。
体温を上げればどんな病気でも治ってしまう、という医者さえおります。
体温を上げる手っ取り早い方法が入浴で、じっくりと体全体を温め、汗がにじむほど入浴する方法が半身浴だとはよく知られるようになりました。

体の汗や汚れを落とすのが主目的ならばシャワーでも良いのですが、入浴・湯治の目的は心身を休めるところにあります。
全力でこの1年を走ってきた人の心身はボロボロです。血圧は上がりっぱなしで、
おまけに糖尿や高脂血症…。怒りっぽくなっていませんか。
理解されていないと感じると他人を理解する余裕も失われます。トゲトゲして融通がきかなくなります。
どんな困難にも融通無碍(ユウズウムゲ)――自由自在に対応できる柔らかな心身になるようにと、丸い柚子に願いを託しました。

せめて一年に一晩でも、冬至の日には自宅のお風呂で湯治場気分に浸り、ゆっくりとゆず湯に入りませんか。
血管が広がり、血流が回復して心身の凝(コ)った塊が溶解していきます。心も肌も潤いを回復してきます。
古い自分を脱ぎ捨て、新しい自分に再生・復活するための清めの入浴です。

冬至は昔、一年の終わりでした。明日から新年が始まりました。
だから冬至のゆず湯は心身のすす払い、大掃除のようなものです。
明日から夜の時間は短くなり、昼の時間が少しずつ長くなります。
日没時刻は現在16時32分。元旦の日没は16時38分。
陽が延びてきたね、とこれから実感していくことが楽しみです。

蛇足:100円ショップで売っているキッチン用水切りネット(ストッキングタイプ)に柚子を入れて柚子風呂にすると後始末が簡単です。

 

霜も成長する

   
        寒咲き菜の花の葉で成長した霜

毎日晴天ですから、明け方は放射冷却でぐっと冷えます。
今朝の外気温は0度で、あたり一面霜で真っ白でした。

霜は空気中の水蒸気が0度以下になった物体に付着して凍ったものです。
畑の野菜たちも霜で真っ白に化粧をしていました。
枯れ草の中でクレソンなどは霜枯れて哀れな姿ですがまだ生き延びています。
ところが、この「寒咲き菜の花」は霜降りでもびくともしません。

地中の水分が凍ると霜柱になり、今朝の畑は霜柱でザクザクでした。
根が浮き上がらぬようにとあちらこちら麦踏みなんぞをしてみました。

それにしてもこんな霜を見たのは初めてでした。
田舎ではめずらしくもない光景なのでしょうか?
霜がまるで霜柱のように、金平糖のように成長しています。
霜ができる時によほど無風状態が続いたのだろうと想像しています。

早起きして畑を見に行ったから出合えた光景です。
日が高くなってからからだともう溶けてしまい、見ることはできないでしょう。
自然の姿は美しいなぁ と思います。
朝日に輝き、何か得した気分になりました。

 

油揚げでハンバーグ風の種を包む

   
          味付けは和風

車でラジオを聞いていたら偶然耳にした簡単レシピです。
正しい料理名は聞きそびれました。

◆レシピ
1.油揚げの三方を切って広げて大きな1枚にする。
2.ハンバーグ風の種を油揚げの上に薄くのばし
3.太巻き寿司のように巻き、端を楊枝でとめる。
4.鍋に水、砂糖、醤油、味醂を入れて煮る。
5.適当に切って皿に盛りつければ完成。

種は何でも良いと思いますが、家内は何でも入れるのが得意です。
挽肉・タマネギ・カタクリ粉・卵のほかに、ニンジンや長ネギまで入れていました。
種の下味はいつものように塩・胡椒。

仕上がりはとても軟らかく、味付けは和風ですから歯の悪い年寄り向け料理。
と思いきや、中身がハンバーグ風なので若者にも好評でした。
油揚げの歯ごたえ・感触が何とも言えません。
ただお皿に盛るだけだと少し見た目が寂しい。
ホウレンソウを一緒に煮、その煮浸しなどを添えると良かったかもしれません。

