里山の恵み・タラの芽とシイタケ

  

月に一度活動している里山活動の指導者Uさんとスーパーでばったり出会いました。
Uさんが「タラの芽が食べ頃だよ」と教えてくれましたので早速里山へ様子を見に行きました。
桜の花の開花がタラの芽生えと連動しているようです。

タラの木の冬姿はまるで鉛筆を立てたように、枝無しで一本だけスクッと立っていますから発見するのは容易です。
もっとも里山活動でタラの木を保護するために周囲を伐採してありますから、容易に発見できるのが当たり前。
うっそうとした杉林を伐採したので、周辺に光が入るようになりタラの木が急激にはびこりだしたようです。でもそれは大歓迎。

タラの木の先端に芽が出て、これをポキッと折って採集します。したがって1本から1芽しか取れない貴重品であり、その味は「山菜の王様」と呼ばれています。
たった一つの芽を取ってしまうのですからタラには迷惑な話です。
先端の他に軸の脇からも芽が出てきますが、これをすべて採集するのはタブー。タラが死んでしまいます。

タラ木の成長は早く、自然状態では数年で3mを越すようになります。これはす早く周囲の樹木に負けない高さになって日の光を十分に受けとるためにと考えられています。
この高さになったら芽を採集するのは特別な道具がないと不可能です。指をくわえて眺めるだけです。
芽を摘まれる危険がなくなった、とタラは自分で判断・認識するようです。この高さまで成長したタラの木は、その胴体にびっしりついていた鋭いトゲが地際から1mぐらいまでなくなってしまいます。
タラの芽を食べるのは人間様だけではありません。イノシシや鹿などの野生動物も敵です。
敵から芽や樹皮を守っていたトゲの必要がなくなったからトゲが消えたのでしょう。

したがって採集できる木の高さは2m位までとなります。芽の先端を摘み取ることで成長が抑制され、来年も手頃な高さにしかなれません。
背が低くても人間様が周囲の雑草や灌木を切り払ってくれますから十分に陽に当たれます。つまり、タラの木と人間様の一種の共存共栄関係が里山で成り立っていることになります。

私たちが採集してきたのは、すでに食べ頃を少し過ぎて葉の色が濃くなり、葉が展開しだした芽を選びました。このままでは葉っぱになるだけですから。
驚いたことには若い芽にももう鋭いトゲが付いていることです。タラはこうして若い芽を守っているのですね。

調理は天ぷら。熱を通し、油と合わせると苦み・アクがとれます。だからベーコンとの油炒めでも良いのですが、まずは常識的に天ぷらです。ウーーン、おいしい!!
太い軸の部分もヌメリがあって軟らかい。このヌメリが味のポイントです。
葉の部分のトゲもまったく気になりません。食べ頃を過ぎた葉と思っていましたが、どうしてどうして、十分おいしく頂きました。

この日、天ぷらになったのは里山のタラの芽、シイタケ、セリ、ヤブカンゾウ。
主材料費はすべて里山の野草ですからタダで新鮮・絶品。
だから田舎暮らしはやめられない。

 

スポンサーサイト

鳥が鳴き花が咲く素晴らしい春が来ました。

   
          満開のユスラウメ

2週間ぶりに何有荘に来てみると春が来ていてびっくりしました。
3月29日が旧暦の桃の節句でしたから、当たり前と言えばその通りですがうれしいものです。

何もしないでも季節は巡ってくるものだと思うと、アセルことも悩むこともないじゃないかと思えてきます。
人間社会は様々なアツレキを抱え、角突き合わせて闘っています。実際、派遣切り=無職・無収入・無宿などが平然と強制されていますから、闘わねば生きていけません。
そんなせっぱ詰まった世の中ですが、春は何事もないように訪れて来ました。
生きていて良かった、生きていこうという勇気が湧いてくる季節です。

     
ツツジの仲間では一番早く咲くピンクのゲンカイツツジです。
知人に頂いた黄色のレンギョウ、誰かさんが好きだからと植えた紫のムスカリとのコラボレーションが見事です。
緑は雑草として嫌われているカラスノエンドウ。これだって野草料理の材料になるのですよ。別に保護しているわけではなく、勝手に生えてきているだけですが、当面、排除する理由がないのでそのままにしてあります。