家内はお節料理の一品にしようとか言っていました。

 

新型野菜・アーティチョーク

   
        超巨大なアーティチョーク

後ろの犬小屋と比べて下さい。和名は朝鮮アザミ。
動植物の和名に朝鮮~と付く場合、朝鮮半島由来のという意味よりも、外国産でとても大きな、あるいはよく効く、ちょっと変わった…という意味合いになります。
アーティチョークも朝鮮半島とは何の関係もありません。
ヨーロッパの野菜で江戸時代にオランダ人によって日本にやってきました。
和名をつけた人がいい加減だったのでしょう。外国生まれのすごく大きなアザミだから 朝鮮アザミ という名になったようです。

ハーブ図鑑で名前だけは知っていました。
その苗が今年の春頃ホームセンターで売っていたので、興味本位で購入し、地植えしておいたところ、どんどん巨大化してこの姿です。
一度誤って草払い機で頭をカットしてしまったので背の高さはありませんが、横幅が2m以上もあり、まるでお化け野菜みたいです。

今年はこのまま越冬し、来年になったら大きなアザミ同様の花を咲かせるようです。
その花を楽しむのではなく、花のツボミを食べるのだからヨーロッパ人も変わっています。固いツボミを茹でて歯でしごいて食べるのだそうです。
日本人の好みに合わず、一般化しませんでしたが、最近になって新型野菜として若い人を中心に人気上昇中。

何有荘近辺は農業地帯ですから、近くのスーパーや直販店では驚くほど安い値段で新鮮な野菜が売られています。
自分で苦労して育てるよりもよっぽど安くて立派なので、自家菜園の志もヘナヘナと崩れそうになります。
それで、地元でも売っていない作物を育てよう、としてアーティチョークになったわけです。もっとも放任栽培で手間暇などかけてはいませんが…。

2年目から食用になるそうで、今年はまだ食べていません。
これは来年の目標、来年のお楽しみです。

 

今年も遊びに来たアカハラ

   
         小枝よりも地面が好きで歩き回る

アカハラはツグミの仲間で、羽の色がくすんでいるので地面にいると正に保護色。
生け垣の下にいるヨ! エッどこ? という具合でなかなか探すのが難しい。
腹が赤いのでアカハラ。なんと安易なネーミングなんだろうか。
同じツグミの仲間にシロハラという鳥もいるけれど、さすがにクロハラ・ハラグロという鳥はいません。

毎年、冬になるとやってくる冬鳥です。
同じ冬鳥でもジョウビタキは華があり人気者。アカハラは地味で目立たない。
本人はそんな評判は気にしていないでしょうね。
わたしたち人間は評判とか、陰口とかに気を遣いすぎています。

アカハラが地面を歩き回るのはどうやら虫をついばんでいるらしい。
他の小鳥に大人気のマユミの実などには目もくれません。
何有荘の家庭菜園は刈った雑草を畝に積み上げ、そこに米ぬかをまいていますから
畝の上にはダンゴムシやら何やらがたくさんいます。
それを食べているに違いないと思って、アカハラが飛び去った後で現地を点検に行くのですが、なかなか虫は見つからない。
食べた後だから見つからないのは当たり前かもしれませんが、アカハラが来る前に点検しても表面的には見つからないのです。
アカハラは隠れている虫を見つける天才なのか、それともヌカのかたまりを食べていただけなのか?

殺虫剤を使わない畑ですから小鳥さんに頑張ってもらわないとね。期待しているんですよ、アカハラ君。


 

柚子(ゆず)のワタ煮

    
        左:ユズのワタ。         右:ワタ煮

柚子は薬味に使う外皮を剥ぐと中身が残ります。
中身は柚子果汁として絞り出しますが、種とカスが残ります。
種は柚子ローションの材料として大変貴重ですから捨てない人が多くなりましたが
果汁を絞りきったカスは捨ててしまう人が多いようです。