     
これは高さ1m以上に伸びたケールの花です。
ケールはキャベツの原種みたいなものだそうで、青汁の材料として有名ですね。
アブラナ科ですから菜の花と同じような花が咲いています。
巻かない葉をキャベツの葉と同じように利用しますが、どんどん大きくなり利用し切れませんでした。
ケールの葉もつややかで、虫食い跡もなく、無肥料・無農薬でよくここまで育ったものだと感心します。
隣に植えたもう1株はいじけて、あまり育っていません。こちらとしては差別したつもりはないのですが、植えられた環境のわずかな違いなのでしょうか。
 
近くの山ではウグイスがあちらこちらで上手に鳴いています。前の池では鴨たちが奇妙な声をあげています。田んぼではカエルがコロロコロコロと銀の笛を吹いています。そしてカワセミがスーッと横切っていきました。近くに巣がありますから。

みな元気になる春の季節ですが、雑草も害虫も元気になります。あー。

 

小型で黄色いラッパスイセン

     

駐車場脇の花壇で小型ながら黄色いラッパ水仙が咲いて良い香りです。
年末から咲き始めるニホンスイセンは季節を早取りした花として人気があります。
だから今の季節のスイセンは、今でも咲いているの?と驚かれたり、無視されたりしてします。

スイセンは年末から4月下旬まで次々と色々な種類が咲き継いでいきます。
日本水仙は早咲きで、遅咲き水仙は暖かくなってから花咲く洋種です。

このスイセンは特に香りが豊かで、家内が気に入っており、手入れに余念がありません。
正しい名前は知らず、「香り水仙」とか「匂い水仙」とか勝手に名付けております。
ご近所様から分けて頂いた水仙がどんどん増えたものです。
ご近所様はご自宅の水仙が増えすぎたから捨てちゃう、と言うのですヨ。
実際、捨てられた水仙が土手で育ったりしています。
それで、「あらまぁ、もったいない」とか言って頂いたようです。

ギリシャ神話の水仙の話。
ゼウスの妻ヘラが夫の浮気現場を押さえようと探索していた時、森のニンフの一人エコーはヘラとつい長話をして、ゼウスが逃亡する機会を作ってしまった、ということでヘラの怒りを買い、罰を受けます。
二度と長話ができないように言葉を封じられてしまいました。話すことができるのは相手の言葉の最後の部分を繰り返すことだけでした。

エコーはナルキッソスという若者が好きでしたが何も話すことができません。それどころか彼の言葉をオーム返しするのでバカにされてしまいます。エコーはそれをひどく恥じて身を消してしまいました。
ナルキッソスは美しくたくましい若者で男女を問わず周囲の人々から愛されていました。それ故にでしょうか、やや気位が高く、それ以前にも彼に恋をした娘が実らぬ恋に失望して自殺するという事件もありました。

復讐の女神はこれらの事件を見逃さず、「自分以外の誰も愛せない」性格に変えてしまいます。森で狩りをしていたナルキッソスは喉が渇いたので泉の水を飲もうとした時、水鏡に映った自分自身の姿に恋をしてしまいました。
泉のほとりを離れることができなくなり、食事も取らず、泉の中の美少年に魅せられたままやせ細って死んでしまったそうな。
ナルキッソスが死んだ後、そこに生まれて咲いた花が水仙でした。

ギリシャ神話には高慢になった人間が神罰を受けるというテーマが次々と語られています。
でも、それが水仙と結びつくとはなぜなのかな。ちょっと強引なような気もします。
ちなみにナルキッソスを英語でナルシッサス(水仙)といい、自己愛の強い人をナルシストといいます。
また木霊(コダマ)をエコーというのもこの神話が由来です。姿が見えず、言葉を繰り返す気の毒なニンフのことです。

 

花粉症対策:土筆(ツクシ)

  

ようやくツクシが出てきて春爛漫の雰囲気が何有荘周辺にも漂っています。
ツクシは食べられるけれども事前処理が面倒くさい。
軸の途中に付いているいくつかのハカマをはずすのに苦労し、軸そのものを切ってしまうことがままあります。
だから丈夫で太い軸のツクシを採集するのが得です。
軸と頭がバラバラになったってどうっていうことはないのだけれど、見栄えが悪いと見栄をはりたくなるところが、まだ未熟者なのでしょう。

ある人がツクシを見て突然、猛烈にツクシを食べたくなったそうです。
その結果、花粉症が劇的に改善したというレポートがありました。
その人が、知人に無理矢理にツクシを勧めた結果、約6割の人の花粉症が改善したというおまけ付きのレポートでした。

わたしも家内もツクシを見て猛然と食欲が湧くわけではありませんから、どれほど効くか保障はしかねますが、季節の病気に対抗するには季節の野菜、旬の食べ物を食べる――という原則が当てはまりそうです。
ツクシなんぞは原始的そうですから、原始力があるのかもしれません。

頭の胞子嚢(ノウ)がキッチリと閉まっているツクシが効果があると言います。
花開いていると効果は少なくなるけれども食べやすくなるそうです。
ということは、胞子そのものに抗アレルギー力があるということになります。

調理の仕方はレシピを書くほどのことはありません。
ハカマを取ってゆでるか、油で炒める。
醤油味か味噌味にする。
砂糖や味醂を加えても良し。七味を加えても良し。
そのまま頂いても良し、卵とじにしても良し。
ご飯に混ぜてツクシご飯にしても良し、ゴマ和えにしても良し。
レシピに頼らず、好きなようにして食べれば良いと思います。

 

里山のコスミレ?

         

スミレの仲間は数多くあり、これが何スミレかを見分けるのはとても難しい。
だから、いつもは「スミレが咲いている…」ですませてしまうけれど、見慣れたタチツボスミレと葉の形が違うことに気づいてしまうと、何スミレなんだろうかと落ち着かなくなります。
図鑑で調べてみると、どうやらコスミレらしい。
小さなスミレという意味なのに、別に小さくはないし、大きくなるそうです。
種(シュ)の名前はかなりいい加減な命名もありますネ。

有用植物の名前は古くから中国から伝わったり、江戸時代に「本草学」としてキチンとまとめられています。
しかし、野の花や雑草についてはあいまいで、明治時代以後、欧米から植物分類学が導入されて以来、牧野富太郎博士らの努力で標準和名がつけられてきました。
コスミレという名前もおそらくその時代に名付けられたのでないかと思います。
日本人の意識の中では、あまりに普通すぎる植物なので名前などどうでも良かったのかもしれません。

こんな時代ですから次々と動植物が絶滅危惧種に指定されています。
絶滅したら二度とお目にかかれないのですが、何が絶滅危惧種なのかを知らないと、それを保護する意識も出てきません。
このコスミレも日本の一部地域では絶滅危惧種指定ですが、ここの里山では普通です。
だから里山再生・里山保護と称しながら、ボランティア作業中に多くの人はコスミレを意識することなく踏みにじっています。

気づいていませんから当然といえば当然です。
ありふれた自然ですから、わたしたちは「また生えてくる」と信じています。
でも、そのありふれた自然が今や貴重となってしまいました。
もう二度と生えてこない地域が広がっています。

 

何有荘のお客様・アオジ

   

小型のデジカメで撮っていますからはっきりしない画像で残念です。
アオジという名前のくせに少しも青くはないし、緑色でもありません。
なぜアオジという名前なんでしょうかネ。

スズメと同じ大きさで、スズメと同じような羽模様で、スズメと一緒にエサをあさりにやってきます。
スズメと確実に区別できる点は、スズメは首周りや頬に白い部分がありますが、アオジは頭から尻尾まで同じような模様です。アオジの腹が黄色いのも区別するポイントです。
鳥の仲間のメスがどれも地味な色合いなのは子孫を残すために外敵に気づかれにくくするためでしょう。
これも冬の渡り鳥ですから間もなく何有荘からどこかへ旅たって行きます。

大変敏感で、わたしの姿を発見すると一目散に逃げ去ってしまいます。
人馴れしたスズメなどは2~3m逃げたら木の枝に止まってこちらの様子をうかがい、わたしがいなくなればすぐ舞い戻ります。
アオジはそれほどズーズーしくはありません。臆病ですから、はるかかなたに逃げていきます。

先だって、やや多めにエサを撒いておきましたら、アオジはいったん飛び去った後でもう1羽と連れ立って舞い戻りました。
あれはきっと夫婦だね、と家内が言っておりました。
わたしもそう思います。