そのカスから柚子の小袋をむしり取るとワタだけがすっぽりと残ります。
ワタとは外皮と果汁小袋の間にあるフワフワの緩衝材です。
むしり取った小袋の中には絞りきれなかった柚子が残っていますから、まとめてお風呂に入れれば立派な「柚子風呂もどき」。肌がツルツルになります。
あるいは煮出すと「柚子ローションもどき」ができますから捨ててはモッタイナイ。

最後に残ったワタを砂糖煮にすると、これもまた風雅なお茶うけになります。
ワタの砂糖煮は茨城県の農家から教えてもらいました。
昔の人は全部を使い切る生活をしていたのだと感心します。

◆柚子(ゆず)のワタ煮の作り方
1.小さな柚子ならばワタを二つに切る。大きな柚子ならば4分割。
2.ヒタヒタの水を加え、苦みを取るために2度茹でこぼす。
3.少量の水と柚子果汁、砂糖を加えて煮詰める。
4.味醂と白ワイン、いずれも適量、塩少々を加えて煮詰めて出来上がり。

そもそもワタですから歯ごたえがなく、ボンヤリした味わいなので、少しキリリとさせたくて白ワインを加えてみました。なかなか良いアイデアだと自画自賛。

普通ならば捨てられるカスから上品で風雅な一品ができました。
柚子のカス煮・ワタ煮ではあんまりですから、【柚子の雲上煮】とでも名付けましょうかねェ。

 

手作り柚子(ゆず)のマーマレード

   
          柚子の皮をむいて千切りにする

果実を甘く煮た物をジャムという。苺、ブルーベリー、アンズ、リンゴなど。
柑橘類の皮を甘く煮た物をマーマレードという。レモン、オレンジ、柚子など。
だから柚子ジャムではなく、柚子マーマレードだけれど、柚子ジャムでも話が通じてしまいます。

ところが柚子茶については話が混乱しています。
韓国式だと柚子マーマレードをお湯で割っていただくのが柚子茶。
日本の田舎方式だと、生の柚子スライスの砂糖漬けをお湯で割っていただきます。
柚子茶と言った場合、話し手が韓国式か日本の田舎式のどちらを指して言っているのか、聞き手が誤解しないように注意が必要なようです。

さて朝から家内が大量の柚子でマーマレードを作っています。
◆作り方
1.柚子をよく洗って水気を拭き、皮をむく。
2.皮を千切りにして鍋に入れ、3回茹でこぼす。
3.中身を絞り、果汁と種とカスに分ける。
4.種を台所用水切りネットに詰め、千切り皮と一緒にヒタヒタの水で煮込む。
5.全体的にとろみがついてきたら、種のネットを引き上げる。
6.果汁を加え、砂糖を加え、弱火で煮込む。
7.さらに砂糖を加え、まだゆるいかなという程度で火を止めて出来上がり。

◆補足
1.砂糖の量はお好みだが、柚子皮と重量比で1:1という人が多い。
  1:0.5だと不足の気がする。
2.引き上げた種は、カスと一緒にその日の浴槽に入れて「柚子風呂」。
  種はまだ十分使えるので、容器に入れて焼酎を入れれば「柚子ローション」。
  焼酎がなければ、もう一度煮ただけで「柚子ローションもどき」ができる。
3.柚子皮の千切り幅はお好みで。
4.茹でこぼしをサボルと苦みがきつくて食べられない。
5.砂糖を一度に加えると皮が固くなるから、何度かに分けて入れる。
6.種を加えず皮だけを砂糖煮にして乾燥させ、さらに砂糖を振れば「柚子ピール」。
  この場合、皮の千切りは不適当。ある程度の幅が欲しい。

梅の季節も忙しいけれど、柚子の季節も忙しい。
柚子の季節になるともうすぐ年末だなぁ、寒くなるゾという思いがあります。

寒い日は柚子マーマレードをお湯で割り、生姜のおろし汁を加えると体が温まる手作り風邪予防ドリンクになります。
市販の風邪薬なんぞ、お金を出して買う必要はありません。風邪を退治する薬はまだ発明・発見されておりません。ただ症状を和らげる作用があるだけです。
暖かくして寝ている、無理をしないのが一番の風邪対策だと思います。