小鳥には会話能力があるにちがいない。
“ねぇアナタ、アッチに良い餌場がアルヨ“
“ホゥ、そうかい、行ッテミルカ”
なんて誘われてオスも一緒に来たのだと思っています。

 

オーガニック・スプレーの材料

     

オーガニックスプレーと最近は気取って言う人がいますが、何のことはない、昔からあるストチューのことです。
ストチューの方がわかりやすくて良いと思います。

ストチュウとは(酢と焼酎)または(酢・砂糖・焼酎)の混合液の名前で、作物を元気にし、害虫を追い払う薬です。
昔からから有名で、家庭菜園・ベランダ菜園の自然栽培派オーナーに今でも人気があります。
人によって多少作り方が異なり、色々な種類があります。

 09年版何有荘ストチュウの作り方
  (1)ストチュウ原液を作る
    500ccペットボトルに砂糖200gを入れる。
    150ccの米酢、150ccの唐辛子焼酎、150cc竹酢液を入れる。
    よくシェイクして冷暗所で保管。
  (2)散布溶液を作る。
    汲み置き水1リットルあたり、
原液をペットボトルキャップ軽く1杯を入れる。
好みに応じて液体肥料などを適量入れる。
家内はHB101が好きですし、わたしはEM菌を入れたりしています。

ストチューはチョット元気がないなという作物に振り掛けたり
アブラムシ、あっちにいけ!という時にスプレーします。
いわば作物のドリンク剤、活性剤みたいなものです。
害虫を殺す殺虫能力はありません。
元気が回復すると虫も寄り付かなくなる--という効果を期待してスプレーしています。

畑のソラマメにスプレーしておきましたら、いまのところ元気に育っています。
あれから「50:1の秘薬」は使っていませんが、大丈夫なようです。

植物の栄養は根から摂るのだとずっと思っていましたが、実は葉や茎からも栄養を摂取するのだそうです。
茎葉からストチューの栄養を摂取しますから、念入りにスプレーします。
滴り落ちたストチューは土壌微生物によって分解され、微生物や土壌の養分になっていきます。

いずれも、こんなわずかで効果があるの?というレベルが大切です。
例えば、酢でも焼酎でも原液をスプレーして御覧なさい。
作物は一夜にして弱って死んでしまいますヨ。

原液をたくさん入れて高い効果を狙う--それは欲張りですから、バチが当たって泣く事になります。

 

花粉症対策--ビタミンP

    
      柚子の砂糖漬け

ビタミンPとはビタミンの様な働きをする物質で、ミカンの皮に多いヘスペリジン、蕎麦に多いルチン、玉ねぎに多いケルセチンなどの総称ということです。
ビタミンPを含むミカンや蕎麦やタマネギなどが花粉症にもよく効くという「ウワサ」がネット上で飛び交っています。

画像は1ヶ月ほど前にわたしが作った柚子の砂糖漬け。
10分間でできる超簡単「料理」です。
1 柚子を良く洗い、ヘタを除いて丸ごと適当に短冊切り。
2 消毒したビンに柚子と砂糖を交互に入れて保存。
火を通してもいないのに3週間もすればおいしくいただけます。
種も実も皮も汁も一緒ですからビタミンPがたっぷりです。

食べ方は、コップに1~2匙(サジ)入れて熱湯を注いで飲むのが普通。
そのままいただいてもおいしい。
少々の苦味があるのが柚子らしいところです。

熱湯に溶かして飲むのは韓国の柚子茶と同じです。
韓国の柚子茶は加熱して作りますから「柚子のマーマレード」といった方が正しい。
柚子マーマレードを熱湯に溶かして飲むのが韓国式の「柚子茶」です。

韓国の柚子茶はヘスペリジンが多くて花粉症に効くとか言われています。
ヘスペリジンは実よりも皮、皮よりも筋・綿に多いそうですから、丸ごと食べてしまうマーマレードは花粉症対策に良いはずです。
それならば、わたしの作った砂糖漬けだって効くでしょう。

最近の話題は、「じゃばら」というミカンが花粉症に効くと報道されていました。
その前は摘果して捨てていた「青ミカン」が効くと報道されていました。
柑橘類にはどれにもヘスペリジンは含まれています。
別に普通のミカンにこだわらず、ポンカン・キンカン・デコポン・甘夏・ブンタン・ハッサク・イヨカンにネーブル、レモンなど、どれでも好きなものを毎日食べ続ければ良いかもしれませんネ。

では本当に花粉症に効果があるのかどうか
阿久悠さん風に答えれば――♪ウワサを信じちゃいけないヨ。

おいしければ良し、花粉症に効けばさらに良しというところでしょうか。
季節の物をたくさん頂くのが、免疫力を高め、季節の病を治す王道かもしれません。
季節のものですから、なくならないうちにマーマレードかピールにしておこうと思っています。

  

布草履の手作りテープメーカー

    
    左:手作りのテープメーカー  右:市販のバイアステープメーカー 

       
       右から浴衣地を入れると左側に折りたたまれて出てきます

何有荘には門扉がありません。いわばオープンガーデンですので庭仕事をしていると散歩中の人がよく声をかけてくれます。

先だってのご夫婦は大田区在住の方で、たまにこちらに来るそうです。話が弾み、規格外のバイアステープメーカーの作製を依頼しました。ステンレス製品なら大きいものから小さいものまで何でも作る中小企業ですから…とおっしゃっていたのを真に受けて図々しくも依頼したものです。

バイアステープメーカーとは洋裁やパッチワークに使うバイアステープを簡便に作る道具だそうで、家内は布草履作りに使えないかと前から考えていたようです。
布草履を作るためには一定の細さである程度丈夫な布テープが必要です。単に布を裂いただけではダメで、左右を中央に折りたたんで細長い一本のヒモにする作業が必須のようです。

まぁそういうわけで、今まで使っていたパッチワーク用のテープメーカーは布草履用には小さいので、これを相似形で少し大きくしてくれないか、と依頼したそうです。
それがハンドメイドできあがってきてみますと、わたし的には美的な点でどうかなと思いますが、実用的に優れていれば問題ありません。

家内が言うには、“布を差し入れる部分が狭くて少々入れづらかったが、慣れれば何とかなる。出てきた折りたたまれた布はアイロンがけすればすごく使いやすい。テープ幅もある程度フレキシブルであり応用がきく。世界中でたった一つのテープメーカーよ。”とご機嫌です。
これでまた一段と布草履の生産に拍車がかかることでしょう。
わたしには意味不明の世界ですが、家内がご機嫌ならばわたしの世界も平穏無事です。

都会とは「隣は何をする人ぞ」の世界です。他の人に無関心でいるところが都会の良いところであり、悪いところです。
田舎にいると心が解放されるのでしょうか、いろいろな人々と知り合いになれるものだなぁと感心した次第です。

25匹で280円の新鮮な豆鰺

     

千葉県の太東には太東漁港がありますが、築地のような一般庶民向けの市場がありません。
これは誤算でした。市場で新鮮な魚を安く買えると思っていましたから。

地元のあるお寿司屋さんが言うには「高級品は築地に回り、この店はネタを築地から仕入れています」と自慢気でした。
東京とは何でも吸い込むブラックホールのようです。

別のお寿司屋さんではタコの白子とか卵巣とかを頂きました。地元直結だよ、とこれも自慢気でした。
珍味でしたが、常連になる気はまだありません。

地元のスーパー「R」では地元漁協からも仕入れていますので、東京よりもずっと新鮮で安い品物も並んでいます。
トップ画像は内臓処理した豆アジ(小さな鰺)で、家内の目がメラメラと輝きました。
勝算があるのでしょう。
1尾10円ちょい。年金生活者にはうれしい値段です。

 家内が唐揚げに仕立ててくれました。
 頭から尻尾までおいしいです。
 畑のブロッコリーも添えてあります。
 本日のメインディシュは約45円ちょい。
 それでまた笑顔がこぼれます。
 わたしたちは安いものが好きなのです。
 それでおいしく新鮮ですから、素晴らしい。

カルシウムのサプリメントなどアホ臭い話です。
骨粗鬆症(コツソショウショウ)など飛んでいけ!!
食べきれない分は南蛮漬けにしてくれたので、これもまた翌日以後の楽しみです。

何年か前、1ヶ月10万円で暮らすというTV番組があり、ここ太東もそのスポットでした。
地元の人は「あれは無理だよ」と言っていましたが、家庭菜園と安い魚で家計がすごく助かります。
ここ(太東)は暮らすには良い所だね、と二人で思っています。